こんにちは!この間初飛びを致しました、パラグライダー二回生の中ボスです。
初飛びの日の様子をここに記録しておきます。

4月15日と16日

その週末は二晩とも車中泊をしていました。
到着した日の晩、初めての車中泊をしました。
想像以上に快適だったので、味をしめた僕は二晩目も喜んで車へ向かいました。
そして、昨日の晩と同じように窓を少しだけ透かして毛布一枚で就寝。
一度、午前三時くらいに起床。恐ろしいほど寒くて目が覚めました。
正直なことを言うと、寒すぎて僕はもう死んでしまったのではないかと本気で思いました。
早朝も目覚ましではなく、寒さで目が覚めました。そして、鼻が強烈に痛くなっていました。どうやら風邪をひいたようです。
あなたの風邪はどこから?
僕は鼻からという人です。
こうなれば、向こう二週間の風邪との戦いが始まることになりますが、それはまた別のおはなし…
そんな状態で砂丘での練習にGO!

砂丘に入る前に片岡さんから「しっかり練習して、一気に上達したら今日は山から飛べるかもしれない。そういう心構えで頑張れ。ただ昨日みたいじゃあだめやな。」
というようなことを言われました。
初飛びの可能性が少しでもあるなら気合もより入るというものです。
午前中は南風で、強さは普通くらいでした。
観光客の方と新入生の体験をお手伝い。
午後からは、北風に変わったので斜面を変えて、僕達の練習も始めました。
はじめは強めでしたが、だんだん弱くなったり方向が変わったり、ほぼ西風に向かって飛んでみたりでなんとも微妙な風と練習になりました。
夕方になり、風の感じが行けるかわからないけどダメ元で行ってみるかということで山へ向かいました。

そして、飛びました。
ジョーによると5分間くらい飛んでいたようですが、自分の体感ではもっと短く感じました。

着地して、みんなからたくさんのお祝いを受けましたが、
・自分が初飛びをしたという実感が湧いていない
・いきなり沢山の人に頭を叩かれて怯んだ
ということで、とっさの感想をうまく言うことができずに変な空気にしてしまいました。
新入生もお祝いしてくれたのにね。
そんなわけでしたが、もしかしたら僕の体が「こんなんじゃ満足できない!もっとすごいことをしたい!」と反応しているのかもしれません。
いやきっとそうだと思います。
今後もっといろいろとできるように、更に練習に励んでいきたいです。

最後になりましたが、ここまで来れたのは様々なお手伝いをして頂いた方々のおかげです。
本当にありがとうございました。
これからも頑張っていきますのでよろしくお願いします。

風邪はこの二、三日前くらいにやっと治りました。

以上です。

この記事に

開く コメント(1)

こんにちは。のりろです。あけましておめでとうございます!
今年は一日ごとのダイアリーを参加したメンバーで書いています。読んでいて楽しい(*^^*)

私は総括担当です。まずは全体のまとめから。


今年は好天に恵まれ、遊んで飛んで飛んで飛んで飛んで遊んで飛んでとフルで楽しめる九州ツアーでした。

【参加者】
らんぽうさん
P.F.C.
やまに、よっしー、ちあきさま、まっちょ、ディエゴ、のりろ、まりこさま(福岡の実家から参加、宿泊まらず現地のみ)
FLYDOM
ジェイソン(1/1〜)、ゆうな、あやの、ゆき、ひとみ、とりごえ、まさひろ
社会人
おおたさん、清水さん、にのっちさん、みのさん、きゃめろんさん、たけのさん、あきさん、松村family
26人

【スケジュール】
1日目、博多観光
吉野ヶ里遺跡、ステーキ、志賀島、屋台

2日目、耳納
8:30 宿発
9:45 ランディング集合

3日目、大観峰
7:30 宿発
9:30 ファミリーマート阿蘇内牧店着

4日目、耳納
9:00 宿発
10:00 ランディング集合

5日目、観光
高千穂組、別府組、ゴロゴロ麻雀組に分かれて自由行動
19:00 このみ集合
社会人の皆様、ご馳走様でした!

