ここから本文です
暇つぶし日記 Rev.3_bak
ログと個人的メモと大きい独り言のため場。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2018年12月6日追記:
HCU Clientが
「アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0150002)
というエラーが出て起動しない場合は、
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージをインストールしてください。
2018年10月24日追記:
ちょっと前ですが、HCU Clientが復旧できたようです

2018年10月18日追記:
HCU Clientのサイトがまたもや落ちています。

2018年9月16日追記:
この手順は Huawei端末(一部のOreo/EMUI 8以前)の端末向けの方法です。
XiaomiやZTEなど他メーカー製ではできません。
また Stock ROMかStock Base ROMのみで動作するので、
Lineage OSやRROS等 カスタムROMを入れている方は
ご面倒でも一度、EMUIへ復元してください。

2018年6月1日追記:
なんだかこざっぱりしてますが、HCU Clientが復旧できたようです。
イメージ 6

早かったですねー、よかった…
----------------------------------------↓ここから本文

万が一、HCU-Clientが落ちていたとき用にミラーしておきます。
(使いみちなかったので 使いみちを作るためにYahoo!Box)
問題がない限り、公式サイトからダウンロードしてください。

HCU-Client v1.0.0.0287 [Download]

SHA256:
1369D81F49634CEB24B85B233A4671E9BA0EE2AAB8BB70647ECBA6BC90BE9B5E

CRC64: AC554342A3590637
-----------------------------------------------

上記のとおりです。

前回205SH を購入し試した結果、SIM種類が合わず 失敗しましたが、
ここまで来たら引き下がれないwので 最終奥義を発動してみました。
言ってしまえば IMEIの書き換えです。

※IMEIの書き換えを行うにあたって 
必ず自身で契約し 自身で所持している
SoftBank端末のIMEIを使用してください。

IMEIを書き換えた場合は 今回の場合は P8 liteのIMEIを出荷時に戻すまで、

もとのSoftBank端末は絶対に手放したり、P8 liteも売ったり処分しては
いけません。

また、この記事における内容のすべてにおいて責任を放棄しています。
問題や訴訟、その他実行した人や周辺の方に不利益な事柄等生じても
私、Kiraは一切の責任を取りません。
すべて自己責任において実行してください。
また、この内容通りにやっても同じように行かない可能性もあります。

あと、データも全部吹っ飛びます。
必要なデータはバックアップしておいてください。

ってわけで、本題に入ります。
そのためにはSIMフリーの端末が必要...ってことで
イメージ 1











Huawei P8 lite ブラックを14kで入手。
箱汚れの新品です。
本体以外には目もくれずさっさとセットアップ。

普通にUSIM指すと こうなってモバイルネットワークに接続できません。
APNを設定しても同様です。
イメージ 2





























これはもうすでに知っている人がほとんどですね...

そのままGoogleアカウントも全部かっ飛ばして ホームに行けたら
開発者オプションをONにして、充電中スリープにしない をON。

USBデバッグもONに念のためした後、
電話アプリで 「*#*#2846579#*#*」と ダイアルすると、
自動的にProject Menuに行きますので 
「1.Background Setting」→「2.USB Port Settings」を
「Manufacture Mode」にしてCLOSEをタップしてください。


その後、HCU Clientをダウンロードし Paypalかなんかで ライセンスを
買ってください。

購入クレジットは 8です。
1クレジット=1ユーロなので
このあたりのページで見てくれれば何円かがわかります。

決済のタイミングで変動があればその分多く取られたり
逆に返金されることもあります。
(大概は±10円程度)

イメージ 3

入れたら Check accountをクリックし、
Repair UMTSタブクリック→上の Read phone infoをクリックしてください。

イメージ 4
その後、 IMEIとIMEI2があるので 両方にチェックボックスを入れ
もとのSoftBank端末のIMEIを両方とも入力します。

その後Repairを押すと書き換わります。

2018/1/21追記:
もし、Open COM Port COM*でERROR!とでて処理が
止まってしまった場合は、
Phone ConnectivityのAutodetectのチェックを外すと
成功するかもしれません。
 
データも全部吹っ飛びます。
終わったら、初期設定後、 設定→端末情報→端末の状態
IMEIがSoftBank端末のものになっています。
(IMEI2の欄は消えています。)

そしたら、また再度 初期設定ウィザードが出るので 今度はいつも通り
Googleアカウントなども設定しちゃってください。
このタイミングでは さっきの「データ接続に失敗しました」っていうのが出ますが
気にせず設定を済ませてください。

設定が終わったら、設定→無線とネットワーク欄の「その他」
→モバイルネットワーク→アクセスポイント名で、
メニュー→新しいAPNで新しく作成してください。

APN設定時にユーザー名とパスワードが必要になるのでそれは事前に、
もと端末(私の場合 AQUOSケータイ2)にSbmApnGetterをインストールして
解析しておいてください。
(使い方は[ココ]見てくださいw)

で、早速APN設定です。

私はこれで通信できています。
----------APN設定ここから-------
名前:好きなもので(私はSoftBank 4Gケータイとしてます)
APN:fourgsmartphone

ユーザー名:SbmApnGetterの ID 欄に表示されているもの。
パスワード:SbmApnGetterの Pass 欄に表示されているもの。

MCC:設定されていなければ 440
MNC:設定されていなければ 20

認証タイプ:PAPまたはCHAP
APNタイプ:default,mms,supl,hipri
--------ここまで--------
この後、下にある保存をタップして、設定したAPNをタップしてあげれば
...
イメージ 5

























晴れてモバイル通信できました!!!
まぁ後は ご自身でネット制限設定をするなりなんなりとしてくださいw

今のところパケ死はしてない感じかと..
私はホワイトプランで普通のパケホなんで 一応15MBで制限かけてますw

それにしても 電話しやすいしやっぱスマホにすればよかったですwww
データ通信自体はiPhoneにSIM刺してるんでまぁいいやという感じで...

ついでにいうとS!メールは使えますw
あ、あとこの機種は VoLTE/HD Voiceには対応していないので
電話がかかってくると 3Gにフォールバックしてしまいます。
あと伝言メモ(簡易留守録?)はないので 1416頼みになりますw

ぶっちゃけ家がYahoo!BBじゃなかったらSoftBankから出ていきたいところですが
うまみあるんでこれでしばらく行ってみますw

それでは!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事