家庭教師のファミリー|評判や口コミについて

家庭教師のファミリーの評判や口コミ、他社と比較したときの評価、家庭教師のファミリーを検討している方の参考となる内容をまとめます。
今回も前回に引き続き、家庭教師派遣会社「家庭教師のファミリー」に関する口コミを参考に評判を客観的に捉えるべく、「クラスの授業に何かしらの“ハンデ”を抱える生徒に対する家庭教師ファミリーの対応」について考えてみたいと思います。

・・・さて、前回、「ファミリーで面談時に見極めるよう心掛けているのは“子供との距離感”ではないか」という考えを述べましたが、そう思った理由を以下でお話しましょう。
まず、これは何回も記事にしておりますが、ひと言に「生徒」と言っても、当たり前ですが様々な性質の子供が存在します。積極的に手を挙げて問題を解決したがる子がいれば、勉強も問題を解く事も得意だけれど発言が苦手な子もいるでしょうし、机に座って長時間話しを聞く事が苦手な子、自身の考えをまとめるのが苦手な子などなど・・・。

こうやって上記してみると、学校のひとクラスでは、本当に多種多様なタイプの人間が席に座っているため、確かに彼らをまとめ上げる事を担任教師ひとりに強要するのは、奇跡の成就を望むのと同じくらい、相当難しい事かもしれませんね。

「家庭教師」という職業は、立場上「複数 対 ひとり」にならず「ひとり 対 ひとり」が認められているため、いっけんすると後者のほうが楽そうなイメージがしてしまうものの、上記したように、家庭教師には「担当の子供に適した“距離感”を見極めるスキル」が求められるため、ある意味難しさが異なるところにあるのではと考えられます。

この記事に

前回に引き続き、今回も「クラスの授業に何かしらの“ハンデ”を抱える生徒に対する家庭教師ファミリーの対応」に関する評判について考察すべく、口コミを参考に進めていくつもりです。

担当アドバイザーがお子さんの特徴を見抜いた「10分」という時間は一見短すぎるように思えるものの、ご両親との面談中に相手の要望をしっかりヒアリングし、かつお子さんの性格に耳を傾けてくれさえすれば、可能ではないでしょうか?
要するに、「依頼者の声としっかり向き合う」事が最も重要なのでしょうし、ファミリーの担当アドバイザーはここを念頭に置いてご家族と面談されている様子が想像出来ますね!

また、面談の目的が「生徒に適した“担当教師の選抜”」だという事は前回お話しましたが、以上を判断する際、教師側は一体どのようなポイントを基準にしているのでしょうか?
例えば、ひと言に「勉強が苦手」と言っても、これは本人の得意不得意のみの話しであって、性格とはまた異なります。勉強が苦手でも「根は真面目」だったり、好きな教科のみ優秀なのに他は極端に悪いため平均的な合格点がとれない「趣味優先型」なんて子供もいるでしょう。それ以外にも、外見からは判断にしくい障害のためバランス良く勉強がこなせない子供や、コミュニケーションが苦手でも性格は優しく真面目な子供などなど・・・・もう、あげるとキリがありませんね!

以上のように「子供」といえど性格は非常に複雑なため、ひとりひとりの細かい性質に100%合わせる事は正直不可能だとすると、ファミリーの担当アドバイザーが見るのは、きっと「子供との距離感」ではないかと。

この記事に

前回に引き続き、今回も「クラスの授業に何かしらの“ハンデ”を抱える生徒に対する家庭教師ファミリーの対応」に関する評判について考察すべく、口コミを参考に進めていくつもりです。
 
・・・さて、前回は、あるご家庭がファミリーに依頼をした理由とファミリー側が最初に行った対応が書かれた口コミをご紹介しました。この内容を見ると、同社に申し込みをした後、正式に契約をするべく顧客に向けてどのようなヒアリングが行われるかが明確になるため、非常に興味深い。
ちなみに、ヒアリング内容は以下のようです。
 
