ここから本文です
Happy's Photo Room
当ブログはフォトギャラリーとして身近な被写体から風景、野鳥など様々な被写体を展示・紹介していきます。

書庫日記

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2018.10.08  JRS 日本ロマンチック街道取材記⑦
 椎坂峠を越えて片品村の築地地区を訪れ、秋晴の高原でのんびりと一息入れてから、再びR120号線を南下して県道267号線から薗原湖を通り、旧:利根町日影南郷地区に今日最後の取材先へと車を走らせました。
 南郷の曲屋は鈴木家先祖が利根町に神社を建立するために来村し、定着して代々名主として務められたとのこと。平成16年3月に沼田市の重要文化財に指定されています。
 曲屋は東北地方などに多いL字形をした茅葺屋根の民家で、突起部分に「うまや」が設けられ、馬の健康状態を常に把握できるよう母屋と一体となった造りで、正に馬と同居生活の住宅ですね(笑) 関東地方では非常に珍しい茅葺屋根の曲屋です。 

 南郷の曲屋の所在地群馬県沼田市利根町日影南郷158−1
 【開館時間】午前10時から午後4時 
 【入館料】 大人100円 小人50円(中学生まで)
 【休館日】 木曜(祝日の場合はその前日)・年末年始

Canon EOS-1Ds  MarkⅢ  EF24-105/4L IS USM
イメージ 2
曲屋は県道に面した場所にあります。

イメージ 1

イメージ 3
入館受付を済ませて内部に進みます。
イメージ 4
母屋は切り妻造りで、目に付くのは立派な茅葺の屋根です
建造年代は天明5(1785)年に竣工されたと推定されています。

イメージ 5
この屋根の形は東北地方の曲屋には無いようですね。

イメージ 6

イメージ 7
茅葺の維持管理に常に火を焚いて煙で燻しています。

イメージ 8
土間には囲炉裏と釜屋(炊事場)があります。

イメージ 9

イメージ 10
居間には神棚、仏壇などがあります。

イメージ 11

イメージ 12
他の部屋よりも床が高くなっています。正式な書院造りです。

イメージ 13

イメージ 14
ふすまは分厚く重いです。ふすま絵が渋いですね〜

イメージ 15
木造建築は常に寒気を良くして

イメージ 23


イメージ 16

イメージ 19
以前、晩夏に訪れた時は、グシ?に山百合が咲いていました。

イメージ 17
茅葺の材料はススキを刈り取り乾燥したものを葺きます。

イメージ 18
茅葺屋根としては立派で風格があります。日本建築の美ですね。
イメージ 21
水車は稼働していませんが、当時は脱穀や製粉、製糸などの生活の動力源でした。

イメージ 20
サルビアの赤い花と苔生した茅葺の苔が趣があります。

イメージ 22
ウエノ蔵、シタノ蔵、新蔵、味噌蔵と4つの蔵があります。

外観の撮影には少し日照が足らず、季節を変えてリベンジ要です(苦笑)
今日の宿泊先は道の駅白沢望郷の湯です。

この記事に

開くトラックバック(0)

椎坂峠から片品村へ

2018.10.09  JRS 日本ロマンチック街道取材記⑥
 嬬恋村から沼田市に入りました。
 椎坂峠は山道特有の急カーブと急坂が連続していて、特に冬期は積雪や凍結のため難所とされていましたが、椎坂白沢トンネルと椎坂利根トンネルが完成して、直線で平坦な椎坂バイパスが2013年11月に開通しました。
 かつて私も尾瀬通いしていた頃は、夜間椎坂峠は気象によりガスが発生して視界が遮られることもしばしばでした。バイパスが開通してからは尾瀬や日光方面へは時間短縮され、安全に走行できるようになり便利になりました。
 バイパスが開通してからは椎坂峠はご無沙汰で、あの赤い屋根のドライブインが気になり通ってみました。最後まで対向車や後続車がなく快適なドライブで、R120号線に合流して旧:利根町を通り片品村に入ります。
 片品村築地という所に有名な美味しい尾瀬ドーフのお店があり、購入する予定でしたが定休日ではないのに閉まっていて残念!

Canon EOS-1Ds  MarkⅢ  EF24-105/4L IS USM
イメージ 1
椎坂峠(標高740m)から正面奥には沼田の街並みが望めます。

イメージ 2
奥の河岸段丘の台地は赤城山麓で昭和村があります。レタスなど高原野菜栽培が盛んです。

イメージ 3
椎坂峠のピークには赤いとんがり帽子の屋根が印象的な「オルゴール館椎坂」
やドライブイン、レストランがありました。あ〜懐かしいです!

イメージ 4
道路は傷みがなく綺麗な状態ですが、殆ど通行車両はありませんでした。
建物は売却物件となっていました。

イメージ 5
片品村築地に美味しい豆腐屋があるので立ち寄ると、定休日ではないのに閉まって
いて残念でした! 少し進むと青空白雲に真っ赤なリンゴがいい感じ。
 

イメージ 6
真っ赤に色付いたリンゴが収穫間際で美味そう! しかし立派な木ですね!

