ここから本文です
梵鷹桜亭の花雪日記:平成編
2匹の雑種わんこ「花」と「雪」を中心に,かなり食い気も交えて綴る,梵鷹桜亭の日記:平成編.

書庫全体表示

************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

2019年3月の第2回東京ドサ周り出張の最後を飾る食事処は,
高円寺と中野のほぼ真ん中あたりにある,
「そば処 竹前」さんです.
以前こちらを昼に訪問した時,そのレベルの高さに驚きまして,
次は夜に訪問してみたいと思っておりました.
今回ようやく,その念願かなっての夜の訪問であります.

昔ながらの町の蕎麦屋さんの風情.
店先に停められた,出前用のバイクがいい味出しております.

イメージ 1

店内も,店構え同様に,とっても大衆的な雰囲気です.

イメージ 2

厨房上の下がり壁には,昔ながらのおそば屋さんならではのお品書き.
メニューは書かれているのですが,値段が書かれていません.
もはや装飾品になっているのかもしれません.

イメージ 3

壁に掛けられた葭簀には,定番のセットメニューがあれこれ.
前回訪問時には,タラの天丼というメニューがあって気になっていたのですが,
今回は見当たりません.

イメージ 4

で,今回は夜の訪問なので,注目すべきはこちらのホワイトボードです.
蕎麦屋さんっぽく板わさもありますが,
それ以外の居酒屋メニューも充実しております.

イメージ 5

まずは,熱燗を一本.キュッと行きましょうね.

イメージ 6

つき出しは,マカロニサラダ.
いいですよ,これはいい.こういうつき出し,シビれます.

イメージ 7

最初,肉豆腐をオーダーしましたが,残念ながら品切れでした.
なので,チョイと悩んで,春キャベツの肉巻きをオーダー.
ニンジンやインゲン豆の肉巻きはよく見かけますが,
キャベツを巻くのは珍しいですね.
逆に,キャベツで巻くことはよくあるにしても.

あっさり甘辛い醤油味のたれと,春キャベツの甘み,豚肉のコク.
シンプルにうまいです.

イメージ 8

そしてねぎ入り玉子焼き.
しっかりと焼き目がついた,だし巻ではない,たまご焼き.
ぎゅっと詰まっていて,食べ応えあり.
そしてネギの風味が活きています.酒が進みますね.

イメージ 9

そして最後は,もりそば.
大盛にしたのかどうか,記憶がありません.
オレのことだから,きっと大盛りにしてるはずだと思いますがw.

イメージ 10

こちらのこの蕎麦が,美味いのです.
しっかりと蕎麦の風味がする,ツルツルののど越しの蕎麦.
酒のシメに,たまりませんっ!

イメージ 11

ってことで,高円寺北のそば処竹前さん,
大変おいしゅうございました.ごちそうさまでした.

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事