ここから本文です
杜の都車輌工場の工場日誌
相変わらずいろいろと同時進行しています。

書庫全体表示

記事検索
検索

全577ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

岩手鉄道フェスタ2018 

週末に奥州市のZホールで開催された岩手鉄道フェスタの会場レポート その3です。

イメージ 8
2日目朝の会場の様子です。1日目は各地で開催された運動会等の影響でいつもよりお客さん少なかったようですが,1000人は超えたそうです。

イメージ 7
2日のの最初はSL銀河を走らせましたが,機関車不調のため客車だけで走行です。客車だけだとイマイチ何の車輌か分かりにくいですね。

イメージ 6
レール削正車も本線に登場です。

イメージ 5
2日目午前の会場です。そこそこ沢山のお客さんが入っています。

イメージ 4
途中からFさんが合流しました。FさんはKATOの110系から改造した陸羽東線仕様車を持参しました。

イメージ 3
この日最初の夜間運転です。削正車が夜間運転にも登場しました。やはり暗いところで無駄に目立ちます。

イメージ 2
Fさんの気動車も明るい室内灯で目立っていました。

イメージ 1
夜間運転中の会場の様子です。室内灯が流れていますね。



この記事に

岩手鉄道フェスタ2018 

週末に奥州市のZホールで開催された岩手鉄道フェスタの会場レポート その2です。

イメージ 14
夜間運転の様子です。

イメージ 13
14連のサンライズは全車に室内灯が組み込まれていて,夜間運転ではこのようになります。まさに光の帯ですね。

イメージ 12
レール削正車は本年も止まったまま火花を散らしました。

イメージ 11
外周線を走行中のイーストアイです。

イメージ 10
本年は外周線本線上に待避線が設けられたので,お客さんが見ている目の前で”駅留め”が出来るようになりました。

イメージ 9
駅に止まっているE2系の脇をE3系が通過します。

イメージ 8
同じくE6系の通過です。

イメージ 7
イーストアイの脇をE2+E3が通過します。

イメージ 6
この日最後の夜間運転ではロンチキが登場です。

イメージ 5
貨物列車ながら明かりが点くので夜間運転で目立ちます。

イメージ 4
中央締結車も光ってます。

イメージ 3
初日の展示時間が終わり,出展者の自由時間です。ロンチキの後ろに保線区のレール運搬トロッコを繋いで走らせて見ました。

イメージ 2
本線走行は久々です。ちゃんとカーブではレール曲がりますよ。

イメージ 1
削正車も本線で運転です。

この後一旦宿にチェックインしてから懇親会→ラーメンタイムと続き,初日は終了です。

〜つづく〜



この記事に

岩手鉄道フェスタ2018 

週末に奥州市のZホールで開催された岩手鉄道フェスタの会場レポート その1です。

イメージ 8
本年の16番部門のレイアウト全景です。本年は外周線3線に高架線2線,それに例年通り内側に会長殿の複線が並び、全7線での運転です。高架線の登場には驚きました。一番手前を4両編成のE5系が走行していますが,

イメージ 9
これは体験運転コーナーです。ちびっ子が実際に動かすことが出来るようになっており,人気を集めていました。

イメージ 7
高架線の登場以上に驚いたのが,サンライズの内側に何か・・・

イメージ 6
何と四季島が登場していました。某社の完成品です。

イメージ 5
つい先日発売されたと思っていたら,某氏殿早くも入手していました。

イメージ 4
夜間運転のある運転会なので,窓の大きい四季島は夜景が映えますね。

イメージ 3
わが社では会場片隅に本年も保線区を開設しました。暗いところでチカチカと電飾が点滅するので意外とちびっ子受けは良いようです。

イメージ 2
E2系とE6系の併走です。スペースの関係でフル企画のE2系はチョット窮屈な感じでした。

イメージ 1
お次は新旧こまち号の併走です。

〜つづく〜



この記事に

水沢に行ってきます

今日・明日の2日間,岩手県奥州市で開催される「岩手鉄道フェスタ inZホール」に参加してきます。

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 2


イメージ 1
写真は昨年の様子です。

会場の様子は後ほどレポートする予定ですが,興味のある型はぜひとも会場にお越しください。



この記事に

バス地下フェスタ

先週末は地下鉄の荒井車庫で開催されたバス地下フェスタに行ってきました。

イメージ 2
いろいろな保線車輌が展示されていました。

イメージ 1
これが軌道モーターカーでしょうか?スイスのレーティッシュ鉄道などで使用されている入換動車を少し長くしたようなスタイルですね。

イメージ 3
車庫の中には同様の車輌と高所作業車のほか数量のトロッコが居ました。ゆっくり見たい所ですが,嫁同伴のため手短に済ませます。

イメージ 4
こちらは車輌の留置線ですね。

イメージ 5
研修庫に入ってみました。

イメージ 6
全般検査中の車輌が台車を外された状態で置かれていました。

イメージ 7
そしてこちらが台車です。通常の鉄道車両用と比較してかなり小さく見えます。

イメージ 8
操舵台車のため外側にリンクが付いています。工場長はそれなりに楽しめましたが一緒に行った嫁さんの反応はイマイチでした。




この記事に

全577ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事