ここから本文です
梵鷹桜亭の花雪日記:平成編
2匹の雑種わんこ「花」と「雪」を中心に,かなり食い気も交えて綴る,梵鷹桜亭の日記:平成編.

書庫くいだおれ

記事検索
検索
************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

神保町にはいくつか有名なお店があります.
こちらの「珈琲と洋酒の店 さぼうる」さんもたいへん有名です.

そんな さぼうる さんには,さぼうる2という姉妹店が隣接して存在します.
このさぼうる2さんは,ナポリタンスパゲティで有名.
この日,神保町で仕事だった花雪父は,雨の中ヒルメシをいただきに
さぼうる2さんを訪れました.
雨だってのに,お店の前には少しだけ行列ができてました.

イメージ 1

おひるのメニューはこれだけです.
ハンバーグやしょうが焼,ホットドッグなどもありますが,
ほとんどのお客さんはスパゲティを注文しています.
中でもナポリタンを頼む人が大勢でした.

イメージ 2

店内の雰囲気は,古き良き昭和の喫茶店.
結構狭い上にキツキツにテーブルや椅子が配置されているので,
身動き困難です.
この閉塞感が,独特の落ち着きを生んでいるんですけどね.

イメージ 3

1人客は,基本的に相席になります.
が,花雪父はこの小さな小さなテーブルだったので,相席ではありませんでした.

イメージ 4

注文したのは,ナポリタンスパゲティのセット.
まずは,ナポリタンとサラダが登場です.

イメージ 5

このナポリタン,うずたかく積み上げられています.フルヘッヘンド.
当然,上の方からフォークで巻き取っていかないとなりませんが,
フォークですくったスパゲティを巻き付けるためのお皿の余地が無い.
ので,最初のうちはものすごーく食べづらいです.
隣席のお客さんは大盛だったのですが,見た目はこの倍程度で,
さらに高い山になってました.超食べにくそう.
そしてさすがの花雪父も,あんなにたくさんは食べられそうにありません.
この並盛りで十分です.

というわけで,量的問題でたいへん食べづらいのですが,
お味はGood!.
実は花雪父はナポリタンが苦手.というか,ケチャップの酸味が苦手なのです.
しかし,こちらのナポリタンは,ケチャップがしっかりと炒められていて,
酸味が飛ばしてあるので,たいへん美味しくいただくことができました.

イメージ 6

サラダは,レタスとトマト.シンプルです.

イメージ 7

セットは,食後にドリンクがつきます.
花雪父は,ホットコーヒーをチョイス.
ここでゆっくり・ゆったりしていきたいところなのですが,
窓の外には行列している待ちのお客さんが見えますので,
そそくさと飲んで店をあとにしたのでした.

イメージ 8

ってわけで,神保町の有名店さぼうる2さんのナポリタン,
たいへん美味しゅうございました.ごちそうさまでした.
にしても,多いわ(笑).

開くトラックバック(0)

もう十分以上に飲み食いしたはずなのにもかかわらず,
店を出るとなんとなく〆の麺が欲しくなってしまいました.
そこで立ち寄ったのが,兵六さんからすぐ近くにある,こちらのお店,
「蕎麦 冷麦 嵯峨谷」さんであります.
こちらの営業時間は,平日は朝の7:00から23:00と非常に長いのです.

イメージ 1

入り口前には,メニューが掲示されています.
こちらは一応立ち食い蕎麦屋に分類されるお店.
お値段も安い.
なのに,石臼挽きのそば粉を使った,十割蕎麦を提供しておられるのです.

イメージ 2

ショーウィンドウには,蕎麦の他に,お酒もいろいろ.
カップ酒なのが趣深いですね.
石川の,菊姫のカップもあるようです.

イメージ 3

こんなの見てると,いろいろ食べたくなっちゃいますね・・・

イメージ 4

立ち食い系なので,まずは食券購入です.
種類があってうろうろしちゃいます.

イメージ 5

実は今回が2度目の訪問.
前回は,物珍しさで冷麦にしてしまったのですが,
今回は蕎麦でいきます.
さんざ飲み食いした後だってのに,おおもりそば.バカじゃないの.

