ここから本文です
梵鷹桜亭の花雪日記:平成編
2匹の雑種わんこ「花」と「雪」を中心に,かなり食い気も交えて綴る,梵鷹桜亭の日記:平成編.

書庫くいだおれ

記事検索
検索
************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

2017年8月31日.悪夢の日.
そう,この日,大額にあった天下一品金沢店さんが店を閉じました.
以来,苦節1年半余.
耐え難きを耐え,忍び難きを忍んだ日々.

そんな花雪家の夜明けは,突然やってきたのでありました.
2019年3月13日,天下一品野々市新庄店,オープン!!
加賀産業道路に面して雄々しく建つこちらのお店.
待ち望んだこの日が,ついにおとずれたのであります.

天下一品の,達筆な進入禁止標識のような赤いロゴが目に沁みます.

イメージ 1

駐車場は,お店の周りに20台分余り.たくさんとめられます.

イメージ 2

入り口脇には,天下一品本部から送られた祝い花.

イメージ 3

待合スペースも完璧です.
これなら,金沢の冬でもなんとか耐えられそうです.

イメージ 4

ぬわんと,定休日はありません(これについては,最後にもう一度触れます).
営業は11:00〜23:30(23:00LO).

イメージ 5

こちらではスタンプカードはやっておられないようです.
上から2行目まで読んだところで,「スタンプ集めればいいのか」と
思ってしまいますよね.7行目まで読んで,ずっこけましたw.

イメージ 6

では,メニューチェックです.
このメニューの装丁,金石オメガ店さんのメニューそっくりですね.
かつての金沢店のメニューとは全然ちがいます.

イメージ 7

この日は,まだ営業開始から3日目.
いろいろと始まっていないメニューもたくさんありました.

イメージ 8

ラーメンのバリエーションも,金石オメガ店そっくり.

イメージ 9

定食は結構種類があります.
そしてこの構成も金石そっくり.

イメージ 10

紙おしぼりなどは,入り口を入ってすぐのところにまとめて置いてありますので,
入店時に持っていきましょう.

イメージ 11

野々市新庄店オリジナルだという,ニラニンニク.

イメージ 12

ご飯に乗せても,ラーメンにトッピングしても,どちらでもいけます.
でも,これも金石オメガ店にもあったなあ.
もしかして,金石と経営母体が同じなんでしょうか?

イメージ 13

お箸は,割りばしとエコ箸の両方が用意されています.
これはありがたいですね.

イメージ 14

さて,アルバイト店員と思しきフロア担当者が,
まだイマイチ落ち着きの無い雰囲気ではありましたが,
オーダーも無事通りまして,お待ちかねのラーメン着丼!

イメージ 15

当然,どちらもこってりスープを指定.
花雪父は,大盛りです.
そりゃ,お祝いですもん,大盛りにしないと,ね.

イメージ 16

麺はいつもの天一の麺.
新店の常として,やや柔らかめのゆであがりでした.

イメージ 17

花雪父は,唐揚げセットの大盛であります.
唐揚げは,4個やってきますよ.

イメージ 18

そして母は,餃子セット.
もちろん,唐揚げと餃子は半分ずつ分け合いました.

イメージ 19

セットのご飯は,小盛.量的にはまあこれぐらいで十分です.
こってりには,白飯.

イメージ 20

ってわけで,オープン直後の天下一品で祝杯をあげたのであります.

そしてその12日後,花雪父は1人で再訪したのでありました.
今回は,チャーハン定食の並盛.
麺は固め,ネギ多めでオーダーしました.
うん,今のところ麺は固め指定した方がよさそうです.

イメージ 21

炒飯は,ごく普通の味わい.
とあるサイトで,
「味が薄くてインパクトが弱いのがマイナス」という評価がありました.
まあ,チャーハン単品で食べるならそうかもしれませんが,
こってりと合わせる場合は,このくらいの味付けで正解だと思います.
これ以上味が濃いと,逃げ場がなくなる.

イメージ 22

そしてさらに,4月13日に3度目の訪問(花雪母は2度目).
この日は14:00頃の遅い訪問だったのですが,店頭には6組の待ち.
あいかわらずはやっております.

この日は,花雪母は餃子定食,父は明太子ご飯セットをいただきました.
明太子ご飯は,こちら.
意外にご飯の量が多くてびっくりでした.
なお,この日もラーメンは麺固めコールをしてみましたが,前回よりも硬かった.
そろそろ厨房が慣れてきて,「普通」でOKになってきたのかもしれません.

イメージ 23

ところで,保留してあった「定休日なし」の件ですが,
これは,「年中無休」の意味かと思えば,さにあらず.
「定められた休日は無いけど,月替わりとかで休みを決めますよ」
という意味でした.
ってわけで,4月の「店休日(≠定休日)」は,水曜日となっております.
危なくだまされるところでしたよw.

