カレーですよ。

雑誌連載中:ぶんか社「エキサイティングマックス!」連載「それでもカレーは食べ物である」第87回は南行徳「トロピカルパラダイ」です

スポットライト

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
アナンタラサイアムバンコク、快適この上ないホテルです。正直にいうとちょっとこれは街に出なくてもいいのではないか、とさえ思ってしまう。いや、そうしたい。実際そういう使4い方で自分だけの時間を作るという選択も大変に魅力的に感じます。

とはいえ今日は大切な日。まずは移動に備えて腹ごしらえ。朝食のブッフェに向かいます。



カレーですよ。



吹き抜けの中庭に設えられた席に案内してくれました。さて料理を取りに行こう。

とにかく多彩で全て質のいい料理が並ぶブッフェのサーブコーナー。和食もコンチネンタルスタイルも、中華点心やムスリムフードまでもカバーされていて目を見張ります。
特にサラダの充実は嬉しいものがあります。野菜、たくさん食べたいものね。
またこれ、さすがの南国。フレッシュジュースが大変な美味しさで、スリランカでもそうだったんですが改めて南国は果物、の認識を新たにします。テーブルにサーブしてくれたオレンジジュース。お代わりを注ぎに来てくれて、断る理由がなくて困ります。

美味しいのと吹き抜け、テラスなのだがやけに落ち着く雰囲気なので腰を上げ難いんですよ。が、しかし。三林社長をお待たせするわけにはいかぬ本日です。

明日の朝食を楽しみにしつつ席を立ちましょう。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はデジタルガジェットやYouTubeレビュワーなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は下記アドレスへお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。中古等のみですが、ぜひお手に取ってみてください。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
twitterはこちら            https://twitter.com/curry_desuyo
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。       http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ビッグCでのお安くも楽しい食事が終わって、いろいろあった用事も済ませホテルに戻ってきました。快適で幸せなアナンタラサイアムバンコクの部屋。なんという幸せ。

イメージ 7

クラシックな南国のホテルってのはどうもショーン・コネリー時代のダブルオーセブンシリーズを思い出しちゃってグッと来ちゃうんだよねえ。たまらんねえ。



カレーですよ。



しかしそんな幸せに浸っているわけにはいきません。
熱いシャワーを浴び、人の心を取り戻し、気力を振り絞ってネクタイを締めジャケットを羽織って1階へ。

今回のホストであるヤマモリ株式会社、取締役の三林さんが奥様と待っていてくれました。

イメージ 8


「はぴちゃん、どうしたのそれ、ネクタイなんてしちゃって」

と笑われます。もう少しカジュアルでもよかったのにと言う優しい言葉をかけてくださり、肩から力が抜けました。今晩の会食、どんなレストランになるか聞かられていなかったので、だったらどういう風にも対応できるようにしておかないとね。

(しかし三林さんに「はぴちゃん!」と声をかけてもらうとすんごいテンション上がるんだよなあ。なんだろうなあ、あれは。なんか訳も分からずに嬉しくなるんだよ。ある特定の分野の人の持つ「熱」みたいなんだと思う)

イメージ 9

皆さんと合流してクルマに乗り込みレストランを目指します。バンコクの大渋滞とスコールをじっと耐えての、プロンポンに到着。


「AT-TA-ROTE/アッタロット」


というこのお店。素晴らしいお店でした。タイの見たこともないような宮廷料理から派生した数々の料理を試すことができるレストランです。ここでの食事は素晴らしい体験でした。

実はこのレストラン、ヤマモリが運営する名古屋、納屋橋のボクが大事に思ってやまないタイ料理レストラン、サイアムガーデンとリンクするものを持っていたんですよ。

イメージ 10

サイアムガーデンの料理監修もしているタイ料理教育と研究の権威であり「世界の台所」政策を進めるタイ国を代表する料理研究家でもあるシーサモーン・コンパン博士から料理を学んだというオーナーが運営しているそうなのです。そういうリンクがあるレストランをチョイスしてくれる、現地コーディネートをしてくれたヤマモリトレーディング、奥出さんのセンスが光るチョイスです。さすが!

