日本将棋連盟天童支部

天童の本当は良い悪代官です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

将棋の日

11/23-24

将棋の日in天童、盛大に開催された。

詳細・写真等は、県連HP、ご参照ください。

その中で、驚くべきことが、起きた。

棋士の多面指し指導、支部教室のはるき3級(小2)が、プロ棋士に平手で勝利した。

え〜〜〜、どうやって勝ったのか?

不思議だった。


1週間後、本人に聞いた。

「将棋覚えている?」

「うん・・」と応える。(え〜〜〜、覚えているのかよ)

さっそく、ならべてもらった。

仕掛けの局面から、・・・ほとんど覚えているようだ。(少し怪しいところありだが)

その記憶力には、感心するしかない。

そして、その最終盤局面。22歩の局面。(駒が乱れている、すみません)

イメージ 1


ここで、はるき3級の指した手は?

33銀(すばらしい、龍を取れば詰みだ、本人は読み筋だったとか、これも、すごいことだ)

同桂・同歩成・同金・同龍・32金・23桂でプロ棋士投了。

お〜〜〜すばらしい、拍手拍手・・。(ビックリだ〜〜)

力で勝った。

すごい才能かもしれない。(指導者はどうするか問題だ)

相手の棋士は、高野四段(木村先生の弟子だ)

高野先生講評「飛車を取らないで攻めたのが、良かった」ほめられたとのこと。


そう言えば

前日の2次会、高野先生に、余計なことを言ってしまった。

悪代官「君の今後の目標は・・・?」

高野先生、笑って聞いている。

悪代官「それは・・・師匠(木村先生)を超えることだ・・・」

高野先生「はい!」(力強く言った)

は〜〜また、余計なことを・・、反省。(しかし、本当のことだ)

2次会に先生方、10名以上来てくれた。感謝です。(戸辺先生の力が大きかったようだ)

香川女流は、最後まで、ありがとうございます。(他の女流は、お風呂で早退だったが)

これは、将棋世界レポートには、書けないよな・・。

開く トラックバック(0)

宮城山形対抗戦

イメージ 1


宮城山形対抗戦報告です。(遅い、お叱りを受けそうですが)

今回、山形人数不足、団体不戦敗でした。(10−8となりました)

残念ですが、次回は巻き返したい。

個人成績は、いまひとつ。(2−4)

しかし、佐藤先生・片上先生には、勝負形でした。

プロの先生と良い勝負になる秘訣は、本筋の手を続けること。

おかしな手を指さない限りは、勝負形にしてくれる。

いかに、自分が本筋を指すことができるか。(おかしな手を指すと許してくれない)

これが問題です。(特に多面指しの場合ですが)


佐藤先生との対戦、意外と良い勝負になりました。

イメージ 2

ここは、勝ちになったか?

しかし、86飛は詰めろとは読んでいなかった。(88飛成・69玉・68金・同馬・同龍・同玉・77角以下詰み)

後手玉は詰むのか?(5分の長考、残り数分、1時間切れ負けルール)

ここで、42歩(敗着だった、詰まなかった)

局後、観戦者から、31飛で詰み?(お〜〜〜確かに詰みだった、全然見えなかった、残念)

金星を逃してしまった。


片上先生と対局

こちらも、本筋を指したようだ。

途中、片上先生にミスが出る。(多面ですので仕方なしか、勝ちになったか)

イメージ 3

ここでは、勝ちのハズ。

54桂、片上先生「広瀬の桂です、これは、花輪さん、やられましたよ・・・」

「先日、同じ手で負けました・・」と感想。

しかし、同金の瞬間、82角?(敗着、単に同馬(詰めろ)・同歩・82角で勝ちだった)

62玉・54馬?(なんと、これが詰めろでなかった)・68歩成で投了。

また、金星を逃しました。


残念ですが、本筋を指すことが、プロと良い勝負になると言う、秘訣でした。

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事