イメージ 24

ってわけで,復活の天下一品野々市新庄店さん,
たいへんたいへん涙が出るほどおいしゅうございました.
ごちそうさまでした.
これからもちょくちょくおじゃまさせていただきます.
今度は急に店をたたんだりしないでくださいね.
************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

橋場交差点から少しだけ近江町市場方向に西進したところにある
中国料理店 梅梅 さんを初訪問しました.
横を通りがかるたびに,この店構えが気になってしかたなかったのです.

イメージ 1

「饅頭餃子」とか,惹かれちゃいますよねぇ.
なお,場所が場所だけに,駐車場は無い模様です.

イメージ 2

入り口前の,メニューの看板.
よだれが垂れてきそうです.

イメージ 3

なかなか趣深い北京ダックの木の看板.
その下には,新しいランチセットの案内.

イメージ 4

本場中国の点心厨師がいるって,マジですか?

イメージ 5

お休みは,火曜日.
この日は月曜でしたが,花雪父は代休だったのでした.
月曜なので,空いてるだろうと思っていたら,
店内はほぼ満席.
続々とやってくるお客さんの大半は予約客でした.
えらく人気あるお店だったんですね.

イメージ 6

入り口を入ると,まずあるのは,この北京ダックの製造現場.

イメージ 7

冷蔵庫には,丸のアヒルがぶら下がっています.
この感じ,香港の市場そっくり.

イメージ 8

そしてその奥に客席があるのですが,
なんというか,今は無き九龍城塞の魔窟に潜り込んだかのような雰囲気です.
もちろんこんな風に装飾したんでしょうけれど,
わざとらしさがほとんどないのがすごい.
香港の辺境地で入った怪しげなレストランの雰囲気がそのまま演出されています.

イメージ 9

卓上にある,このお茶の魔法瓶も,めっちゃ中国的.
この凹みもいい感じです.よくできてるなあ.

イメージ 10

卓上調味料.中国の酢もあります.

イメージ 11

では,ランチメニューをチェックしましょう.

イメージ 12

まずは,入り口前にも掲示されていた,新ランチセット.
4種類のランチ限定の麺類と,生煎包のセットです.
生煎包とは,焼き小籠包のことだそうですよ.

イメージ 13

続いて,おそらくはこちらのお店の最大のウリモノ,
北京ダックのコース(左)と,ふかひれ加賀美人膳(右).

イメージ 14

おススメのランチ.
右ページの写真は,点心膳(上)と,麻婆豆腐(下).

イメージ 15

続いては,麺類.
上の写真は,左から順に,黒ごま担々麺,鶏ゆず麺,
汁なし担々麺,牛バラやきそば.
この黒ごま担々麺の見た目のいかつさに惹かれちゃいます.

イメージ 16

ご飯もの.
左ページの写真は,ふかひれ土鍋ご飯(上)と,
鶏と加賀れんこん高菜土鍋ご飯(下).

イメージ 17

点心いろいろ.
写真は,豚肉ショーロンポー.

イメージ 18

なんだかすごく目移りしてしまいましたが,
花雪家が二人そろって選んだのは,点心膳でした.
点心が大好きで,あれもこれも,ちょっとずつ食べてみたいという向きには,
これはおススメだろうと思います.

イメージ 19

三色のショーロンポー.
メニューには,ショーロンポーは1種類しかないのですが,
あとの2つは何なのでしょう・・・?

イメージ 20

そして,餃子5種.
メニュー上では,餃子4種になっているのですが,5種あります.
白がふつうの豚肉の餃子.緑がひすい餃子.黒は黒牛餃子.
茶色が羊肉とウイキョウの餃子.ピンクが梅子餃子です.
どれも美味しかったのですが,
花雪父母が一致してダントツに美味いと思ったのは,
茶色の羊肉とウイキョウの餃子でした.
他の4つと比べて,圧倒的に中国本場の風味と味わい.
次回は餃子は全部これをいただこうと思ったのでした.

イメージ 21

小菜.
この日は,干豆腐と豆苗の炒め物のようでした.

イメージ 22

にら饅頭.
にらの風味たっぷり.

イメージ 23

点心を全部食べ終わると,牛肉麺が登場します.
スープは,あっさりとシンプルな醤油味.
もう少し中華の香辛料をきかせてもいいのではないかと思います.
トッピングは,これは牛バラの煮込みでしょうか.

イメージ 24

麺の食感が独特.
かなり固めです.

イメージ 25

最後にデザート.

イメージ 26

この日は,杏仁豆腐でした.
ほのかな甘みで,うまい.

