ここから本文です
梵鷹桜亭の花雪日記:平成編
2匹の雑種わんこ「花」と「雪」を中心に,かなり食い気も交えて綴る,梵鷹桜亭の日記:平成編.

書庫花雪日記

記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Yahoo! ブログ で 梵鷹桜亭の花雪日記をご愛顧いただいた皆様,

平成が幕を閉じ,新たに令和の時代が始まりました.
これを機に,Yahoo! ブログ側の更新を終了し,
当ブログは全面的に FC2 側に移動いたします.

今後は
幸いに存じます.

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます.

                    梵鷹桜亭亭主敬白
************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

先日おでかけしたときの車中で、花雪のひそひそ話が始まりました。

雪: 花ちゃん、ちょっとちょっと。
花: 何? 雪ちゃん。

イメージ 1

雪: 平成ってのが終わって令和ってのになるんだって。 知ってた?

イメージ 2

花: えーっ! 全然知らない。 何? 令和って。
雪: あたしも知らないの。 何かな? 令和って。

イメージ 3

花: でもなんだかおいしいものの名前のような気がする。
雪: そうだといいねえ。

イメージ 4

花: うふふ♪ 令和ってどんな味がするんだろう?
父: 花ちゃん、何ニヤニヤしてんの?

イメージ 5

雪: 花ちゃんうれしそうだな。 令和、本当においしいものだといいなぁ。

イメージ 6

いよいよやってくる令和の時代。
わんこたちがもっともっと幸せになれる時代になるとうれしいですね。

開くトラックバック(0)

************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

リビングのカーテンの下からかわいいお尻が見えています。
しっぽの先が黒いこの子は誰かな?

イメージ 1

窓に張り付いて張り込み中の雪ちゃんでした。
時々ワシュワシュ吠えて番犬の役目を果たします。

イメージ 2

長く続く張り込みに疲れたのでしょうか?
足元が崩れてきましたよ。
もしかしたらカーテンの向こうではもう眠っているのかもしれません。

イメージ 3

開くトラックバック(0)

************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

昨日の朝、ちょっと長めの散歩に出かけた花雪一家。
まずは近所のマクドに寄って花雪父母の腹ごしらえであります。

イメージ 1

早く戻ってきてね〜! とこちらを見る雪ちゃん。
花雪父母はいつも窓際に座って花雪を見ながら食べます。
でも花雪は気づきません。

イメージ 2

店内から見た様子。
出入口の方向をじっと見ている雪ちゃん。 おしりが可愛い♪
首回りはライオンのたてがみのようです。

イメージ 3

花ちゃんも出入口をじっと見つめています。
早く食べてお散歩の続きに行かなくちゃ! と思う花雪父母なのでした。

イメージ 4

開くトラックバック(0)

************************************
花雪日記は,FC2に移動しました.
本記事へのコメント等は,こちらお願いいたします.
***********************************

先週の土曜日、鶴来街道の有名なお花見スポット「留桜」へお花見に行きました。
中村留精密工業株式会社さんの敷地の桜並木、それは見事なものなのです。
一般客も敷地内に入場させてくださるので、
ゆっくりお花見を楽しむことができます。

イメージ 1

守衛さんに「犬も入っていいですか?」と尋ねると、
「どうぞ、どうぞ。」と快く入れていただけました。
さっそく情報収集を始める花雪。

イメージ 2

おや、雪ちゃん、もう休憩ですか?

イメージ 3

会社の正面玄関前には天皇陛下の行幸記念に建てられた
楠木正成公の銅像があります。
花雪もいっしょに桜と明日を見つめてみました。

イメージ 4

開くトラックバック(0)

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事