家庭教師のファミリー|評判や口コミについて

家庭教師のファミリーの評判や口コミ、他社と比較したときの評価、家庭教師のファミリーを検討している方の参考となる内容をまとめます。

ここ数回にわたりこのブログでは「家庭教師のファミリー」という企業の口コミを参考に全体的評判を考察しつつ「生徒が勉強を習慣化させるコツ」についてまとめていきましたが、現在はこの習慣化を実現するべく派遣された教師側がどのような工夫を行っているかをテーマに進めております。

 

・・・では、まずは以下をご覧くださいませ。

 
 

主に中学の復習から始めて基礎学力を高めていったようです。

徐々に受験校を絞って学習を進めていきました。

 
 

家庭教師のファミリーには様々な学習コースが設けられており、その中には、基礎力を養ったり、学校の特徴に合わせて授業内容を復習するといったものも含まれており、非常に興味深い!

想像するに、学校での勉強に悩みを抱える生徒の多くに共通しているのは「授業についていけない」ではないかと。確かに・・・冒頭で基礎を教えられた時点でどうしても理解できなかった場合、その後自力で取り戻すのはなかなか困難ですし、ほぼ不可能でしょう。

 

教師が教えることを理解できない、勉強法がつかめないなど、様々な事情を抱えた生徒が受験で最初にぶつかるのは、決まって「基礎」の部分なのかもしれません。口コミを読むと、家庭教師のファミリーに所属する教師の多くが、成績が伸び悩んでいる生徒への受験対策として「基礎の見直し」を徹底していることが分かってきます。基礎をしっかり叩き込めば、自然と次のステップに進めるでしょうし、10代は脳味噌が大人と比べて柔軟なので、基礎を用いて応用問題も自分で解けるようになるはず。

 

そう考えると、たとえ受験時に難解な問題が立ちはだかったとしても、基礎力を上手く活用すれば解決の糸口を自ら発見できるでしょうし、そうやって自身の手で取り組んだという「実感」が、生徒の自信を上げるのに必ず役立つのではないでしょうか?

この記事に

このブログでは、家庭教師派遣会社「家庭教師のファミリー」を実際に利用したご家庭の口コミを様々な角度から考察し、全体的評判をまとめることを目的に更新しており、ここ数回は「生徒が勉強を習慣化させるコツ」について個人的な思いを記事にしてきました。

では、同社から派遣される教師たちは、「生徒が勉強を習慣化させる」ために果たしてどのような工夫を行っているのかでしょう?今回はこれをテーマに考えていくつもりです。

 

・・・まずは以下をご覧くださいませ。

 
 

家庭教師をお願いして、勉強に全然関心がなかった息子が、

英語と数学の復習をするようになり、学校の成績も上がりました。

若い学生の男性の先生でしたので、息子と気があったようで、

勉強の悩みなども相談できて良かったです。

 
 

以上の口コミを読んで思ったことは、どうやらこのご家庭を担当した教師は、まずは生徒との距離を縮めるところから始めたようですね。同じ様な工夫は他の教師も行っているようですが、口コミを見ると、「成功しているケースと失敗しているケースに極端な差があるなぁ」という印象を抱きました(笑)

まず距離感をつかむことは、それこそ家庭教師における鉄足のひとつだと思うのですが、中には「友達のような近すぎるコミュニケーションを求められるとかえって困る」という生徒さんもいるでしょうし、あまりにも距離が縮まってしまってはかえってご両親が勉強の進み具合を不安に思うかも、なんて可能性を想像すると、無闇矢鱈に相手と仲良くするのではなく、「相手が心地良いと思える距離を知る」ことに重点を置いた方が信頼を得やすいのでは?

この記事に

現在このブログでは、以前取り上げた「家庭教師のファミリー」に関する口コミを参考に、「生徒が勉強を習慣化させるコツ」について考察していますが、ファミリーから派遣された教師がお子さんの悩みを解決するためにどのような工夫をしているのか探ることで、全体的な評判をまとめていくつもりです。

 

・・・さて、今回は「勉強のための環境」について。

最近では、東大に現役合格した方の家での学習法が話題になっていますが、その多くが「家のリビングで勉強しいる」と聞き、非常に驚かされた記憶があります。ちなみに、彼らがわざわざ家族のいるリビングで勉強する理由は「人の話し声がする場所で勉強することで集中力を上げる」ためだそうです。

以上の内容から想像するに、もしかすると、勉強にあまり適していない場所は、終始静まり返った「図書館」ということも有り得るのでは・・・?もちろん、それぞれの好みも大いに関係してきますが、多少騒がしく、かつ人の目線が適度にある、例えば、カフェや家庭内で人の集まるような場所など、「自分の意識をシャットダウンし過ぎないところ」の方が、逆に目の前のことに集中できるのかもしれません。

 

そう考えると、やはり、最も勉強に適しているのは「自室」なのでは?

