ここから本文です
梵鷹桜亭の花雪日記:平成編
2匹の雑種わんこ「花」と「雪」を中心に,かなり食い気も交えて綴る,梵鷹桜亭の日記:平成編.

書庫全体表示

************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

2019年3月の東京ドサ周り出張2回目.
高円寺に到着した花雪父は,期せずしてあの「なんでんかんでん」を発見し,
思わず3バカラーメン+替え玉をいただいてしまったのであります.

しかし,この日高円寺でホントに行きたかったのは,別のお店.
ピッタリ1年前の2018年3月17日に訪問してすっかり誑かされてしまった
「ワインで旅する極小空間 紅蓮燭堂」さんであります.

グーグルマップとか見ると,開店は18:00となっておりますが,
18:00に開店することは実は少なくて,
早くて19:00,場合によっては20:00,
あるいはそれ以降の開店になったりすることもあるようです.
毎日いつお店を開けるかについては,だいたいツイッターで流れてきますので,
訪問前にチェックしておくとよろしいでしょう.

さて,高円寺駅から連なる,JR中央線高架下のちょっと怪しめな飲食店街.
その中でもひときわ異彩を放つのがこちらのお店.
周囲のお店が,どちらかというとくすんだ色合いの渋い系なのに対し,
こちらのお店はショッキングピンクとかまっ黄色にピンクのハートとか,
とにかく派手派手しく攻めてきます.

ってわけで,今回の写真は,
どれもこれも思い切り彩度高めで行かせてもらいます.

イメージ 1

入り口前には,メニュー紹介の黒板.
この独特の字体がお店の雰囲気を物語っております.

イメージ 12

ビールとか日本酒とかもあったりしますが,こちらは基本はワインのお店.
イラストレータでもあり,ソムリエでもある,
ご店主のポリンキー川合さん(通称「ポリさん」)が選び抜いた
ワインがいつもたくさんそろっています.
ワインのボトルには,ポリさんが書いた各ワインの紹介文に加えて,
それを飲んだお客さんたちのだいぶアヤシイ感想も貼り付けられています.
一人でふらっと訪れても,これを読んでいるだけで十分愉しめます.

イメージ 2

そしてなぜか,こちらはいつもワインのアテに「いなり寿司」があります.
昨年初訪問したときにはまだいなり寿司文化は無かったのですが,
いつからか急にいなり寿司が定番メニューになってしまいました.
不思議ですね.
そしてこの日のいなり寿司は,なんとカレーソボロ味.
なんだそれは,という感じ(笑).

イメージ 3

「極小空間」と名乗るだけあって,店内はとても狭い.
カウンター席のみで,基本はスタンディング.
普通に考えれば6人で満杯なスペースなのですが,
10人くらいは詰め込めます.
この日も結構詰め込みました(笑).
客同士の距離がものすごく近い(というより,ほぼ常時接触しているw)ので,
勢い初めての人とも会話することになります.
なので,ボトルに貼られた付箋を読んだりせずとも,
一人で時間を持て余すなんてことは,このお店に関してはまずありません.
客層も,店の色合いから想像されるよりも意外に年齢高めだったりしますので,
中年オヤジが出張の夜一人でふらっと立ち寄るにはもってこいです.

イメージ 4

カウンター上のボトルを見ていると,昨年花雪父が貼り付けた付箋を発見.
全部置いてあるんですねぇ・・・ちょっと感動.
なお,昨年も同じことを言いましたけれども,
「絶対領域をなめたような味」は,あくまで想像ですからね,想像(笑).

イメージ 5

いろいろと型破りなお店ですが,これも型破りのひとつ.
つき出しですよ,これ.
丸のままの竹輪に串が突き刺さっていて,
それを,東南アジアの甘酸っぱ辛いソースが入ったグラスにおっ立てたもの.
他のどんな店でもこういうのは見たことないですねえ.
特に,いわゆるお洒落なワインバーでは絶対にお目にかかれない気がします.
でも,こういうざっかけなさがいいんですよね.
ちなみに,このまま竹輪を上から吸うと,きっと盛大にむせます(笑).

イメージ 6

ワイン選びは,ポリさんに相談するのがよろしいでしょう.
今回花雪父が最初に勧めてもらったのがこれ.
カリフォルニアの赤.チェリーの香りがします.

イメージ 7

ツマミには,本当にワインと合うのかどうか半信半疑だったいなり寿司を.
でも,これ,カレーソボロ味ですからね.
いろんな意味で,不思議で面白いマリアージュでした.

イメージ 8

2杯めは,昨年もいただいた,絶対領域風味のCrimson Ranch.
ラベルにも書かれている通り,開店以来ずっとあるこちらの定番ワインです.
濃厚で,ちょっと独特の風味で癖があります.
最初ちょっとびっくりしますが,慣れてくるとうまい.
日本のウィスキーに慣れているウィスキーファンが,
初めてボウモアとかラフロイグとか飲んだ時の印象に近いのではないかと思います.
(ぜんぜん伝わらないですね,これはw)

イメージ 9

そしてその後,なぜか突然登場した神田生まれのどぶろく.

イメージ 10

帰るとき,ポリさんがわざわざ表までお見送りに来てくださったので,
お店の前で写真を1枚.
「ブログに載せてもいいですか?」と尋ねたら,
「店主はフリー素材です」とのお答えでした(笑).
いやー,いいですね,このポーズ.

イメージ 11

そんなわけで,ちょうど1年ぶりの訪問をたっぷり愉しんだのでありました.
ごちそうさまでした.また訪問しますので,よろしくお願いします.

なお,こちらのお店は,賃貸契約の関係で,
2020年の3月いっぱいで移転を余儀なくされるとのこと.
現在移転先を絶賛物色中だそうです.
移転先も,今と同じくらい狭いところをご希望なんだとか.
狭すぎて,逆に難しそうですね.

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事