ここから本文です
Happy's Photo Room
当ブログはフォトギャラリーとして身近な被写体から風景、野鳥など様々な被写体を展示・紹介していきます。

書庫日記

記事検索
検索

全117ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お知らせ


2019.03.01  blogアップ中断のお知らせ
 Yahoo!ブログのサービス終了に伴い、2019年3月1日から当blogのアップを中断しています。
 (2019年12月15日をもって完全終了となります)

 やっとblogも軌道に乗ってきた矢先の出来事で、大変残念であり憤りを感じているところです。
 今までご訪問頂きました皆様方には、この場を通じて心から深くお礼を申し上げます。
 また、コメントを通じて沢山の方々と交流が出来たことは、励みとなり楽しみでもありました。そして、知らないことなど沢山の情報や知識を得られたのもblogのお陰かと感謝しております。
 サービス終了はまだ先の事ですが、2019年3月1日でblogの記事アップを中断しますことをご了承下さい。
 今まで本当に有難うございました。

イメージ 1

 なお、先行してAmeblo にて再スタートしました。
          タイトル:Happy's  Photo  Room
            http://ameblo.jp/happy-1ya/

          今後とも宜しくお願い申し上げます。

開くトラックバック(0)

2019.02.18 コミミズクの出番まで... 
 本日は快晴で風も爽やかな微風で暖かい日なので、コミミズクを撮りに出かけました。
 撮影ポイントには既に数十台のバーダーがスタンバイしていましたが、まだコミミは出没していないとのことでした。
 すぐさま機材をセットしてスタンバイしていると、ノスリが現れて長時間ホバーリングをしてくれて、コミミ撮影のウォーミングアップということで撮影してみました。
 ノスリは冬鳥として全国に飛来して、全長50-60cm、翼開長100-140cm、体重は1000g前後、オスよりメスの方が体長が大きいようです。
 飛んでいるとトビに良く似ていますが、トビは全体が茶褐色でノスリは上面が暗褐色、裏側は白っぽいです。尻尾の形状はトビは切れ込みがありますが、ノスリは扇形です。
 
   EOS-1DX EF500/4L IS USM  EF2× Ⅱ(1000㎜相当)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

開くトラックバック(0)

コミミズクに会いに!

2019.02.18 本日は快晴、コミミ日和 
 本日は快晴で風も爽やかな微風で暖かい日です。
 そうだ! コミミズクを撮りに行こう!と自宅から車で約50分ほどのコミミが出没する、昨年とは違うポイントへ向かいました。
 コミミズクの撮影は今年が二年目で、まだまだ初心者です
 1月中にも二度昨年の出没ポイントに通ったのですが、とうとう出没せず今シーズンはまだ撮れていません。
 そんな訳で、昨年の情報を基に新ポイントに到着すると、既に午後1時過ぎで約30台以上の多方面のナンバーを付けた車が停まっていて、大砲レンズを並べて待ち構えていました。

   EOS-1DX EF500/4L IS USM  EF2× Ⅱ(1000㎜相当)
イメージ 1
16:25  撮影に入った場所から約300m以上の下流にコミミが出没。

イメージ 2
16:28  こちらの上流に飛んで来い!と願いが叶い飛来してくれました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
丸太をぶった切った様な体に、トーマスの顔を付けたようなコミミちゃん

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
16:31 上空を回った後に、予測した通り測量の先端に止まりました。

イメージ 10
16:42 ここでは長い時間止まったまま動かずでした。
この時点でコミミをget出来たCMさん達は殆ど帰って行きました。

イメージ 11
17:28 その後に下流から土手をかすめるように戻ってきました。

イメージ 12
さらに近くの測量の先端に止まって獲物探しの様です。

イメージ 13
キョロキョロと頭だけ左右に動かします。

イメージ 14
すると急に飛び出しました。

イメージ 15
獲物でも見つけたか?

イメージ 16
17:31  下流の方に消えていきました。

イメージ 17

イメージ 18
西の空は夕焼けとなり、やっとコミミをget出来て安堵で帰宅です

開くトラックバック(0)

雪舞うヤマセミ...

2019.02.09 気持、雪とヤマセミ 
 2月9日は降雪予報でしたので、雪とヤマセミの絡みの撮影したくて期待して迷わず某渓流に夜行で一っ走り。
 朝一6時過ぎにいつもの撮影ポイントに薄暗い内にスタンバイ。
 7時前後くらいから予報通り雪が降り始めてきました。気持ちは期待してテンション上がってきます。徐々に渓流周辺の樹々には薄っすらと積もり始めますが、渓流沿いの岩などには積もることがなく解けていきます。
 余程の大雪にならないと枝や岩などに積もらないようで、完全な雪とヤマちゃん絡みは撮れませんね。

   EOS-1DX EF500/4L IS USM  EF2× Ⅱ(1000㎜相当)
イメージ 1
7:47に下流からオスのヤマちゃんがやっと飛来してきました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
対岸の高枝に着地寸前のショット!

イメージ 6
パラパラ降る雪が、一応ヤマセミと雪の絡みシーンです

イメージ 7
高枝から飛び出して、左右往生。

イメージ 8

イメージ 9
直ぐに引き返して来て、少し上流の高枝に着地。
目視では結構雪が降っているのですが、望遠圧縮してもこんな程度の写りでした。

イメージ 10
7:56 そして再び下流200m先のお気に入りの場所へ移動です。
この後は下流に飛び去り、午後4時過ぎまで飛来して来ませんでした。
この間はオシドリ、ダイサギ、カワウ、キジバト、カラスなどの野鳥が
ヤマセミの代役で登場してくれました

イメージ 11
16:23 僅かに降り積もった雪のフジ蔓のブランコにメスが飛来するも...

イメージ 12
積もった雪にバランスを失い、足を滑らせて慌てるヤマセミ。

イメージ 13
結局滑って止まれず...

イメージ 14
下流へ飛んで行ってしまいました。今日はもう塒入りでしょうか。

開くトラックバック(0)

オシドリ戯れ

2019.02.09 オシドリと水辺の野鳥 
 2月9日某渓流にヤマセミ撮影に遠征して、待機中に飛来して来たオシドリなどを撮影してみました。

   EOS-1DX EF500/4L IS USM  EF2× Ⅱ(1000㎜相当)
イメージ 1
まるで作り物の縫いぐるみの様ですね〜

イメージ 2
メスは地味なのに...

イメージ 3
仲が良さ様ですが...

イメージ 4
圧倒的にオスが多い群れでした。

イメージ 5
メス歩羽搏きと手前オス

イメージ 6

イメージ 7
バックショットですが、念願の飛翔姿が撮れました。

イメージ 8
ただ、難は背景と同系色だったのが残念ですね〜

イメージ 9

イメージ 10
オシドリ飛び立ち。

イメージ 11
飛び立ちは中々素早いです

イメージ 12
秒/14コマに助けられ連続シーンが撮れました。

イメージ 13
渓流の雰囲気がお気に入りです!

イメージ 14
ダイサギ飛来。

イメージ 15
ダイサギは羽を広げると美しい姿ですね。

イメージ 16

イメージ 17
一時減ったのですが、最近この渓流でカワウを見かけることが多くなりました。

イメージ 18
黒い鳥は背景がシャドーだと、AFのピンが合いにくいですね

開くトラックバック(1)

全117ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事