家庭教師のファミリー|評判や口コミについて

家庭教師のファミリーの評判や口コミ、他社と比較したときの評価、家庭教師のファミリーを検討している方の参考となる内容をまとめます。

前回、「家庭教師のファミリー」の評判を考察する際に「好感が持てる」という内容を記載しましたが教師が教師として、そして人として真っ向から生徒と向き合おうとする姿勢を垣間見ると、その方の仕事への真摯な態度が分かるだけではなく、ファミリーという企業がきちんと「人を見て」教師を選んでいることが理解できるので、特に受験生のお子さんを持つご家庭は安心ではないかと。

では、今回も家庭教師のファミリーに関する口コミを、生徒の年齢や利用目的、ご両親の意見を参考にしつつ考察していきます!

 
 

なかなか勉強しなかったけど一応勉強する習慣が身についた!

わからないところを聞けるよさもあった! ワンツーマンなので良かった!

子供が苦手な教科をじっくりゆっくりと指導してくれて

またテストで出来なかったところを復習してもらい理解できるように

指導してくれていました!

 
 

↑の生徒さんの同社の利用時は中学3年生だったようですが、受験本番シーズンに「なかなか勉強しない」というのは、かなり大変な状態ですね・・・きっと、ご両親も相当心配されたことでしょう(^_^;)だからこそ、5月という比較的早い時期に利用を始めたのかもしれません。

が、明らかに勉強が苦手そうなお子さんに「習慣化」を身につけさせるのは、かなり凄いことだと思います!想像するに、学校の勉強につよい苦手意識を抱く子というのは、少しでも苦手な箇所を見ると途端に拒否反応をしめしてしまうので、そういう場合は、根気強く、かつ丁寧に間違った部分を反復させ、「やれば必ず出来る」ということを教える必要があるのではないでしょうか?

そういう意味では、↑の教師は適格にポイントをおさえていますよね!

この記事に

このブログでは、「家庭教師のファミリー」という企業の「家庭教師派遣会社」としてのあり方についてを客観的に考察すべく、口コミサイトに書かれた内容を参考にしています。この口コミサイトでは、家庭教師のファミリーを実際に利用したお子さんのご両親が主にコメントを書いているようなのですが、こちらの方が、生徒本人が主観で口コミを書くより、客観的かつ的確な内容が作成できるように思われます。
・・・さて、前回までは「生徒が勉強を習慣化するために教師側が行っている工夫」をテーマに考えていきましたが、今回からはご両親の目線と生徒の年齢、利用目的などにフォーカスして見ていこうかと。


(中略)重点的に苦手な科目を教えてくれました。いつも丁寧に教えてくれました。
とにかく真面目で一生懸命さが伝わってきました。遅刻もしませんでしたし、
時間が過ぎても嫌な顔もせず熱心に教えてくれました。
(中略)こちらの希望を最優先させてくれました。


上記した口コミを書かれたご家庭のお子さんは中学3年生で、夏から受験対策用に同社の利用を始めたようです。受験生にとって夏はまさに追い込みの時期ですよね!もちろん、本当の戦いは秋〜冬なのでしょうけれど、夏中の努力の程度が、長い夏休み明けのテスト結果にダイレクトに響くので、そういう意味では1番気を抜けない季節と言えるでしょう。
この時期は、本人はもちろんのこと、ご両親も不安だと思います。だからこそ、こういう時に「丁寧」に勉強を教えてくれたという教師の紳士的な態度は、人としてもとても好感が持てますね!

この記事に

現在このブログでは、家庭教師派遣会社「家庭教師のファミリー」という企業に関する口コミを参考に、全体的評判をまとめるべく毎回記事を更新しています!
 
家庭教師を派遣し、勉強を教わって成績を上げる場合、技術面やお互いのやる気はもちろん、教師と生徒との相性が結果を左右する場合は多いでしょう。例えば、ふたりが友達のように仲良くなったとして、そのおかげで成績が上がるという場合があれば、逆に気が緩んでしまうというマイナスな結果につながる・・・なんてことも有り得るかも。
 
・・・さて、以上を踏まえつつ、今回も以下の口コミを参考に「生徒が勉強を習慣化するために教師側が行っている工夫」について考察していこうかと。
 
 
明るく、物腰も柔らかい先生でバイトのことなど話してくれる方で
楽しく過ごすことができました!また教え方もわかりやすくて助かりました!
 