タイの人々にもに人気があるタイ料理レストランでもあるここ。タイ人自身が「見たことも、聞いたこともないメニューだよ」と口をそろえる宮廷料理をカジュアルアレンジ、モダンアレンジした料理を提供するレストランです。

イメージ 11

もちろん普通に日本人のタイ料理好きが知っているような定番メニューも用意されていますが、それらを頼んでいるようではこの店の真価は見えてこないでしょう。

値段帯も現実的で、メニューチョイスは初めてだと少し難しいものの、食に興味のある旅行者であればぜひ立ち寄ってもらいたい場所だな、と思います。「タイの伝統宮廷料理を若い世代に伝える」ことをミッションとして自分に課したオーナーの気概が見えるようなメニューやセンスなのです。

イメージ 1

初めに出てきたカノムチーンフアノック。花と鳥をモチーフにした小さなサイズの前菜。フライドガーリックとレタスが添えられて、それを一緒に食べるスタイル。お菓子と食事の中間くらいにあるあまじょっぱさが面白いんです。

イメージ 2

その味をフライドガーリックとチリで食事寄りに寄せる感じ、とでも言いましょうか。

初めにこういう可愛らしいものが出るとなんだか和んで気持ちをつかまれます。楽しい気分ですね。

イメージ 3

蓮子の葉と花びらを使った前菜など、いかにも宮廷料理的なビジュアル、構成で感激させられます。

イメージ 4

他の料理でも皿の縁に美しく飾られるカービングなど素晴らしいものがおおく、なるほどと納得できますね。

次に出てきた、店名にもなっいる素朴なフリッター。
実は南インドでよく用いられるドラムスティックなのだとのこと。

イメージ 13

ああ、なるほど、こりゃあ面白いぞ。

サンバルに入ってくる以外のドラムスティックを初めて体験しましたねえ。
ちょっと驚きました。

イメージ 5

ほっくりした食感からじわりと自然な甘みがくる、実に美味しい揚げ物でちょっと止まらなくなるシンプルな美味しさです。

ヤムソムオーにも驚かされました。

柑橘果実、ポメロの和え物料理です。干しエビやフレッシュチリ、ナッツなどと和えてあり、バイマックルーの香りとあまじょっぱさ、少しのからさなどが柑橘の実と重なる味わいは驚きに満ちています。

イメージ 6

こういうセンスはなかなか体験できないよなあ。
メニューとしても日本のタイ料理店ではなかなかいきあわない料理で美味しくも貴重な体験です。


さて後半。


レストラン アッタロット、とにかくいろいろなディティールにこだわりと質感が感じられるお店です。

イメージ 12

イメージ 14

メニューの写真のセンスと紙質に驚かされ、こだわりのワインセラーに目を見張り、快適でモダンなインテリアにリラックスする。や、いいと思う。モダンないいお店だと思います。さて食事の続き。

コームーヤーン、薄い肉が並ぶ絵はなるほど本物のコームーヤーン。豚の首肉を使用しています。

イメージ 15

なにしろ名前に豚の首肉とついているんですから。きちんとしたレストランならちゃんとその部位を使わないとね。
ソースは甘味噌的なものと辛いもの2種が添えられ、どちらもいいんです。味噌風の方は万能で、どの料理にもよく合い持ち帰りたくなるほど。おいしいねえ。

イメージ 16

干しバナナとコーンと厚揚げの炒めもすごくいい。
美味しくて面白かったですね。これは食べたことなかったなあ。

ガイトオードが鳥かごに入って出てくるという演出はシャレていて楽しい。
これもコームーヤーンと同様のソース2種が添えられています。

イメージ 17

イメージ 18

パリッとした表面と柔らかな肉、満足感高いよい鶏唐揚げです。
上に乗っているフライドレモングラスが珍しいね。

こういう演出があるというのが楽しいですし、現代のレストランなんだな、と強く感じます。どうも東京のアジアエスニック料理、こういうところがまだまだ弱い気がしてなりません。

イメージ 19

そしてそういうところを知る三林社長や大アジアレストランの代表が取り組んでくれているのが東京ミッドタウン日比谷のプーケットオリエンタルだったりする訳です。とても頼もしく感じます。

さて、カレーももちろん登場。

ゲーンマッサマンヌア、とても面白かったですね。

イメージ 20

不思議な風味で知っているマッサマンとは別物。なんと表現していいのかちょっと迷ってしまう感じです。

コラーゲンのつるつる感強い口当たりとつよい甘み、ハーブではなくドライスパイスで仕上げられているのが理解できるのでやっぱりマッサマンスタイル。誤解を恐れずいえば鉛筆のような味。それはつまりシナモンとは違う樹皮のような感覚の味わいがある、ということです。それと対照的な飴のような感じの甘さとツヤ感のゲーンの舌触りが不思議なもの。クセはあるが美味しいのは全く間違いがないものです。

イメージ 21

ああ、これ興味深いねえ。大きな牛肉ブロックの破壊力もすごい。問答無用の肉肉攻撃。しかし、ちょっとあなたの味覚と知識を1からやり直し、と言われているような味で俄然勉強してみたくなるんです。