子供の学力調査
両親側の希望(家庭教師の指導についてetc
 
②については公式サイトを確認してみたところ、多分「学習アドバイザーと面談」したのでしょう。公式サイトによると、①②以外に、「ファミリーのシステム」「その他利用方法の確認」が説明されるようです。
「学習アドバイザーとの面談」は、正式な契約前に行われ、ここで同社のシステムが子供の学習能力向上に適しているか熟考する事が可能になります。また、不登校など、今回のテーマのように、何かしらの事情で学校に行きにくいお子さんがいる場合は、家庭教師の容姿や年齢、性格の確認も、能力以上に重要な要素になります。
 
これはあくまでも想像に過ぎませんが、子供向けの学習プログラムを提供する企業によっては、契約前の説明や子供との相性確認を電話のみで済ませる場合もあるのかもしれません。そう考えると、対面でじっくり話す機会をきちんと設けてくれる家庭教師のファミリーは、顧客側に「判断する余裕」を与えてくれるというのが、ひとつの魅力なのでしょうね!

この記事に

前回まで、「不登校の生徒に心を開いてもらうために教師側が行うべき工夫は?」というテーマから、家庭教師派遣会社「家庭教師のファミリー」に対する評判を考察してみましたが、ここからひとつ明確になった事があります。

 

「家庭教師を依頼するのは“学校に居場所を見出す事が苦手”な子供」

 

以上の考えは多少極端かもしれません。もちろん、単純に「子供が酷い勉強嫌いだから」「一向に机に向かおうとしない子供を心配して依頼した」というケースが多いと考える一方で、子供本人にとっては「クラスの授業について行けない=そもそも“学校”という環境が肌に会わない」という要因も裏に潜んでいる可能性も決して否定出来ないような気がするのです。

 

・・・そこで、以下に掲載する口コミから、「クラスの授業に何かしらの“ハンデ”を抱える生徒に対するファミリーの対応」について考察してみようかと。ちなみに以下口コミは以前も使用したものですが、今回はあえて別の角度から探ってみるつもりです。

 
 

小学校の先生に匙を投げられた状況で、最後の賭けのような気持ちで申し込みました。

初めに、子供の学力調査と、親がどのような指導を望んでいるのかを

リスニングするために、担当の方が家にきました。

 
 

以上は、言うなれば「物語の導入部分」というかんじでしょうか。

・・・しかし、「小学校の先生に匙を投げられた」というのは、ちょっと疑問を感じてしまいますね。もちろん、一対一で教える現場と、多数対一で教える現場とでは、教師側が抱える負担の内容もそれぞれ異なるでしょうが、大人に見放される事程、子供にとって辛い事は無いのではと思います・・・。

この記事に

現在、「不登校サポートコース」を設ける家庭教師派遣会社「家庭教師のファミリー」における全体的な評判を考察すべく、派遣された教師の不登校児への対応について考えています。

・・・さて、前回、「不登校の生徒に心を開いてもらうために教師側が行うべき工夫は?」という問いに対し、「生徒の現状を認めてあげる」という回答を掲示しました。
通学自体が怖くなってしまったとしても、家庭教師を依頼して自宅学習を行いたいという生徒の場合、人一倍
「頑張ってみたい」という気持ちが強いのでしょう。また、自分から外出する事は難しくとも、教師を依頼するという事は、つまり「他人と接する意志がある」証拠だと思うので、まずはこの部分を評価してあげると良いのでは?

・・・では、次に重要なポイントについて考えてみましょう。
「家族以外の「第三者」の大人と接するキッカケになる」
若干、前回の「雰囲気作り」と似ているように見えるものの、とりあえず全く別物として考えてみる事にします。

例えば、不登校ではなかったとしても、学校の教師や両親以外の「大人」と接する機会というのは、それこそ小・中学生にとってはほとんど無いでしょう。単純に考えてしまうと、「不登校児の場合、年上の人間ではなく同世代の子らと打ち解ける練習を行った方が本人のタメのためになるのでは?」と思い込まれてしまいそうですが、同年代の集団から離れてしまった人間にとっては、むしろ「年上の人間」の方がコミュニケーションがとりやすいのではないでしょうか?

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事