春夏秋冬

白砂青松の国に子供たちが笑い過ごせますように

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2014/10/13 強震モニター1

皆さん、おはようございます。

06:25頃、青森県東方沖で、M4.1、最大震度3の地震が発生しました。
その一時間前の、05:23にも、M4.1、最大震度2が発生ー気象庁ホームページ
よりー、下に掲載しておりますとおり、05:04に、友人の知らせで、青森内陸部の
黄色点灯を確認しておりましたが、
すでに台風による風雨のなかであるというニュースに、自身風のなかの
警戒もお願い致しておりましたのに、それは降雨のせいと決め付け、
ご報告が事後となってしまいました。
申し訳ありません。

それにしても、大きな台風による風雨の中でも、地震です。
どうかどのエリアの皆さんにも、くれぐれも警戒下さい。

後先になりましたが、台風によりお亡くなりになられた皆様に
心よりお悔やみを申し上げますとともに、
被害に遭われました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

05:04
イメージ 1

06:25
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

画像、情報提供 NIED

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014/10/12 強震モニター2

21:40頃、福島県沖を震源とする無感地震が起きました。
自身が確認できました無感地震は、今日はこれで二度目で、先日のものも
含めますと、無感地震発生は、関東〜東北ばかりです。
偶然でしょうし、西も警戒したいエリアが多く存在しますが、日報のご報告も
あります。
どうか関東から東北の皆さんには、台風前でも、くれぐれもご用心下さい。

勿論、それ以外の注意すべきエリアとしてご報告させて頂きました地域、
日報やタバサさんがたが注意喚起されておられるエリアの皆さんにも
警戒下さい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

画像、情報提供 NIED

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014/10/12 強震モニター1

皆さん、おはようございます。
12日、朝の強震モニタです。

今朝も06時台から列島が活発化、北海道の南西沿岸、また
青森の下北半島南辺りでレモン色点灯も見られるなか、
06:53頃、青森から岩手県沖あたりを震源とする無感地震が発生しました。
地震は無感のなかでも小規模らしく、間もなく収まりましたが、
その地震後も、青森県の南部中央辺りでは、薄いオレンジ色、また下北半島の
付け根辺りや岩手内陸ではレモン色点灯が見られ、またいつもどおり、岩手沿岸、内陸、
また宮城県、新潟、福島までの全域で緑色点灯とともに目立つ白色点灯が複数点で
見られ、また福島では、薄い茶褐色点灯も数点見られ、茨城、また栃木でも数点ずつ、
鋭利な白色点灯が見られ、
また、南北関東は、早朝よりいつもどおり、薄いレモン色〜白色点灯が
緑色点灯とともに数多く見られ、上記、茨城、栃木、群馬から埼玉や東京、
千葉ですでに活発化していっておりー相模原?では、すでに濃い黄色点灯です。−
栃木の研究者さんが日報で指摘されているとおり、
昨日の青森東方沖地震でも、南北関東から東北、北東北が開放されたとは
到底言えない状況です。
引き続き、どうか警戒下さい。

また房総まわりは深夜も活発ですが、今朝もすでに各半島突端まで
点灯が埋まり、また伊豆、三浦半島付け根、東京湾岸、房総半島などで
活発な点灯が見られますので、くれぐれも用心したいですし、
飛騨〜甲信越〜北陸も同様ですね。
長野では活発な色の点灯が見られます。

また東海から西も昨日のご報告どおりに実に活発な様子がすでに
見られます。
東海道沿岸、愛知、岐阜、滋賀、そして極めて点灯が多い紀伊半島〜近畿、そして
四国、また中国地方の点灯数のすさまじさ、薄いレモン〜白色点灯が実に多く見られる
活発さ、点灯域の広さはすでにで、注意地点、エリアも変わりません。
また九州も東岸の点灯が極めて活発で、また熊本〜長崎また霧島方向の活火山帯も、
鹿児島の点灯域の広さも変わりませんので、
引き続き、注意地点まわりを中心に、くれぐれもご用心下さい。

無論、北海道は東部、南部、南西部、また北部も、引き続きご注意下さい。

急ぎましてのご報告、申し訳ありません。

イメージ 1

06:53
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

画像、情報提供 NIED

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014/10/11 強震モニター1

皆さん、こんばんは。
ご報告が大変遅くなりまして、申し訳ありません。

今日は、ここ数日間、いつもにも増して活発でした青森県東方沖で
三度もの地震が起きました。
それらの後は、地震前よりは列島全体がやや落ち着いたようでしたが、
また青森や北海道なども他のエリア同様、深夜というのに活発化しております。