この晩は招待をいただいた会食なので店の方にあまり派手に色々聞いたりできなかったのですが、色々と面白い店なのでもう一度、必ず戻ってこようと思っています。

もう1種あったベジで激辛のものも面白い。

イメージ 22

イメージ 24

ブルー(!)のカノムジーンが添えられていてカノムジーンナムヤー的に食べられるんですが、これもこの店の一押しのものみたいでバックボーンなど聞いてみたいとも思いました。やーほんとに面白い。

タイカレーでこんなに面白い思いをするのは初めてかもしれません。

イメージ 23

イメージ 25


あとね、例のアレ。コンビニでもおなじみのアレ。台湾でも似たやつがあるアレですが、やっぱりいいねえ。

なんというんでしょうね。ボクらがいつも食べている普通のもの、よくあるもので好きなものがあるでしょう、そういうものがいいレストランの腕あるシェフによって、いい素材と技術、センスを注いで再構築されたもの。そういう料理が一番気持ちに響く感じがするんですよね。

イメージ 26

すごくおいしい!知ってる味なのになんで違うの?というあの驚きと不思議。たまらんなあ。これが、それでした。もうね、カレーじゃなくてこれをカオにかけて食べたい!!

いやあ、おいしいなあ。忘れがたい。

デザートも4種ほどメニューに揃います。

イメージ 27

イメージ 28

タイアフォガード、こういうものが用意されているのがモダンなセンスで感心させられますね。

ピークプーンウィズアイスクリーム、ココナッツプリンとパンダンのアイスクリームなどもらしいデザートで、香りよく上品な甘さにまた感心。

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

全体で見ると味付けが町にあるタイ料理レストランよりも上品な味付けで、極端に味のレンジの幅を大きくしていないところが宮廷料理からきているのだな、と感じさせるところがあります。
インド料理でも宮廷料理は見た目はもちろんのこと、質の良い食材を使って繊細な料理技法と味付けを当てはめてゆくのでリッチ、マイルドになるのは納得がいくところです。

イメージ 32

イメージ 33

とにかく料理の出自に興味が惹かれ、食に対する好奇心を大いに刺激される面白い店でありました。

そういう側面と同じくらいの割合で、リラックスと快適さを求めることもできるフレキシビリティがある、懐深いレストランです。

価値のある店だと思うので確かめに行ってみてください。

イメージ 34

三林社長、ヤマモリ、サイアムヤマモリ 、ヤマモリ トレーディングの皆様。会長も他の皆様も本当にありがとうございました。

大変に貴重な会食でした。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はデジタルガジェットやYouTubeレビュワーなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は下記アドレスへお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。中古等のみですが、ぜひお手に取ってみてください。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
twitterはこちら            https://twitter.com/curry_desuyo
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。       http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

我が家、ダブルDDハウスを引き払って高級ホテルへ移動です。今回の旅のもう的の核心に近づいてゆきます。早川大地さんから教わった「Grab」のアプリ、大変に便利。

イメージ 5

タクシーもスムーズに確保、決済もアプリ内でいろいろ楽ができるのはとてもいいねえ。



カレーですよ。



アナンタラサイアムバンコクは非の打ち所のない素晴らしいホテル。帝国やオークラのようなこじんまりしていて快適なホテルです。

イメージ 6

イメージ 7

外資のちょいとガサツというかマニュアル通りに運営されるホテルよりもはるかに快適で血が通っています。
ヤマモリ株式会社の三林社長が用意してくださいました。この快適さを分けてくださったご配慮に感激しています。

イメージ 8

イメージ 10

場所もとても便利な場所で。

歩いてすぐの距離にエラワンバンコク、セントラルワールド、伊勢丹があります。荷物を解いてから買い物に歩くことにしました。

イメージ 9

ネクタイを新調しようと思ったんです。

今日の夕方にはヤマモリの皆さんとレストランでの会食があります。海外出張では珍しくスーツや靴を東京から持ってきました。なんといいましょうか、気合いが入っているということです。
なにしろサイアムヤマモリのファクトリー増築の目出度くも大切な開所式なわけです。三林社長からは外から人は呼ばず内輪で、と伺っていましたが、当然ながら社史に記録が残るわけで、写真もあるでしょうからきちんとしないといけません。

イメージ 11

そんなわけでネクタイ。
素直にジムトンプソンとか行けばいいというのもありますが、まあそこまでしないでも、っていうのもそれもそうで。近隣を回って気に入ったものを見つけました。

