家庭教師のファミリー|評判や口コミについて

家庭教師のファミリーの評判や口コミ、他社と比較したときの評価、家庭教師のファミリーを検討している方の参考となる内容をまとめます。
前回から、世の中の家庭教師がどのような「基準」で受験対策を講じているのかを調べることで「家庭教師のファミリー」の評判を客観的に考察すべく記事をまとめています。
・・・では、以下より前回のポイント①のつづきをお届けしますので、よろしければご覧くださいませ!

受験中に不安渦巻く大きな穴にパックリ飲み込まれてしまい、袋小路に入ってなかなか抜け出せなくなり、苦い結果に涙したという世の中の「元受験生たち」は一体どのくらいいるのでしょうか?彼らにとっては、大人になった今となっては過去の失敗は遠いものですが、現在当事者として頑張っている受験生たちにとっては、はじめて人生を揺るがす大きな課題に直面したも同然なのでは?

現在、学習界隈で問題になっているのが「暗記系の問題が増えている」点なのだとか。目の前の問題を「暗記」という対応策で解くのは一番簡単な近道であり、きっと生徒にとっても覚えやすいのでしょう。しかし、これだけでは「考える力」が身につきません。
ポイント①やポイント②の前半でも書きましたが、生徒がピンチに陥った際それをチャンスに変えるのは「発想の転換力」です!それを可能にするためには「考える力」をどんどん養う必要があります。

暗記系に頼って勉強している生徒の場合、見たこともない問題を目の前にするとすぐ心折れてしまうそうです。が、応用に慣れた生徒の場合、決して公式の解き方にこだわらず、自由に発想を展開させて回答を導くのだとか。
ちなみに生徒の考える力を養うコツは「基礎力」と「集中力」を育むことなのだとか。

この記事に

前回から、世の中の家庭教師がどのような「基準」で受験対策を講じているのかを調べることで「家庭教師のファミリー」の評判を客観的に考察すべく記事をまとめています。
・・・では、以下より前回のポイント①のつづきをお届けしますので、よろしければご覧くださいませ!

仮に数学のテストで答えは合っていたとしても使用した数式が間違っていればきっと教師はバツをつけるでしょう。しかし、ここで確実に見逃されてしまうのは「本人が答えを導くまでに努力した経緯」です。答案用紙に様々な数式が試されている跡があったとしたら、それはつまり本人が「自由に数学をたのしもうとしている」証拠なので、学習のプロは必ず尊重するようにしているのだとか。

もし、数学の受験問題に自分の苦手な問題が登場したとしたら、きっと瞬間的にパニックに陥ると思います。けれど、ここで一旦落ち着き、苦手な問題を得意な数式たちで応用して解けたとしたら、すごいことなのでは?

上記したことが可能になるコツは「イメージ」です!数式をイメージで捉えることで、答えにたどり着くまでの過程を「自由に創造する」ことができます。


ポイント②「考える力」でピンチをチャンスに
受験会場のヒリヒリした空気は、誰だって苦手です。緊張のあまり気が変になりそうだったり、思わず声を上げて逃げ出したくなる受験生もいるでしょう。それはきっと、試験官の大人も同じだと思います。
そんな極度の緊張感のなか、もし自分が最も不得意な科目で苦手なタイプの問題が出題されたとしたら、更に不安になるのでは?

(つづく・・・)

この記事に

「きっと、家庭教師の皆さんは、つねにリサーチを怠らないのでしょうね。」
前回、上記した内容を書いたところで記事を終えましたが、あの後ふと以下の疑問が頭に浮かびました。

「・・・そもそも、世の中の家庭教師たちは、どのような“基準”で受験対策用の傾向を生徒に提案しているのだろうか?」

この疑問が解決してしまえば、勉強が極端に苦手な学生の悩みはすべて消し飛んでしまいますが(笑)
けれど、生徒によって苦手分野や勉強のスタイルは異なると思うので、基礎を明確にするだけではなくそれを「使い分ける」必要があるのでは?きっとここが最も難しいところなのでしょう。

しかし、個人的に「基礎」を理解すれば、家庭教師のファミリーでは普段からどのような創意工夫と努力が行われているのか、よりイメージしやすくなるのではないかと。そこで、ここでは数回にわたり「受験対策の“基礎”知識」をテーマに、ネットで調べた内容を参考に記事をまとめていくつもりです!


