舞亜のエロゲ感想倉庫 〜(・ω・)〜ヌルヌル

主にエロゲーの感想などを投稿していきます、詳しくは、書庫の方の説明を見てください(o゚ω゚)ペコチョン
零れ落ちる少女たち 〜パパ活JC快楽堕ちの記録〜
イメージ 1

製品紹介
定価:¥3,000 (税込¥3,240)
発売日:2018/08/24
メディア:DVD-ROM
ジャンル:無垢なJ〇がパパ活にハマって堕ちていくADV
JANコード:4989061607525
品番:SPAE-67520
原画/作家:藤崎ひかり
シナリオ:瑞守ねおん&若林浩太郎
監督:杉村れおま

スペック
CPU:WinVista以上が動作可能な1GHz以上推奨
メモリ:2GB以上推奨
HDD:4GB以上推奨
対応OS:WinVista/7/8/10
解像度:1280*720
色数:フルカラー
DirectX:9.0c以上
ボイス:あり(ヒロインフルボイス)

注意:今回の作品は、√分岐があってない様な感じなので
    「好きな√」については、割愛します

全体の評価・好きなキャラクター
評価:◎ 点数:99点
好きなヒロインは、「れいあ&すずか」です
つまり、両方のヒロインです
すごおおおおおおおおおおおく悩みましたがどちらか片方を選ぶ事は、私には出来ない・・・
では、そんな感情は、ゴミ箱に捨てて良いと思う点を書いて行きましょう(*´ω`*)
ヒロインの見た目が私の好みと言うのもありますが
何よりも私が良いと思ったのが回想シーン(エロシーン)での
表情&声」です
詳しく書くとネタバレになるので詳しくは、言えませんが
可愛い、良い表情、良い声、良いシチュエーション
すべてそろっていた気がします、マジで素晴らしい!!
イメージ 2
イメージ 3

個別の物語の感想
れいあ CV:朝井こもも 内容:◎
おこづかいの為だから」と自分に言い聞かせながら嫌々やっている感じですが
シナリオが進む段階で段々と「あれ・・おかしい、私、でも違うもん
ってなる感じが本当可愛くて良かったと思います
特に、最後の回想シーン(エロシーン)は、
れいあに薬を飲ませてからの流れ」が素晴らしい良い流れでした
攻略しながら「あ〜〜人の堕とし方わかってるね〜〜」と感心してしまいました
他の回想シーンも良いですが個人的に上記に書いた回想シーンが本当に良かったと思います
良いですよね〜〜段々とヒロインが快楽に溺れて行く過程って言うのは、
その快楽に溺れて行く過程も上手に表現出来ていたと思います
何より「れいあにピッタリな堕ちる過程」だったと思います
イメージ 4

すずか CV:みたかりん 内容:◎
凄く初々しい、恐々した」感じが出ていますが
段々とシナリオが進む過程で
あれ、少し気持ちいかも・・・私何考えてるの・・・」などの
段々と快楽に堕ちて行く、流されていく過程が全体を通して出ていた気がします
特に、中盤での何個かの回想シーン(エロシーン)では、
序盤ほどの否定的な発言が減っていて流されている感じが出ていて
細かい変化で私としては、実に良いと思います
更に、れいあの時とは違った快楽に堕ちる過程
全然飽きる事なくシナリオを進める事が出来た気がします
すずかにピッタリな堕ちる過程」だったと思います
イメージ 5

全体の感想
イメージ 6
イメージ 7
今回の作品、「零れ落ちる少女たち 〜パパ活J〇快楽堕ちの記録〜」ですが
素晴らしい快楽堕ち物だったと思います
特に素晴らしいと思うのは、快楽に堕とすまでの流れです
詳しく説明をするとネタバレになるので細かく書けませんが
ただ、快楽を与え続けるのではなくシチュエーション、服装、羞恥心
などの変化のバランスが素晴らしかったと思います
更に、個別の感想でも書きましたが
ヒロインにピッタリな堕ちる過程」だったと思います
当たり前な気がしますが当たり前だからこそ素晴らしいと私は、思います
しかし、少し不満があるとするなら
エンディングを普通エンド、二人一緒に快楽堕ち、の二つにするのではなく
・普通エンド
・二人一緒の快楽堕ち、
・れいあ一人で快楽堕ち
・すずか一人で快楽堕ち
この四つになっていたらもっと良かった気がします
それ以外は、本当に素晴らしい作品になっていたと思います

以上です




この記事に

開く コメント(0)

星恋*ティンクル
イメージ 1

製品紹介
定価:¥9,250 (税込¥9,990)
発売日:2017/01/27
メディア:DVD-ROM
ジャンル:恋愛ADV
JANコード:4573211466010
原画:梱枝りこ
シナリオ:なかひろ
音楽:ぬっぺ
アーティスト:佐々木未来
作詞/作曲:RUCCA/藤田淳平(Elements Garden)

