カレーですよ。

雑誌連載中:ぶんか社「エキサイティングマックス!」連載「それでもカレーは食べ物である」第86回は巣鴨「プルジャダイニング」です

スポットライト

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

さてと。
クルマを浜松に向けました。静岡での良い体験の後、浜松、佐鳴湖湖畔で楽しいひと時を過ごして。おっとっと、そんなことやってたら時間がなくなってきたよ。大変だ大変だ。



カレーですよ。



佐鳴湖を離れて、静大浜松キャンパス方面へ。静大浜松キャンパスの目の前、浜松信用金庫の交差点角にある、小さな小さなカレーのお弁当とアチャールのお店にやってきました。

イメージ 8

やっとくることができたなあ。友人のエリさんがやっているお店です。


「テイクアウト専門スパイスカレー 
           アンミッカル」


思いのこもる、小さなお店です。嬉しいなあ、やっと訪問ができたなあ。

で、たどり着いたと思ったら「ソールドアウト」の看板。うむむむ、、、
突然の訪問であった上、遅い時間にたどり着いたのでソールドアウトだよ。

イメージ 11

まあそうだよなあ、と予想もしてたんです。とにかくえりさんのお店を見て挨拶ができればいいよなって思ってたんですが。

扉から顔を出して中をのぞいたら、えりさんが目を剥いてました。
そりゃあ驚くよね、急にきちゃったもんね。

イメージ 10

それで、ボクが来たことをとても喜んでくれて、お弁当は売り切れだったんですが(ごはんが切れちゃってたみたい)上手にごはんなど都合をつけてくれて、無理して1食分ひねり出してくれました。うひゃあ、すんません!大変にありがたいです!!

この日のカレーは


「ゆで卵とチキンのカレー」


これがもう非常に非常においしかったのですよ。

イメージ 2

一口含むとおやっ?と思うほど鶏出汁がふわり、じわり効いていて、とても滋味深い。くったりとろりとなった玉ねぎみじんの食感が甘く口ざわりいいです。ゆで卵も良く合っています。

ああ〜これ美味しいなあ。

イメージ 3

付け合わせは大根葉と三河産小海老のスパイス炒め。
これはちょっとスリランカ的なニュアンスも感じます。エビの美味しいエキスにハッとさせられました。

日本人はどうしても海の物のダシに反応してしまうよねえ。
いいねえ、これ。

イメージ 4

ピックルはえりさんの専門分野。

これもまた地元産。スルガエレガントという甘夏の系統の柑橘をインドのピックルの手法で調理してあるもの。とてもいい香りとちょうど良い塩、油の加減で大変な美味しさです。ああ〜これいい。これは瓶で買って帰ろう。爽やかでおいしくて、例えるなら梅干し的ポジションとして白メシとピックルだけでやっつけてもかなりごはんが進むんじゃないかと想像できますよ。

イメージ 5

そして当然それぞれを自分の好みでうまいこと混ぜてやって食べるわけです。これがこういうタイプのカレーの幸せへの最短距離なのですよ。いやいや堪能。大変おいしくて、感激しました。

アンミッカルの料理、調理としてはインドのスタイルでの調理だと思われますが、厳密にインド料理に振っていなくて、そこが美点です。大事なんです。こういうバランスの調整が本物のセンスだと思うんですよね。

イメージ 6

彼女は腕ある調理人でインド料理だって良いもの、美味しいものをさっさと作れる腕前があると他の友人たちから聞いていましたが、そちらには持って行かず、ちゃんとみんなが好きな、営業でちゃんと売れていく美味しいカレーにバランスさせているわけです。

そういうセンスをちゃんと持ち合わせており、こここそが大事な部分です。

イメージ 1

いいお店は長く続いてくれるのが顧客全員のいちばんの願いでしょう?それを体現するにはお店としてのベスト、つまり自分の趣味を反映しつつもきちんとなるべく多くの人が美味しいと思う場所に着地させることが重要。そういうものが長く売れ続けて、結果としてお店も潤い、潤うからこそ長く営業が続く。とても自然なサイクルだと思います。こうでなくちゃいけません。アンミッカル、いいお店だなあ。

