初高岡 うじいいね

お疲れ様です!
気付けばもう3回生の氏家です。






平成から令和へ。

イメージ 1











そんなGWに初高岡いただきましたヽ(゚д゚ヽ)




最&高でした!




らんぽうさん、しみずさんありがとうございました。おかげで楽しく学びの多いツアーになりました( ´∀`)




何を書こうか悩んで、あれこれ書いているうちに変なブログが出来上がったのでそれは没にしました笑

ブログの意義とはなんでしょうね??








ふざけすぎると良くありませんねヽ(´∀`ヽ)






では、本題へ。


↓↓↓感想↓↓↓
初心者の良いところって、何するにしてもすぐに「初」が付きますよね。




初飛び、初プローン、初ダブル、初耳納、初龍門、初高岡...。




ずっと初心者がいい。初心者、最強且つ最高説を提唱します(・c_・`)






今回のツアーも漏れ無く3150(最高)でした(^-^)/


特に、2日目はTOの東斜面で上げて、うっちーが通ったルートがあまりに魅力的だったので、ストーカーしました。


ふもとまで前に出るとサーマルがあり、730mまで上がりました。誰も来ないからサーマル一人占めしました(# ̄З ̄)


自分でサーマルを捕まえる経験は初めてだったので、ずっとぐるぐるしちゃいました。


周りを見渡しながらぐるぐるしていると、LDから南南西方向に一機だけ高いのがいたのでフルVGで向かってみましたが、何も無かったし、その機体も見失いました。


そのせいでその後は、ねばーる君になりました。

イメージ 2






LDの出来は30点ほど。
特に、アプローチとスピードがふぁっきん。


林に近づきすぎたのも減点対象。
少し右へ、少し左へ修正ができてない(/´△`\)

LDは最近ダメダメなので、ネバネバします。(訳:ネバーギブアップ(訳:頑張ります))






↓↓↓学び↓↓↓
課題を持って飛んでいるととても良いことがありました♪(´ε`*)




今回のツアーで僕の課題3つも解消されました。驚くことに、その3つの課題はあることを変えただけで全て解決しました!




課題1「肩が痛い」
1時間弱ぐらい飛ぶと必ず肩が痛くなり、降りた後はぐったりしていました。

課題2「サーマルで旋回するのが下手」
霊石でリッジに慣れすぎて、龍門でも斜面にへばりついているばかりでした。

課題3「周りから情報を得る」
一番分かりやすい情報収集としては、「あ、あそこ上がってる!!」だと思います。見たら終いやん、と思うことですが、このツアーで情報収集力は爆上がりしました。








以上の課題3つを解決した方法とは、、


どるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅるぅ





















どるぅるぅるぅるぅるぅ






だん!






「旋回時に上体を起こす」


これだけ?




そーなんです。たったこれだけでした。


それぞれの課題が解決した、僕の感動を伝えたいのですが、ここまで読み返してみて書いた本人がしんどいのに、読者は大変だろうなと思うので、感動は割愛します(゚∀゚≡゚∀゚)








ただ、これだけは言いたい!
課題を持っておくととても良い!




良いこと1「上達が早い」
今回の上体を起こす、というアイデアは風呂場で先輩らに話を聞いてる時でした。ヒントは意外なところにありました。

良いこと2「空飛ぶのがもっと楽しくなる」
ぶっ飛びでも楽しくなる(それはうそ。断じてあり得ない。それはうそ。)ランディングに誰しも課題を持っていると思います。なので、課題があると渋い天気でも気合いが入ります。


良いこと3「上達に“感動”がついてくる」
いつの間に上手くなった、ではなく、
これができるようになった、うぉぉぉーー!!
ってなります。








ハングって仕事量の多いスポーツだから、誰もつまずかない小石に足を取られることがあります。




常に足下の小石を観察することは大事ですね。(水切りも一緒です。)


このブログ読んでくださった皆様ありがとうございます。

ブログを書くことのハードルを下げようとこんなアホっぽい感じになりました。
普段はこんなにアホっぽくなく、ワイルドダンディです(真顔。)