スペック
プラットフォーム: Windows Vista / 7 / 8 / 10

全体の評価・好きなキャラクター&好きな√
評価:◎ 点数:100点
好きなヒロインは、「そらは」です
あそこまで兄(主人公)に全速前進って感じの妹は、久しぶりに見た気がします
ストレートな感想を言うならベタです
しかし、それが良いと言った感じです、本当に可愛いです
そして、兄に対する愛情表現がかなりストレートなのですがそれをスルーされた時の
めげない(恐らく聞いていないだけな気もしますがw)感じ実に良いです
イメージ 2
そして、好きな√は、「G(グランド)√」です
この時点でかなりのネタバレを含んでいる気がするので
ネタバレが含まない言い方で一言でまとめると
ある事の真実」と言った感じでしょうか、実に素晴らしい内容だったと思います
これ以上言えないのが辛い(涙)
イメージ 3

個別√の感想
織紙 珠希 (おりがみ たまき) CV:ありあ 内容:◎
何の捻りもなく真っ直ぐな感想を言うなら
予想以上に「珠希が可愛い」って感じ
何て言えば良いんだろう、、、、あの恋する乙女って感じが実に良いです
シナリオが進む過程の中で段々と主人公が好きになって行く流れや
好きだけど、、好きだから怖くて逃げてしまう流れなどなど
珠希の乙女な部分が多く詰まっていると私は思います
特に珠希が自宅のベットで弱音や決意を言う下りは、本当に可愛いです
更に、シナリオでの2人の試練」です
どんな試練かネタバレになるので詳しく言えないのがもどかしいですが
簡単に言えば「2人の強さを試す??」ですかね
私的に好きな流れがあって
珠希が主人公の事を大事だからこそ主人公から離れる時があるのですが
そこからのシナリオの流れが私は、本当に好きです
そして、主人公の行動も(`・ω・´)
実に楽しめるシナリオだったと思います
最後に、、、、「珠希の回想シーン(エロシーン)最高に可愛い
マジで最高の一言と言って良いぐらい最高です
イメージ 4

花々見 咲良 (かがみ さくら) CV:藤咲ウサ 内容:◎
咲良の告白までの過程、過去を通じての主人公の繋がり、、、、、実に良いです
凄くベタな感じですがベタ上等最高です(`・ω・´)
ネタバレになるので詳しく言えないですが隠して言うなら
好きになった相手が○○で過去でも○○って言う展開と言った所でしょうか
なんだろう、私は凄く甘酸っぱくて好きですね〜  ←だから乙女かな??
そして、恋人同士になってからの別ベクトルでの母性の勢いが凄いです
先輩の為に何かしてあげたい
先輩の望む事をしてあげたい
あなたの悦びが、私の悦び
・・・・・・・控えめに言って、、、、最高と言った所でしょうかw
んで、その感じで回想シーン(エロシーン)ですよ??
最高以外の言葉が見つからないです、、はい、、、
表情、仕草、行動、どれを思い出しても最高です
特に表情ですね〜〜〜実に素晴らしいと思います
最後にまとめるなら
咲良と主人公の甘々なシナリオ」だったのかな〜〜と思います
イメージ 5

群雲 そらは (むらくも そらは) CV:秋野花 内容:◎
たった一言で良い、「そらは、、、最高
なんだろう、言葉に出来ない(笑)
2人の兄弟の絆
2人の過去
そらはと主人公のイチャイチャ
恋人同士になってからでの更に強い繋がり などなど
思い返しても「良い!!」って思いえる箇所が多かったと思います
特に私が良いと思ったのは、「2人のイチャイチャ(絡みも含め)」です
あの兄妹特有と言うか空気感と言うか実に良いと私は思います
そこから向かう回想シーン(エロシーン)は、悶える程に最高です
更にシナリオの方は、
2人の兄妹の絆(家族の絆も含め)がいっぱい詰まった内容
になっていたと思います、ネタバレになるから言えないのがもどかしい(^p^)
本当、そらは可愛いって感じ
てな感じでシナリオ良し、そらは最高、文句なしと言った所です

最後に「そらはの回想シーン最高おおおおおおおおおぉぉぉぉぉォおぉぉお
イメージ 6

鳴瀬川 凪 (なるせがわ なぎ) CV:遥そら 内容:◎
私的に√を終えて思ったのは、「賛否両論ある終わらせ方」だな〜〜っと言った感じです
因みに私は、好きですね
あの、この先の続きを匂わせる感じの終わらせ方
何々え!?絶対続きあるでしょ!?!?
こんな感じに先に進めますから
↑因みこの反応は、生の私の反応です、思い出すと正直・・・オーバーですね(笑)
しかし、私の個人的な意見としては、良い終わらせ方だったと思います
そして、シナリオの方も実に良かったと思います
話が進む流れの中で段々と明らかになって行く
凪の過去
凪の謎の夢
ナギ  などなどある意味でこの物語の真実に近いシナリオだった思います
ちょっと前半真面目な話ばっかりになってしまったので「凪の可愛いさにも触れましょうか
個人的に「凪の着てくる下着が良い」です←かなりの直球に(笑)
何だろう、全ての回想シーンを思い出しても中々に攻めた下着で
そこが可愛いくて愛おしいって感じ
更に普段は、元気元気した感じなのですが
シナリオを進めていく過程の中で他の女の子に嫉妬したり回想シーンの時は、
大人しい感じと言うか何か違う感じもしますが落ち着いた感じかな??
そんなギャップもあり本当可愛かったです
イメージ 7

