カレーですよ。

雑誌連載中:ぶんか社「エキサイティングマックス!」連載「それでもカレーは食べ物である」第74回は小岩「サンサール」です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

去年1年、カレー屋さんをたくさん巡りました。
いろいろ見て、いろいろ食べて、考えて。やっぱりいつでも気になる店がありました。この店、実は未来型のインドカレーのメニューをずっと作り続けているのではないかと思っているお店なのです。



カレーですよ。



新宿を中心に多店舗展開をしているカレー店があります。もう21店舗!!
代表とは仲良くさせていただいており長くたくさんお世話になっています。だから、と言うわけではまったくないのですが、この店のメニューはいつでも面白いなぁと思っています。

イメージ 1

その店の名前は、


「ターリー屋」


ご存知の方も多いお店だと思います。
ターリーというのはインド北部の地域で定食のことを指します。そう、ターリー屋はインド定食屋なんですね。
ターリー屋のコンセプトを代表の吉川さんに聞いたことがありました。

イメージ 2

「牛丼屋、ラーメン屋が隣同士で営業していて、そこにターリー屋も隣り合わせでお店がある。お客さんは、今日はなにを食べようか、と考えるわけですが、そういう日常の選択肢としてインド料理があってもいいじゃないか、そう思うんです。」そういうコンセプトの中で、定食屋としてのインド料理店、敷居の低い、あまりインドインドしていない、普通のランチやディナーの選択肢としての大衆店を目指すというお話でした。
大いに頷き、実にいいやり方だなあ、と感心した記憶があります。

順調にお店の数も増えており、今回、2017年の12月25日に西新宿に、新店、


「ターリー屋 新宿フロントタワー店」


が目出度くオープンしたとのこと。
早速出かけて行きました。

イメージ 3

実は吉川社長がボクのインドで撮影してきた写真を新宿フロントタワー店にフィーチャーしてくださっているということを聞いていました。

ターリー屋のカレッタ汐留店、霞ヶ関店、初台店にはボクのインドで撮影した写真を店内インテリアとして採用してくださっています。今回も同じく使っていただけた。大変に光栄です。

イメージ 4

イメージ 5

お店について驚きました。素晴らしい扱いなのですよ。

すごくカッコよく、大きく美しく使ってくださっている。大きい!大きいです。店のありとあらゆるところに配置していただいているし。

うーん、写真家の方以外で自分の撮った写真がこんなに大きく使われることってあまりないよね。すごいねえ。自分の写真なのに知らない誰かのカッコいい写真に見えます。

イメージ 6

イメージ 7


すごいです。これはマイッタ驚いた。本当に感激しました。本当に是非みなさん、見に行ってみてください。すごいので。

おっとっと、驚いてないで注文しなくちゃ。
よし、あれだ、


「サラダライス・キーマセット」


で行こう。

イメージ 8

ターリー屋に来るとついついメニューを見ないで頼むお気に入りがこれです。

ごはんの上にびっしりと敷き詰められたサラダにはシュレッドチーズとインドの豆粉の煎餅、パパドが砕いて散らされています。その上に目玉焼き。
別のソースポットでキーマカレーが添えられるというもの。
これをガッと混ぜて食べるんですが、いいんだよねえ、うまいんだよ。

イメージ 9

最近来てなくてメニューを見たらこの野菜の部分をパクチーに置き換えたパクチーライスキーマ定食っていうメニューが出来てた!期間限定だそうです。こっちも魅力的。
カレーはインドカレーのスタイルですよ。
これがね、なかなかいいんだよ。

野菜をたっぷり取れることもうれしいし、インドレストランではまずこういうスタイルでは出てこないであろうことも面白いなあ、と思います。
インドでは定食屋さんや昔ながらのレストランだとあまり生野菜、葉物のサラダは出てこないのですよ。チーズを混ぜ込むのも然り。目玉焼き然り。