「自分の部屋はマンガや本があってつい意識が勉強から逸れてしまう」という話しは頻繁に聞きますが、毎日机に向かう時間を設定してさえいれば、その時間だけ集中すれば良いだけですし、身近に気分転換のためのツールが揃っている方が、自力で意識的に集中力を上げる練習になるように考えられます。

 

また、「集中できる部屋づくり」については、家庭教師と相談してみると、良いアドバイスがもらえるかもしれませんね!

この記事に

ここ数回にわたり、家庭教師の派遣会社「家庭教師のファミリー」に関する評判を参考に、「生徒に勉強を習慣化させるコツ」について考察しています。

 

・・・さて、一ヶ月優先的に机に座る時間を確保したら、次に行うのは「目標設定」です。

しかし、ここで気を付けなければならないのは「あまり大き過ぎる目標を設定しない」こと。重要なのは、勉強を習慣化させることなので、万が一途中で挫折するような目標を設定してしまっては、せっかく脳が勉強を日常だと認識したのに、また非日常に逆戻りしてしまいます。

例えば、「週一の小テストで満点を取る」「ここまでの英文を理解できるようになる」というように、まずは「毎日コツコツ続けられる」範囲から手を付け、脳に自分の行動を少しずつ「日常」と認識してもらうことが、特に重要なのかもしれません。

 

次に、勉強時間の確保、小さな範囲での目標設定と並行して行いたいのが「記録」です。

皆さんは「レコーディングダイエット」はご存知でしょうか?自分は数年前にあるテレビ番組ではじめて知ったのですが、日々の体重や食べた内容をノートに記録することで、ダイエットの効果を「見える化」し、やる気を引き出させるこの方法は、最近ではアプリを活用することで更に効率的に成果を発揮しやすくなっているようですね。

 

記録するツールをアプリやブログにし、同じように頑張っている人々と「努力を共有」し、励まし合うのも良いと思いますが、自分に適したものであれば、方法は自由に選んでも良いのではないかと。また、ここで書くのは「ポジティブな内容のみ」というお約束があるようですが、個人的にはネガティブな悩みを書き、毎日コツコツ解決法を探りながら勉強したほうが、精神的にも鍛えられるのではと、つい考えてしまいました。

 

・・・ただ、何はともあれ、まずは「慣れる」ことが先なので、焦らずに!

この記事に

「家庭教師のファミリー」に関する全体的な評判を調べるにあたり、引き続き前回の口コミから考察をしていこうかと。

 

・・・さて、前回取り上げた口コミに「授業を受ける側の心得」とありましたが、この生徒の担当になった教師は、勉強をする際のコツや態度について教えることで、習慣化を身に着けさせることに成功したようです。

では、一体どのような方法を実行し、生徒に「机に向かうことは苦痛ではない」と理解してもらえるようになったのか、今回は以上を中心に考えていきたいと思います。

 

まず、勉強を習慣化させるため最初にやるべきことは「一ヶ月机に座る時間を確保する」だそうです。

通常、人はなかなか新しい習慣に慣れません。その理由は、脳が「新しいこと」を積極的に排除する傾向にあるからなのだとか。それまで培ってきた「普通」を崩さないよう、入り込んできたイレギュラーなものを排除し、通常ルートに戻るよう脳が勝手に指示を出してしまうのです。

 

だから、一ヶ月優先的に勉強の時間をつくることで、意識の書き換えを行わなくてはなりません。

最初は脳内の司令とは異なることを行うため、けっこう苦しいらしいですが(笑)、だからこそ、こういう時に教師のユーモアがあれば、きっと肩の力を抜いて乗り越えられるでしょう。

前回ご紹介した口コミの生徒さんも、話し好きの教師に助けられたそうですし、まだ10代という年齢なので、柔軟に新しい価値観を受け入れられるのでは(^^)

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事