全体の感想
イメージ 8
今回の作品、「星恋*ティンクル」ですが実に素晴らしい内容だったと思います
そして、中々に自分の予想を超えるぶっ飛んだ物語にビックリしました
私の最初イメージでは、学園イチャラブなのかな〜〜と思っていたのですが物語を進めていくと
oh.....ビックリ」と言った感じで良い意味で裏切ってくれた作品だったと思います
一週回って面白かったです
更に、「回想シーン(エロシーン)が、、、良い、、
表情過程2人のやり取り、どれを思い出しても素晴らしいかったです
んで、「黄金聖水」です←この言い方で伝わるはずです
全体的な内容良し回想シーンも素晴らしい、実に良い作品だったと思います

以上です



この記事に

開く コメント(0)

邪淫のいけにえ
〜触手姫アルテア&魔子宮遣いビアンカ 終わりの無い受胎〜
会社:CHAOS-R 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

製品紹介
定価:¥7,800 (税込¥8,424)
発売日:2018/06/29
メディア:DVD-ROM
ジャンル:お姫様を触手でいじめたり何度も孕ませて出産させて苛めるADV
JANコード:4521868464002
原画:森山しじみ、あかつきまお
シナリオ:玉沢円

スペック
対応OS:windows 7 / 8 / 8.1 / 10 (いずれも日本語版)
CPU:Pentium4 2.3GHz必須、Core2Duo 2GHz以上推奨
メモリ:1GB必須、2GB以上推奨
ボイス:ヒロインのみフルボイス
CG鑑賞モード:あり
BGM鑑賞モード:あり
イベント回想モードあり
メッセージスキップ:あり

全体の評価・好きなキャラクター&好きな√(好きな物語)
注意:今回は、√と呼べる様な分岐が存在しないので
    好きな√評価を好きな物語とします
評価:◎ 点数:100点
好きなヒロインは、「ビアンカ」です
私的に魔王達に攻めれる過程の中での「ビアンカの表情・感情の変化」が実に良い
更に、だんだんと○○の方に感情が動いていくのもこのビアンカの魅力な気がします
イメージ 4
んで、好きな物語は、「アルテラの物語」です
こちらの物語が良いと思うのは、「ヒロインが堕ちる過程の選択」が実に良いと思います
下の画像も安心しきっていますが、、、、
イメージ 5

個別の物語の感想
ビアンカ CV:計名さや香
(魔子宮遣いビアンカ 〜終わりの無い受胎〜) 内容:◎
私の予想を遥に上回る最高のビアンカに対する攻めでした
攻めに絶えられず意識を失ったり、無理やり意識を戻されたり、などなど
もう、本当最高です
んで、特に私が良いと思ったのは
魔王、1人1人が攻めに個性が出ていたのが良い点です
どんな攻めだったのかは、ネタバレになるので言えませんが良かったと思います
私の経験としてこう言う系のゲームは、攻めが単調になる感じなのですが
そんな事もなく実に楽しめる陵辱だったと思います
更に私が良いと思ったのは、
ビアンカの感情が段々とある方向に変化する描写」が
あったのが良いと思います
快楽に溺れるのは、当たり前ですがそう言う描写もありだな〜〜って思いました
最後に、「回想シーン(エロシーン&陵辱)本当最高ぉぉぉぉおおお」って感じです
本当、悶えた(´∀`)
イメージ 6

アルテラ・アクイーラ CV:逢月ねる
デネブ・スワン      CV:春日アン
(〜触手姫アルテア〜) 内容:◎
この物語を攻略して1番最初に思った事は、「攻め手を休めない」って事です
詳しく言うなら「バンバンバンバン休む暇を与えない」って感じ
そして、上記の好きな物語の部分でも書きましたが
ヒロインが堕ちる過程での選択肢」が良い味を出していると思います
ネタバレになるのでその様な選択なのかは、言えませんが本当良いです
更にサブヒロイン??のデネブ、私が思うにもう1人のメインヒロインって感じなのですが
アルテア&デネブの絡み」がもう最高の一言です
2人で一緒に堕ちていく、、、1人で堕ちていくのとは違う興奮がありますね〜〜
最後に、「ある人物の回想シーンがあった」のが最高、グットって感じ、ありがとうって感じw
イメージ 7

全体の感想
イメージ 8
イメージ 9
今回の作品、「邪淫のいけにえ 〜触手姫アルテア&魔子宮遣いビアンカ 終わりの無い受胎〜」ですが
実に素晴らしい触手陵辱物だったと思います
んで、作品(物語)を二つに分けそれぞれが独立した触手での攻めを表現していて
更に選択肢もそれぞれが独立した(お互いの分かれた物語で被らない選択肢)もので
個人的に実に楽しめました
そして、抜きゲーなので当たり前な気もしますが回想シーンが本当素晴らしいです
んで、それぞれが味のある素晴らしい回想シーン
飽きる事なく物語りを進める事が出来た気がします

以上です



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事