ここから本文です
梵鷹桜亭の花雪日記:平成編
2匹の雑種わんこ「花」と「雪」を中心に,かなり食い気も交えて綴る,梵鷹桜亭の日記:平成編.

書庫くいだおれ

記事検索
検索
木倉町の 浜の さんを出て,お客さん達をお見送りした後,
花雪父は職場の後輩と共に,何かでシメようと片町をうろつきました.
後輩がまだヤッホーしたことがないということだったので,
最初はヤッホーを目指しましたが,あいにくのお休みでした.

ってわけで,入ったのはこちらの
「らーめん・ギョウザ 長風」さんであります.
ずいぶん以前から何度もお店の前を通ってはおりましたが,
入店するのは今回が初めてでした.

イメージ 1

入ってみると,外から見て思うよりも広い印象でした.
なかなかこぎれいな内装.

イメージ 2

さて,メニューです.
ラーメンとチャーハン,酒の肴.

イメージ 3

酒の種類もそこそこあります.
むむ,日本酒の「おんな川」という銘柄,知らないなあ・・・

イメージ 4

瓶ビールを1本いただきまして,2人で改めて乾杯.
まずはギョウザでビールですよ.
黄金のコンビネーション.

イメージ 7

ラーメンは,筆頭メニューの豚骨ラーメンです.
白濁系というよりは,微妙に茶濁系.
マイルド豚骨醤油な感じです.

イメージ 5

麺も,純な豚骨ラーメンのような極細ではなく,
さりとて家系のような極太でもない.
やや細麺な感じでした.
全般に,博多系と家系の中間で,やや博多系寄りの印象でした.

イメージ 6

ってわけで,らーめん・ギョウザの長風さん,
たいへん美味しゅうございました.ごちそうさまでした.

開くトラックバック(0)

この日、東京からの仕事関係の来客があった花雪父は、
職場の後輩とともに、木倉町へと繰り出したのであります。
向かった先は、こちら。
「味処 浜の」さんであります。

結構古くからこの木倉町に店を構えておられる、
老舗の居酒屋さんなのですが、
あのあたりにしては地味目なこの門構えのせいで、
これまでなんとなく訪問する機会を逸していたのです。
が、新聞か雑誌かでこちらが紹介されている記事をたまたま目にして、
なかなかよさそうじゃん、と思い、今回の訪問となったわけです。

イメージ 1

入り口前には、メニューがずらりと掲示されています。
照明が明るすぎて、左上のお飲み物関係のメニューは読めませんね。

イメージ 2

料理のメニュー。
木倉町という場所柄、金沢や加賀の地物料理が目立ちます。

イメージ 4

そしてやっぱり、観光客向けということであれば、のど黒ですよね。

イメージ 3

加賀会席というせっとめにゅーもあります。

イメージ 5

さて、入店しましょう。
1階はどうやらカウンター席のみ。
我々4名は、2階の座敷にあがりました。

まずはつき出し。
魚を甘辛いダシで炊いたものと、子持ち昆布ですね。

イメージ 6

こちらはタコ料理が名物という話を聞きかじっていたので、
タコの天ぷらをオーダーしました。
タコの歯触りがよい感じ。

イメージ 7

いかにもな金沢的メニュー、ゴリの唐揚げ。
ゴリって、今でも金沢で獲れるのでしょうか?

イメージ 9

ごくごく普通の、冷ややっこ。

イメージ 8

そして、出ました!のど黒の姿焼きです。
こののど黒という魚、いついただいても脂が乗りまくりですよね。

イメージ 10

続いて、刺身の盛り合わせ。これで2人前です。
仲居さんによれば,
「1人前で十分お二人で召し上がれますよ」ということだったので、
2人前を注文しました。
たしかに十分だったのですが、ってことは、1人前ってどういう概念?
ま、美味しかったので文句はありませんけども。

イメージ 11

タコのカルパッチョ。
半生のタコのグニグニ感がうまい。

イメージ 12

刺身で出てきた海老(たぶんガス海老)の頭を塩焼きにしてくれました。
香ばしさと味噌の風味で、酒が進みますよ。

イメージ 13

もみいか.
中に詰まっているイカワタの濃厚な味わい.

イメージ 14

ナンコツのから揚げ.
王道の居酒屋メニューですね.コリコリ.

イメージ 15

そして最後は白子の石焼きです.
アッツアツに焼かれた石に乗って,
白子がジュクジュク焼けながらの登場です.

イメージ 16

ってわけで,最後の最後まで酒が進みまくり.
しっかり飲み過ぎました.

ってわけで,木倉町の 味処 浜の さん,
たいへん美味しゅうございました.ごちそうさまでした.