6日目、耳納
9:30 宿発
10:00 ランディング集合

【エリア】
○耳納
北向き
高低差:680
宿から30分ほど
連絡先、フライング耳納森山さん
ビジター費500円、封筒に集めて入山届と一緒にポストへ
LD近くのパン屋がおいしい!おいしいトマトソースにバジルがふわっと香る、焼きたてマルゲリータが最高でした。
マックスバリュー田主丸店の100円パンも良かったです。サンドイッチは130円。おろしカツサンドが美味しかったです。

○大観峰
南西向き
高低差:460
山越えルートで行きました。
宿から2時間かからないくらい。ぐねぐね道。
鳥大号は迷子になりかけたらしいです。
ごうちゃんとそれについていったらんぽうさんは迷子になりました。注意。
今回はランディングの地主さんには九州の学生が挨拶済み、田んぼで会ったら挨拶してくださいとのことでした。

○鏡山
南東向き
高低差:630
海風がいい感じに入る日が無くて今年は断念。
来年再チャレンジですね!

○トライアル
24時間営業。湯のみ、ティッシュ、お酒、巻き寿司、なんでもお任せあれ。
太鼓の達人もプリクラも24時間稼働!
ただ、太鼓の達人にあの定番の夏祭りが入っていません。
そしてプリクラはスクリーンにどんな感じに撮れるかが映らない上に、撮るまでの感覚が短いので気をつけましょう。落書きのカウントダウンも止まりません。


リーダーとして行き届かない部分もあったでしょうが、ツアーを無事終えることができたのも皆様の支えのおかげです。ありがとうございました!


あとは私の感想を少し。

スポーツ2に乗り換えて迎えた二回目の九州ツアー。
やっと先輩方と同じ時に同じ空域を飛ぶことができるようになって、ランディングしてからの飛びの話の輪にちょびっとでも入れるようになっていました。いつも楽しそうに話している先輩方の横で想像するだけでしたから…それがとても嬉しい。
ハングって飛べば飛ぶほど楽しいことが待っているなあ、と節目の度に思います。
そして、テイクオフとランディングが本当に下手なのもあらためて分かりました。バランスやなぁ…突っ込みすぎやなぁ…風の強さとランディングがリンクしていないなぁ…まだまだ練習じゃい!
しかし、飛びに関しては二日連続らんぽうさんの握手をゲットしました。耳納でも自分でサーマル見つけれたし、大観峰では今までで一番長く楽しく飛べたし。
来年はもっと成長して九州に行きたいです。

普段はゆっくりしゃべることの少ない社会人さん方とたくさん話すことができるのも、九州ツアーの良さだと思いました。私たちがあきさんの運転する車の助手席をゲットできることなんて滅多にないことでしょう!どや。
まつさんのお話をゆっくり聞いたのも初めてでした。もっと経験を積んで色々なお話を聞きたい!

私のこれからの目標。
私ももっと知るべきことを知って、同期や後輩や周りに発信する。
そしてまだ初飛びしていない勢のサポート。初飛びしてからもバリバリ飛んでうまくなってほしいなあ。
このみでの抱負宣言は、私もビシバシされた上でビシバシ言っていきます。という意味なので。良きビシバシをよろしくお願いします。

以上部長からの総括でした。
らんぽうさん、先輩方、同期方、後輩方、2017年もよろしくお願いします!マンボ!

イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

こんにちは、よっしーです。九州ツアー最終日の6日目です。この日は耳納に行きました。耳納の基本情報については2日目の記事の通りです。

宿を撤収して10時に耳納LD集合。着くとLDは霧の中。OAKの他に京ハンと九州、池田の方々が来ていました。九大の池田君も来ていました。のりちゃんいわく近くのパン屋さんがおいしかったらしいです。
イメージ 1

登頂すると眼下に見事な雲海が!綺麗でした。
イメージ 2
イメージ 3

さて、この日の予報は北西で強く吹けばリッジをとるには理想的。14時をピークに少し強く吹く予報でした。確かに13:30頃から雲ができ始めて、勇んで次々とテイクオフしましたが、結局リッジコンディションにはならず、残念。大半の人は少しもがいてランディングとなりました。

僕は"訳あって"年明けからはグライダーを借りてフライト。元日はひとみんのファルコン、この日は清水さんのT2Cをお借りして飛びました。自分のLiteSpeedS以外の角なしで飛ぶのは初めてでした。出てみるとロールが軽い!清水さんのはT2Cの中では重い方とのことでしたが、それでもとても軽く感じました。単に体重に合ってないだけかもしれませんが・・・それと左右の取り回しが自分のグライダーの時よりずっと均等にできました。やはり自分のグライダーのトリム調整をしてみた方がいいかもしれないと思いました。でも、それよりまずテイクオフの練習しないと・・・

あっ、自分の話ばかり書いてしまいました。この日の耳納はもう3日目でランディングは明暗分かれ、上手くいった人、失敗した人、ベースバーが折れた人いろいろいました↓
イメージ 4

でもシングル組も含め全員飛べて無事終了。池田君から大量のみかんを頂いて解散しました。
帰り道は渋滞もなくスムーズで、18時に現地を出て夜2時頃倉庫に着きました。ちなみに、耳納からは北九州の手前くらいまで下道で行くと渋滞が避けられて早いです。
イメージ 5

今回のツアーはこれで終わり、最終日までみんな大きな怪我なくたくさん飛べました。始まる前は一週間か長いなーとか思ってたけど、思い返してみると一瞬でした。飛びも遊びもバランスよくできて良いツアーだったんじゃないかなと思います。ただ、楽しみにしてた宮崎の鏡山に行けなかったことと、耳納のリッジが今年も体験できなかったのは残念だな。来年もみんなで行こう!
イメージ 6

おっと、総括的なことを書いてしまったけど、次はのりちゃんの総括記事です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

どうも!5日目の担当を仰せつかりましたディエゴと申します。以後お見知りおきを。

この日は馬肉やさん「このみ」のことも考えて、一日観光に。PFCは高千穂組とゴロゴロ麻雀組に分かれました。ちなみに僕は高千穂に行ってきました。
古に天照大御神が隠れこもったとされる岩戸がある、高千穂。とても幻想的な雰囲気が町から感じられました

イメージ 1
まず高千穂峡にてボートで遊覧。ゆったりとした時間が楽しめました。5

イメージ 2
お昼は、おいしい山女魚を頂きました。うー、5

イメージ 5
そのあとは高千穂神社で初詣。中吉だったのは残念でしたよ、、、。

九州ツアーメインイベントこのみ!!
イメージ 6
1年間楽しみにしていただけあって、やっぱりおいしかった!!社会人の皆さん、本当にありがとうございました。ごちそうさまです!
この日も満足感とともに、太鼓をたたいておわり。
イメージ 3

イメージ 4

*Facebookと記事ほとんど一緒なのは、コピペというのは内緒(笑)

字の色とか大きさとか変えられるんですね。楽しくて無駄にいじってしまう(笑)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

九州ツアー4日目!を担当しますまりこです。
日付としては元日で、あけましておめでとうございますな一日でした。

耳納の基本情報については2日目の記事の通りです。リンク先ご参照ください。
TO北向き、LDは全方向可(周囲に通称 菓子折りエリア有)、などなど

宿出発は9時、LD集合10時。
前日お宿では盛り上がったようで、いつもより朝がつらそうな方もちらほら。

テイクオフ到着は11時半ごろ。北寄りの微風だったのでシングル組から出ることに。
この日は京ハンの方々もいらしていました。
LDは無風〜東微風。

ダブルの方。逆転層の影響で600mぐらいまでしかあげられないコンディションでした。粘って粘って30分ぐらいのフライト。もう少し粘りたかったーー。
とのこと!