また週末に会いましょう。


2019.05.04 初高岡 
うじいいね

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

龍門学選とまりこ

2/18-2/22に行われた2018年度の龍門学選に顔を出してきた。
初飛びも乗り換えもしてないけれど、もっとみんな思っていることをどんどん言ったら良いと思ってつらつら書くことにする。長いです。

1日目。
大会中だけ天気が悪くなるというのは大変ありがちな事象だけど今回も例に漏れず、
初日から雨で座学と地上戦からスタートという爆上げコンディションだった()

基本的に見て学ぶタイプのイントラには自分から1質問したら10教えてくれる。
つまり自分からの1がなければ基本ゼロ(そんなことないけど)。
座学はそういう穴をフォローする意味でたまには良いと思う。
内容はTO、LDとハーネスの調整について。機材を自分用にカスタムする派と自分を機材や環境にカスタムする派の視点から色々。
個人的にはLDの滑空比の話が勉強になった。というかLDは奥が深すぎて複数のイントラさんや、鳥になるはずが間違えて人間に生まれてしまった先輩に色んな視点から話してもらうたび毎回勉強になる。

それから助教員になりんしゃったngsさんは知識と体験が経験値になると言っていた。「考えて飛ぶ」というのは本当に大事だ。
知識というと本を読む、人のTOLD動画を見るとかのイメージだけど、まだハングはしっかりした教本もないしちょっとやる気のある人ならサーマルフライングぐらい一瞬で読み終わる。のでやっぱり知識というのは自分より何本も何百本も、いろんなエリアでいろんな天候で飛んでいる先輩だったりイントラ、社会人の皆さまという巨人の肩に乗ることなんだろうと思う。
(個人的には本数少ない割にグライダーの操作ばかり上手いというの早く卒業したい。メンタルでは天気は読めない。)
そいで考えて飛ぶ。早く独り立ちできますように。

レセプは集会所でちゃんこ鍋とキムチ鍋。素敵な後輩の方々が作るものはなんでもうめえ。
ハングの学生にはお酒を飲むとサーマルを発生するタイプと、酔ってむしろ飛びの話しかしなくなる人といる(気がする)。
後者が集まっているところでにへらにへらしていると時々よっぱらいが何か素敵なヒントを教えてくれる。当の本人たちは何を話したか覚えていないらしいのでチャンスです。

2日目。
天気予報の雨マークも取れ飛べそうなものの登頂すると雲底700mくらい。
風は穏やかなので2ndの選手からTO。テイクオフ前でバリオが鳴るも回せば2ndの規定違反、上がれば雲中飛行で失格なのでせめてヨーイングを抑える練習をしながら龍門LDへ。
やっぱり1stで出なかった後悔がすでにじわじわ染みる。
午後からは予報と外れて日射がでて、紀ノ川・寺山より北側、西側は雲がなかった。TO上空に蚊柱立ってた(失礼)。
チキって西側を攻めたことがないので、あの西風でどうやって寺山や竹房LDまで来たのか知りたい。今度龍門で飛んだら通報されない程度にストーキングしようと思う。

3日目。
今大会イチの好天気の予報が全く晴れず成立したのはExpのみ。強い東成分のローターが酷く、ダブルでも富士急の高飛車が味わえるためゲートクローズ。
もっと弱ければ竹房に降りる練習できたのになあ。
風待ちあざらしの時にngsさんの実況中継を見る。何がすごいって、レースに参加していないとはいえどの選手もだいたい自分より下にいるのが。人間飛ぶときはこうありたい。

4日目。
しょーもない理由で帰宅のため不参加。ぶっ飛びコンディションだったみたいだけど飛べばよかった。
PFCはExp2人、1st1人、2nd2人が入賞という健闘ぶりで2年連続年間の団体優勝。
後半から順位をひっくり返した人もいてすごい。おめでとうございます!



