ここから本文です
杜の都車輌工場の工場日誌
相変わらずいろいろと同時進行しています。

書庫全体表示

記事検索
検索

全579ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

週末に蒲田で開催された第43回日本鉄道模型ショウの会場レポート その3です

今回も若干長い内容です。ご覧になる際はご注意ください。

イメージ 40
電子部品のMSRです。わが社もお世話になっております。

イメージ 39
電子部品関連の在庫が豊富ですね。

イメージ 41
色々な点滅回路のデモ用パネルです。これだけでも楽しいですね。

イメージ 38
ペーパーストラクチャーのアドバンスです。

イメージ 37
ガントリークレーンと給炭台は精密に出来ていますが一寸お高いですね。

イメージ 36
陰で見難いですが扇形庫もありました。

イメージ 35
モデルバーンです。外国型専門店の筈ですが日本車もありますね。

イメージ 34
自分で撮った写真を見て気が付きましたがBEMOのパノラマカー沢山積まれていたんですね・・・

イメージ 33
津川洋行です。すし電?

イメージ 32
ナゼすし電、と思いましたがエンドレス線路を周回させると,これが本当の回転寿司!と言った所でしょうか?

イメージ 31
CJ-PROです。

イメージ 30
例によって45mmゲージの自動運転デモをしていました。

イメージ 29
ポポプロです。ポポンテッタですね。

イメージ 28
モデルトレインプラスです。プラ製品の値引き販売のほか,LED製品も扱っていました。

イメージ 27
フルカワ製作所です。木工製品のメーカーのようでストラクチャーとベースボード,陳列棚など展示していました。

イメージ 26
イーベルです。

イメージ 25
高価なトラス橋を展示していました。

イメージ 24
色々とバリエーションはあるようです。

イメージ 23
あとりえピクタです。

イメージ 22
流線型電車など展示していました。車体長が短い電車はどこかの地下鉄でしょうか?

イメージ 21
瀬戸川模型工房です。

イメージ 20
よねしろと盛岡色のキハ58が目を引きます。

イメージ 19
完成品の改造など手がけるメーカーのようです。

イメージ 18
盛岡色良いですね。

イメージ 17
PINECONE PRODUCTです。ミニジオラマの展示販売をしていました。

イメージ 16
AOBAMODELです。

イメージ 15
自社製品のほかTMSのバックナンバーを販売していました。エ790はあの方の作品でしょうか。

イメージ 14
ボナファイデプロダクトです。

イメージ 13
新製品の告知がされていました。

イメージ 12
ペーパーキットのスタジオHOです。

イメージ 11
江戸が新製品として発売されるようです。江戸が出るならオリサルも・・・フラノエクスプレスの完成品が見たいですね。

イメージ 10
こちらもペーパーモデルのNEXTです。

イメージ 9
蒲田まで来るのにお世話になる京急は一寸気になりました。

イメージ 8
パーツとか揃えると結構良い金額になりそうです。

イメージ 7
モデルワークスです。

イメージ 6
マニアックな貨車など色々と取り扱っていました。

イメージ 5
ペーパーストラクチャーも色々ありましたが,欲しかったヤード照明塔は今回もありませんでした。

イメージ 4
乗客人形のYFSトレーディングです。

イメージ 3
乗客が沢山乗った電車を展示していました。

イメージ 2
こちらのレイアウト,展示用かと思ったら値段が書かれていましたね。

イメージ 1
乗客人形は300体で5000円,700体で10000円だそうです。他メーカーと比べるとだいぶお安いです。

〜つづく〜




この記事に

週末に蒲田で開催された第43回日本鉄道模型ショウの会場レポート その2です

イメージ 26
モデルワムです。

イメージ 25
HOゲージの化成品タンク車を展示販売していました。

イメージ 24
中古品販売もありました。

イメージ 23
ED42が売られており,一寸迷って会場もう1周してきたときには既に無くなっていました。

イメージ 22
OJの貨物移動機がそろそろ発売のようです。工場長もぜひ1両欲しいんですが値段が・・・

イメージ 20
F&Tプランニングです。ダージリンのSLのお値段にはビックリしました。

イメージ 21
タキ5450の16番製品もありました。こちらもいいお値段ですね。

イメージ 19
OJ模型の模型工房サイトウです。

イメージ 18
151系発売準備中だそうです。

イメージ 17
モアです。DE50とDE11のジャンクキット,今年こそは、と意気込んでいたんですが,今年はありませんでした。

イメージ 16
自社製品のほか,各社の製品も販売していました。

イメージ 15
プラッツです。ジャンクコンテナ2個で100円だそうで。お友達の某さん購入されたようです。

イメージ 14
でんてつ工房です。各社の旧製品色々と販売しており,会場直後は人だかりが出来ていました。

イメージ 13
U-TRAINSです。

イメージ 12
OJのカニ24が展示されていました。トワイライトカラーもありましたが,今後他の形式も販売するんでしょうか?