引き続き、どのエリアの皆さんにも、警戒下さいますよう、お願いします。

以下、11日の注意したいエリアなどです。
まずオレンジ〜白色までの活発な点灯が見られた地域です。

青森、秋田県北部、岩手県沿岸部複数点と内陸部、宮城県、山形県、
新潟県複数点、福島県複数点、
茨城県複数点、栃木、千葉・埼玉・群馬・東京など南北関東、高密度域で
ある、伊豆半島〜三浦半島付け根、半島半ばなど複数点また房総半島複数点と
東京湾岸などの多数地点、
富士山火口傍複数点、山梨複数、富士南の静岡、東海道沿岸複数点(浜松東の
御前埼より西側)、頚城脇、長野県複数点(頚城南や南部など)、飛騨山脈脇、
能登半島、その付け根の富山県側、福井県若狭湾岸、
愛知、三重、紀伊半島沿岸及び内陸複数点、岐阜・滋賀の複数、
大阪湾岸複数点、徳島など四国の複数点、中国地方の瀬戸内側までの、
兵庫〜岡山〜広島〜山口、日本海側の山口県、島根〜鳥取〜京都。
九州東部沿岸数点、などです。

いつもより非常に活発ですが、場所としては、同じ地点中心で、
これらの点灯が見られ、しかも活発な点灯域を伴うエリアは警戒したいですね。

青森東方沖とは別に、日報でもご報告がありましたように、
東北から関東は極めて気をつけたいです。

すでに下北半島などの点灯域は地震前に近づいていますし、東北全域が
すさまじい点灯域を成し、点灯の走り具合も実に鋭利です。

また、福島、茨城の目立つ色の点灯も、岩手などとともに、最近は複数地点で
見られるようになり、栃木などのエリアも含めた南北関東の活発さは、他がレモン色の点灯
などの時に、薄い赤に近いオレンジ点灯〜黄色点灯が全域で多数見られ、
関東も全域で要警戒と思います。

一方、房総まわりは、こちらも各半島突端までが点灯で埋まり、前記のとおり、
実に活発な点灯色が見られ、いつここが暴発するのだろうかと危機感が付きまといます。
富士山火口から飛騨山脈〜頚城、白根山などへの点灯行き交いも激しく、
富士火山帯はいよいよ活発化しています。
当然に、日本海側の飛騨〜甲信越〜北陸側も警戒すべきですね。

東海道沿岸より東海も、点灯域がすさまじく広がり、同様に゜恐ろしいほどに
点灯域が拡大した近畿、半島全体に点灯が極めて多くなった紀伊半島、また
大阪まわりより北陸、淡路より四国、中国地方も実に点灯数、活発な点灯数の多さ、点灯域の
広がりがすさまじく、西も東同様に、くれぐれも用心したいですね。

紀伊半島とともに四国の東部のみならず、今日は全県で活発だったこと、
また兵庫、岡山、広島、また山口の日本海側で、レモン色などの活発な点灯が
見られ、瀬戸内側も、そして山口〜島根、鳥取、京都、また若狭湾の日本海側も
実に活発であったこと、そして大阪の連日の複数点でのレモン色点灯、また愛知の
点灯域の点灯密度が、ここ最近、高くなったこと、岐阜、滋賀の白々とした点灯が
常時のものとなったことー滋賀は真夜中でも一点、薄い赤色などにもなり、
不気味です。−それらが、特に今日のみならず、ここ暫く実に気になりますし、
更に島根の点灯数の多さ、また大阪湾側のみならず、大阪より、若狭湾から能登への
点灯域の無点灯数の少なさにも危うさを覚えます。

これら近畿エリアと関連して、九州の東岸も点灯が常時と
なり、日向灘や豊後水道の発震待ちの様相ですし、
また、鹿児島の広い点灯域は、今は大風の影響下にある南西諸島の
地震を思わせて、台風通過後も気が抜けませんね。
北海道は、東部、南西部、北部が、青森東方沖後、また広く点灯域を
成しはじめました。
北も引き続き用心したいですね。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

画像、情報提供 NIED



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014/10/10 強震モニター2

17:22頃、東北で地震が起きました。

象庁ホームページによると、
17:22頃、宮城県沖、M3.8、最大震度2です。

たまたま列島全体が極めて活発化しているなかの発震でした。
午前中の無感地震といい、また午後のすさまじい全国の活発さと
いい、引き続き警戒下さい。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11

画像、情報提供 NIED

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事