ここから本文です
梵鷹桜亭の花雪日記:平成編
2匹の雑種わんこ「花」と「雪」を中心に,かなり食い気も交えて綴る,梵鷹桜亭の日記:平成編.

書庫くいだおれ

記事検索
検索
この日、花雪家は久しぶりで加賀中央公園で遊ぼうと出動しました。
過去にも何度かこの公園をおとずれたことがあります。
いろいろとヘンなオブジェがある、シュールな公園なのです。

で、その前に、例によって腹ごしらえということで、
公園周辺のお店を探した結果、
こちらの「四川料理 多来福(たらふく)」さんを訪問しました。

イメージ 1

住宅街のど真ん中にある、結構普通の民家っぽいつくりのお店です。
駐車場は、店の横に5〜6台分でしょうか。

イメージ 2

道に面した看板も、そしてこの入り口横の看板も、
妙に難しい字体のフォントを使っておられるので、
なかなか「多来福」と書いてあるとはわかりませんね。

イメージ 3

ショーケースには、サンプルはなくて、
写真と文字ベースでのおススメメニューのご紹介。
最下段の ひなあられ の存在意義は何でしょうか。

イメージ 4

入り口を入ると、まずは新年のご挨拶。
七草がゆを食べましょう、というおすすめ。

イメージ 5

店内は結構広々としていました。
カウンター6席、4人掛けテーブル2卓、

イメージ 6

小上がりには6人掛け卓が2つと、5人掛けの円卓が1つでした。

イメージ 7

メニューチェックです。
最初は、宴席料理のご案内。
個室も別途ある模様ですね。

イメージ 8

続いて、前菜と炒め物。

イメージ 9

炒め物の続き。
レバーのニンニク唐辛子炒めに、ちょっとそそられます。

イメージ 10

お次は煮込み料理と、点心、揚げ物。

イメージ 11

そしてスープとご飯もの。
チャーハンは無料であんかけにできるそうです。

イメージ 12

最後に麺類と、おつまみ。
最初、店名を冠した「たらふくラーメン」を頼もうかと思ったのですが、
花雪父はあんかけ麺類が苦手なので、パスしました。

イメージ 13

最後に、医食同源のメッセージ。

イメージ 14

別メニューで、日曜祝日限定のランチセット。

イメージ 15

壁にもいくつかのメニューが貼りだされていました。

イメージ 16

福山センセイがいい表情でビールをマシャに飲まんとしております。

イメージ 17

はい、まずは餃子が登場。
羽根付きでパリパリの食感がいいですね。
中のアンはやや少な目。

イメージ 18

花雪父は、普通のラーメンをオーダー。
スープは普通の中華料理的醤油味なのですが、
ちょっと独特の中華的な香りがしました。
八角じゃないし・・・・なんだろ、これは?

イメージ 19

麺は、やや太めなストレート麺。
もっちりとした食感です。

イメージ 20

花雪母は、毎度おなじみの酢豚。
わりと酸味控えめで、花雪父も美味しくいただけました。

イメージ 21

そして五目チャーハン。あんかけオプションは無しです。

イメージ 22

わりとパラッとした炒め上がり。
味つけはやや薄めで、上品な味わいでした。

イメージ 23

ってわけで、加賀中央公園横の中華料理店たらふくさん、
大変おいしゅうございました。ごちそうさまでした。

開くトラックバック(0)

結構おなかもいっぱいになっているはずだったのですが、
酔っぱらうと、やっぱり〆を求めてしまうのであります。

そこで桜橋交差点方面に彷徨い出た結果、
九州ラーメン 亀王 堂島店 さんに突入したのであります。
結構遅い時間だったのですが、店内はお客さんでほぼ満員。
調べてみると、結構たくさんのお店がある人気店のようです。