この日も地面は多少ぬかるんでいて、シングルもダブルも仲良くずぼん。フィジカルにもメンタルにもダメージを受ける。冒険の前には無理せず防具屋()で長靴を買って守備力を高めておきましょう。
(※人によっては膝までどろんこだったので、装備にも限界があります※)
どちらかというと、グライダーが汚れて悲しくなったので、拭いてあげる布とかがあればいいなと思いました。

15時半ごろ早く降りたシングルのうち数人でリフライトに向かうもフォローの風のため断念。
とはいえ皆飛べたので良かったです。1本1本の飛びを大事にしたいです。

私はこの日まで九州ツアーに参加させていただきました。お世話になった方々、ありがとうございました。
飛べたのは1日だけだったけど、学びの多い1本でした!

おしまりこ。

イメージ 2
トップバッターよっしーさん。

イメージ 1
シングルが全員飛んだら、ダブルの方も次々TO。

イメージ 3
この方は飛べませんでした。残念。

イメージ 4
リフライト組。16時前まで粘るも断念。



この記事に

開く コメント(0)

あけましておめでとうございます。3日目担当の津田です。
九州ツアー3日目の大晦日は、熊本県の大観峰でフライトしました!
大観峰は阿蘇山の噴火によってできた外輪山の最高峰で、広大なカルデラ盆地を一望することができる観光地です。公認フライトエリアではないので、ゲリラ的に飛ばせていただいています。この日は観光客の他に、パラフライヤーの方々やラジコン飛行機?も登場しテイクオフ上空は賑やかでした。

昼過ぎからテイクオフの風がしっかり入りはじめ、西向き斜面から続々とテイクオフしていきました。(テイクオフを見てくださった竹野さん、ありがとうございます。)その後は終始テイクオフも飛行空域も南西〜西の風だったので、多くの人は南西斜面でリッジをとったり、南西斜面から出たサーマルで上げて東へ流していったりして1、2時間くらい飛んでいました。しかし、風が夕暮れ近くまで強かったためシングル勢は飛べず、残念。

個人的には、去年、一昨年とぶっ飛びしかできなかった大観峰で初めてサーマルソワリングができ、ちょこまか移動もできたので最高でした。日本とは思えない独特な地形と広大な景色を上空からじっくり観察できたし、山裏サーマルの上げづらさと凶悪さを知り、アウトランについて真剣に考え、経験値も爆上げの飛びでした。楽しかった。いつか阿蘇一周飛行したいなぁ。

夜は鳥大のゆきちゃんの誕生日を祝い、可愛らしい恋ダンスを鑑賞。宿近くのお寺で除夜の鐘をついて、おしるこをいただいて年越しをしました。ゆきちゃん、22歳の誕生日おめでとう。

皆様、今年もよろしくお願い致します。


4日目へ続く!



イメージ 8
↑阿蘇山の成り立ちと大観峰の位置

イメージ 1
↑ランディング近くの街路樹の樹氷

イメージ 2
↑ランディング見学(田んぼ)

イメージ 3
↑登頂後のランディング目視確認

イメージ 4
↑駐車場からテイクオフまでグライダーの担ぎ上げ

イメージ 5
↑テイクオフ待ち

イメージ 6
↑テイクオフ前のリッジサーマル


イメージ 7
↑恋ダンス

イメージ 9
↑除夜の鐘



この記事に

開く コメント(0)

どうも、2日目担当の山西です。修論提出は1ヶ月後。そろそろデリカDeノートに書き込むのも最後かな。


飛ぶ日としては初日、まず行ったエリアは宿の肥前屋からそこそこ近い耳納。さらにビジター費は500円なので気軽に行ける。
TOは北向き
LDは全方向から可能、ロングしてしまうとまずい事になる方位もある
高度差680m程度
サーマルあり、リッジあり