ポイント①知識は「イメージ」で掴む
「理数系」「文系」というように、通常学生は自身の得意分野や興味から専攻を決定します。
文系に進む場合は、「答えを自由に創造できる」点に惹かれるのでしょう。逆に理数系の場合は、「答えが既にひとつに絞られている」点に魅力を感じるものだと思われる方は多いかもしれませんね。
・・・が、例えば数学問題の場合、確かに答えはひとつだけだったとしても、じつは問題を解くまでの過程は文系と同様「自由」だったりするそうです。

(つづく・・・)

この記事に

前回に引き続き、今回も口コミを参考に「家庭教師のファミリーの評判を“違った角度”から考察する」というテーマで記事を更新していきます。

では、まずは以下をご覧下さいませ!


学校の成績は上位でしたが、受験にはまた別の対策が必要と知り、
合格の可能性は低いと志望校に言われました。
短期間で的を絞り苦手部分を中心に始動してくれて、合格出来ました。


「学校の成績UP」と「受験対策」、この両者は一見同じ目的に見えて、その実中身は全く異なります。元々勉強が得意な子はその事実に自ら気づけるのでしょうが、普通はなかなか難しい・・・・。
想像するに、学校で教える教科を満遍なくおさえたい場合、基礎的な部分をきちんと把握すればある程度は大丈夫だと思います。そうすれば応用問題にも対応できるでしょうし、その他様々な課題を自力で解くための体力がつくのでは?

・・・しかし、「受験」となると話しは別!
受験の場合、毎年「傾向」が異なるので、そのための「対策」を用意する必要があるとなると、「基礎」を身に付けるだけでは対応しきれません。その証拠に、上記した口コミのご家庭のお子さんは、成績上位にも関わらず、志望校から「合格の望みは薄い」という厳しい現実を突きつけられてしまったようです・・・。

「短期間で的を絞る」のは、家庭教師だからこそ為せる技ですよね!
生徒の苦手部分を客観的に把握し、その年の受験の傾向を見て、そこから「オリジナルの“対策”」を考案するというのは、こうやって文章にしてみて改めて凄いことだと思いました・・・。

きっと、家庭教師の皆さんは、つねにリサーチを怠らないのでしょうね。

この記事に

前回に引き続き、今回も口コミを参考に「家庭教師のファミリーの評判を“違った角度”から考察する」というテーマで記事を更新していきます。

では、まずは以下をご覧下さいませ!


元々あまり勉強が好きではなく、わからないものもそのままにしておくタイプでしたが、
家庭教師の先生が来てから理解することの楽しさ、意欲が出てきたように思います。


「苦手なことを克服しなければならない」タイミングというのは、誰にでも人生で数回は訪れるものだと思います。↑のお子さんのように、それは勉強だったり、仕事だったり、恋愛や人間関係だったり、家族の問題だったりと、状況によってそれぞれ異なります。
こういう時、本人にとってはかなり大変な状況だったりするものの、それがなかなか他人には伝わらなかったりするんですよね・・・・。

だから、たとえば勉強につよい苦手意識を持つ生徒に対して、本人の大変さを理解してあげるためには、上辺だけではなく、相手の心の扉をひらいてあげるようなコミュニケーションが必要だと考えます。それが成功すれば第一関門は突破したも当然だし、そのおかげで↑の生徒と教師のあいだには、つよい信頼関係が生まれたのでは(^^)

本人の考え方を「苦手な対象=得意なもの、たのしいもの」に変えるためには、認識を180度変換しなければなりません。それが可能にするコツは、きっと色々とあるのでしょう。
・・・けれど本当に大切なのは、本人が自主的に気持ちの切り替えができるまで、決して無理強いをせず「待ってあげる」ことなのかもしれません。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事