ここから本文です
杜の都車輌工場の工場日誌
相変わらずいろいろと同時進行しています。

書庫全体表示

記事検索
検索

全569ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

発煙装置付き車輌

蒸気機関車に発煙装置を付ける人はいますが,電気機関車に付ける人は中々いないのではないでしょうか。

イメージ 1
わが社の炭鉱電車には発煙装置が組み込まれていることが判明しました。というのは冗談で,先日の山形運転会で煙に包まれながら走る姿を披露した炭鉱電車です。わが社で製作した車輌なのですが,工場長も吃驚する位の煙に包まれながら走行しました。一瞬某SF映画よろしく未来からタイムスリップしてきたのかと思いました。

イメージ 2
原因を調べるべく車輌工場で解体したところ,

イメージ 3
どうやら集電安定用のコンデンサが原因のようです。コンデンサが膨らんで焦げた痕が付いていました。長時間の走行には向かないのでしょうかね?ちなみにモーターとライトには問題ありませんでした。コンデンサ交換で修理完了です。



この記事に

青葉まつりのパレード

日曜日に開催された仙台青葉まつりのメインイベント,山鉾巡行パレードの様子です。

イメージ 2
青葉まつりの由来など詳しいことは分かりませんが,青葉山の神様を祀っているようです。青葉山の神様は天狗の姿なんでしょうか?

イメージ 3
先ほど市役所前を出発した御神輿が戻ってきました。

イメージ 4
青葉まつりのパレードには宮城県内のいろいろな団体が参加しています。いくつかの団体が通り過ぎた後,山鉾の登場です。これは仙台市の山鉾で市長さんが乗っています。

イメージ 5
七福神が乗った山鉾は仙台水産です。

イメージ 6
七十七銀行の山鉾は大太鼓でした。参加者の数も多く流石の資本力ですね。

イメージ 7
JRの登場です。皆さんJRの半纏を着ています。工場長も1着欲しいです。

イメージ 1
山鉾のお囃子,なにやら聞き覚えのあるメロディーは鉄道唱歌でした。

どこか取って付けた感のあるお祭りですが,それなりに楽しめました。




この記事に

青葉まつり

日曜日は仙台青葉まつりを見物してきました。

イメージ 1
日曜日はとても良いお天気でお祭り日和でした。

イメージ 2
アーケード街を歩いていると、あちらこちらに青葉まつりののぼりが下がっています。

イメージ 3
所々に山鉾も置かれています。前輪にステアリングは無いようですがどうやって曲がるんでしょう?

イメージ 4
お祭りの日はワンちゃんもファンキーです。

イメージ 5
市役所前から御神輿が出発しました。ここからが青葉まつりの本番だそうです。




この記事に

週末に山形の某温泉施設で開催されたはつかりクラブ運転会の会場レポート その7です。

イメージ 8
Fさん製作の踏切をイーストアイが通過します。イーストアイは在来線区間も走行するのでこんな場面もアリですが,

イメージ 7
流石にE2系は踏切渡ることは無いでしょうね。模型ならではです。

イメージ 6
13mmエンドレスでは山形のS御大の機関車が石炭車を牽いて走行していました。走行音がとても静かでした。

イメージ 5
運転会も終盤に近づき,珍ドコ編成の登場です。わが社のシキ編成です。あれ?折角作った荷物は?

イメージ 3
この運転会で使用しているカーブは結構大径なので多分大丈夫だろうと思ったんですが,荷物を積んだシキ800は曲がりきれず,空車状態での運転となりました。シキだけに仕切り直しが必要なようでした。

イメージ 4
後片付け中の一コマ,新幹線用のイーストアイを在来線用のイーストアイと連結させてもらいました。断面の違いが良く分かります。そもそも縮尺が違いますね。

イメージ 2
その後,会場撤収作業を行い,閉会式です。本年も大きなトラブル無く終了となりました。

イメージ 1
最後は恒例のお蕎麦タイムです。今年は温かいラーメン?にしました。以上,はつかりクラブ運転会レポートでした。




この記事に

週末に山形の某温泉施設で開催されたはつかりクラブ運転会の会場レポート その6です。

イメージ 1
一夜明けて二日酔い気味で運転会場に来ました,ヤード上には夜間運転で活躍した車輌が並んでいます。

イメージ 2
ヤードの片隅にはリゾート白神とSL銀河が並んでいます。ジョイフルトレイン(死後?)の並びです。

イメージ 3
ヤード上に並んだ検測車の架線検測部です。新幹線用は在来線用に比べてシンプルですね。いや,手抜きした訳じゃないですよ。

イメージ 4
朝食を挟んで,

イメージ 5
2日目の運転です。ヤード上ではわが社の新幹線と涌谷のKさんの車輌でJR東日本並びが実現しました。

イメージ 6
本線上ではK御大のC55がわが社のSL銀河を牽引しています。SL銀河は実車同様動力搭載ですが,力強い走りのK御大のSLにはディーゼルアシストは必要無さそうでした。

イメージ 7
在来線用イーストアイはなんと7両編成で走行です。折角なので新幹線用イーストアイも繋がせて貰えばよかったです。

イメージ 8
駅部分にイーストアイとSL銀河が並びました。

イメージ 9
涌谷のKさんの通勤電車にはちゃんと運転手さんが乗務していました。次の運転会では乗客が沢山乗っているんでしょうね。




この記事に

全569ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事