ぐるめっしゅ☆ライフ

美味しいものを求め東へ西へ。全国の美味しいものを食べまくります!
 熊本でのひとりランチです。
最近ではひとりランチにも慣れ、
席にさえつけば落ち着いて食事やお茶を楽しめますが、
席につくまではちょっと緊張します。

一人でお店の人に迷惑じゃないかな(4人掛けしかない場合)、
とかそもそもおひとりさまを歓迎しない店だったりとか・・・
そんなことを考えて、ちょっとどきどきしてしまいます。

今回ランチで向かったのは、
上通にある『feal &feal's pie』さん。
入口が分かりにくくて、
一度、お店の前を通り過ぎてしまいました
キャッスルホテルの向かい側にあります。
私が案内された席からホテルがよく見えます。

イメージ 1

このお店はパイが美味しいということで、
それならとミートパイ(¥950)にプラス¥300で、
スープ、サラダ、ドリンクのセットを注文しました。

イメージ 2

まず、スープとドリンク(アールグレイ)です。
かなり大胆というか男性的というか、
パセリがあちこちに飛び散っていますね。
味は、やさしい甘みのあるコンソメです。
しめじ等の野菜が入っています。

イメージ 3

ミートパイにマッシュポテト、サラダ、ピクルスです。
ポテトはほとんど味がついていません。
サラダは、ドレッシングがすごくしょっぱくてどうしようかと思いましたが、
なんとか完食しました。

イメージ 4

パイを切ってみると、ひき肉がいっぱい入っています。
どちらかというとゆるめです。
パイに絡めながら食べたのですが、
それでも余りそうだったので、
マッシュポテトを動員しました。
こんな時のために、味が薄めだったのかな?

ミート部分は、そうパンチがあるわけでもなく、
誰にでも食べやすい無難な味つけです。
そして、パイ部分。
パイというより、本当に餃子の皮を2枚重ねました!
という感じです。
これがオーストラリア風なんですね。
初めてのことでびっくりしました
ピクルスは、スパイスの香りはなかったですが、
好みの味付けで美味しかったです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

磯鷸之庄 月コース

 熊本市内での久しぶりのランチです。

ゆっくり食事する時間があったので、
それなりの雰囲気と内容のあるランチにしたくて
いろいろ探した結果、『磯鷸之庄』さんに決めました。
上通にもお店があるようですが、
今回伺ったのは本荘の方です。

先月からランチメニューが変わり
私たちがいただいた月コース(¥2200)と、
月コースにせいろ蒸しがついた風コース(¥2700)
2種類のみのようです。 ※いずれも税別

イメージ 1

右の花びら形のお皿が鯛のお造り、
左の赤いカップにはタコ・野菜のアチャラ漬け、
奥のグラスが夏野菜の煮びたしです。
目でも楽しめますね。

イメージ 2

蓮根とすり身の揚げたもの、
お椀はすり流し汁です。
揚げ物は、レモンと塩でいただきます。

イメージ 3

篭盛りです。
手前は、赤魚の味噌漬け?、生麩田楽、
ナスの田楽・・・全部味噌味ですが、食材が違うので
クドい感じや違和感はありません。
他は、胡麻豆腐、茶碗蒸しのようなもの、
ローストビーフと野菜のサラダ等です。

イメージ 4

主食は、白いご飯、パン3種、冷や汁から選べました。
これは冷や汁です。
上の篭盛りと一緒にいただくのですが、
パンもありなんですかね。
私は、トーストに味噌汁といった組み合わせはNGなので、
ここはごごはん以外の選択肢はありません。

イメージ 5

最後に、デザートと飲み物です。
飲み物は、コーヒー(アイス・ホット)、抹茶から選べます。

右が、白玉とサツマイモのレモン煮が入っています。
左はたぶんオレンジのゼリーですが、
お腹がいっぱいで箸をつけませんでした。

カウンター席といって案内されたのですが、
普通のカウンターというのではなく
中央にある10名以上は座れる大きなテーブルで、
割と周囲を気にすることなく、ゆっくり食事ができます。
お昼のコースは月替わりらしいので、
また、月が替われば行ってみたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

