死ぬまで生きよう!

秋の夜長は、長文ブログでも読んで・・・

爺放談

すべて表示

「成功」も一つの人生

世の中には成功した人がいる。周囲は羨ましいなどというが、本人が満足ならそれでいい事。成功した人生も人の人生の一つに過ぎないが、幸福とか成功についての一定のイメージができあがると、外れた人は不幸の烙印を押されかねない。そんなの気にする必要はない。何の成功もない自分は何の不満はないし、不幸と思った事もない。世の中、大多数の人は成功などしていない。 成功者を羨ましいと思えば不満も出ようが、大事なのは自分の人生を楽しく生きること。成功しても大変だろうし、それより少しばかりの蓄えと自由な時間があるのがいい。決して負け惜しみではない実感だ。もっとも、自分が成功者ならその運命を生きるだろうし、何もないならない人生を生きればいい。自分の人生こそが大事だから、「成功も一つの人生」とした。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

独身を貫く覚悟

2019/8/24(土) 午前 8:41

恋愛の末の結婚なら二人の理想を継続しなければならないが、結婚生活に入る時点で互いがそれぞれの希望や信念について話し合ったかどうかである。恋愛は互い価値観について意見を交換する絶好の機会である。お見合い結婚の場合でも、自分たちの理想や価値観について話さないこともない。恋愛、見合いに関わらず、話す者は話し話さぬ者は ...すべて表示すべて表示

独身を貫く覚悟

2019/8/23(金) 午前 8:31

善悪はさておき、時代には時代に即した人間関係がある。女性が男を誘うのを逆ナンというが、アンケート調査によると、「逆ナンしたことあるか?」の問いに対し、「ある」の解答は10%以下。逆ナンについての男のホンネは、「積極的でいい」と歓迎するものと、「軽い感じがしてイヤ」が半々で、「自分から声をかけられないからうれしい」と大歓迎派も少なくない。 出 ...すべて表示すべて表示

独身を貫く覚悟

2019/8/22(木) 午前 7:41

結婚相手で失敗した人は多い。失敗でなかった人も多い。独身を選択して50歳になり、失敗かなと思う人もいるのだろう。なぜに50歳かといえば、未婚率(生涯未婚率)は、50歳の時点で一度も結婚したこと無い人の割合とされているからだ。人の前に二つの道があったとするなら、どちらか選んで進まねばならない。どちらを選んだところ ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事