家庭教師のファミリー|評判や口コミについて

家庭教師のファミリーの評判や口コミ、他社と比較したときの評価、家庭教師のファミリーを検討している方の参考となる内容をまとめます。
前回に引き続き、今回も口コミを参考に「家庭教師のファミリーの評判を“違った角度”から考察する」というテーマで記事を更新していきます。
 
では、まずは以下をご覧下さいませ!
 
 
塾に通うことを考えれば安いのではないかと思います。
5教科のなかでまんべんなく指導してくれたので塾より安いと思いました。
年払いだと割安になるので使わせてもらいました。
 
 
 
上記した内容はファミリーの「価格」に関する口コミに当たります。
・・・お子さんの成績について悩みを抱えるご家庭にとって、最初の難関が「塾or家庭教師」ではないでしょうか?塾にも家庭教師にも、それぞれ異なるメリットがあるため、出来れば両方受けさせて、様々な経験をしてもらいたい、というのが「親心」というものでは?
しかし、ブルジョワ階級の家庭なら可能でも、一般家庭には当たり前ですが「両方」を選ぶ事は不可能かと。
 
この際、どこのご家庭でも最初に基準にあげるのが「費用」だと思います。
「塾」というのは基本的に「多数の生徒 対 教師ひとり」という構図で授業を進めるため、どうしても追いつけない子がひとりやふたり出てくるでしょう。が、最近はマンツーマンでの指導も取り入れているため、ここには、通常の授業についていけない生徒をフォローする狙いがあると推測します。
 
けれど、ひとつ疑問なのが、いくらマンツーマンでのフォロー対策を採用したとしても、ひとりの教師が複数の生徒を見なければならないのは変わらないとなると、更に「こぼれてしまう」生徒が出てしまう可能性が有り得るのでは・・・・?
 
そう考えると、広く教科を扱い、且つ塾と比較すると低価格な「家庭教師のファミリー」には、子供を置いてけぼりにしないという大きなメリットがあるのではないでしょうか?

この記事に

前回に引き続き、今回も口コミを参考に「家庭教師のファミリーの評判を“違った角度”から考察する」というテーマで記事を更新していきます。

では、まずは以下をご覧下さいませ!


子供のペースや仕上がりに合わせて指導してくれたので格段と良い結果が出たと実感できました。
本部からの計画より本人に合わせてくれたのが良かったです。


今回取り上げる口コミも全体的にポジティブな内容ですね!ここまで嬉しい言葉が多く並んでいると、担当教師も大喜びしてしまうのでは(^^)
上記した口コミの作成者であるご家庭の担当になった教師は学生ですが、内容を見る限り「家庭教師」としてはとても有能な事がよく分かります。生徒とのコミュニケーションも積極的に取り、且つ「高校合格」という目標を見事に達成して見せるためには、生徒だけではなく、教師自身にも「熱意」がなければ難しいのでは?

また、↑の口コミを見ると、担当教師が「全面的に生徒自身のペースに合わせるよう工夫してくれた」様子がよく伝わっってきます。
改めて考えてみると、「他人のペースに合わせる」というのは、相当難しいと思います。例えば、企業の同期や大学の同じサークルの仲間同士など、共通点が多く「勝手知ったる関係性」であれば難しくはないものの、そこにちょっとした「相違点」が加わるだけで、色々と難しくなってしまうのではないかと・・・。

特に、いくら年齢が近かったとしても、「教師・生徒」というとある程度上下関係が成立してしまっているので、いくら教師側が譲歩したとしても、生徒のペースにきちんと「歩み寄る」事はなかなか出来ないでしょう。そこを成功させたこの教師は、元々人柄が良く、上下関係を飛び越えるための「才能」があったのかもしれませんね!

この記事に

前回に引き続き、今回も口コミを参考に「家庭教師のファミリーの評判を“違った角度”から考察する」というテーマで記事を更新していきます。

では、まずは以下をご覧下さいませ!