この記事に

開くトラックバック(0)

愛妻の鐘と嬬恋牧場

2018.10.08  JRS 日本ロマンチック街道取材記⑤
 RS日本ロマンチック街道の取材は万座温泉から嬬恋村「愛妻の鐘と嬬恋牧場」に立ち寄ってみました。過去にも夏の季節に訪ねた事があり、当blogの2017.7.16にもUPしています。やはりコスモスが咲く高原は風情がありますね。ちょっと急ぎ足での取材でしたが、これから万座ハイウェイを下り沼田市(旧:利根町)まで長距離移動します。 

Canon EOS-1Ds  MarkⅢ  EF24-105/4L IS USM
イメージ 1
晴れ渡る秋空の下、嬬恋牧場はコスモスが満開です。

イメージ 2
咲き乱れるコスモスとレストハウス

イメージ 3
牧場には1頭しか見当たりませんでした。草を食べていて中々頭を上げてくれず。

イメージ 4
日本愛妻家協会が提唱する「愛妻家テミル原則」のゲートをくぐり抜け愛妻の鐘へ...

イメージ 5
鐘突き台。曲線を生かした芸術的なアーチが素晴らしいですね。

イメージ 6
人物が入ると、その大きさが表現できます。

イメージ 7
「愛妻の鐘」は2010年に嬬恋牧場内に設けられました。

イメージ 8
嬬恋村は愛妻家の聖地として雄大なキャベツ畑の真ん中に「愛妻の丘」という
スポットもあり、共に鐘が設けられていますので是非訪ねてみては。

イメージ 9
素晴らしい眺めの嬬恋高原で、愛を語り愛の鐘を鳴らしてみては

この記事に

開くトラックバック(0)

万座温泉・空吹き

2018.10.08  JRS 日本ロマンチック街道取材記④
 今回のJRS日本ロマンチック街道の取材は群馬県嬬恋村、中之条町渋峠で星景からスタートして、芳ヶ平の黎明と雲海は残念ながらホワイトアウトで期待していた撮影はできませんでしたが、万座高原はまずまずの紅葉が撮影出来たのでR292万座三叉路から県道466号線(万座道路)を下り万座温泉に向かいました。
 万座温泉日進館で立ち寄り湯をしていきたかったのですが、時間的な余裕がなくて、過去に何度も取材はしていますが、通りすがりなので空吹きに立ち寄り撮影しました。

Canon EOS-1Ds  MarkⅢ  EF70-200/2.8L USM
イメージ 1
左側の流れは空吹きからの雨水や地下水が温められて流出しています。
源泉かけ流しですね! 

イメージ 2
硫化水素の有毒ガスと一緒に水蒸気が噴出してます。

イメージ 3
噴出口周辺は硫化水素の有毒ガスが噴出していて草木は育ちません。
少し右にカメラを振り、紅葉した草木を配して見ました。

イメージ 4
地球が活動している証、自然の雄大さが間近で見られます。

イメージ 5
硫化水素は有毒で、周辺は硫黄臭が漂い息苦しくなってきます。
黄色く見えるのが硫黄成分で、正に地獄覗しているかのようですね。

この記事に

開くトラックバック(0)

嬬恋村・万座高原秋景

2018.10.08  JRS 日本ロマンチック街道取材記③
 渋峠での星景は取り敢えず無事にリベンジ撮影が出来ました。8日未明は一睡もせずに黎明を迎えることになりましたが、日の出時刻前から渋峠と芳ヶ平湿原は完全ホワイトアウトで芳ヶ平の黎明や雲海は撮影お預けとなってしまいました。
 余りにも長時間にわたりガスが消えないので、一時退散してR292を戻り万座高原へと移動しました。
 ホワイトアウトの渋峠から少し下り山田峠付近に来るとガスは殆ど無く、陽が射して紅葉の高原を輝かせていました。渋峠のガスが晴れるまで紅葉風景を満喫しました

Canon EOS-1Ds  MarkⅢ  EF24-105/4L IS USM、70-200/2.8L USM
イメージ 1
白根山の裾は火山性ガスが通年噴出していて硫黄臭がします。

イメージ 2
R292眼下はダケカンバが綺麗に黄葉しています。

イメージ 3
ナナカマドの赤い実に、夜露の雫が付着していました。

イメージ 4
ダケカンバの黄葉が目立ちます。

イメージ 5
R292から万座温泉に向かう万座道路を望む。

イメージ 6
ナナカマドの赤い実がR292沿いの随所で見られます。

イメージ 7
時々ガスが漂ってきますが、動きが早いので陽も差し込んでくれます。

イメージ 8
時々万座温泉側からもガスが立ち上ってきます。

イメージ 9
ここの斜面は赤の紅葉が目立ちます。地表は殆ど笹で覆われています。

イメージ 10
背景はの芳ヶ平や渋峠は相変らず濃いホワイトアウトが続いているようです。
万座高原は渋峠と目と鼻の先ですが、標高と地形の関係でしょうか陽が射します。

万座高原で暫く撮影を楽しみ、9時半過ぎに再び渋峠に戻りましたが、相変らず
ホワイトアウトの状況が続いていて全く撮影になりません。芳ヶ平湿原の撮影は
諦めて、万座温泉へと引き返しました。

この記事に

開くトラックバック(0)

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事