死ぬまで生きよう!

秋の夜長は、長文ブログでも読んで・・・

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1
 
 
「親が子どもを取り巻く環境で、保護者と支配者ではまったく違いますからね」
 
ある場所で当たり前にいった時、「それはどう違うんでしょう?」と、1人の親から質問を受けた。話というのは相手の理解がなく自分だけが分かっていても、とんと話にならない。幼児に童話を読んでみればいい、質問が沢山返ってくる子、そうでない子、もちろん質問の多い子は自分の中で物語を展開しているのだから、その展開中に分からないことを聞いてくる。つまり分かろうとの意欲が強いということだ。
 
子どもはお話を聞くだけではダメ。頭で空想し疑似体験するのがいい。話し手も話すだけではダメ。子どもと同じ世界に入っていくことだ。日本人の教育現場では師に対する礼儀作法が真にうるさい。特に聞く態度について色々いわれる。肘をつくな。ポケットに手を入れるな。姿勢を正しく。あくび、居眠りなどもっての他・・・。それらを執拗に注意される。いったい教師は教壇で授業しながら何を観察しているのか?
 
イメージ 2穿った見方をすれば、授業を聞く態度だけに関心があるように思える。穿った見方ではなく実際そうなのかも?お利口さんな子が無理して姿勢を正し、手悪さ一つせず、一心に教師の方を向いていると満足なのか。礼儀作法の授業じゃない、国語でも算数でも社会でも、何よりも聞く態度をうるさくいう教師は、いったい何を望んでいたのかと、今そんな疑問が批判に変わっている。聞く態度は何よりも優先されることなのか?これは儒教思想であり、道家の老荘が儒家である孔孟を批判した点でもある。「礼をうるさくいう人には会いに行くことさえ躊躇われる」という光景は、周囲に沢山あると思う。アメリカのハイスクールでの授業を見学し、カルチャーショックを受ける日本の教師は多いというが。
 
肘はつく、帽子は被り、机に足を上げ、これが授業を聞く態度かと。聞く態度が良いと教師は気持ちはいいが、聞く態度悪=聞いていない、とは違う。考えてみよ、教師は与える側だ。聞く態度を求めるってそれが教師の使命か?窮屈な姿勢に意識を捉われず、楽な姿勢で聞くのが頭に入るといわれている。リラックスの効用だ。机に足を上げる、床に伏せる、それがその子をリラックスさせ、吸収力を高めるなら・・・
 
そんなアメリカでも自由を制限され、抑圧される風土は多分にあった。「プレスリーって何だ?南部訛りのインチキ英語で、おまけに腰をクネクネ動かしながら、あいつは変態野郎さ!」と、こんどはそのエルビスを敬愛するジョン・レノンのビートルズを、「何だ奴らは?男のクセにあの長い不潔なヘアスタイルはビョーキじゃないのか?」と大人達は眉をしかめ酷評する。
 
イメージ 5ニューヨーク市マンハッタン七番街にあるカーネギー・ホールはクラシックの殿堂といわれた。ドボルザーク:交響曲第9番『新世界より』が世界に先駆けて初演されたのは1893年12月16日。カーネギー・ホールでビートルズがニューヨーク初公演を行ったのは1964年2月12日。演奏第1曲は「ロール・オーバー・ベートーベン」(ベートーベンをぶっ飛ばせ)というところが、いかにも権威主義に立ち向かう彼等らしい。
 
そうして遂に音楽界における良識の代表エド・サリバンに認められ、彼のショーにエルビスもビートルズも迎えられた。棺桶に片足突っ込んだような頭が廃人の大人が、若者の芽を摘まないでおこうとの考えがアメリカに定着し始めた。ボブ・ディランも「時代は変わる」とのメッセージを歌にし、大人は若者の邪魔をするなと訴えた。
 
 
  「時代は変わる」(一部引用) 
 
