福岡市南区大橋 “花屋ひより”

一人一人の希望に合わせたフラワーギフトを提案している“花屋ひより”です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全178ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

門松の解体と処分

イメージ 1

お正月に親しまれた門松の回収も完了し

本日は門松で一番大きなパーツとなる極太の青竹の切断作業をしております

イメージ 2

イメージ 3

地域によっては「どんど焼き」などで処分をしたりしていますが

やはり大型の門松の回収や解体は、別途の手数料が発生するなど

処分に困ることが目に見えていますので、当社では「ご購入頂いた方に限り大小限らず」

回収と解体そして処分を「無料」で行っております


案外、お正月気分を払拭する体にいい作業で、こちらも毎年恒例となっております!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

西新中央商店街から明治通りへと伸びる商店街の角にあるご存じ「蜂楽饅頭福岡西新本店」

今日は行列がやや少なめでしたので珍しく並びました(笑)

この蜂楽饅頭、この店舗だけで1日2000個も売れているんです!

イートインスペースを完備。蜂楽饅頭はもちろんのこと、

期間限定の冬は白玉ぜんざいや夏場はかき氷なども堪能できます。

イメージ 2

イメージ 3

カロリーを気にしながらでもぜんざいと白あんを1つ! 福岡の冬の風物詩ではないでしょうか•(*´³`*)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

今年も早いことに卒業式の打ち合わせも終了し、

各大学や専門学校へ配布する「poster」の原案ができあがりました。

例年に比べ、今年は淡いチューリップをベースとしてべシンプルに!

後は、校正をかけて印刷です。 関係者の皆さん今年も宜しくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

毎年の夏の趣味「BEETLECLUB」で活躍する岩本壮一郎君が

福岡市早良区のももちパレスで橋下徹さんと講演会を開催するとのことで出向きました




イメージ 2

イメージ 3

第一部では壮一郎(ここからいつものように呼び捨て!)が担当し、独自の地域活性化策や

ヤフオクドームや福岡タワーや大型医療施設等が集中する百道浜海浜地区に鉄道が通っておらず

車両渋滞を引き起こしている問題について、西新・藤崎地区と海浜地区をロープウエイで結ぶ

「早良区ビッグバン」構想を語っていた。 こちらは民間企業からの投資も募るという


第二部ではご存じ橋下徹氏が「九州が一つになって世界の都市と競争を」をテーマに講演し

「福岡市は元気があると言われている、日本のエンジンとして元気な都市が増えることは大歓迎だと賞賛

その一方で、今後、福岡県と福岡市が二重行政で対立していく懸念がある

大阪府市はこの問題を解決し、大いに発展できた。市、県だけでなく九州全体でまとまり

アジアの玄関都市としての発展を目指して欲しい、そして憲法改正による道州制の実現を目指す」との事




イメージ 4

イメージ 5

ま! 壮一郎は今年4月に行われる福岡市議選に早良区(定数9議席)から

「日本維新の会」の公認と、市長与党会派である「みらい福岡」の推薦を得て出馬しますが

どこの政党や選挙区に限らず同じ趣味(BEETLECLUB)の仲間として微力ながら関わりたいと思ってます(笑)

この記事に

開く コメント(0)

あのブラジル番長が!

イメージ 1

私の後輩のブラジル番長より連絡があり

なんと!本日、テレ朝の「激レアさんを連れてきた」という番組に出演するらしい

「少年院で反省文を書き過ぎたあまり文章力がメキメキ上がり、敏腕新聞記者になった元暴走族」

という強烈なタイトル(笑) しかし、いよいよ番長も全国デビューか!

彼は日刊邦字新聞社のサンパウロ新聞に、作家活動、フリーライターや町内会長

そして非行少年の立ち直り支援の「セカンドチャンス」などで頑張ってました
https://secondchance-tokyo.jimdo.com/ 

番長!おめでとう。

詳しくは、自叙伝『ぶっちぎり少年院白書』『ヤンキー記者、南米を行く』もおススメです

放送は1月14日(月)夜23:20〜らしいです

イメージ 2




吉永拓哉君 (愛称:ブラジル番長)

福岡県福岡市に生まれる。10代の頃は悪ガキで暴走族だったが、19歳の時に少年院を経験し20歳で出院したあと、南米大陸へ放浪の旅に出た。 最初はエクアドルに入り、日本人移住者が営むバナナ農園で働いた。その時に異国の地で苦労しながらも、たくましく生き抜く移住者の姿を目の当たりにし、自身の人生観が変わったという。その後、ペルーやブラジルで働きながら3年間旅を続けた。一時帰国の際には、日本に亡命していたアルベルト・フジモリ氏のSPを務めたこともある。
2004年にブラジルの永住権を取得し、サンパウロ市リベルダージ東洋人街に本社がある日刊邦字新聞社「サンパウロ新聞」の社会部記者となる。2006年からは同新聞社の福岡支局長として日本を拠点に活動をはじめる。 また、2008年に自叙伝『ぶっちぎり少年院白書』(二見書房)を刊行したことを機会に、少年院出院者の自助グループをはじめ、南米での体験や非行少年の立ち直りをテーマとした講演活動を様々な公的機関や企業などで行うようになる。その他、地元では福岡市中心部の繁華街・親富孝通りがある天神3丁目町内会長として、町内会運営によるウェブ番組『親不孝通りTV』のMCを行うなど、多様な顔を持つ。 ウィキペディア(Wikipedia)より

この記事に

開く コメント(0)

全178ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事