ここから本文です
志賀高原の麓にある、小さなブーツチューンナップ工房「ハンドエス」
スキー上達を目指す方必見! 大好評の【レベルアップチューン&チェック】でワンランク上の滑りを体感してみましょう!

書庫全体表示

お遍路の元祖は誰?

四国お偏の旅(10番寺〜13番寺)


【阿波の国】



10番寺【切幡寺】


山道を登っていくとこの切幡寺があります

ハサミと布を手にした大きな観音像が特徴でした


お寺さんに向かう道中、納経軸を購入した「須見光栄堂」がありました!

趣のある店構えでした

立ち寄り、表装のお話を聞きたかったのですが・・・

ツアー中の為、お邪魔することはできませんでした(ややがっかり)


ちなみに

今回の大事な納経軸の表装と、御影札の表装をお願いしました!


境内

イメージ 1



明治時代に起きた火災を逃れた大塔(国の重要文化財)

イメージ 2



大塔(画像最上部の塔)を見たかったのですが

団体行動の為、断念・・・・




11番寺【藤井寺】


藤の花で有名らしい

また、この藤井寺から次の焼山寺までの12.5kmの遍路道は、八十八カ所で最初の

難所。そのため「遍路ころがし」と言うらしい。

ちなみに歩いて6時間ほどかかる。


山門

イメージ 3



本堂

イメージ 4


 
正面には焼山寺までの遍路道

ここから歩いて6時間か・・・  挑戦してみたいな・・・

イメージ 5




12番寺【焼山寺】

標高930mにある修行地と知られる焼山寺(八十八カ所 難所の一つ)

杉の巨木に囲まれていた(長野県戸隠の奥社を思い出した)


山門

イメージ 6



杉の巨木

イメージ 7



衛門三郎(伊予の強欲な長者)伝説があるとのこと

(伝説の内容は省きます)

衛門さんが弘法大師さんを追いかけ八十八カ所を廻りこの焼山寺で行き倒れになり、よ

うやく大師さんに会え、謝罪することができた場所とのこと

この衛門さんが、八十八カ所巡礼の始まりとも言われているとか・・・・

イメージ 8




13番寺【大日寺】


一宮寺とも呼ばれる。ナビには大日寺ではなく一宮寺と表記されていた

幸せ観音が有名であるとのこと


山門

イメージ 9



幸せ観音

イメージ 10



参考になった方はこちらをクリックしてください!
https://snow.blogmura.com/


(H26年5月27日 お遍路2日目)



開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事