  いいか、国中のお父さんお母さんたちよ
  自分に理解できないことを批判するな
  あんたらの息子や娘たちはもう
  あんたらの言うとおりには、ならないんだ
  あんたらの来た道はどんどん古びている
  もし、若い奴らに手を貸せないのなら
  せめて奴らのジャマはするな
  時代はいま変わっているから

  引かれた線 投げかけられた悪態
  今は遅い者も後に速くなる
  今は現在でも後に過去になる
  年老いたものは急速に消えていく
  今は一番の奴はいずれはビリになる
  時代が変わっていく間に
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 8この曲にどれだけの若者が啓示を受けたことか。初めてこの歌詞を読んだとき、身震いしたのを覚えている。「時代は変わる」に勇気ずけられ、既成の概念を打ち破るビートルズにも多大な影響を受けた。男子の髪型は石原慎太郎の小説『太陽の季節』を、弟裕次郎が映画で主演して以来、「慎太郎刈り」というショートヘアが青年男子の定番であった。そこにビートルズのあのヘア(マッシュルーム・カット)だ。多くの意固地男が、「オレは絶対に長髪にはしないぞ!」と頑張ったのも束の間、結局男は女にもてたいのだろう。調理師のような頭は「刑務所帰り?」と揶揄され皮肉られたという。
 
時代を変えるのはいつの世も若者、年老いた大人たちは結局は若者のパワーに押されて行く。若さとは何事にも物怖じしないエネルギーをいうのだと、それを自負する人間には「草食系男子」というのはヘタレでしかない。「保護者と支配者はどう違うんです?」の質問に戻る。言葉どおりに解すれば、保護は善意のもとにあり、支配は善意・悪意を選別しない。善意は悪意を排すことなら、支配に悪意が充満しても善意のなさを問題にしない。
 
しかし保護が決して良い訳でない。「保護」という善行のもと、「できない子」として育てられた子は傷つきながら育っていく。 保護とは「できない子」に対する言葉であり、1人で幼稚園にいけないから保護して連れて行くように、そういう親の強い「保護者」意識が子どもの自立を阻害する。特にいい子といわれる子どもは、親から愛されるために自分が「できない」存在でいるべきと、親の保護に同化をみせる。
 
イメージ 7したがって、無力な子どもを守るという親の母性愛は、そのままの形で維持されることで、 子どもを「できない」存在へと育ててしまう危険性を孕む。保護<過保護のバランス、注意点を考えながら親も対処しなければならないし、妄信的な母性愛がいかに子どもにとって害悪であるかがわかる。気づいた時は、ほとんど手遅れという状況が多い。「支配」の問題点については度々取り上げ言及しているので省く。子どもが母親の自己愛の犠牲になる悲劇は、支配、過保護、いずれにも内在する。自己を犠牲にする事でしか親に認めてもらえない葛藤は、自分の少年時代にあったのでよく分かる。親に利用されているとさえ感じたくらいだ。それが飽和状態に達すると、自分の成績を近所にいい降らしたり、賞を自慢したりする事がうざったくなる。自分の賞罰に一喜一憂する母親がバカみたいに思えてくる。
 
女親にはそういうところがある。自己イメージの高さから子どものブランド=自分のブランドとしてはしゃぐ姿は、今日的にも滑稽なり。子どもの事を喜ぶのはいいが、それ以上に親が舞い上がっている。自慢話が好きな奴の親は間違いなくそういう親である。親が子どもに癒着することで、子が親の犠牲になっている事に気づいてない。早期発見、早期治癒を施さないと、子どもはその世界から抜け出せなくなる。
 
さらに最も卑劣なのが心理的拘束だろう。子どもが居間のドアをバタンと閉める。玄関の靴を揃えず投げ飛ばして家に上がる。食事中にべちゃくちゃしゃべって一向に進まない。そういう子どもの仕草にむかつきカリカリ来る父親。投げ捨てたようにいう。「ドアはゆっくり閉めろ!」、「靴はちゃんと揃えろ!」、「べちゃくちゃいわずにさっさと食えよ!」この怒り任せの言い方が教育か?
 
