全体表示

[ リスト ]

帰省するはずが

元日は6時に家を出て、7時から仕事、終わったのは21時すぎ。
帰宅したのは22時半。

2日は8時から仕事で終わったのは20時半。

まさかのお正月早々のロング残業。
しかも元旦は19時まで全く休憩が取れなくて、朝から何も食べてなくて。

大晦日は夜更かししてしまったのと、元日、家に帰った時点で布団を引かずに倒れるように寝てしまったため、結果良く寝ていなくて、睡眠不足とご飯不足で昨日は後半、頭の中がもうろうとしてました。

そんなこんなで、今日はお休み。
1日だけの通常のお休みです。

予定では、主人の実家に日帰り帰省をするはずでした。
近鉄特急で鵜方駅まで行って、主人に駅まで迎えに来てもらって、あちらの家族や親戚や友達に会いに行って楽しく過ごし、夜中に一緒に車で帰ってくるはずでした、、、が。

もう、昨夜の時点で体力的、時間的に無理っぽいなあと思い、主人に電話で「行けないかも」と伝え。
今朝の今朝まで迷いましたが、明日の勤務の事を考えて、今回は帰省は見送る事にしました。

んー、残念!

1ヶ月前から特急の指定席を押さえて楽しみにしていたんですよ。
せめて大晦日の日、早寝して体力を温存しておけば、、、

と、後悔先に立たずです。


元日の朝の出勤時刻は強めの雪でした。
通勤には堤防道路を使っているため、雪がつもって降っていると結構怖いです。

実際、昨日の朝、信号の手前の橋が凍っていて、スタッドレスを履いているにも関わらず、全くブレーキが利かなくて、少し滑って停止線を大幅に超えた所で止まりました。

道の凍り方(早朝で車通りが少なかったので、再凍結した所が凸凹ツルツルのままだった)だと思いますが、スタッドレスであんなにハンドルを取られたのは始めてです。

ほぼ左折した状態でしたが、一応赤信号だったのでそのまま待機していたら、後ろの車もつるーっと滑ってきて。
私が普通に停止線で停まっていたら、追突されてた。危ない!


そんな事も有るので、やはりあまりにもぎりぎりの状態(睡眠不足が重なった状態)で仕事に向かう事は止めようと思いました。

無理して帰省すればできない事はないけれど、、、
ある程度の体力温存は、私のためだけではなくて、周囲の方のためでもあると(気持ち的には行きたかったけれど)思い直して、改めて今朝、主人に断りの電話を入れました。


こういう迷う時、いつも頭に浮かぶのが父の声。


子供の頃、遊ぶ事をよく叱られてた。
理由は、体調不良で学校を休む事が多かったから。


子供時代、私は本当に体が弱くて、
しょっちゅう学校を休んでいたんだけど、

父の理論でいけば

「本業である学業(学校へ行く事)をさぼってる人間に遊ぶ権利はない」

ってこと。「働かざるもの、食うべからず」も良く言ってた。

まあ、厳しい人だったなーって昔は思っていましたが、(この厳しさについて行けず、私は家を出たといっても過言ではないかも)

基本的にはこの考えは今の私には役に立ってますね。


今の職場、働き始めてまだ5ヶ月ですが、この5ヶ月の間にもう何度も体調不良で休まれた方の代わりの出勤をこなしています。

私は自分の体調で休んだ事は一度もない。

前々職でもそうだったな。いつも代わりに出勤はしても代わってもらう事はなかった。
それは、常に仕事を第一優先としているから。

今は健康状態は良好なので遊びにも行くけど、仕事にさしさわるような事は絶対にしません。


自営業で「お父さんが3日寝たらこの家はつぶれる」と、常に自己管理、自己責任を厳しく厳しく追及していた父。

それでも有り余る体力を持っていたので、毎晩深夜まで飲んで遊んで、時には徹夜で準備して遠方に釣りに行ったりもしていたけれど、

仕事に穴をあけた事は、ただの一度もない。
というか、私が生まれてから、一日も、いえ、半日すら寝込んだ事はない。


子供の頃は「父は生まれつき丈夫な人だから、私とは違うんだ」って思っていたけれど、

今はそうじゃなかったなあって思います。
自己管理が徹底していた。本当に責任感が強い人だった。
当然、体力は有った人だけど、それ以上に気合いが入ってたんだろうなあ。
だから、遊びも仕事も人並み以上こなせていたんだろう。


自分に甘くて依存心が強い私だけど、そんな父の血は引いているのだから、私だってできるよね、って今は思います。

そう、そういえば、主人も自分には厳しい人。
長時間労働に不平も言わず黙々とこなして、休日はひたすら体を休めてる。
遊ぶ時間や資金もないけど、それについても不平は言わない。
19歳から親元への仕送りを当然としてしていて、私は会った時、すごく自立している人だなって思ってた。

父と比べたら、まあ甘いなあとも思うけど。
(多分自営業者とサラリーマンとの違い)



そうそう、昨夜、父にも電話をしましたっけ。
駅まで送ってくれる約束をしてたので、「行かないかもしれない」ってことを伝えるために。


22時過ぎに電話。
めっちゃ騒々しい。カラオケ行ってる??

自分に厳しく、家族にも超厳しく、体の弱かった私にはかなり過酷な環境だった実家だけど。

父、母、75歳。
とてもその年には見えない。二人とも超元気。超アクティブ。
今まで厳しい生活を当然としてきた人たちだから、どんな境遇になっても踏ん張る力は強いんだろうなって思います。むしろその環境を楽しんでいるようにも見えますが。

50歳にもなってない私たち夫婦のだらだらの日常とは比べようもないほど、人付合いも多くて忙しい父母。

あの人たちを見てると、頑張った分はいずれ全て自分に帰ってくるんだろうな、頑張ろうって思えます。


お正月、忙しかったけれど、活気があって楽しかった仕事場。
(福袋争奪戦を始めて間近で見ましたー。すごかった!)

今日はのんびり過ごします☆




あ、年賀状書かなきゃ。汗


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事