大会を通して、自分が普段の飛びで意識できていない部分に気づけた。
これまではLDはファイナルターンの高度を気にしていたし、飛行中はどこが上がるか、なぜ上がるかを意識していたけど、いやこれも大事なことなんだけど…
でもハングやるために飛んでるんじゃなくて飛ぶためにハングやってるんだから、どこに降りたいか、どこに行きたいかがまず先だよね。安全にそれらを達成するためにやることは自ずと明らかになる…考え続けていれば。

それかららんぽうさん、とのやん、大会を支えてくれた皆様に深謝申し上げます。
個人的には私はこんなにサークルを離脱しながらも飛び続けられていて、私よりはるかに上手くなってしまった同期には頭が上がらない。いつもありがとう。
飛べなかったスタッフの1、2年生も何か学びのある機会だったら良いなと思いつつ。
皆さま本当にありがとうございます。

開く コメント(1)

2019.1/2.九州ツアー6日目

九州ツアー6日目担当のひかりんです。

この日は耳納で飛びました!😎
朝の9時30分にLDに集合し、登頂!前日のデリカ故障もあり、引き続きグライダー、人は鳥大、らんぽうさん、広大、社会人さん方にお世話になりました。ありがとうございます。
TOに上がると、いい感じに出やすい風🍃、らんぽうさんの無線でもLDは降りやすそう。組めたシングルから続々とテイクオフし、自分もそれに続いてテイクオフ。ステイして粘れるかな〜と思ったけど、ぶっ飛んじゃいました😫。タイミング悪かったかな?僕より前に出たすなまさんはガンガン上げて西の方に行ってたので、やっぱり技術が足りないですね。🤔

イメージ 1

これじゃあ終われんと思い、リフライト準備。グライダーを畳んでるとめっちゃ上げてるグライダーが沢山。結局この日は積雲もでき雲底1400程で、初1000mの人とか初雲底の人とか出てました。自分もリフライトである程度楽しめたので満足な一日でした。

イメージ 3


そしてそして、待ちに待ったこのみの馬刺し🐴!

イメージ 2

去年は残念ながら行けなかったのですが、今年は行けました!
馬刺しめちゃくちゃ美味しかったです。ウマッ🐎!

イメージ 5

らんぽうさん、社会人の皆様、ごちそうさまでした。ありがとうございました!

イメージ 4

飛べてよかった。無事1日が終わりました。

イメージ 6

開く コメント(0)

2018-2019九州ツアー 1/1

1/1担当のおがです!

1/1は飛ぶことができなかったため、フライトについてのお話はほぼありません…
なので、当日に起きた別事件の方を重点的に書こうとかと思います!

1/1は西風の予報だったので大観峰という阿蘇山カルデラ付近のエリアで飛ぶ予定でした。午後からは飛ぶのが難しい…ということで、早めの到着を目指して朝6:00に出発!
熊本に着く頃に、ちょうど初日の出が綺麗に見えていました!

そして、その同時刻に
【デリカ故障】
正月早々、幸先悪いですね〜
まさか、阿蘇に来て壊れるとは…
九州ツアー中は持ちこたえると信じていたのですが…
なんでも、P.F.C.の性別が男性だとすると2019年は大厄の年だそうで……
まだ何か起こるのかな?💢

とりあえず、デリカは四駆でのみ自走できたので頑張って合流し、作戦会議へ…
デリカが宿まで帰るのは無理そう…ということで、レッカーを呼び回収をお願いしました。
そんな緊急事態があったけれど、折角来たからには行かなくちゃ!って事で、鳥大やらんぽうさんにお願いし、積み替えを行って各車に無茶をさせて、先輩数人が残ったりでなんとかLDへ!

イメージ 1


LDを見た率直な感想は…似たような景色ばっかで見失いそうだなというしょーもないものです。

次はTOへ!
上がってみるとめっちゃ寒い!風が強い!とりあえずTOの場所とLDの位置を確認。
なだらかな斜面が続いていて、いまいち出所が分からない。なんとなく出にくそう。LDが見えない!怖い!
でも、今まで飛んだエリアとはまるで違う、絶景が見えそうなエリアだったので、来年こそは飛んでみたいな〜と思いました。

イメージ 2


さて、TOは早々に切り上げて宿に帰ることになりました。しかし、車が1台なので移動が…ということで、福岡で乗り捨てるレンタカーを借りることにしました。
皆レンタカーに乗りたがる…笑
一度山を降り、レンタカーを借りてもう一度上へ。そこでみんなを回収し、一同、杖立温泉へ向かうことに。