2日目は宿から近いとはいえ8時半出発。基本的に毎晩いい時間までテレビ見たり飲んだりしてから皆寝始めるので朝早くは眠い。

山頂には多分10時半頃到着。テイクオフ場の手前にゲートがある。早速自撮りをするディエゴもいる。

イメージ 1


セットアップ場はそこまで広くなく、坂の下の方で組む羽目になる機体も。

イメージ 2


こういうアングルで機体を見下ろせるのも地味に珍しいと思う。

イメージ 3


飛びの方はというと、TOが空いてから出ようと思って後の方に出たらぶっ飛んだ。
それだけならいいけどLDの適当な位置に降りたらそこは耕してあってしかも水分を含んでいてドロドロのところで…

イメージ 4


ほぼ全員、ランドリー行きになりましたとさ。

イメージ 5

特にこの日はいい思い出が無かったので
おわり。

この記事に

開く コメント(0)

 今年も年末年始九州ツアーが始まりました。今年はのりろ部長の提案で1人1日ずつ担当して記録を残すようにします。次回のツアーで参考になりますように。では以下本文。

 初日(12月29日)を担当することになりました。まっちょです。昨日の昼間にサークル車で山陽道を使って移動し、昨晩は8時間ほどぐっすり肥前屋で眠れました。今日は朝から観光です。
らんぽうさん、鳥大組は今晩20時頃到着予定。(※大渋滞に巻き込まれたそうです、昼間移動ならラッシュ前日を推奨)

では今日のルートを。
吉野ヶ里遺跡→焼き肉ランチ→勝馬海岸→博多屋台で行きます。結論を先に言うと、「めっちゃ楽しかった!(笑)」

吉野ヶ里遺跡でウォーミングアップしたあと焼き肉ランチでエネルギーチャージ、からの勝馬海岸でえくすぷろーど!!

さざえのつぼ焼きを食べたあと、夕日の差すなか寒さを忘れて砂浜で走り回りました。
波間を縫ってチキンレースして、磯の生き物を観察し、長刀で闘って飛び石の上で動けなくなったよっしーさんに石を投げました。(笑)
よっしーさんはテンション上がりすぎて飛び石伝いに沖を目指しましたが、そのまま帰れなくなったところを狙われたようです。
写真は勢いに任せて青春っぽさ全開で恥ずかしいですね(笑)

しかし最後は海岸でリッジをとる鳶を見て我に返るウェイ達でした。うぇーい。

そのあと中洲の屋台でラーメン食べて今日は優勝。明日からの九州ツアー本番も楽しみです。
イメージ 1
写真1・吉野ヶ里遺跡でウォーミングアップ

イメージ 2
写真2・焼き肉ランチ(店名は忘れました(笑))

イメージ 3
写真3・
さざえのつぼ焼き

イメージ 4


写真4・勝馬海岸1

イメージ 5

写真5・勝馬海岸2

イメージ 6
写真6・帰れなくなったよっしーさん

イメージ 7

写真7・勝馬海岸3

イメージ 8

写真8・中洲ラーメン屋台


この記事に

開く コメント(0)

ツノナシ乗換!

どうも。まっちょです。
冷たい雨が降る季節になってちょっと感傷的になってます。(笑)
ツノナシに乗り換えたので思ったことを少し。(でもまだ写真撮ってない)

ダブルでもテイクオフするときはいつも緊張してた。グライダーが浮かなくて血の気が引いたり、走ってる途中で曲がったりノーズが落下してきて怖くなったこともあった。

なんで乗り換えたんだろう?って考えたときに、やっぱハングが面白いからだな、と納得。
オークや砂丘や大会、九州ツアーとかでいろんな人(社会人さん、先輩)から「今日は2000m上がった!」とか、「砂丘まで行って帰ってきた!」、「あの向こうの山まで行ってソーラーパネル見たてきた!」、「テイクオフの反対側にはこんな景色が広がってた」「海の上を飛んできた」・・・などなど聞くたびに

