ここから本文です
杜の都車輌工場の工場日誌
相変わらずいろいろと同時進行しています。

書庫全体表示

記事検索
検索

全563ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

生きてますよ〜

先週から1週間ほどブログお休みしてました。ちゃんと生きてますよ。ちょっと最近忙しくてブログどころではなかったのです。この間荷物が届いたり出かけたり色々あったのですが、後ほど紹介します。
とりあえず明後日は山形に行ってきます。

この記事に

一関に行ってきました

週末は一寸一関まで足を伸ばしてきました。

イメージ 1
観光目的ではありませんが,折角来たのでついでに有名所を観光してきました。こちらは中尊寺です。

イメージ 2
前日に豆まきイベントがあったので混んでいるかと思ったんですが,意外と閑散としていました。

イメージ 3
お寺でありながら境内?には神社もあります。

イメージ 4
中尊寺の後は厳美渓です。厳美渓といってもピンとこないでしょうか?ロープウェイでお団子を売ってくれるお店がある場所です。え?もっと分からない?ググッて下さい。

イメージ 5
大体この写真の中央付近にお団子ロープウェイのケーブルが張ってあるのですが,見えませんね。こちらも日曜日にも拘らず閑散としていました。まあ、寒いんで仕方ありませんね。




この記事に

スタジオHOのペーパー製三陸鉄道36形気動車の製作 その33です

イメージ 1
キットを確保してあった36形気動車2両の製作に取り掛かりました。今年の岩手鉄道フェスタに間に合わせるためにはそろそろ作り始めないと間に合わないのです。

イメージ 2
これらの部品を使って前面を作ります。

イメージ 3
レーザーカットによるキットなのですが,どうもレーザーが甘かった?らしく,一部切れていない箇所が散見されます。カッターで軽くなぞれば切り離せるので大丈夫です。

イメージ 4
これらを組み合わせると,

イメージ 5
前面の貫通窓部分が出来る訳です。因みにこの2両はわが社で製作する36形の4・5両目になります。
年頭挨拶でも書きましたが,やはり本年は思ったようにブログ更新が出来ません。毎日更新は難しいですが,時々思い出したように更新していきますので宜しくお願いします。



この記事に

C62が入場しました

先日相次いで故障したわが社のC62ですが,車輌工場に入場させて状況を調べて見ました。

イメージ 1
とりあえずテンダーと機関車を分離しますが,やはりカンタム機を切り離すのは気を使いますね。電気のコネクタが意外と外れにくいのです。最近発売されたカンタム蒸機はテンダーを繋いだまま収納できる箱に改良されているようです。

イメージ 2
裏返して動輪押さえ板を外して見たところ,動輪のギヤがボロッと飛び出してきました。ギヤが割れているんだろうとは思っていましたが,ここまでパックリと割れていたとは・・・Fさんからネットに同じ症状が報告されていると聞いたので調べて見ると結構多いようですね。この車輌は震災前に買った物ですが,天賞堂で修理してくれるのかな?




この記事に

スタジオHOのフラノエクスプレスの製作 その13です

イメージ 1
動力装置の製作に取り掛かります。モーターは先日某集会で買った200円のモーターです。これでMPギヤを駆動させます。福祉大の急勾配に対応させるため,両先頭車をM車にしてそれぞれ後ろの台車を駆動させる予定です。真鍮帯材に穴をあけてモーター取付金具とします。

イメージ 2
床板にモーターが入る大きさの穴をあけてここに螺子止めします。




この記事に

全563ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事