イメージ 6

でもまあ,大盛つったって,この程度の盛りですから,楽勝です.
それではいただきましょう!

イメージ 7

で,いただいてみてびっくり.
十割だから当然と言えば当然なのですが,
すんごいしっかりした蕎麦の香り.
これはうまいわ!
その辺のヘタな専門店なんかメじゃない,香りも味わいも深い蕎麦.
ちょっと感動してしまいました.
こんなに美味しい蕎麦を,
たった400円(並盛ならたったの290円!)でいただけるなんて.
専門店に行けば,簡単に1500円くらい取られますよ,これ.

イメージ 8

ってわけで,立ち食いファースト系の蕎麦屋であるにもかかわらず,
びっくりするくらいクオリティが高い,十割蕎麦の嵯峨谷・神保町店さん,
たいへんたいへん美味しゅうございました.ごちそうさまでした.
必ずまたお邪魔いたします.

開くトラックバック(0)

************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

神保町の老舗居酒屋「兵六」さんを,今年も訪問いたしました.
この縄のれんの入り口と,店内の「コの字」型の年季の入ったカウンターが
すっかりお気に入りになってしまったのです.

前回は一人二次会で訪問したので,
次回は一次会で訪問しようと思っていたのですが,
今回も結局一人二次会での訪問となってしまいました.^^;

イメージ 1

相変わらずの繁盛ぶり.
ほぼ満席でしたが,幸いカウンター席の角っこに陣取れました.

イメージ 2

いろいろと心惹かれるメニューが短冊でぶら下がってます.

イメージ 3

酒も,種類は少なめながら,気になる銘柄が.

イメージ 4

とりあえずは,デフォルトの熱燗でスタートします.

イメージ 5

つき出し.
いろいろな野菜を千切りにしたものを,ピリ辛なタレで和えたもの.

イメージ 6

一次会である程度食べてしまっているので,
もうあまり重いものはいただけません.
軽めの肴をってことで,まずは,からしあえ.
もやしときゅうり,ゆで豚をカラシ味噌で和えたものです.
さっぱりしていて箸が進みます.

イメージ 7

熱燗をやっつけたら,こちらの名物,ヤカン焼酎にスイッチ.
大きなヤカンに入った焼酎を,升で量って,徳利に入れてくれます.

イメージ 8

イメージ 9

そして,その徳利と,熱い白湯が入った小さなヤカンが供されます.
ぐい飲みに,まずお湯を半分くらい入れて,その上から徳利の焼酎を注ぎ,
ぐい飲みの中でお湯割りを作って,クイっといくわけです.

イメージ 10

大鉢に盛られていた,つけあげ.
焼酎には,つけあげですね.

イメージ 11

最後は,なんとなく気になった酒粕焼.
しっかり焼かれた酒粕に,白ネギとわさび.
これに少し醤油を垂らしていただきます.
お酒の香りがふわっと漂い,深みのある味わいでした.

イメージ 12

カウンターの隣席の方とひとしきり話も盛り上がり,
とても楽しいひとときを過ごすことができました.

ってわけで,居酒屋 兵六 さん,
たいへん美味しゅうございました.ごちそうさまでした.
次こそは一次会で・・・

開くトラックバック(0)

************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらにお願いいたします.
***********************************


神保町の「蘭州拉麺 馬子禄(マーズルー)」さんを再訪しました.

イメージ 1

今のところ値段等に変更は無いようですが,
水曜の定休日が廃止されたようです.

イメージ 2

メニューは相変わらずシンプルで,
あるのは蘭州拉麺のみ.
ただし,麺が3種類:極細麺,三角麺,平打ち麺とあって,選べます.
あと,パクチーと牛肉の2種類のトッピングの大盛化が可能です.
なお,麺の大盛はできません.

イメージ 3

前回は,標準麺の「極細」をチョイスしました.
今回は,他では見たことが無い「三角麺」にチャレンジです.

待つことしばし,やってきました,牛肉面.