ランチだった、そうだった。おなかすいてたんだった。ぐるぐるとお店を回っていたら結構な時間になりました。
ちょうどいたビッグC、ついついまたフードコートに立ち寄ってしまうわけです。
イメージ 12

ランチはまたここでも似たようなものになってしまったなあ。


「ライス ウィズ チキン
  クックド イン イスラミック スタイル」


というもの。

イメージ 1

昨日のものと同じくムスリムスタイルの料理がやっぱりうまいんです。チキンが大きく食べ応えがあるのが2本も付いてきて、しかも安い。やめられないなあ。

なんでしょうかこれは。多分あれだな。大地さんといったインド人街とアラブ人街でエンジンかかっちゃったか。

イメージ 2

イメージ 3

タイに来てるのにちっともタイ料理食べてないよ。(ここから先はヤマモリの三林社長と一緒だから大丈夫。タイ料理食べられるはず)

それと、何か予感がしてついつい追加で頼んでしまった、


「スパゲッティ トマトソース
        ウィズ ソーセージ」


これがやけにうまかった。

笑っちゃうほど安っぽい味なんだけど、こういうのはなんだかやめられないんだよねえ。おいしいんだよ、素直に。

イメージ 4

トマトケチャップ味というのはけしからんものであるなあ、といつも思います。ばかみたいな食べものなんだけど、妙にうまいんだ。

きっとこれ、缶詰のソースだろうし?だってソフト麺みたいなやわやわだし、ソーセージは魚肉ソーセージみたいだし。しかし、問答無用にうまいのよ。たまらないのよ。

イメージ 13

イメージ 14

安い味という言い方が正解なのだろうけど、そのやすい味にどうしても抵抗できない時というものはあるよね。

ああ、うまい。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はデジタルガジェットやYouTubeレビュワーなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は下記アドレスへお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。中古等のみですが、ぜひお手に取ってみてください。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
twitterはこちら            https://twitter.com/curry_desuyo
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。       http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

年に1〜2回、おやすみをもらいます。

本日、休暇です。

イメージ 1

なんだか蒸し暑いですね。梅雨、いつ明けるのかな。

またあした。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はデジタルガジェットやYouTubeレビュワーなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は下記アドレスへお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。中古等のみですが、ぜひお手に取ってみてください。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
twitterはこちら            https://twitter.com/curry_desuyo
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。       http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

明けまして御目出度うございます。


本年もどうぞよろしく願いいたします。


イメージ 1

思えば去年、いや、去年という話ではなくここ数年、大変ありがたく楽しい日々を送らせていただいています。

今年もテレビ、ラジオ、雑誌等様々なメディアにお声をかけていただいての出演や執筆がありました。何だか感覚が麻痺してしまった感がありますが、やはりすごいことなのだと思います。

一昨年年末から去年年始にかけての広島、RCCテレビのバラエティ番組「カンムリ」にて連続3回、元祖デブタレの「内山信二」さん、グラビアアイドルのあすぽん「岸明日香」さんとRCCテレビの名物アナウンサー「横山雄二」さん4人で東京のカレー店を巡りました。
BSスカパーの人気番組、商品徹底比較バラエティ「モノクラ〜ベ」にもお邪魔しました。堀潤さんとお会いできたのは嬉しかったな。J-Waveでいつも番組聴いているので。
BSフジで「極皿〜食の因数分解」。深掘りがすごい食のエンターテイメント番組で、「チキンカレー」がテーマ。前、中、後編と3回にも分けての放送という大長編のコーディネイトや出演をさせていただきました。過酷な長時間ロケにおつきあいいただけたお店や大看板のお店が胸を貸してくださったりとありがたいばかりでした。

紙の雑誌も。

ぴあMOOK「東京食本 vol.3」ではカレー特集の監修とコラムを書かせていただいたり。この仕事は嬉しかったよなあ。発売された後でとあるお店が「これに載ることが決まったから閉店を見合わせて頑張ることにした」という話が人づてに聞こえたり、色々な嬉しい反響がありました。

小学館「週刊ポスト6月1日号」。巻頭カラー特集「東京・大阪注目店15を厳選!極旨絶品カレー」の監修もやらせていただきました。お店選びや補助資料、それにインタビューもいただいて。大変光栄です。その後NEWSポストセブンにも2回ほど転載記事が出て皆さんのお手元にネットにて配信されました。

そのあと別のご縁から「NEWSポストセブン」(小学館)でのコメント掲載も。仲良くしていただいているホテル評論家の瀧澤信秋さんからホテルブランドのレトルトカレーについて少し質問をいただきました。そのあと瀧澤さん執筆の「NEWSポストセブン」の記事内にボクのコメントを入れてくださいました。大変光栄です。「ホテルのレトルトカレー人気 アパ社長カレーや温泉宿名物も」という記事です。瀧澤さんとも、週刊ポストさん、NEWSポストセブンさんとも楽しいお仕事のご縁が繋がりました。