 
↑の内容を読む限りでは、担当になった教師と生徒は相性が良く、また授業をする場合はきちんと「切り替え」が行えたようですね!それが可能になったのも、教師側が個人的に「熱意」と「技術」の両方のバランスをとろうと密かに努力をしてくれていたからではないでしょうか?
もちろん、目標を達成するという行為は並大抵の努力ではできませんし、大人でもつい途中で投げ出したくなってしまうもの。
・・・だからこそ、楽しみつつ、コツコツ続ける方法を教えてくれて、尚且つ隣で同じように頑張ってくれる先生がついていてくれた方が、生徒にとってはとてもありがたいと思います(^^)

この記事に

唐突ですが、例えば、「勉強が苦手な子」と「勉強が嫌いな子」という言葉は、一見ニュアンスが似ているようで、しかし実際は意味合いが全く異なります。前者の場合、そもそもやる気はあるけれど方法が分からないということが多いと思うので、適した技術をレクチャーすれば済む話ですが、後者の場合、そもそもやる気自体の出し方が分からないとなると、家庭教師はまず始めに「心の持ちよう」から変えていかなければなりません。

 

・・・さて、以上を踏まえつつ、今回も以下の「家庭教師のファミリー」の口コミから、全体的評判をまとめていこうかと。

 
 

終始、笑いがある授業をしてくれているおかげで

嫌いだった勉強を少しずつ好きになってくれているようです。

学力の低い我が家の子供にわかりやすく説明してくれながら

どのような問題点があるかを素早くみつけその問題を解決する説明がわかりやすかった。

 

 

まず、「終始笑いがある」というのが良いですね!きっと、明るく和やかな雰囲気のなか授業が行われていたのでしょう。↑の生徒さんは、当初は「勉強が嫌い」なタイプだったようですが、派遣された教師の授業を受けることで、少しずつ気持ちに変化が生じたのかもしれません。

そういう意味では、「心の持ちよう」を変えるという当初の目的は達成されてるといって良いのでは?

 

また、それ以外にも「問題点を素早く見つけ」と書かれた部分が個人的に気になりました。勉強が嫌い、あるいは苦手という生徒は、そもそも自身の苦手や得意ころが理解できていない場合が多いので、そこを客観的に見る力を養ってあげれば、自然と自身の問題点を解決する力が身につくのではないでしょうか?

この記事に

このブログにて現在テーマにしている「生徒が勉強を習慣化するために教師側が行っている工夫」は、それこそ教師によっては、「やる気があれば何でも出来る!」という情熱論で全て解決しようとする者もいれば、「とりあえず成績さえ上がればそれで良いよ」という技術論優先の者など、内容は千差万別でしょう。

・・・個人的には、以上のふたつをバランス良く配合した方法を実施すれば、生徒さんも、またそのご家庭も満足のいく結果を追求できると思うのですが、そのあたりについて、今回も「家庭教師のファミリー」に関する口コミを参考にしつつ、評判をまとめながら考えていこうかと。

 
 

対応の早さと丁寧さ、成績が上がれば良いと思ってますが、

もう少し頑張ればここも上がるかもしれないという可能性とともに

引き上げてくれる情熱はとても素晴らしいと思います。

 

 

上記した口コミを書いたご家庭担当の教師は、どちらかというと「情熱論推進派」のようですが、技術面については、生徒さん自身の成績が上がったようなので、一応どちらのバランスも満たしているように見受けられます。

もしかすると、勉強法や成績について悩みを抱える生徒にとっては、まず始めに「情熱論」をぶつけた方が、その後スムーズに進むのではないでしょうか?

「自分はこれだけ君のことを想っているよ」と教師側が自身の本気を生徒に伝えれば、自ら「やる気スイッチ」を押すキッカケになるかもしれません。

 

やはり、情熱も技術も、家庭教師にとってはどちらも必須ということでしょう!

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事