えりさんいいねえ。これだねえ、これだよ。うんうん。

イメージ 7

この日は浜松の「ビストロ ヒルマン/BISTRO HILLMAN’S」(絶対行きたいのだ)の佐藤オーナーシェフがいらっしゃっていて、途中からエリさんそっちのけで(うひひ、すみません)男の趣味話しなんかがはずんだり、食や生活についてすごく同じくする根っこを持っていらっしゃることなどがわかって胸踊りました。

エリさんもそう、佐藤さんもそうなのですが、日本のいろいろな場所に心ある人がいて、「何か一緒にやろうよ」と言ってくださる人ばかりで、胸がいっぱいになることがたくさんあります。

イメージ 9

縁というのは自分で迎えにいくものなのだと、また重ねて思い知るんです。
遠くへ行くとそういうのを思い知ります。そういう毎日なのです。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ #カレー #カリー #インド料理 #スパイス #南インド #アジアエスニック #spice #浜松グルメ #カレーブロガー #カレーマニア #curryheads #curry #curryrice #Indiancurry


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はデジタルガジェットやYouTubeレビュワーなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

久しぶりに衝撃を受けたお店を静岡に見つけました。お弁当専門店。
もう一度書くとスリランカのお弁当の専門店です。



カレーですよ。



昨日の深夜、新宿のパトワールでC弁当を買って中央道石川PAでガツガツ食らって。ブラブラと相模湖通り越して山中湖畔。すでに中央道談合坂で寝床の用意をしてあったのでさっさと就寝。ああ、なんて快適。
そして朝。よし、静岡へ足を延ばそうか。

イメージ 9

そうやってやってきた静岡駅界隈。朝ごはん行っとこう、と静岡駅の裏手にあるおにぎりのお店「まるしまののおにぎり」によりました。お腹いっぱい。なんとなく静岡市内をぶらぶらしてるうちにお昼くらいになりました。うん、でもまだお腹すかないなあ。

それでね、そうなんだけど、まだお腹空いてないんだけど、駿府城からもそれほど離れていない通りにある、小さくてびっくりするしゃれたお弁当のお店をね、見つけたんですよね。

まだ新しいお店で、なんとスリランカのカレーオンリーのお弁当専門店。うむむ、これはすごいぞ。静岡でスリランカカレー弁当専門店。これはかなり尖ったコンセプト。興味深いです。そんなの絶対に行かないと、食べないと。絶対素通りはダメです。

イメージ 7

たどり着けば、本当にびっくりするほど小さなお店。本当にお弁当だけを作って売っているという余計なものは一切ない潔さ。なのに、とても素敵で洒落て見える。きちんと美学を持ってらっしゃる感があって、実際洒落ているんですよ。ちょっと圧倒されます。
日本人のきれいな女性とスリランカ人のお母さんが二人三脚でやってらっしゃる様子。

小さな小さなお店ですからインテリアもエクステリアもあったもんじゃないと思うでしょ?いえいえ、そのセンスに驚きます。

イメージ 8

ちょっと古そうな建物なんですが、1階部分をグレーホワイトにきれいに塗って、あとは扉を1枚つけただけ。それだけなんですが、その扉が素晴らしくて、扉なんだけど店の顔そのものなんですよね。きれいな木でできた扉にとても小さな窓兼テーブルをしつらえてあって、そこから販売。扉には店頭イメージと換気扇と販売窓という機能も付加されており、ミニマムなのにキリッとした表情を見せに与えています。その扉の上に同じく小さな黒いひさしテントと右壁にポストと掲示板。

まったくもって素晴らしいセンスとしか言いようがないんです。本当に削ぎ落とすものを全てそぎ落として、でもまったくこだわりは捨てていない。こんなお店は日本中探してもないはずです。まったくもってセンスがいい。きっと真似する人がいっぱい出てくるんじゃないだろうか。