どうやら去年は小学館さんとのご縁が強かったようで「DIME」でのお仕事は印象的でした。ホイチョイ・プロダクションズさんの連載、「客がホイホイやってくる飲食店づくりの秘訣100カ条 東京外食大全 」にて今年のカレートレンド的なお話や情報などを差し上げました。記事に名前は出ておりませんし情報提供のみですが、馬場康夫さんがインタビューという形で直接聞き取りにいらっしゃってくれました。ご存知映画「私をスキーに連れてって」の馬場監督(でもありホイチョイ・プロダクションズ代表取締役の馬場康夫さんです)がいらっしゃったんですよ。晴天の霹靂とはこのことです。

そんなご縁が繋がった「ホイチョイ・プロダクションズ」さんが制作をしている東京FMの「ピートのふしぎなガレージ」に出演、おしゃべりをすることもできました。いつもクルマで聴いていたので大変に嬉しかったです。

インターネットでは、動画メディア、バウンシー/bouncyにも。「未来のライフスタイル」が見える最先端の情報を配信する新時代の動画メディアです。自分のことを短く語っています。インタビューから製作まで、手がけてくれたのは友人の弓月ひろみさん。人物をピックアップするシリーズ。ボクが第一回目、シリーズで続くのだそうです。楽しみなシリーズです。
「CATAPULT(カタパルト)」というサービスの「カタパルト公認ガイド」の初代を引き受けることとなりました。いわゆるレビュワーサイトです。PRといえばその通りではありますが、実際の使用シーンで面白く体験してそれを書く、というのは知らぬ間にその製品やサービスのファンになってしまうことも多いわけで、いいところもそうじゃないところも見つけ出してみなさんに伝えそのフィードバックで製品も育っていくようなサービスになる予感がしています。

それと大事な連載。雑誌「エキサイティングマックス!」(ぶんか社)で続けている連載はもう次号で82回。春になると丸7年の連載になります。多分、カレー店の紹介だけの連載でこんなに長期で続いているものはボクのこの連載以外ないと思っています。
フリーペーパー「ココカラ 」の連載ももう次号で24回。隔月刊なので4年も連載を続けさせていただいていることになります。
インターネットのお取り寄せサイト「ippin」の連載も4年。よくまあ遅筆のボクをなだめてすかして続けさせてくださっている。そのご担当様の努力の上にあれは成り立っているのです。

どれも大切に思っているお仕事です。

「食べあるキング」の活動も大きなものがあります。大井競馬場のスクリーンに自分の顔が映るとか、その帰り道のモノレールの吊り広告にも!とかありえないですよね、普通だったら。

他にも色々な場所で色々なお仕事をいただいては取材して、書いてを続けています。


で、今年はどうしたいのか。


・今年は誰とカレー食べたいか。
腕あるカレー店店主と食べるカレーは本当に面白いです。カレーマニアではなく、カレー店店主。色々なものが浮かび上がってきます。具体的には去年、エリックサウスマサラダイナーにサンラサーのオーナーシェフと食事に行った時の面白さが忘れ難いのです。プロの目線から見る、東京一尖った店。いや、東京一尖っていることがプロの目で語られて初めて浮かび上がる、という体験。得難いものです。

・今年は誰と飲みたいか。
小野員裕さん、やまけんさんと飲みに行くのは実現できて嬉しかったです。今年も心ある信頼できるいい男たちと飲みに行きたい。それと、この人とこの人を繋げたい、という場所も作っていければな、と。

・今年はどこに行きたいか。
九州個人取材がスケジュールでかなわなかった去年。今年はきちんとなさねばいけません。阪神地区、中国地方と四国、東北も詳しく回って日本を網羅したいです。どこも半月ほど時間をかけてみたい。インドもいいけれど、まず日本をもっと知らねばね。

・今年は何を手に入れたいか。

おかねはないけどなんだかんだで必要なものは全て手に入れられています。なので、ものではなくて体験や、長くつながる仕事などを手に入れていかねばなりません。会社作る話は相変わらず色々な方からお声かけていただきますが、未熟だなあ、まだボクは。


・今年はどういう自分になりたいか。
色々とスッキリさせたいですね。よりスッキリ、色々スッキリさせてその上で行きたいところに猛ダッシュをかけたい。


色々書きましたが、今年も何卒よろしくお願いいたします。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                 (@を小文字に書き換え願います)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事