ここから本文です
杜の都車輌工場の工場日誌
相変わらずいろいろと同時進行しています。

書庫全体表示

記事検索
検索

全532ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ペアーハンズのロングレール輸送車「ロンチキ」の組立 その5です。

イメージ 2
キヤ97系に続いてこちらも塗って見ました。岩切車風に台車は茶色です。え?越中島編成なので茶色に塗るのは違うって?良いんです。模型ですから。

イメージ 3
そんな訳で滑り台は黄色になります。ロンチキの実車はウェザリングがきつめなので塗装直後だと一寸違和感があります。

イメージ 1
ついでにエプロン車もう1両と中央締結車も組みまして,全部で塗装済み5両、未塗装4両で9両揃いました。

製造元のペアーハンズさんが東京某所で現在完成見本を展示中とのことですが,工場長は今日は福祉大の模型館で試験走行させてもらいに行きます。



この記事に

キヤ97の組立 12

ワールド工芸のキヤ97系気動車の組立 11です。

中々梅雨空?から回復しない杜の都です。連日作業場の湿度計は80%以上を表示していますが,このままでは作業が停滞してしまいますので色塗りを始めました。

イメージ 1
車体(床板)はクレオスのベースホワイトを塗ってから濃い目の黄色を塗りました。

イメージ 2
前回作ったR3編成と同じ色にしたつもりです。

イメージ 3
床下機器や台車など灰色で塗る部分も纏めて作業しました。コンプレッサーにつけているレギュレーターには2ミリくらい水が溜まりました。普段は多少湿気有っても瓶の周辺に水滴付く程度なんですがね。

イメージ 4
床下機器の裏には前回同様ミクロウェートを詰めています。それにしても,7月は調子良かった杜の都のお天気と楽天はどうしちゃったんでしょう?連日の結果に気が滅入ります。明日は気晴らしに福祉大の模型館にお邪魔するする予定です。

※ブログ書いている時点で降雨時は傘マークなんですよ。


この記事に

ペアーハンズのロングレール輸送車「ロンチキ」の組立 その4です。

イメージ 4
滑り台は量産を続けています。キットには全部で45個入っていますが,現在まで21個組みました。残り24個・・・まだ半分終わってませんね。

イメージ 3
台車に付くとこうなるわけで。

イメージ 2
台車は9両分出来ました。車端部には簡易ながら開放梃とブレーキホース付けてます。ブレーキホースは真鍮線曲げただけですが,色を塗ればそれなりに見えると思います。なによりこの両数分のロスト製ブレーキホースを用意するのはちと高いので。

イメージ 1
エプロン車のその他の機器を組んで見ました。カッコいいですね。やはり作業用の蛍光灯を光らせたいですが、まだ方法が定まりません。



この記事に

E3系はやて号

昨日は秋田の実家からの帰り道にE3系はやて号に乗車してきました。

イメージ 7
E3系を使用したはやて372号は行き先が上野という一寸中途半端な列車でした。

イメージ 6
最近E6系ばかり見ている為でしょうか久しぶりに盛岡駅のこの場所で見た元秋田新幹線のE3系はとても大きく見えました。

イメージ 5
客室の仕切にはあきたこまちや金萬の車内広告が無くて少し寂しい感じです。

イメージ 4
一昨日飲みすぎて酷い目にあったのに・・・習慣とは恐ろしいもので。

イメージ 3
走行中の車内からは虹が見えました。

イメージ 2
今流行のクールジャパンがこんなところにも進出していました。

イメージ 1
途中の一ノ関駅で後続新幹線通過待ちのため,4分遅れて仙台駅に着きました。



この記事に

秋田に行ってきました

昨日・今日の一泊二日の日程で秋田の実家に帰省してきました。

イメージ 3
高速道路は混みそうなので往復とも新幹線で移動です。

イメージ 2
連日雨続きの杜の都ですが,秋田は晴れていました。因みにこれは盛岡駅です。
秋田では実家のお墓参りの他,クラス会が開催されると言うことで出席してきました。数十年振りで旧友と会い,懐かしさのあまり少々飲みすぎまして,今日は昼過ぎまでグロッキーでした。

イメージ 1
帰りははやぶさ号のチケットが取れなかったので16両編成のはやて号です。「はやて」なのでE2+E3を期待したんですが,E5でした。まあ,久しぶりにE3系こまち号に乗れたので良かったです。



この記事に

全532ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事