再チャレンジ剣道!

『稽古の日々』はファン以上の方のみ公開中。友達登録は剣道か自転車の好きな方のみにしています。

トピック

[ リスト | 詳細 ]

日常生活で気づいた事など。
記事検索
検索
『世界ふしぎ発見』で紹介されていました。香川大学の先生が量産化するために、従来の果糖だったかをプシコースという糖に変化させるための、酵素を地道に探し出し、成功した。

なんとプシコースはカロリー0という訳ではなく、体内に得た他の糖の吸収を妨げる働きをしするので”痩せる砂糖”ということになるらしい。
プシコースを含む砂糖をレアシュガー(希少糖)と呼ぶ。

番組が終了した直後からこの関係の通販サイトは繋がらなくなった。つながっても在庫ゼロ。

コレはブームとして続くのか、レアシュガーを使ったアイスクリームの登場がなるのか注目していきたい。
堺雅人が弁護士役のこのドラマ、面白いです。テンポよく話が進むからいい。毎週予約に設定しました。
ただ一つだけ気になるのは岡田将生扮する若い弁護士が”死刑制度反対”の立場を表明していたこと。この先もときどきこの文言が登場するのか。
ドラマを通じてこの信条を視聴者に刷り込んでいく目的があるのだろうか。
 

来年4月から消費税8%

生活必需品への軽減税率もおこなわれないまま、一律8%の消費税。アベノミクスで景気が良くなったのか。
企業業績がUPしたのは大企業だけでしょう。
労働者は相変わらず、正社員、派遣社員、アルバイトのヒエラルキーのもとで格付けされ、さらにはブラック企業による若年労働者の使い捨て。就職戦線異常あり。
東日本大震災の復興資金の横流しで企業にてこ入れ同然のことしてる。

一般庶民にとって個人消費が向上するとは思えない。
税収の使い道で恩恵を受ける会社はいいとしても、個人消費を当てにした商売をしている人にはかなかお金がまわってこないのではないだろうか。


ドキュメンタリーでちょこっとみましたが、1/4は東日本被災地に関係の無い事業に使われている。
いろいろなケースで各省庁の役人が立て板に水の如く、内容の分からないごまかし文句を難しい言葉でペラペラしゃべってハイおしまい。「他に何か?」みたいなイケシャーシャーとした顔してました。

一例を挙げます。
外務省の”絆プロジェクト”は震災以前に終了されていたのに、この予算を当て込んで復活。
内容は外国人のティーンエイジャーに日本各地を12日間だったか観光させる。被災地訪問を2日予定に加えた物見遊山の内容。しかもそのツアーの全額は復興予算からの大盤振る舞いと来たもんだ。

なんで外人の子供を遊ばせる為に増税までして集めた金を使い込むのか?怒り心頭です。

復興予算とかの臨時予算が掲げられればピラニアのようにぶん取ってこじつけで使い道を捻出するほど省庁ってのは暇なのだろうか、役人は自分の携わったプロジェクトが多いほど評価されるってことなのでしょうか。しかも使う金額が多いほど評価の対象となるとか。
こんな無駄遣いをして何のお咎めも受けないなんて役人組織は歪んでますね。
チェック機構がなっていない。

何かといえば予算が足りないと言うのは”お題目”。本当に足りないのは政治家、官僚のオツムとやる気。


南部ダイバー

イメージ 1



あまちゃんで登場した『海洋開発科』南部もぐりのある高校の紹介をテレビでちょこっとやってました。
不況になってくるとこういう。即戦力育成の技能学科の方が人気でるでしょうね。
受験生は全国から集まるという。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事