イメージ 6

いえね、ボクもこのスタイルでイートインなしの何かをやってみたいくらいです。本当に惚れ惚れしました。

たまたまお客さんが途切れたタイミングで、腕組みしてメニューとにらめっこ、どれにしようか迷うっていたら、哀れに思ったのか(笑)「迷っていらっしゃるなら味見してみますか?」と優しい言葉とともにスプーンを渡してくださったんです。
でもね、これでますます困ることになるわけです。なぜかというと、どれも全部美味しいから。
ツナ、チキン、ダル、本当にどれも甲乙つけがたい。うーん、困った。チキンのシャープな香りと味に強く心惹かれましたが、鰹出汁が香るダルにはもうね、全然抵抗できなかった。

スリランカカレーのお弁当、ダルを選びました。

イメージ 5

さてと。

丁寧に近隣のお弁当を食べられるスペースをお教えいただき(手書きしてコピーされたマップの用意まであった!なんとまあ、、)が、しかし、時間の都合とお腹の都合もあって、静岡を出ることにしました。浜松まで1時間のお預けです。

そして浜松、佐鳴湖湖畔。
思いつきでピクニックとしゃれこむことにしました。我ながらなかなかいいぞ。

イメージ 10

袋から出した時点で「!」となります。なんでか。

ろくすっぽ見もしないでクルマのリアシートに乗せたお弁当。ほら、この出で立ち。予想を軽々と超えてくるステキプレゼンテーションだったのですよ。

まず、カレーに見えないでしょ、これは。

イメージ 4

袋から出てきたのはケーキボックス。ケーキボックスに入ってやってくるカレーのお弁当。しかもスリランカカレーだよ。なんということだろう。こんなことを考えつくセンスがすごいです。

箱の中、敷き紙のブラウンの上に3つの容器。

それぞれダルがたっぷりのパック、華やかなごはん、ニンジンのラペ。色彩感覚というものがあるよねえ。

イメージ 14

イメージ 1

そしてこのかわいいプレゼンテーションから想像つかないほどきちんとスリランカごはんになっており、しかもその中に洗練さえあるきちんと現代のスリランカのお母さんごはんなのですよ。ちょっと言葉もない、というもの。いや、決して褒めすぎじゃないよ。

ダル。

イメージ 2

モルディブフィッシュが香る、これはパリップではなくてダールかしら。しかし、やっぱりパリップかな。
豆は甘く、溶けてざらりと舌ざわりいいもの。鰹節は旨味深く香りよく、カラピンチャがこちらも芳香を放つうれしさ。ココナッツミルクの風味とあいまって、まさにこれは南の島のカレーライスといった風情です。

ああもうこれ大変美味。

ごはん。

イメージ 3

このごはんのパッケージングに心底シビれました。すごいものです。

これだけ、この小さな器の中だけでスリランカの風を吹かせていると言ってもいい、ものすごいプレゼンテーションパワーです。きれいな黄色いごはんにパパダン、ポルサンボルとパプリカパウダーで世界観を作り上げてあります。パパダンの下にはフライドオニオンが隠れていていいアクセントとして役に立つというね、とにかく抜かりがない、隙がないのですよ。

イメージ 11

キャロットラペ、だよねこれは。

が、これも油断できないもの。爽やかに酸っぱく、スリランカを思い起こさせる風味に仕上げてあります。ただにんじんラペじゃない。侮りがたい。素晴らしい。

どれも食べるときちんとしたスリランカ料理の味。冒頭にも書いたんですが、なのにちゃんと洗練があるんです。スリランカのお母さんと日本人のセンスのいい女性のいい部分をどちらも拾い上げたからの完成ということなのだと思います。

イメージ 12

混ぜれば混ぜるほど、6年前のマウントラビニヤでのひと月を思い出すような、そういう味でした。

美しい南の島のカレーライスがケーキボックスに入って提供される。これはなんというか、いろいろなセンスとバランスで成り立っていて、たくさんの意図も想いも見えてきて、圧倒されます。

これは、こういう味とパッケージングのものこそスリランカの料理を知らない人に買って食べてもらいたいものだと感じました。スリランカの料理が美しくて美味しいのだよ、日本の僕らにも口に似合うのだよ、という入り口になればいいのではないかな。そういう切り口なのではないかしら。そういうものが意図として織り込まれているんだと思います。