イメージ 27

ってわけで,梅梅さんの独特の雰囲気の中でいただく中国料理,
たいへんおいしゅうございました.ごちそうさまでした.
************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

第1回目の東京ドサ周り出張を終え,金沢に戻ってまいりました.
金沢駅まで花雪母に迎えに来てもらいまして,
さて,夕食をどこで食べようか・・・と迷った結果,
白羽の矢を立てたのは,「旬菜串焼き 静流」さんであります.
こちらのお店は,花雪父は初訪問ですが,
花雪母はかつて一度来たことがあり,
結構おいしかった記憶があるということだったので,
今回の訪問となりました.

イメージ 1

落ち着いた雰囲気の店構え.
駐車場は,お店の前と横に10数台分ほどです.

イメージ 2

席は,カウンター席,テーブル席,お座敷と,たくさんあるようです.
花雪家は,カウンター席に陣取りました.
スペースに余裕があって,お隣さんとまったく干渉しません.
これはありがたいですね.

さて,メニューチェック.
まずは本日のおすすめから.
ふきのとうとかたらの芽とかに春を感じます.
そして串焼きの「心のこり」とはいったい?

イメージ 3

裏面は,おススメのお酒.

イメージ 4

続いては,レギュラーメニュー.
まずはビールとハイボール.

イメージ 5

酎ハイとサワー,カクテル.
余談ですが,近頃の若い人たちは,いきなりカクテルスタートの人が多いですね.
で,カルーアミルクで刺身を食べたり….
正直,理解不能です(笑).
ま,本人が美味しいと思っているなら,他人が何をかいわんや,ですね.

イメージ 6

梅酒と果実酒.

イメージ 7

ワイン.

イメージ 8

焼酎.

イメージ 9

日本酒と,ソフトドリンク.

イメージ 10

大量の飲み物を経由して,ようやく一品料理にたどり着きました.

イメージ 11

そしてこちらの本命,串焼き.
以外に赤ウィンナーとかもあったりするんですね.
しかも純鶏よりもお高い.どういうこっちゃ.

イメージ 12

串焼きの続き.

イメージ 13

そして串以外の焼き物.

イメージ 14

揚げ物とサラダ.

イメージ 15

シメのご飯ものとデザート.

イメージ 16

別メニューで,季節のおすすめワインもあります.

イメージ 17

つき出しは,ブリの刺身が少々.
こういうつき出しは珍しいですね.
新鮮でおいしいブリでした.

イメージ 18

ベジファースト,ってことで,本日のおすすめから,
プレミアムアボカドとえびのクリームバジルサラダ.名前が長い:).
アボカドのコクのある味わいと,バジルのさわやかな香り.

イメージ 20

巻貝好きな花雪母のオーダー,つぶ貝わさび和え.
コリコリの食感と,鼻にツンと抜けるわざびの風味.

イメージ 19

そして早速串焼きです.
まずは,皮.
説明が難しいのですが,他のお店の皮とは全然違う食感でした.
これ,美味しい.

イメージ 21

記憶があやふやになっておりますが,たしかこれが 心のこり.
ハツのどこやらだったと・・・ぜんぜん情報ないですね,すみません.

イメージ 22

そして花雪父の大好物,純鶏.
こりこりとした強い歯ごたえと,噛めば噛むほどににじみ出てくる肉のうまみ.
なんでこれがこんなにお安いのか.ありがとう.:)

イメージ 23

スナップえんどう肉巻きです.
スナップエンドウのプチプチした歯ごたえと豚バラのうまみ.

イメージ 24

芽キャベツの串焼き.
キャベツの濃厚な甘みがたまりません.

イメージ 25

さて,厨房では劫火が燃え上がっております.

イメージ 26

そう,薩摩地鶏のもも焼ですね.
炭の香ばしさと肉の脂の甘み,そこに柚子胡椒の辛みと香り.
混然一体となるうまさです.

イメージ 27

ってわけで,とにかくこちらは串焼きがうまい.
めちゃくちゃ気に入ってしまったのでありました.

旬菜串焼き 静流 さん,たいへんおいしゅうございました.
ごちそうさまでした.
************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

2019年3月の東京ドサ周り出張第1回目が終了し,この日は金沢に戻るのみ.
のんびりホテルを出発し,朝昼兼用の食事をいただきにうかがったのは,
大手町の地下街にある,
PASTA & DELI リトル小岩井さんです.

イメージ 1

店頭の冷蔵ケースでは,いろいろな種類のサンドイッチが売られています.

イメージ 2

さらに,サラダや牛乳なども.
これだけ見ていると,駅近にありがちな売店っぽいですね.