イメージ 4

スープは牛ベース.トッピングの肉も,牛肉です.
そこに,たっぷりの刻みパクチーと辣油がのってます.
なお,パクチーと辣油は,無しにすることも可能ですので,
苦手な人はオーダー時にその旨申告しましょう.
ただ,この拉麺,辣油はともかくとして,パクチーを抜いてしまうと,
非常に特徴の無い残念なものになってしまうと思われます.
花雪父も,相変わらずパクチーには苦手意識がありますが,
この蘭州拉麺(と,ベトナムのサンドイッチ「バインミ−」)には,
パクチーが必須だと思います.
なので,苦手な人も,是非一度はパクチー入りをお試しあれ.

イメージ 5

そしてこれが三角麺.
断面が三角形なのかな?
ちょっとよくわからないですが,なんとなく不思議な形状をしています.
しかし,花雪父の好みとしては,前回いただいた極細麺の方が,
このスープには断然合っていて美味しいと思いました.

イメージ 6

入店時は行列も無く,空席もあって,すぐにテーブルにつけたのですが,
退店時には外に長い行列ができていました.
依然として高い人気を誇っているようですね.

ってわけで,蘭州拉麺 馬子禄さん,たいへん美味しゅうございました.
ごちそうさまでした.

開くトラックバック(0)

恒例の3月東京どさ回り出張.
今年も例年通りの実施となりました.
その出張初日の夜に訪れたのは,神保町にある味噌料理専門店
「味噌蔵 カギロイ」さんであります.

古民家を改修して使っているのでしょうか.
非常に趣のある建物.
入り口の引き戸は,立て付けが悪くて,
お店の方に開けてもらわないとなりませんでした.

イメージ 1

店内は,カウンター席のみ.
もっとも,奥の方とか2階とかに座敷があるのかどうかはわかりませんでした.

ともあれ,カウンター席に陣取ったら,メニューチェックです.
昭和というよりは,大正レトロな雰囲気のメニューブック表紙.

イメージ 2

味噌蔵を名乗るだけのことはあって,
全国から各種の味噌が取りそろえられています.

イメージ 3

当日コース,というのがあるんですね.

イメージ 4

おすすめの焼酎.

イメージ 5

そしておすすめの純米酒.
石川からは,遊穂が参戦しています.

イメージ 6

さらに,レギュラーメンバーのお酒類.

イメージ 7

ワインもいろいろあります.

イメージ 8

メニューブックの裏表紙.
とにかく味噌を賞味しろ,という指示ですかねこれは.

イメージ 9

料理メニューは,別紙.
まずはこの日のおすすめ.
やはり味噌を使用したものが中心になっています.

イメージ 10

こちらはレギュラーメニュー.
こちらも味噌を使ったものが目立ちます.

イメージ 11

では,取りかかりましょうか.
まずは新潟の村祐でスタート.

イメージ 12

つき出しは,ツブ貝の煮物でした.

イメージ 13

あじのなめろう.
わりと粗めに叩かれたアジと味噌がマッチング.

イメージ 14

1杯めの酒をさくっと片付けて,2杯め.
千葉の岩の井です.
生酛造りってのに惹かれました.

イメージ 17

米ナスの田楽.
ジューシーなナスと濃厚な味噌の組み合わせ.

イメージ 15

新鮮野菜盛り合わせと嘗め味噌2種.
味噌は,左の色が濃い方が鯛味噌,右が金山寺味噌です.
シャキシャキの生野菜に,この味噌をチョイとつけていただきます.
シンプルでうまい!

イメージ 16

焼かき.
プリップリのかき.口の中に,海の味がジュワーっと広がるのです.

イメージ 18

焼そら豆.ほくほくですよ.

イメージ 19

椎茸たまり焼.
たまり醤油の濃厚な味わいが,シイタケの風味をひきたてていました.

イメージ 20

バラ味噌漬焼.
豚バラの脂身の甘みと味噌の味わいが非常に良いとりあわせ.

イメージ 21

さて,シメにしようかと思いつつ頼んだのが,気になっていた
焦がしみそポテトサラダです.
普通のポテサラよりも少し赤みがかってますよね.
これが焦がしみその色かなと思います.
焦がしみそがコクを深めています.

イメージ 22

ってわけで,神保町の味噌蔵カギロイさん,
様々な味噌を使ったお料理,たいへんおいしゅうございました.
ごちそうさまでした.

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事