イメージ 13

こういうお店から、いろいろな味や見識が美しく広がっていくというのはとても価値があって、そのやっている行為にうっとりしてしまいます。これもまた、日本の食文化、カレーの歴史にそっと残るであろうシーンだと感じます。

そういう取り組みを目の当たりにできたことは、強く気持ちに残ります。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ #カレー #カリー #スリランカ料理 #スパイス #南アジア #アジアエスニック #カレーライス #spice #静岡グルメ #カレーブロガー #カレーマニア #curryheads #srilankacurry #curry #curryrice #セイロン #riceandcurry


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はデジタルガジェットやYouTubeレビュワーなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

明けまして御目出度うございます。


本年もどうぞよろしく願いいたします。


イメージ 1

思えば去年、いや、去年という話ではなくここ数年、大変ありがたく楽しい日々を送らせていただいています。

今年もテレビ、ラジオ、雑誌等様々なメディアにお声をかけていただいての出演や執筆がありました。何だか感覚が麻痺してしまった感がありますが、やはりすごいことなのだと思います。

一昨年年末から去年年始にかけての広島、RCCテレビのバラエティ番組「カンムリ」にて連続3回、元祖デブタレの「内山信二」さん、グラビアアイドルのあすぽん「岸明日香」さんとRCCテレビの名物アナウンサー「横山雄二」さん4人で東京のカレー店を巡りました。
BSスカパーの人気番組、商品徹底比較バラエティ「モノクラ〜ベ」にもお邪魔しました。堀潤さんとお会いできたのは嬉しかったな。J-Waveでいつも番組聴いているので。
BSフジで「極皿〜食の因数分解」。深掘りがすごい食のエンターテイメント番組で、「チキンカレー」がテーマ。前、中、後編と3回にも分けての放送という大長編のコーディネイトや出演をさせていただきました。過酷な長時間ロケにおつきあいいただけたお店や大看板のお店が胸を貸してくださったりとありがたいばかりでした。

紙の雑誌も。

ぴあMOOK「東京食本 vol.3」ではカレー特集の監修とコラムを書かせていただいたり。この仕事は嬉しかったよなあ。発売された後でとあるお店が「これに載ることが決まったから閉店を見合わせて頑張ることにした」という話が人づてに聞こえたり、色々な嬉しい反響がありました。

小学館「週刊ポスト6月1日号」。巻頭カラー特集「東京・大阪注目店15を厳選!極旨絶品カレー」の監修もやらせていただきました。お店選びや補助資料、それにインタビューもいただいて。大変光栄です。その後NEWSポストセブンにも2回ほど転載記事が出て皆さんのお手元にネットにて配信されました。

そのあと別のご縁から「NEWSポストセブン」(小学館)でのコメント掲載も。仲良くしていただいているホテル評論家の瀧澤信秋さんからホテルブランドのレトルトカレーについて少し質問をいただきました。そのあと瀧澤さん執筆の「NEWSポストセブン」の記事内にボクのコメントを入れてくださいました。大変光栄です。「ホテルのレトルトカレー人気 アパ社長カレーや温泉宿名物も」という記事です。瀧澤さんとも、週刊ポストさん、NEWSポストセブンさんとも楽しいお仕事のご縁が繋がりました。

どうやら去年は小学館さんとのご縁が強かったようで「DIME」でのお仕事は印象的でした。ホイチョイ・プロダクションズさんの連載、「客がホイホイやってくる飲食店づくりの秘訣100カ条 東京外食大全 」にて今年のカレートレンド的なお話や情報などを差し上げました。記事に名前は出ておりませんし情報提供のみですが、馬場康夫さんがインタビューという形で直接聞き取りにいらっしゃってくれました。ご存知映画「私をスキーに連れてって」の馬場監督(でもありホイチョイ・プロダクションズ代表取締役の馬場康夫さんです)がいらっしゃったんですよ。晴天の霹靂とはこのことです。

そんなご縁が繋がった「ホイチョイ・プロダクションズ」さんが制作をしている東京FMの「ピートのふしぎなガレージ」に出演、おしゃべりをすることもできました。いつもクルマで聴いていたので大変に嬉しかったです。