体験という面談のあとこちらの希望する講師を希望通り派遣してくれました。
定期的に連絡もくれ様子などを確認したりしてくれました。


上記した内容は「親御さんから“家庭教師のファミリー本部”に対する評判」という感じですね!この親御さんが書かれた担当教師に対するコメントを見ると、希望がスムーズに通っただけではなく、生徒との相性も抜群だった事がよく分かります。

「相性の良い家庭教師と出会えるまで時間がかかった」というご家庭は意外と多いかもしれません。親御さんが「良い!」と太鼓判を押したとしてもそれをお子さん自身が納得していなければ意味はありませんし、相性が良くても教師が異性だった場合、親御さんは気が気じゃないでしょうね・・・・。

だからこそ、家庭教師のファミリー側が、親御さんの希望をしっかり「叶え」、マッチングを成功させたのには、正直驚いてしまいました。最終的に希望の教師を派遣出来たという事は、つまり面談時の「ヒアリング」の内容が良かったという事だと思います。

以前、不登校のお子さんがいるご家庭の口コミを取り上げましたが、そこで特に強調されていたのは「担当教師・スタッフとの面談時の様子」です。この場合、親御さんの意見はもちろん、それ以上に生徒自身の意思を尊重する必要があると考えると、充実したヒアリングを行わなければならないのでは。

今回の口コミは、再度「家庭教師のファミリーが面談時に行うヒアリングの充実度」が分かる内容だったと、個人的に思いました。

この記事に

前回に引き続き、今回も口コミを参考に「家庭教師のファミリーの評判を“違った角度”から考察する」というテーマで記事を更新していきます。

 

では、まずは以下をご覧下さいませ!

 
 

現役の大学講師でしたが同性のため勉強以外にも刺激を受けたようです。

子供の得意なところや苦手なとこを的確に判断してくれそれに対して指導してくれました。

 
 

「同性の大学講師」が担当だったようですが、性別については書いていないため生徒・教師双方が男女どちらっだのかは分かりませんでした。ちなみにこれは以前もご紹介したと思うのですが、「教師が同性だった場合」は以下のようなメリット・デメリットがあります。

 
 

「教師が同性だった場合のメリット」

・両親が異性間のトラブルを心配する必要が無い

・生徒から自主的に心を開きやすくなる

 

「教師が同性だった場合のデメリット」

・「教師」「生徒」の境界線を超えて友達感覚になり過ぎてしまった場合授業が進まない

 
 
 

上記した口コミを見てみると、このご家庭の場合、「同性の教師」は最終的に良い結果をもたらしたようですね!生徒自身が「教師から刺激を受けた」との事で、きっと「年齢が近い」というのも大きく影響したのでは?

担当教師が学生の場合、どうしても経験豊富な社会人からなる「プロ家庭教師」には及ばない部分が出てきてしまうでしょう。・・・が、学生の場合、最大の武器は「年齢の近さ」です。生徒とそれ程年齢が離れていなければ、距離を縮める手間を省いて勉強を始められるかもしれませんし、また生徒自身が教師を「目標」に定めて頑張れるのではないかと!

この記事に

ここ数回にわたり「家庭教師のファミリーの“不登校サポートコース”」を参考に、何かしらのハンデがあるため勉強以外にもある程度のサポートが必要な子供が生徒になったケースを想定して記事を更新してきました。

・・・が、以上のテーマは前回で一区切りとしまして、改めて「同社の評判」を口コミから考察していきますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです!

(ちなみに、以前取り上げた口コミと同じものを掲載する可能性が高いですが、これまで扱った不登校や発達障害の情報を取り入れつつ、また違った角度から切り込んでみたいと考えています。)

 

では、まずは以下をご覧下さい。

 
 

もともと計画をたててそのように進めていく性格なので

勉強面などに心配はなかったのですが強化するために依頼しました。

最終目標の高校に楽に合格しました。

 
 

・・・一見すると、「お子さん、何の心配も無いのでは?」と言いたくなってしまいますが(笑)、けれど、将来を決定する「受験」には、大袈裟なくらいの準備をしておく方が逆に丁度良いのでしょう!とりあえず、最終目標の高校に楽に(!)合格出来て良かったですね、おめでとうございます(^^)

 

日本の「受験」に対する国民の感覚は誰もが口を揃えて「過酷」と言うと思います。この点、海外とは事情が異なるようで、例えば大学受験の場合、「卒業するまでが特に大変」なのだとか。つまり、学習に対して意欲がある者は広く受け入れるけれど、卒業のためには相当な努力が必要になる、という事なのでしょう。

 

このように日本以外の事情を視野に入れてみると、「受験勉強をある程度無理をせずに乗り越える方法」があるなら、喜んで受け入れるべきだと思えてきます。「努力こそ美徳」なんて風潮が存在しますが、あまり気にせず「自分に合った道のり」を選ぶため、家庭教師のファミリーのようなサポート事業を活用し、設定目標をクリアすべきでは?

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事