親の不機嫌な顔を眺めながら、怒りを発する声に怯えながら、子どもは親の不快感の原因は自分にあるとの罪悪感を抱く。教育書は、親の顔色を伺うような子はのびのび育っていないとの指摘があるが、親から多くの心理的拘束を受けて育った子だ。そういう「負」の感情に染まらぬ子は、「うちのバカオヤジは勝手に怒ってるんだよね」、「テレビみてると、『いつまで観てるんだー!』っていきなり消すしね」
 
そういう批判できる子の方がずっとずっとまともだ。親の不快や機嫌の悪さに対する罪悪感など、子どもは持つべきでない。と、子どもも思った方がいいよ。学校の成績の事で親にいわれても、気にせず、「うち親の子だから多分似たんじゃない?」といってやれ。そういう子の方が社会でうまく折り合いつけて生きられる。学校の成績が良くて、だから社会の対人関係や、顧客に対する誠実さとは何ら関連しない。
 
イメージ 6
 
結局、批判精神を封じられた子は、悪魔に育てられても感謝をするだろう。目先に盲従し、将来的にどういう子どもになって欲しいとの長期的展望がない親は、いつもイライラ、ガツガツしている。まるで檻の中の虎のように、右に行ったり左に行ったり、精細がない。子どもに自分の感情を押し付け、それで幸せに感じるように子どもの行動を制限、命令する。こういう奴は店主や上司として社会にも存在する。
 
そういう人間を見て、「こいつらキャパのない小者だよな」と腹で笑ってる方が悩まなくていいのよ。そういうものは子どもの頃から親、教師といえどもバカをバカと正確に判断する事で身につくと思う。自分などは物事を自身の思考で考えるし、因習や周囲の多数や、そんなものにはかまけずに自分の真の考えを模索する。ともすれば、「あなたって変わってますね」と真っ当な母親らしき人にはいわれる事もある。
 
「そうですか?当たり前の事を当たり前にいってると思うんですが?」
 
「いえいえ、あなたの考えは極端と思いますよ」
 
「当たり前の事を極端といわれるなら、あなたのいう当たり前の事ってなんです?」
 
「それは世間や時代の流れに沿っていくことだと思いますけど・・・」
 
「なるほど・・・。他人の考えに沿うのもいいでしょう。が、当たり前の事を変わってるというのは、あなたの方が変わってるんでしょうね?」
 
「世間の多数は正しいと思います」
 
「いいです、世間に沿うのは。ただし自分で考えず妄信するのは、変わっているを超えて、ボクからみればバカですね。考える力もない訳だから。違いますか?」
 
「失礼ね〜、あなたって言葉悪いですよ」
 
「変わってるって言葉は悪くないんですか?世間は正しいというあなたをボクは変わってるとは思いませんが、バカだと思いました。いいじゃないですか、あなたはボクを変わってると思い、ボクはあなたをバカだと思う。それぞれの見方なんだし。」
 
イメージ 4人に自分の考えをいう奴は、相手の考えを戴く覚悟があるのか?「変わっている」と「バカ」の差がどれだけかは知らぬが、相手がハッキリいわねば、自分もいう必要性はない。なぜなら、相手の事は口に出さずとも腹で思っていればいいわけだし、いつもそういうスタンスでいる。相手が遠慮しないならこちらも遠慮しないのが礼儀だろう。自分の考えと違うと変わってるというのは稚拙な思考で、相手の発言のどこがどう変わっているとの指摘がないのは、単なる人格攻撃と察知されても仕方あるまい。論には論を、嫌味には嫌味を、というのが条理というもの。他人を人格攻撃しても、自分の論の正当性が認められる事はない。論で攻撃できない人は嫌味に頼るのだろうが、であるなら嫌味の返礼も覚悟すべしと。
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

過保護=支配
支配は秩序を守る保護手段の一部にして、最も容易なもの

2011/6/21(火) 午前 0:44 [ IB ]

顔アイコン

過保護⇒子どもを支配者として仰ぐ親⇒新秩序体系

2011/6/21(火) 午前 8:50 [ hanshirou ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事