でもインドの人たちが知らないだけで、ボクたちにとってはこのやり方は本当に美味しいんです。

イメージ 10

ああ、インド人の皆さんに知らせたい。インド人が営むインド料理も好きなんだけど、そうではなく、ターリー屋のこれがいい時がままあるのです。

そしてそんなこんなでエンジンかかっちゃってもうひと皿頼んじゃうことに。


「ゴルゴンゾーラチーズナン
       &
   プレミアムバターチキンセット」


です。

こちらもぶっ飛んだ驚きのメニュー展開。
ターリー屋スタイル。吉川節全開なわけです。

イメージ 11

ゴルゴンゾーラチーズでチーズナンときたねえ。面白いねえ。しかもさすがのもてなし、ハチミツ付き。うんうん、はちみつ大事。ゴルゴンゾーラチーズにハチミツなんて最強の組み合わせな訳です。それをあのターリー屋のふかふかで美味しいナーンに乗せるなんてのは美味しくならないわけがない。

イメージ 12

イメージ 13

実際、プレミアムバターチキンはなんだかスプーンでカレーだけをすくっては食べてまして、ゴルゴンゾーラチーズナンはハチミツだけつけてどんどん進んでしまうという有様。いやこれすさまじくうまい。この組み合わせはズルい。

さらりとイタリア由来のチーズをインド料理に合わせてくるのがターリー屋なんです。
そのセンスに目からウロコが落ちるよねえ。

イメージ 14

メニューを見てたらバジルナン&バターチキンセット、なんていうのもあってこちらはバジルにパルメジャーノやガーリックを使ったペーストをナーンに乗せて焼いてあるというもの。あららインディアイタリアンというわけだね。いやはや。

席に案内してくださり、注文をとってくださった店長の安達さんは大変に丁寧、真面目な方で、そういう部分でも通いたくなる魅力があるお店でもあります。チェーン店、姉妹店などあるお店でもそういうのは大事だもんね。

ボクは、お店は人で選びます。

イメージ 15

モリモリと幸せな気分で食事をしていると、なんと御大、吉川社長が来てくださいました!年末だしいつも以上にお忙しいでしょうに、ボクに付き合ってくださってたくさんのお話を聞かせてくださいました。吉川さんとはおしゃべりを始めるとお互いに止まらなくなるんです。本当に楽しい。いつも色々と大事なものをいただくことが多いおしゃべりです。

そんな中、オープン当日ということもあって15時を大きく回ったくらいで業者さんが入って何かしてらっしゃる様子。ちらりとそちらに目をやると、すかさず吉川社長が「そうだ、はぴいさんご紹介しますよ」と。業者さんなんて言葉でかたずけちゃバチがあたるお二人でした。なんと神田川石材商工の代表と専務でいらっしゃった。びっくりした!!

イメージ 16

「神田川石材商工」は創業年1920年。千代田区東神田で「石辰」の屋号にてドイツ式パン焼き石窯の製造が会社の始まりだったそうです。神田川を使っての材料や製品の運搬などから1962年に「有限会社神田川石材商工」の現商号になったそうです。タンドールは1968年から製造販売を開始しています。2012年の累計で約3500台のタンドール製造、施工販売に至っており、その数を見れば一目瞭然、インド等海外から入ったものを除けば比例するもののない国内産タンドールのトップブランドで、ものを知っているインド人オーナーやコックは本国製のものよりもその性能、燃費性、耐久性から神田川のタンドールを選ぶ、というのは色々な場所で耳に聞こえて来ます。

イメージ 17

このご縁で驚いたのがわずかひと月前。11月の終わりにFacebookでご縁ができた原さん。友達申請してくださった方は2017年に大阪に開業された「株式会社神田川石材WEST」の代表でした。

なんというか、こういう流れとご縁というのは何もないとは考えづらい不思議なもので、来年は神田にも、兵庫伊丹にも行かねばと強く思いましたよ。

イメージ 18

不思議なご縁で何本もの線で結ばれた「ターリー屋 新宿フロントタワー店」での出来事。とても大切に思っています。大変に良い年末になりました。

みなさんもぜひ、おいしくモダンなターリー屋スタイルのカレーを食べるついでにボクの写真を大きく使ってくださった店内をたくさん見に行って欲しいと思っています。
休み時間なしでやってらっしゃるのでランチを食べ逃した時や、小腹が減った時なんかも便利で助かります。

是非みなさんも。


・ターリー屋 新宿フロントタワー店
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー2F
営業時間 11:00 ~ 23:0022:30 L.O.
年中無休(年末年始除く)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                    (@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。市場にあるのみです。お早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事