日本将棋連盟天童支部

天童の本当は良い悪代官です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

9/5 王座戦第1局仙台決戦

毎年楽しみにしている王座戦。
宮城大村さんよりのお誘いと大盤解説は木村九段であり、これは観戦する一手である。

朝7時出発、会場の仙台ロイヤルパークホテルまで、車で約1.5時間。
結構近い、ゆうゆう対局開始時間に間に合いそう。

しかし、道を間違えた。
スマホのナビが不調なのか、自分が見落としたのか、不明。
到着、9時を過ぎてしまった。仕方なし。

さっそく、控室に訪問。
日経担当の方に、天童おみやげ(絶品揚げまんじゅうは店が定休日で買えず、将棋もろこしと左馬まんじゅう)を渡して、談笑。

木村先生・行方先生・新婚4ヶ月紫野女流・佐藤会長・塚田先生が
さっそく将棋を研究している。
しばし、拝見させていただく。

イメージ 1


戦型は、最近流行の先手矢倉模様と後手雁木模様(つの銀が正式名称か?)。
昨日のアマ名人戦決勝と同じような形ではないか。

「(シリーズの)どこかで出ると思っていましたが、ここで出ましたね」(木村九段)
昔は、24歩から角交換をするのが定跡、この変化を木村先生よりレクチャーを受ける。
どうして、かわったのか、興味深い話であった。

昨日、行方八段が向かいのpatioで鍋(フライパン?)を買った話が面白い。
なぜ昨日なのか?どうして直径24cmなのか?
不思議な会話であった。

お昼ころの局面

イメージ 2

控室は、ここで先手の思わしい手がない。後手優勢ではないか。
65同歩は、同桂・66銀・57歩で次ぎに26角と銀を取れば、後手勝ちである。
検討もしばし中断してしまった。

木村先生より、11月昇段祝賀会開催の話をいただいた。
天童支部よりも参加を約束。

この局面で「55歩はないですか?」と聞いてみた。
木村先生「なるほど・・検討してみましょう・・」と控室へ
「当たりましたよ・・」結構うれしいものです。

15時、ホテル1階の大ホールでは、木村九段と宮宗女流初段による現地大盤解説会が始まった。
開始の時点で、すでに100人以上のファンの皆さんが詰めかけている。
椅子は280席もある、きっと夕食後は満員だろう。

木村先生の大盤解説会開始である。
良く通る声で、冗談も面白い。
さすがと感心するしかない。
聞き手の新婚4ヶ月紫野女流も笑いが絶えない。

イメージ 8


夕方、塚田先生登場。(和服からスーツに着替えて登場)
羽生王座優勢と断言している。控室も同意とのこと。
これは、夕食休憩前に終わるかもしれない。
また、和服に着替えるために、早々と退席された。

木村先生と行方先生のゴールデンコンビの解説が面白い。(文字で伝わるかどうか)

・目隠し対戦のこと
行方先生結婚式2次会で、べろんべろんになりながら対局(手が伸びて良い将棋だった)
 木村先生八段昇段祝賀会で対局、どちらも行方先生勝利。
 今度の木村先生祝賀会でも対局か?

・羽生王座の強さ
 決して緩めないところ。いくら優勢でも丁寧に読んでいる。いい加減な読みでは指さない。
 そうでなければ、タイトル98期はとれない。
大山先生のタイトル数は?行方先生「120・・くらい?」
 木村先生「師匠のタイトル獲得を忘れているとは・・困った弟子だ」

・雁木の流行
 最近までは、穴熊に代表される、堅さが良いとされた。しかし、AIの登場後、駒のバランス重視に変わった。それが、雁木流行につながっている。

・AI将棋の形
 昔大山升田戦で、81飛−62金の形が指されている。AIで注目された形であるが、昔の人はすごいものだ。戦法は繰り返すかもしれない。

・若手対策
 飲みに誘うのが良いかも?遊びを覚えさせる?
 しかし、最近の若手はつきあわないので、ダメか。
 藤井聡太四段を誘うのはダメ、未成年だから・・、しかし、酒は強そうだ。

・話好きの棋士
 木村・行方は、話好きだが、最強は大介先生だろう。なぜなら、相手の話を聞かないで話し続ける・・・。

その他、面白い会話で、会場は爆笑に包まれた。

新婚4ヶ月紫野女流が不満そう。
「おやつのケーキ、写真用に対局者と同じものが控室にあった。もどったら食べようと思っていたが、塚田先生に食べられた。紅茶とレモンしかなかった。」(泣)
残念そうに、本気で怒っていた様子。(予想)

さて、夕食休憩に入りそう。18:10-19:00の50分。
ここで、次の一手が出題された。

イメージ 3

A−75歩 B−46歩 C−77歩 D−その他(58銀・87歩成・他)
当選者は直筆色紙(多数の時は抽選)

ここで、夕食時間となった。

バッタリと東京から来た「王手飛車(twitter名)」さんと会った。
現在将棋指導を職業とされている。最近の私の指導方法を聞いて頂いた。
熱心さに感動だった。

宮城大村さんは、なぜかホテル喫茶室で打合せ中。大盤解説会には参加しない?文化庁の補助事業の件のようだ。スマホで棋譜中継を見ながら。しかし、プリンター持参でPCをのぞき込んで熱心に話し込んでいる。どうして、タイトル戦会場なのか。不思議な光景であった。

さて、次の一手が公開された。
正解は、Dのその他(58銀)。解説陣を信用しない方が正解であった。
じつは私も正解。抽選で直筆の色紙をいただいた。

塚田先生の色紙。(う〜ん、なんとなく気合がはいらない。き・あ・い、と優しそうである。失礼)