「ああ、いつか自分もそこまで行きたい。」と。

それでどうやって行ったのか聞くと、「海風が進入してきてたからコンバージェンス捕まえた」とか「大きな雲が湧いてたからその下に入って雲底まで上げた」とか不思議な風の話を嬉嬉として話してくれる。その様子を見ながら、
「ああ、いつか自分も不思議な風を捕まえてみたい。」と。

そんなことを思って飛んでいるとたまに聞いた話通りのリフトを見つける。このときがとてつもなく嬉しい。「今度こそ行けるかもしれない、、、」と。

だいたい途中で失敗するんだけど。

んでいろいろ工夫する。じつは工夫してるときもちょい楽しい。
やれやれ。ツノナシに乗り換えたから多少は近づいたんじゃないかな?乗りこなすのが先なのは分かってるけども。
上手くなりたいもんです。

この記事に

開く コメント(2)

こんにちは。晴れてシンブチョーとなり、夕飯の決定権を手に入れたのりろです。その権力を利用して、ただいま鳥取飯を開拓しています。開拓は涙あり、笑いあり。成功すると帰り道が幸せです。ちなみに失敗するとオークで二回目の晩御飯を食べることになります。でぶロードまっしぐら(#゚Д゚)

さあ。本題!

8月後半から砂丘でダブル練習を始めて、10月30日、山飛び59本目でついにダブルに乗り換えました!
なぜ乗り換えその1かと言いますと…
今回乗り換えたのはSport2。昔のやまにさんの機体です。こちらはレンタル機です。
そして、Sport2でダブルに慣れてからmastRに乗り換える予定なのです。こちらも昔のやまにさんの機体。
無理なくステップアップできる段取りを組んでいただけて、ありがたい限りです(*_ _)色々な機体で飛べて嬉しいです。

そして乗り換えた感想。ニヤニヤが止まりませんでした!
テイクオフして、風を切る音がシングルとは段違い。シングル以上の「私、飛んでます!!」感に飛びながらニヤニヤ。
そして楽しく飛べて綺麗にフレアが決まってニヤニヤ。このニヤニヤは動画にばっちり映ってしまった…
さらに「俺が最初や!」と言いながら一番にヘルメットを叩きにきたらんぽうさんがかわいくて(?)ニヤニヤ。
家に帰ってからも動画を見てニヤニヤ。
ニヤニヤしてばっかり。うぇ。

真面目に思ったこと。
テイクオフはきちんと意識しないとまだぎこちない…ファルコンよりしっかりと引き抑えをして前傾しないと、すぐにノーズが上がってしまいそうです。テールヘビー。
穏やかな時のピッチ、ロールコントロールはシングルより軽かったです。ただ、取られた時のコントロールはシングルより重く、効きが遅く、シビアに対処しなければならないようでした。
フレアはファルコンよりかかりやすいです。テールヘビー。もうボディランしないように、アップライトも折らないように、気をつけます。シングルでは気がつけばコントロールバーを買い揃えていましたもんね…

さてさて、ダブルに乗り換えて、やっと私の中でのハンググライダーの理想に近づきました。入部した時からダブル、ツノなしかっこいいー!乗りたい!と思ってましたから。
だからとりあえずダブルに乗るまでは頑張ろう、と思っていましたが、むしろこれからなのでしょう。
乗り換えるたびにこれからが楽しいよーと言われますし。どれだけ楽しいことがあるんだ!
きっとダブルに乗り換えても、まだまだ色々な方々にお世話になるでしょう。まだ分からないこと、知らないことばかりですから…
先輩方、これからもよろしくお願いします、マンボー!

イメージ 1


この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事