イメージ 11
OJサイズになるとカニの室内もハンパ無いですね。

イメージ 10
奄美屋(亀屋)です。色々な気動車の告知がされていますね。

イメージ 8
ニセコエクスプレスもありました。

イメージ 9
良い出来ですね。

イメージ 7
ストラクチャーのさんけいです。

イメージ 6
ジブリ製品が色々と並んでいました。

イメージ 5
レボリューションファクトリーです。部品やシール類が沢山並んでいますね。これだけあるとどこに何があるのか分からなくなりそうです。

イメージ 4
夢屋です。

イメージ 3
キットの中には岩手開発鉄道や大井川鉄道のモーターカーがありました。いつかはチャレンジしたいです。

イメージ 1
鉄道雑貨のヤードです。

イメージ 2
販売物の中には小さくて厚い児童向け書籍が。小さい頃夢中になって見たのを思い出しました。

イメージ 27



この記事に

週末に蒲田で開催された第43回日本鉄道模型ショウの会場レポート その1です

イメージ 18
最近私生活が忙しくて鉄道模型が若干停滞気味の工場長ですが,今年もちゃんと行ってきましたよ。例年同様各ブースの様子をレポートさせていただきます。一寸長くなりますのでご覧になる際はご注意ください。

イメージ 17
会場入って左手のいつもの場所には安達製作所です。最近はこの会場と某模型店くらいでしか見れない山積みの黄色い箱です。

イメージ 16
小部品の販売も行われていました。

イメージ 15
メディカルアートです。

イメージ 14
外国型模型を中心に販売していました。いろいろと部品もありました。

イメージ 13
大型模型のスタジオBTです。

イメージ 12
西大寺単端の下回りの試運転をしていました。小さい単端もこのサイズになると大きいですね。

イメージ 11
このBタンク用と思しき下回りも気になります。

イメージ 10
ウィストジャパンです。電車のエッチング板キットのほか,

イメージ 9
SL用パーツも沢山ありました。

イメージ 8
花園製作所です。

イメージ 7
定番のパワトラが沢山並んでいます。

イメージ 6
九州の蓄電池電車のバッテリーだけ販売していました。ナゼ?しかも微妙に高いような・・・

イメージ 5
アクラスです。

イメージ 4
車輌展示台が会場特価で販売されていました。

イメージ 3
B級品の販売もありました。開場して1時間経たない頃に撮った写真ですが,既にクハ183には完売の文字が付けられていますね。

イメージ 2
台車が並ぶのは日光モデルです。

イメージ 1
若旦那の怪しげな電車も展示されていました。写真だと小さくて分からないですね。

イメージ 31
アールクラフトです。

イメージ 30
古いキットが沢山ありました。お宝の山のようですが,値段は一寸高めでしょうか。

イメージ 29
Nゲージも沢山ありました。

イメージ 28
モデル8です。

イメージ 27
自社製品のパーツ販売をしていました。

イメージ 26
巨大な観覧車が目を引くデイデイエフです。

イメージ 25
ジオラマ用品など色々と取り扱っていました。

イメージ 24
OJ模型の稲見鉄道模型です。

イメージ 23
OJ用と思われるモーターが沢山詰まれています。さすが大きいですね。委託品の凸電は一寸欲しくなりました。

イメージ 21
トラムウェイの新製品告知です。DE15がラインナップされています。これは絶対に欲しいです。

イメージ 22
他にジャンク品販売もありました。某所で販売していた各地の臨鉄DLの車体が1個3000円で売っていました。

イメージ 20
新大阪模型です。プラ製品の値引き販売をしていました。

イメージ 19
それほど安くは無いようです。全て新品だそうです。

〜つづく〜



この記事に

名取運転会2018.9 

先月開催された名取運転会の会場レポート その2です

イメージ 1
待避線には大物車が待機しています。

イメージ 2
シキ610は他の参加者の所有です。

イメージ 3
わが社のシキ800と共に本線に出して建築限界を侵さないか確認したところ,大丈夫そうだったので,

イメージ 4
ロンチキの前に繋いで本線走行開始です。

イメージ 5
途中機関車を交換しながら走らせました。カーブ手前では念のため内側の線路に対向列車がある場合は待機です。

イメージ 6
大物車のサイドビューです。大きいですね。

イメージ 7
最後に某氏のリクエストで空荷状態です。この茶色の機関車で牽引される運用があったそうです。この後も運転会は続きましたが工場長は少し早めに失礼しました。
参加者の皆様,お世話様でした。次回も宜しくお願いします。

イメージ 8




この記事に

開くトラックバック(0)

名取運転会2018.9 

一寸時間があいてしまいましたが先月開催された名取運転会の会場レポート その1です

イメージ 6
工場長は訳あってお昼頃からの参加でした。いつも参加しているあの方とあの方がこの日は不在だったため走行車輌は少し少なめです。

イメージ 5
組み立てたばかりのトラ900を走らせました。最初は炭鉱電車の牽引です。

イメージ 4
機関車を箱型機関車に変えました。

イメージ 3
お次はDE10重連で。DE10には軽すぎる荷物ですね。

イメージ 2
トキ900の次はロンチキです。

イメージ 1
長いですね。やっぱりレール載せたくなります。

〜つづく〜

↓クリックしていただけるとありがたいです


この記事に

開くトラックバック(0)

全579ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事