日本将棋連盟天童支部

天童の本当は良い悪代官です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

孫弟子指導

孫弟子が3才になった。

そろそろ、将棋を教えたい。

どのように教えるか、思案中だったが、あることを思いついた。

それは、AIディープラーニング(Deep Learning)の記事を見ていた時だった。

多くの画像を見せる

自然とルールを覚える?

対戦できるようになる?

・・・・他

本当だろうか。

それは、人間にも応用できるのではないか。

3才は、まだ字を読めない、ルールを教えても?、絵本は見ることができる。

・・・・・

そこで、作ったのが、将棋カルタだった。

さっそく試行。

イメージ 1


このように、駒と動けるところに、顔写真を配置。

大きな盤でこのカルタで将棋を指す。

そして、副産物は、

イメージ 2


裏返しにして、神経衰弱ゲームも出来る。

脳トレと記憶力アップにつながるのでは?

ただいま、実験中。(2回ほど)


しかし、問題が生じた。

それは、孫弟子が、すぐにあきること。

数分後には、何も言わずに、タタタ・・と去ってしまう。

なかなか、手強いようだ。


前段に、私のことは、「じい」とは呼ばせない。

「ししょう(師匠)」と呼ばせることには、成功したのだが。

試行錯誤は、続く。

開く トラックバック(0)

初段になるために

初段になるたに必要なこと。

いろいろあるが、最近、最適な本が発売された。

それが、これだ。

イメージ 1


本間先生の詰め筋の本。

実戦詰め将棋だが、駒が余る問題がある。

詰め将棋は駒があまらないがルールだが、実戦では、ほとんど駒が余る。

これは、初段を目指すには、最適な本と感じる。

級位者は、ぜひ、自分で購入して、勉強して欲しい。

イメージ 2


この図は、先日の東北6県ジュニア団体戦、小学生の部。

清野君の対局だった。

ここで、清野君は即詰めで勝ちきった。(当然秒読み)

みんな、わかるだろうか?

これが、実戦詰め将棋だ。

正解は・・・書きません。

みんな考えて下さい。

開く トラックバック(0)

将棋便り15

将棋便り−15

イメージ 1



支部小中学生の活躍ぶりです。

下の年代も、有望株が大勢です。

今後の活躍期待です。

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事