杖立温泉は一昔前の温泉街という感じのなんだか懐かしい街並みでしたよ。(雑)

イメージ 3

イメージ 4


2019年初日から色々ありましたが、なんとか宿には帰ってくることができました。

宿に帰ってからは、社会人さんと相談して今後の移動の段取りを組んで…みたいな動きをして無事(?)に一日を終えました。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

1231日担当のとりーです。

この日は東風→午後には北成分が入る予報だったのでオーク全体は午前中座学からの午後ワンチャン耳納の予定でしたが、急遽社会人さんは京ハンと阿蘇兜岩に飛びに行くことになりました。学生はP以上でも全体と動くべしと朝言われていたのでダラダラしていたら、「とりー、らんぽうさんの許可出たよ!行きたいなら急いで準備して!」との言葉をいただき確認もせず出発(帰ってきたら実際は許可出てなかったみたいで罪悪感)
結果的に耳納組は飛べなかったので申し訳ないながら、いつかみんなと一緒に兜岩で飛びたいのでいろいろ書きます。前置き長すぎ。
 
--兜岩エリア情報--
熊本県阿蘇市。大観峰の対岸にあるエリアです。※スターの場所がTO入口、LD
イメージ 2

連絡先等(JHFのHPより)
イメージ 1

ビジター費:2160
備考:海抜1500m以上飛行禁止。
    現在直登ルート?が使えないらしく、大観峰の方から回り込んで山上げする必要がある。

-TO-
標高:960m (LDとの高低差460m)
向き:東〜東南東
備考:絶景。担ぎ上げなし。LD見える。トイレなし。イメージ 3
イメージ 9

自分のTO

-LD-
標高:500
TOとの距離:1900m L/D 1/4以下なのでスカフロでも安心。
LD難易度:耳納と同じくらい。簡単。
備考:収束帯ゆえ風が強めになるのでショートに注意(実際京ハンスカフロ勢が3人手前の田んぼにアウトラン)

    図は上が北です。
イメージ 7
イメージ 4
  自分のLD:

この日は終始東風で、TOLD間では直行すれば特に荒れている空域はなく、一方でTOの南西方向の南斜面のサーマルは内陸らしい荒れた上昇率が高いサーマルもあり、初飛び3本目の人から2018年度日本選手権準優勝者の方まで幅広い実力の人が各々の実力に応じた空域で大いに楽しめるエリアだということが判明。
しかし参加者が大勢過ぎると飛ぶのが厳しいらしいです(なぜ?)。因みにこの日は20人近く飛んだ気がします。
また、LD説明の際はガードレールの東側のみがLDZだとされていたが飛んでから急遽一枚西側の田んぼがメインLDZに。無線での説明も(確か)なかったので混乱した人が一名クラッシュ。
 
イメージ 8

ここからは自分の飛びの話をします。
足尾のパラの人が出てあっさり上がったのでハング勢は続々とスタンバイ。次に師匠がテイクオフし、続いて氏家さんが出ると途端に渋くなる。そこからしばらく渋いまま6番目にテイクオフ。ぶっ飛びそうになりながら暫くテイクオフレベルで粘っていると好転。その後はテイクオフ南西方向の南斜面のサーマルをひっかけて1470m。氏家さん、まっちょさん、僕がこのタイミングで上げ切っていたので3機北に向かう。まっちょさんが斜面のリッジに沿ったコースを取り氏家さんは西の台地の上のコースを選択。僕は氏家さんのコースを脳死トレース。結果こちらの方がまっちょさんよりいい滑空比でグライド。トップフライヤーはやっぱり違いますね。
サーマルは南斜面の真上より奥(北)に行った方が安定し上昇率と上限高度の高いものがありました。場所によっては荒れ荒れのサーマルもあり、いつか出る冬の西富士に向けた良い練習になりました。
…そんなこんなで絶対ここ日本ちゃうやろ!という感じの絶景を堪能しました。

イメージ 5
イメージ 6 
この九州ツアーで1番楽しみにしていたのが阿蘇大観峰での飛びで、2番目がこのみの馬刺しでした(兜岩の存在は知りませんでした)。対岸ですが阿蘇で飛ぶ望みが叶い最高の飛び納めができました。
京ハンの方々や氏家さんをはじめとする社会人の方々にはこの日も大変お世話になりました。ありがとうございました。
 
 
……このときはまさか翌朝、元旦からあんな事が起こってしまうとはまだ誰も知る由がなかったのです…

開く コメント(0)

12/30 九州ツアー3日目

3日目担当のきんごです!