インターネットでは、動画メディア、バウンシー/bouncyにも。「未来のライフスタイル」が見える最先端の情報を配信する新時代の動画メディアです。自分のことを短く語っています。インタビューから製作まで、手がけてくれたのは友人の弓月ひろみさん。人物をピックアップするシリーズ。ボクが第一回目、シリーズで続くのだそうです。楽しみなシリーズです。
「CATAPULT(カタパルト)」というサービスの「カタパルト公認ガイド」の初代を引き受けることとなりました。いわゆるレビュワーサイトです。PRといえばその通りではありますが、実際の使用シーンで面白く体験してそれを書く、というのは知らぬ間にその製品やサービスのファンになってしまうことも多いわけで、いいところもそうじゃないところも見つけ出してみなさんに伝えそのフィードバックで製品も育っていくようなサービスになる予感がしています。

それと大事な連載。雑誌「エキサイティングマックス!」(ぶんか社)で続けている連載はもう次号で82回。春になると丸7年の連載になります。多分、カレー店の紹介だけの連載でこんなに長期で続いているものはボクのこの連載以外ないと思っています。
フリーペーパー「ココカラ 」の連載ももう次号で24回。隔月刊なので4年も連載を続けさせていただいていることになります。
インターネットのお取り寄せサイト「ippin」の連載も4年。よくまあ遅筆のボクをなだめてすかして続けさせてくださっている。そのご担当様の努力の上にあれは成り立っているのです。

どれも大切に思っているお仕事です。

「食べあるキング」の活動も大きなものがあります。大井競馬場のスクリーンに自分の顔が映るとか、その帰り道のモノレールの吊り広告にも!とかありえないですよね、普通だったら。

他にも色々な場所で色々なお仕事をいただいては取材して、書いてを続けています。


で、今年はどうしたいのか。


・今年は誰とカレー食べたいか。
腕あるカレー店店主と食べるカレーは本当に面白いです。カレーマニアではなく、カレー店店主。色々なものが浮かび上がってきます。具体的には去年、エリックサウスマサラダイナーにサンラサーのオーナーシェフと食事に行った時の面白さが忘れ難いのです。プロの目線から見る、東京一尖った店。いや、東京一尖っていることがプロの目で語られて初めて浮かび上がる、という体験。得難いものです。

・今年は誰と飲みたいか。
小野員裕さん、やまけんさんと飲みに行くのは実現できて嬉しかったです。今年も心ある信頼できるいい男たちと飲みに行きたい。それと、この人とこの人を繋げたい、という場所も作っていければな、と。

・今年はどこに行きたいか。
九州個人取材がスケジュールでかなわなかった去年。今年はきちんとなさねばいけません。阪神地区、中国地方と四国、東北も詳しく回って日本を網羅したいです。どこも半月ほど時間をかけてみたい。インドもいいけれど、まず日本をもっと知らねばね。

・今年は何を手に入れたいか。

おかねはないけどなんだかんだで必要なものは全て手に入れられています。なので、ものではなくて体験や、長くつながる仕事などを手に入れていかねばなりません。会社作る話は相変わらず色々な方からお声かけていただきますが、未熟だなあ、まだボクは。


・今年はどういう自分になりたいか。
色々とスッキリさせたいですね。よりスッキリ、色々スッキリさせてその上で行きたいところに猛ダッシュをかけたい。


色々書きましたが、今年も何卒よろしくお願いいたします。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                 (@を小文字に書き換え願います)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1

年に1〜2回、おやすみをもらいます。

本日、お休みいただきます

今日は台風一過で蒸し暑いですね。天気が良くて気持ちがいい。

またあした〜



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。古書のみですが、よろしければ是非。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

年に1〜2回、おやすみをもらいます。

本日、お誕生日休暇をいただきます

イメージ 1

きのうは蒸し暑かったですね。今日は少し天気崩れてくるから数日まえより随分楽ですね。しかし急な梅雨明けだったよねえ。

こういう季節は涼しい場所で楽しましょうね。
銭湯に行ってさっぱりするのもいいよ。

またあした。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                    (@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事