私はテんぱです

友達になってくださいな〜

全体表示

[ リスト ]

アウディー

イメージ 1

クーペモデルより9ヶ月遅れとなる2007年6月、アウディTTロードスターが、ようやく日本でも発売されました。

さて、TTというクルマを少しおさらいしましょう。1999年秋にデビューした初代TTは、非常にユニークなスタイリングを持つスポーツカーとして、大いに話題となりました。そしてほどなくソフトトップを持つロードスターが追加されました。しかしながらTTは、内容的にはアウディのベーシックカーであるA3をベースとするスポーティバージョンという域を脱していなかったのも事実。それでもアウディ自身が驚くほど、世界的に好調な販売を見せたようです。その最大の要因は、やはりユニークなスタイリングにつきるでしょう。

そして2代目TTは、好評だったエクステリアをキープコンセプトに、スポーツカーとして相応しい素性を追求して開発されています。

注目すべきはボディ構造です。初代TTはA3がベースゆえ一般的なスチールボディでしたが、2代目では、アウディのフラッグシップサルーンであるA8でも知られる、「ASF(アウディ・スペース・フレーム)」が採用されたのです。

ただし、A8のようにオールアルミではなく、TTではアルミとスチールを約7:3で組み合わせています。具体的にいうと、ボディ支持構造をアルミの押し出し成形材とアルミダイキャスト材が形成し、アルミ製シートパネルで接続部や全体形状を構成。そして、フロアパネル後方およびドアパネルなどをスチールとすることで、重量バランスの適正化と強度を確保したとのこと。また、先代よりもひとまわりボディサイズが大きくなっているにもかかわらず、車両重量は1410kgと、わずか10kgしか重くなっていません。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事