ようやく飛べそうな予報になった30日は、おなじみ(?)の耳納に朝から向かいます⛰ この日は実家からまりこ様も参戦。
高低差680m、北向きテイクオフ、北風がある程度吹けば幅広くリッジが取れ、サーマルも穏やか、初心者に優しいエリア。ふむふむ。そしてこれが例のどろんこランディング。こっちが菓子折エリア。なるほど。

イメージ 1


意気揚々と登頂すると…

寒い!白い!なんだこれ!!

イメージ 2

イメージ 3


風も強く飛べそうにないので、組まずにひとまず撤収。おうちかえりたい…けど兜岩なら飛べる…?? とりあえず作戦会議を。

山を降りていくと…晴れてきました☀
九大の方々を巻き添えに降りてしまいましたが、気を取り直して。
もう一度登りましょう。上げていきましょう!

イメージ 4

イメージ 5


風は一転して穏やかになり、京ハンの方々も一緒に全員飛べました◎ お日様に感謝。リッジはほとんどないものの、サーマルはぽこぽこ上がり、シングルはふわふわぶっ飛びが多かった模様です😇
見晴らしが良かった分、龍門山よりさらにグーグルアース度が高かったような。

イメージ 6

イメージ 7



晴れてよかった。平和な1日でした。

イメージ 8

開く コメント(0)

九州ツアー2018!

8回目 (個人的には7回目; 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2017) の九州ツアーに今年も参加 (2017は記事を書いてない)。12/28 (金) を移動日として1/3 (木) までの6泊7日。

【参加者】
だいすけ, まっちょ, とりー, のりろ, ふじぺー, まりこさま, もりぞー, うじ, きんご, ひかりん, おが, ケイスケホンダ, トマト小澤 (PFC 14名)
きくりん ゆうな, ゆきちゃん, Chun, うっちー, かなちゃん, ななこちゃん, もりもり, ふみのちゃん, あっきー, ひなちゃん (フライダム11名) 
こうち, しゅう, ナスケン (広大 3名)
らんぽうさん, すなまさん, おおたさん, しみずさんを始め、社会人の方を含めて最大39名!

12/28 (金):0日目
9:00倉庫集合で積み込みの後、研究室リターン。重要なタスクを終えた後、大阪空港に搭乗口ダッシュをキメて、14:15に福岡空港着。博多駅の一蘭は行列で30分待ちだったので諦めて16:30頃宿着。まるで従業員かのようにTVを運んだり、冷蔵庫を準備したりしているうちに鳥大ズが到着。風呂まで運んでもらい、PFCと合流して回転寿司に行って本日終了。
イメージ 10


12/29 (土):1日目
9:30 LD集合。東強風。TOを見るために山に上がるかすったもんだしたり、LD 説明を受けたりして10:30撤収。らんぽうさん、すなまさんによる座学の後、昼寝してラーメン (林家) 食べて終了。観光ズは船に乗った模様。
イメージ 11

12/30 (日):2日目
9:30 LD集合で登頂したけど雪も降っていて下山。切株山に移動するという案も出たけど、晴れてきたこともあり結局は耳納で飛べた日。ぶっ飛びでも飛べると嬉しい。オーソドックスな場周アプローチ。LD東側を飛んでいるときは北風で降りるつもり (ここから90度ターンを2回するということ)  だったけど、LD南側のベースライン上で感じる風向と煙のそれぞれの東成分を考慮に入れて、ベースラインから90度よりも鋭角にターンして風向に合わせて降りた。帳尻合わせをした分、ショートした。しっかり目にフレアしてみた。夜はラーメン山小屋。
イメージ 1

12/31 (月):3日目
社会人ズは兜岩へ。10時から座学、13時半にLD集合で昨日置き忘れたグライダーをみんなで回収した日。天気はいい。明日は6時出発で大観峰が決定。
イメージ 2