さて、カウンター席に陣取ったら、メニューチェック。
まずは、メインメニューのラーメン。
基本は豚骨系ですが、結構トマトラーメン推しな感じです。

イメージ 1

裏面は、サイドディッシュ。餃子とから揚げ、その他もろもろ。
ごはんものもいくつか。

イメージ 2

そしてドリンク関係。
さすがにこれ以上酒を飲むのはやめておきましょう。

イメージ 3

初訪問店では、メニュー左上にある
デフォルトメニューを注文することにしていますが、
こちらのそれは 濃厚とんこつ ってことで、
酔っ払い中年オヤジの弱った内臓にはちょっと重たそうでしたので、
その下にあった 亀王ラーメン昔味 をオーダーしました。
うむ、ルックスは九州ラーメンですね。
麻油が結構入っているので、熊本ラーメンっぽいのですが、

イメージ 4

麺は極細ストレートで博多っぽい。
九州のハイブリッド系ラーメンですね。
お味は、もう九州系の王道のとんこつ味。やっぱりこの味が好きです。

イメージ 5

さらに「調子乗っちゃって」替え玉も頼んでしまいましたよ。
完っ璧に、食いすぎました。悔いました。

イメージ 6

ってわけで、亀王ラーメン 堂島店さん、
大変おいしゅうございました。ごちそうさまでした。
また大阪出張の折には〆をいただきにおじゃまいたします。

開くトラックバック(0)

花雪父は、久々の大阪出張に出かけました。
そして夜には、毎度おなじみのこちらのお店、
「串やき 十限無(じゅげむ)」さんを訪問しました。
しかし、「おなじみ」とは言いましても、前回は約2年前の訪問。
ぜんぜんおなじみではないですね。

イメージ 1

ビルの地下1階の飲食店街にお店はあります。しかし・・・

イメージ 2

入っているテナントは、ながらくこの十限無さんだけ。
他はすべてシャッターが閉まっております。
店内は、カウンター席のみ10席余でしょうか。

イメージ 3

かなりの年配の、だけどとても元気な女将さんお一人で切り盛りしておられます。

まずはメニューチェック。
こちらのメニューには、何となくのんべえ心が惹かれてしまうのです。

イメージ 4

壁には、日替わりスペシャルメニューとドリンク類。
ううむ、日替わりスペシャルも魅力的ですなあ。

イメージ 5

こちら、本来は串やきが主力商品であるようなのですが、
メニュー的にはあまり目立ちません。
カウンター席の前に、ささやかにメニューが貼ってあります。

イメージ 6

仕事帰りにちょっと立ち寄っていただく、「おかえりセット」もあります。
・・・というか、どうもすべての客に、
最初はデフォルトでこのセットが提供されている模様。

イメージ 7

花雪父、まずは菊正の熱燗でスタートです。
相変わらずの、分厚いちろり。

イメージ 8

そして突き出しが3品。
茄子の煮もの、紅白なます、イカと青菜の酢みそ和え。
まずはこれでチビチビ菊正をいただきましょうか。

イメージ 9

ふろふき大根ゆずみそ。
ほくほくにゆであがった熱々大根とゆずみそがベストマッチ。

イメージ 10

燻りがっこ・マスカルポーネのっけ。
燻りがっこの香ばしい風味と濃厚なチーズの味わいが混然となって、
酒がやたらと進む一品です。

イメージ 11

そういえば過去に来訪した時には串焼きをいただいたことが無かったので、
いくつか串焼きをオーダーいたしました。
これはハラミだったかな・・。

イメージ 12

そして砂ズリだったかと。

イメージ 13

最後に、煮奴をいただきました。

イメージ 14

女将さんや、居合わせたお客さんたちとの話も大変盛り上がり、
とても楽しいひと時を過ごすことができたのであります。
お料理もシンプルながらもどれもとても美味しい。
いやー、十限無さん、最高です。ごちそうさまでした。
また大阪出張の折にはお邪魔させていただきます。
女将さん、いつまでもお元気で。

開くトラックバック(0)

石川県謎の中華系シンジケートの雄、チューさん全店制覇の旅。
今回訪問したのは、JR松任駅のすぐ西にある、
「チュー 西新町店」さんであります。
ものすごくわかりやすい場所にあるのに、
今までここにチューさんがあることに気づいておりませんでした。