イメージ 4


勝負は、羽生王座優勢のハズだが、何かおかしい。
もつれる気配が漂っている。
木村先生も首をかしげている。
夕食前に終わってもおかしくない将棋が、どうして、このように・・・。

図以下の木村先生解説は、面白かった。()は木村先生解説等。
△5八銀
(局後△7五歩が正解。以下▲6五銀△同桂▲同金△8七歩成▲6三歩成△同金▲4四歩
△5八銀▲6八玉△6七銀成▲同玉△8六飛と進めれば後手の手勝ちだった)
次の一手は疑問手のようだった。
▲6八玉
△6七銀成
▲同 玉
△8七歩成
▲同 銀
△7七金
▲6六玉
△8七金
▲4四歩(攻め合いにいった。△4四同銀なら先手玉が寄らないことを物語っている。先手元気が出る形勢だ。)
△8六飛
▲7五玉(どうも先手玉は寄らない)
△7二歩(はあ〜、これは逆転かも)
▲6七角(事件ですが、スカタンになれば終わりだが・・)
△4四銀(長期戦です。最後勝てば良いとの手)
▲8七歩(先手も粘ります)
△同飛成
▲7六銀(またまた粘り)
△8一龍

イメージ 9

▲6三銀(これは良い手だ)
△7七桂成
▲5二銀成
△同 玉
▲6三歩成
△同 玉
▲5四金(これは逆転かも)
△5二玉
▲6三金打(?どうして44金でないのか?あっ!64銀がある。そうか〜)
△4一玉
▲8二歩
△同 龍
▲4四金
△6七成桂(先手玉は詰めろです。まだわからない)
▲6四玉(う〜ん)
△6二歩(そうなんです。後手はこうゆう人なんです。)
▲同 金(また61歩とかするのでは?)
△8五桂(おっ、これは良い手です。ピッタリで羽生王座勝ちでしょう。82歩を悪手にする、ショックを倍増させる手。番勝負に影響しそう)

イメージ 5

▲5四玉(仕方ないか)
△4三銀(?73竜では?その後の変化を並べる・・木村先生が先手玉を詰めようとする・・紫野女流が受けに回る。悪手かも・・)
▲同 金
△同 金
▲同 玉
△7三龍
▲6三銀(そうです、これでまだ寄らない)
△3二金(長い勝負です。)
▲5四玉
△4三銀(陣形再構築、みなさんを帰さない手です)
▲6五玉(毒まんじゅうか?45玉の方がよいのでは?)
  いろいろ変化を並べる。そして木村先生の攻め、紫野女流が受ける。
  紫野女流「92玉で詰まない」堂々と王を動かして、宣言
  木村先生「え〜っ、91に香がいますよ」
  紫野女流「あっ・・横から見てるからわからなかった・・」(汗)
  木村先生「これは、みんなには内緒にしておきます」
  紫野女流「ちょっと疲れが・・・ケーキが(これは言っていないか)」会場大爆笑!
△7七桂成
▲5二銀打
△3一玉
▲7四金
△9二角(これが狙いですね)
▲8三歩
△同 角
▲6七銀
△5二銀(ゆっくりと・・)
▲8三金
△6四歩
▲5四玉
△6三銀
▲同 金
△4三銀
▲4五玉
△6三龍(相手をくたびらせて勝つコツだ)
▲4六玉
△6七成桂
▲2二歩(中村さんはあきらめない)
△8三龍(羽生かちでしょう)

イメージ 10

▲2一歩成
△同 玉
▲4一銀
△4四銀打
▲3二銀不成
△同 銀
▲7一角(嫌な手ですね〜)
△3三銀打
▲2二歩
△同 玉
▲2四歩
△3八銀(決めにでましたが・・)
▲2三歩成
△同 銀
▲4八歩(中村挑戦者は、なげっぷりが悪い。あきらめない。昔は深浦先生だったが)
△6六成桂(タダだ、どうゆうことだ・・、また、みなさんを帰さない手か、錯覚か)
▲同 金
△4五歩
▲同 桂
△同 銀
▲同 玉
△2五歩(おかしい)
▲同 飛
△2四歩
▲1五桂(勝負ですね)
△4四歩(冷静です)
▲5六玉
△2五歩(羽生王座45金と指そうとするが、手を変えた)
▲2三桂成
△同 玉
▲2四歩
△1四玉
▲2六桂(ハッとします)
△同歩
▲3七桂(詰めろ、これは逆転?中村勝ちか)
△2四銀
▲4四角成
△3三金
▲2二金(これが良い手です)
△2五金
▲1六銀(15飛でどうか?いや23桂の受けがある・・いやいや・・・)
羽生王座投了。終局時刻は22時53分。

イメージ 6

木村先生「ここで、23桂ならどうなったのでしょうか・・」

対局席モニターには、両者無言の様子が映っている。

木村先生「あれ、立会の塚田先生がいない。どうして?」
両者にインタビュー、そして、大盤解説会へ向かうため立ち上がった。
そこに、塚田先生登場。すぐに一緒に室外にでる様子。
場内大爆笑であった。


大拍手の中、両対局者解説会に登場、23桂に両者頭をかかえる。

イメージ 7


いや〜、すごい勝負でした。
中村挑戦者の執念と諦めない気持ちを感じます。
羽生王座、お疲れだったのでしょうか。

しかし、良い勝負を見せて頂きました。
あっと言う間の一日が終了した。
お疲れさまでした。

帰路、また道を間違えた。
スマホの電池切れだった。
結局自宅到着25時、疲れた〜〜。バタンキュー。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事