1/1 (火):4日目
すなまさん運転のボンゴは6時出発。大観峰山頂?で初日の出を拝みながら下山して7:45頃には大観峰のファミマ到着。意外と近い。一方、デリカは最後の山越えの途中で瀕死状態 (4WDならギリ自走できる) になりながらファミマにピットイン。デリカ上のグライダーを他の車に積み替えて、LD説明後に登頂。自分はとりー、ふじぺーとともにレッカーされるデリカをお見送り (最終的にはただのクラッチ滑りの修理で大事にはならかった)。

---
車の移動
○ 保険のロードサービス (無償) でカバーできる距離が意外と長く、宿まで戻せる。
× 修理工場以外に移送することは原則できない。
× 元日の午前に空いている修理工場はない。
→ 阿蘇のレッカー基地に一旦搬入して、後日決めた修理工場に移送することに決定。

人の移動
× 電車は4時間以上かかる上に高い。
× 保険のサービスにレンタカーは含まれない。
○ 乗り捨て可能なレンタカーが意外と安い。
→ デリカぶっ壊れで溢れる人数分はレンタカーで宿まで帰ることに決定。
---

車の移動はふじぺーが、人の移動はとりーがいい塩梅にアレンジしてくれた。とりーと自分はみんなが飛べる前提で考えていたこともあり、LDまで徒歩35分で移動したものの、強風で全員撤収。レンタカーを借り、ボンゴと2台体制で杖立温泉によって福岡に戻りジョイフルにイン。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 9
            (3枚目は2013年元日の様子。PFCの車は代々大一番でレッカーされがち?)

1/2 (水):5日目
車はぶっ壊れたものの幸い残りの2日は飛べる可能性が高そう。16時テイクオフ。西日がまぶしくてリッジが取りづらく600まで下がった。こういうときはバイザーを開けると見やすいことを発見。900までは+1くらいの穏やかでいい上昇、900以降は+2.5くらいで上昇がよくなり1200手前まで上がった。サーマルがよかったのか、いいところにとどまることが簡単に感じた。この時間でも結構たくさん飛んでたけど、終始1人で上げてた。時間的に16時半には降りるつもりだったので高度処理も兼ねて筑後川 (初) に行ってランディング。時間的にはこの日の最大値よりもだいぶ弱いコンディションだったと思うけどそれなりに飛べて手応えを感じた日。飛び初め!

その後はこのみ。個人的には馬カルパッチョを激推し。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

1/3 (木):6日目
10時集合で耳納。午前中にナスケンら数人がぶち上げた後は渋くて残念モードだったものの、14時半頃から急に好転して続々発進。自分はこの流れに乗り遅れ残留、おまけに強風。15時頃から15:45頃まではLDも爆風でゲートクローズ状態。その後、少し風速が弱まりなんとかかんとかリフライト組以外が全員飛べた。最後にあっきーが出たときはなんだかんだ強風で自分は畳むつもりだったけど、今度は本格的に風速が落ちてきたので風を選べば割とすんなり出れた。16:30テイクオフ。

安定のリッジ。850 m くらいでリッジの西の果て?まで行った後、VGハーフで50 km くらいで快適にリターン。15分くらいで降りるつもりだったので高度処理かてら筑後川方面に出たけど、アーベント?で引き続きL/D 20くらいで落ちない。そんなこんなで17時頃ランディング。うじ、ケイスケホンダとともにしみずさんに乗せていただき帰阪。
イメージ 8

---
6日のうち、3本飛べてそのうち2本はソアリングできてそれなりに飛べた。事前の予報からは想像できない上出来だったと思う。最初の数年間本数的にも内容的にもあまり飛べなかった印象があるけど、今年は技術も乗っているグライダーの性能も上がっていることもあってか結構飛べた◎

初心者はリフライト込みで5本くらい飛べ、かつどの日も全員1本以上飛べたというのは過去最高レベルの上出来だったと思う。
---
今のスタイルの九州ツアーのポイントは 1) らんぽうさんに参加していただけるおかげで初飛び以降なら誰でも参加できること, 2) 貸切状態のいつもの宿のおかげで QOL が高いことの2つにあると思う。このスタイルのツアーに言い出しっぺとして長い間関与できたことに加え、人数的な規模感や参加者の技術レベル、ツアーのいろいろな内容が今回のように発展することはとても想像できなかった。いろいろなノウハウが蓄積されてきたので今後も続いていくと思う。