駐車場は、お店の前に5台ほどです。

イメージ 1

店内は、まさに町中華なインテリア。
カウンター10席と、4人掛けテーブル3卓です。

イメージ 2

カウンター上の下がり壁には、槍ヶ岳の写真が。
見てたら、久しぶりで槍ヶ岳に行きたくなってきました。
もう何年行ってないのだろうか・・・

イメージ 3

さてさて、御献立をチェックしましょう。
まずは麺類。
謎メニューはありませんね。

イメージ 4

ご飯ものと一品料理。
こちらにも謎メニューはありません。
一品ものの品数が少なめ。
基本は麺類かご飯ものをいただくお店であるようです。

イメージ 5

ってわけで、花雪父のオーダーは、
毎度おなじみの もやしラーメン であります。
スープは典型的な中華料理店のラーメンスープの味わい。
なんだかなみなみとスープが入っていました。
もやしの炒め具合はかなり浅め。
現在進行中のNHKの朝ドラ「まんぷく」で出てくるラーメンを彷彿とさせます。
うまい。

イメージ 6

麺はやや細のストレート。
茹で具合は堅からず柔らかからずの良い加減。

イメージ 7

花雪母のオーダーは、焼そば。
中華料理系の焼きそばかと思いきや、完全なソース焼きそばでした。
麺はおそらくラーメンの麺と同じでしょう。

イメージ 8

シェアその1は、ミニチャーハン300円。
ミニとはいうものの、量はかなりたっぷり。
この量で普通サイズとするお店もいっぱいあるのではないでしょうか。
えらくコスパ高いです。
食感は独特。
ベタベタ感は無く、米粒が立っていてパラっと感がある。
なのに、1つ1つの米粒はもちもち。
これはコメがいいんでしょうかね?うまかったです。

イメージ 9

シェアその2は、ギョーザ。
アンはほとんど野菜で、しっとり柔らかい味わいでした。

イメージ 10

ってわけで、チュー西新町店さん、
たいへんおいしゅうございました。ごちそうさまでした。

開くトラックバック(0)

わりと好天に恵まれた2019年1月4日(金),
花雪家は木場潟で散歩しようと小松方面にやってきました.
が,例によってその前に腹ごしらえ.

ってことで訪れたのは,カレーの市民アルバ小松本店さんです.
ちょうどこの日から営業開始だったようです.
駐車場が満杯だったのでやむなく待っていると,ご店主がやってきて,
お店の方のクルマの前に駐めるように指示してくださいました.
目配り気配り,行き届いていますね.

イメージ 1

では,メニューをチェック.
まずはカレー関係と,サラダ,ドリンクです.

イメージ 2

裏面は,スパゲッティーと定食類.
過去に,スパゲッティーは何度かいただいたことがありますが,
定食類はまだいただいたことがありません.
アルバさんに来て,カレーを食べないというのはなかなか難しいです.

イメージ 3

注文は,二人そろってレディースホームランカレーです.
花雪母は,最初はトンカツカレーにすると言っていたのですが,
父が誘って一緒にレディースホームランを注文することにしました.

イメージ 4

トッピングに寄り.
トンカツ,ハンバーグ,クリームコロッケ,ウィンナーと,
子供の夢満載であります.
トッピングだけで言えば,フラッグシップメニューである
満塁ホームランカレーと同じ.
違いは,ご飯の量のみです.
男性でも問題無く注文できるのですけれど,
やっぱりオッサンが「レディースホームランカレーください」というのは
なかなか言いづらい.
しかし,満塁のライス大は,肥満が気になるオッサンにはちと多すぎる.
この名前,なんとかして欲しいなといつも思うのでした.

イメージ 5

ともあれ,トッピングもカレーも,いつものアルバのお味.
安定したおいしさでした.
カレーの市民アルバさんでいただいた2019年初カレー,
たいへん美味しゅうございました.ごちそうさまでした.

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事