開くトラックバック(0)

2018年度下半期のNHKの朝の連続テレビ小説(通称「朝ドラ」)は、
日清食品の創始者である安藤百福をモデルにした「まんぷく」。
このドラマを見ていると、無性にインスタントラーメンを食べたくなります。

ってことで、この日は久々に袋モノのインスタントラーメンをこしらえました。
サッポロ一番のみそラーメン「東海赤だし味噌使用」バージョンです。
スーパーでたまたま発見し、
東海地方出身の花雪母と、関西出身なのに赤みそ大好きな花雪父の
食欲の琴線がくすぐられました。

イメージ 1

赤味噌が30%ほど混合されているそうです。

イメージ 2

袋モノのラーメンを作るのは、いったい何年ぶりでしょうか。
学生時代はよく作って、具も何も入れずに、鍋から直接すすったものです。
今回は、せっかくなので、ちょっと気合を入れて作りましょう。
野菜炒めとゆで卵を作り、薬味のネギに、ゆず皮まで準備。
別に沸かしたお湯で丼に入れたスープを溶き、
そこに2分半ほど茹でた麺を投入。
その上に、先に用意した具と薬味をトッピング。
かぁ〜んせぇ〜いでぇ〜〜〜すっ!(平野レミ風)

イメージ 3

インスタントラーメンで、麺あげ写真(笑)。
慣れ親しんだサッポロ一番の麺ですね。
スープは、あたりまえですが、味噌味。
たしかにいつもの味とは少し違うのですが、赤みそ感はあまりなし。
と思ったのですが、花雪母は結構赤みそを感じたと言っておりました。

イメージ 4

まあしかし、インスタントラーメンってのは、すごいですね。
テキトーに作っても、それなりにきっちりと美味しい。
いまや当たり前の食品ですが、よく考えれば画期的な商品だと思います。

ってわけで、安定のサッポロ一番。
大変おいしゅうございました。ごちそうさまでした。

開くトラックバック(0)

昨年から始まった、年に1度の富山は小杉でのお仕事に、
花雪父は今年も出かけたのであります。

んで、今年もやっぱりニューいちいさんにお邪魔しようかな、
と思っていたら、ぬわんと、
2018年末でニューいちいさんが閉業したという情報がネット上に!

というわけで、他の候補を探した結果、白羽の矢を立てたのは、こちらのお店。
「洋食 グリル はやし」さんであります。

イメージ 1

お店は純和風で、お城的な瓦葺の屋根の建物。
そこに、目立つオレンジ色のテントに店名が大書されております。
駐車場は、お店の正面と右手にたくさんあるようでした。

イメージ 2

開店直後に飛び込みましたので、一番客。
カウンター5席、4人掛けテーブル2卓、そして座敷席がたくさんありました。
なかなかの収容力です。

では、メニューチェック。
筆頭メニューは、豚肉から揚定食ですね。
「当店自慢」の煽り文句。
ですが、その直下にある「豚肉ピザスタイル定食」もめっちゃ気になる。

イメージ 3

裏面は、ドリンクメニューです。
冷酒は夏季限定なのですね。こういうのは初めて見ました。

イメージ 4

豚肉ピザスタイルに後ろ髪をひかれつつも、
初訪問は筆頭メニューの意志を貫き、
オーダーしたのは、豚肉から揚定食であります。

イメージ 5

メインディッシュの、豚肉から揚げ。
けっこうボリュームあります。
味わいは、生姜焼きの下ごしらえをしたロース肉をから揚げにしたような感じ。
ごはんが進みます。
卓上に洋がらしがあったので、ちょいとつけてみたのですが、
なんだか洋がらしをつけると生姜の風味が消えて、
花雪父的にはイマイチでした。
そのままいただいた方が美味しかったです。

イメージ 6

お味噌汁は、味噌薄め。
磯の香りがするお味噌汁でした。

イメージ 7

ご飯は、けっこう多め。
なかなかおなかいっぱいになりました。

イメージ 8

あとは、たくあん。ポリポリ。

イメージ 9

ってわけで、射水の老舗洋食店 グリルはやし さん、
たいへんおいしゅうございました。ごちそうさまでした。
次回は豚肉ピザスタイルをいただいてみたいと思いますが、
また1年後かな(笑)。

開くトラックバック(0)

八重洲の居酒屋 ふくべ さんで菊正の樽酒を飲んだくれた花雪父。
しかし、ふくべさんのようなタイプの居酒屋の肴は、量が控えめ。
店を出た後も、まだなんとなく小腹が空いておりました。
「ざるそばでも手繰りたいものだなあ」とホテル方面へうろつきつつ
そば屋を探すも、見つからず。
ホテルを通り過ぎて、少し行ったところに、
「ラーメン」の赤ちょうちんを発見しました。

イメージ 1

店名は「昭和」。
ものすごく目立たない、控えめなこの店構えに魅かれて、
どんな店かもわからぬままに突入したのであります。

イメージ 2

カウンター席のみらしい店内に、先客は3組ほどでした。
さて、メニューをチェック。
ラーメンが3種類あるだけの様子。シンプルな構成ですね。

イメージ 3

もちろん初訪問なので、ここは筆頭メニューを注文です。
一番人気の 昭和ラーメン。
昭和30年代名店の味だそうです。
たしかに王道の昔ながらの中華そばなルックスです。
具は、もやしが結構多め。そしてメンマが極太でした。
スープは、超あっさり系でマイルドな、中華料理屋のラーメン的な味わい。
飲んだ後の〆にするには、もう少し塩分が欲しい気もしました。
イメージ 4

麺は、やや細弱縮れ麺。
固からず、柔らかからずのゆであがり。
全般に、なるほど、昭和30年代を標榜するだけのことはある、
昔ながらの中華そばでした。

イメージ 5

ってわけで、ノスタルジックなラーメンの昭和さん、
大変おいしゅうございました。ごちそうさまでした。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事