みなさんに感謝。

開く コメント(2)

12月28,29日 九州ツアー

九州ツアーダイアリーの一日目、二日目担当もりぞーです!初日、二日目は特に飛んではいませんが、あった出来事をここに記したいと思います。
 
1228日、九州ツアー一日目
 
大寒波襲来により鳥取組が遅れることも考えられましたが、無事出発
例年通り運転手を交代しながら九州まで運転しますが、例年通りといえない事態が起こってしまいました。
イメージ 1

デリカのクラッチが壊れてしまいました。いつも通りとはいきませんが、修理する時間もなく、年末年始に営業している場所もないということでそのままGO!!幸先悪いスタートとなりました。
 
イメージ 2
イメージ 3


1229日、九州ツアー二日目
 
イメージ 4

九州ツアー初参加の人もいるため二日目は耳納のLD確認!風が悪く飛べないということでTOまでは上がらず宿へ撤収。その後はこたつ船組、適当におでかけ組、居残り組に別れました。
 
イメージ 6

イメージ 5

おでかけ組は博多ラーメンからのラウンドワンのスポッチャ。いろいろ遊んだ後はプリクラを撮り、風呂に入って帰りました。
イメージ 7



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ハング2回のおがです!

タイトル通りプローン初飛しました!約2ヶ月程前に…………
早く書かなきゃ!と思いながら先延ばしにし続けているうちにすっかり忘れていました。正直あまり覚えていないので、大したことも書けないです…(´;ω;`)
次は乗り換えた日に書くようにします…

乗り換えた感想としては、プローンは操作感覚がスカフロから結構変わって、あまり思う方向に行けず苦戦しました。でも、今までよりも遠く、高くに行けるようになり更に楽しくなりました!

まだ乗り換えから5本ほどしか飛んでいないので、冬の間に操作に慣れて来シーズンからダブル練習が出来たらな…と思っています。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お疲れ様です。
部長をひかりんに引き継ぎ、ここ1ヶ月で急速に老害化が進んでいるふじぺーです。
10/8に遂にlitesport 4に乗り換えました😆

イメージ 1


初飛びダイアリー書かな、書かなと思いつつ後回しにしてしまい結局1ヶ月後の報告になってしまいました…
今更初飛びの感想だけ述べるのもあれなので、初飛びでの感想に加え、何本か飛んだ後の印象について書こうと思います。

まず初飛びについて、TOすると元カノFalcon4.195との滑空比の違いに感動!全然沈まない!シングルであれほど苦労したポニー牧場まで余裕で行ける!
コントロールも思っていたよりかは軽い。
ただし、旋回中にバンクが多少食い込みやすいかな?といった印象でした。
霊石周辺をうろうろしながら1時間ちょっと飛んでLDへ(この後ブッシュ沈して新彼女のアップライトが骨折→一時的に元カノと復縁することになります……)
ここで、ダブルになるにあたり、LDアプローチでの加速や引き抑えをよりシビアに考えなければならないということを痛感しました。(→現在も試行錯誤中)

VGフルオンでの飛行(→これは最高)をしてみたり、旋回時の食い込み問題を少し緩和できたりと、最近ようやくコントロールに慣れてきたところです。しかし、LDは未だにポンコツなので、色んな人に質問したり、他の人のLD動画を見たりして今後も改善に尽力していきたいと思います!💪🏼💪🏼💪🏼

指導してくださったらんぽうさんを始めとする社会人さんや先輩方ありがとうございました!これからもご指導よろしくお願い致します!🙇♂

p.s. 最近m子にふじぺーすぐぶっ飛ぶと言われ、悔しいので原因を考えていると、自分の実力がないということはもちろんのこと、litesport 4の適正体重をオーバーしていることが判明。したがって体をしぼって体重を軽くしようと思うので一緒にジムに行ってくれる方募集します!一緒にバキバキになりましょう💪🏼💪🏼💪🏼

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事