イメージ 3

これらのサンドイッチも人気があるようなのですが,
リトル小岩井さんの真骨頂は,やはりこのスパゲッティなのであります.
以前紹介したことがある,有楽町のジャポネさんと双璧をなす,
ロメスパの名店として名を馳せておられます.
長らく来たい来たいと思いながらも訪問がかなわなかったのですが,
この日ようやく初訪問となりました.

イメージ 4

テイクアウトもあります.
そして,テイクアウトの方がイートインよりも70円安い.
ちょっと不思議ですね.
多くの場合,持ち帰りは容器代がかかる分少し高くなるのが常なのですが.

イメージ 5

こちらの開店時刻は10:30.
花雪父は,10:20くらいに到着し,10分ほど待ちました.
開店と同時にお店に飛び込み,最奥の2人掛けテーブルに陣取りました.
テーブルは,4人掛け3卓と,2人掛け1卓.
かなり少ないキャパシティです.
そこへ,開店直後から次々とお客さんがやってくるので,
基本は全席,有無を言わさずに相席です.
花雪父の狭い2人掛けテーブルも,相席となりました.

卓上には,タバスコと粉チーズ.
一部で,クリープの味がすると噂の粉チーズです.

イメージ 7

注文が通ると,まずはキャベツの酢漬けが登場します.

イメージ 6

厨房で2人のコックさんがぶんぶんフライパンを振っています.
やがてやってきたのが,こちら.
ジャポネの大盛りであります.
スパゲティは,ロメスパ標準の極太ゆで置き麺.
具は,豚肉,玉ねぎ,ピーマン,マッシュルーム.
あっさり和風味です.
味わいは,もう安定のロメスパ系.
ジャンクな風味がたまりません.うまい!

大盛りなんですが,さほどたいした量ではなく,
まったく問題なく完食できました.
正直,もうちょいほしいくらいです.

イメージ 8

後続のお客さんは常連の方が多かったようで,
いろいろ面白い注文が飛び交っていました.
油多めとか少なめとか,焦がし強めとか.
こういう指定,有楽町のジャポネでは聞いたことないですね.

ってわけで,大井町のロメスパの聖地,リトル小岩井さん,
たいへんおいしゅうございました.ごちそうさまでした.
************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

神保町といえば,なんと言っても古書の街として有名ですが,
同時にカレーの街としても名を馳せております.
そんなカレー激戦区の中でも,特に有名なお店である
「欧風カレー ボンディ」さんを初訪問しました.

イメージ 2

こちらのお店,神田古書センターの2階にあるのですが,
古書センター入り口がある表通り側からは入られません.
ビルの裏に回り,従業員通用門のようなところから,
狭い階段を上がった先にお店があります.

イメージ 1

階段の昇り口には,行列の仕方とおよその待ち時間に関する案内.
このビルに入る他のお店の従業員の方々の通路にもなっているので,
通行の余地を空けて並ぶようにとの指示.

イメージ 5

この日は15分ほどの待ちでした.
待っている間にメニューチェック.
表側は,カレーとデザート,追加や持ち帰り.

イメージ 3

裏面は,ドリンク類です.

イメージ 4

注文を終え,しばらくすると,最初にやってくるのがこれ.
丸ごと茹でられた,ほっくほくのジャガイモです.1人あたり2コずつ.
一緒にバターも出てきます.
神保町のカレー店の多くで,この茹でジャガイモが供されるそうです.
カレーが来るまで,これをかじりながら待ちましょう.

イメージ 6

そしてやってきました,本命のカレー.
花雪父は今回が初訪問でしたので,
筆頭メニューのビーフカレーをオーダーしました.

イメージ 7

カレーソースポットいっぱいに入れられた,ビーフカレーソース.
やっぱり金沢カレーとは違いますね.
金沢に住んで20年経ち,ずいぶん金沢カレーにも慣れてきましたが,
花雪父的には,やはりこっちの欧風カレータイプの方が親しみがわきます.
昔ながらの欧風カレーの,いろいろな材料が混沌と混ざりあった味わい.
そしてこの写真ではよくわかりませんが,
結構大ぶりで,柔らかく煮込まれたビーフがごろり.
うまいです.

余談ですが,最近カレーソースのことをカレールーと言う人が多いですね.
でもそれだと,調理前のあのチョコレートのような塊のことになってしまいますよ.
(フレーク状のものもあるけれど)

イメージ 8

ライスの量はごく常識的.
上に,溶かしバターらしきものが一筋かけられていました.

イメージ 9

ってわけで,カレーの有名店ボンディさんのビーフカレー,
たいへん美味しゅうございました.ごちそうさまでした.
また神保町に行ったらおじゃまさせていただきます.
・・・って,神保町で再訪しないといけない店,多すぎだなw

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事