嬉野温泉 萬象閣敷島

 台風が近づく中、佐賀県の嬉野温泉に行ってきました。
近くの武雄温泉には以前行きましたが、
嬉野温泉は、今までなぜか行く機会がありませんでした。

今回初めての嬉野温泉で選んだお宿は
『萬象閣敷島』さんです。

たぶん、かなり昔からあるお宿だと思いますが、
素敵にリニューアルされて、
和モダンな雰囲気にまとまっています。

さて、楽しみにしていた夕食です。

イメージ 1

氷の器に入った鯛、ヤリイカ、ヒラマサのお造りです。
手前の小さな器は、パウダー塩、田舎醤油、梅味噌です。

その右横の小さな赤い杯は、緑茶梅酒という嬉野らしいお酒が入っていますが、
味は、ごくごく普通の梅酒です。

左の蓮の器には、グレープフルーツ、トマト寒天、蓮根チップ等の
あっさりした冷菜です。

ちょっとだけ右端に写っているのが、
佐賀牛のステーキで、
岩塩、焦がしバター醤油でいただきます。

イメージ 2

左が、じゅんさい入りのとうもろこしの冷製スープで、
右が、口取り9種です。
せっかく手が込んでいるのに、
いっぱいいっぱいの器では栄えませんね。

イメージ 3

鰆となすの炊き合わせです。
鰆には絶妙な味付けがしてあります。

イメージ 4

鮎サラダと言われましたが、
右が野菜類で、左が二度揚げした鮎です。
野菜の器上部にあるたで酢ドレッシングでいただきます。
鮎は、油っぽくもなく骨まで食べることができます。

イメージ 5

鮑の鍋です。
左が稲庭うどん、野菜は玉ねぎ、ごぼう、豆苗です。
先に野菜を入れ、煮立ったら薄くスライスした鮑をしゃぶしゃぶしていただきます。
この鮑が、なぜか、どういうわけか鮑らしくなく
「う〜ん・・・」という感じでした。

ごはんはじゃこごはんでしたが、
じゃこはご飯の上に乗った状態ではなく、
別の器に入っていました。

それに、デザートのパンナコッタでおしまいです。
パンナコッタは、牛乳嫌い以外の人なら、
だれでも大好きな味だと思います。

この記事に

開く コメント(0)

Nanakura カフェ

 台風の接近を心配しながらも、
遠出してしまいました。

福岡・八女のインターを降りて、
佐賀方面に10分弱行くと、
羽犬塚というJRの駅があります。
その駅前にある『Nanakura カフェ』で
お茶しました 

隣にはパン屋さんがあり、
カフェも大麦等の麦にこだわっているようです。

メニューを見ると、今だけの限定のデザートで、
なんだか物騒な名前のものが・・・。
その名も「ごろしパフェ   

なんなのかまったく想像できません。

イメージ 1

これは、「ごろしパフェ小¥500」です。
ごろしというのは、大麦で作った平べったい麺?
のようなもので、大分の「やせうま」(分かりにくい💦)
に似ています。
筑後地方独特のものらしいです。
まだケンミンショーには出てないですね。

そのごろしの柔らかい食感、
コーンフレークや麦のさくさく感、
小豆や抹茶プリン、ソフトクリーム・・・
いろんな味や食感が楽しめるパフェです。

イメージ 2

こちらは、「大麦のスコーンとコーヒーのセット ¥480」です。
リーズナブルですよね。
焼きたてでした。

イメージ 3

「塩キャラメルパフェ ¥680」です。
こちらは普通の大きいサイズで、
やはり、かなりリーズナブルですよね。

下からコーヒーゼリー、グラノーラ、
クッキーをくだいたもの、プリン、
それに、アイス2種、小さなホットケーキ等が乗っています。
他所だと完全に1000円超ですね。

朝は、¥500でパン食べ放題、確かスープとか
飲み物付きだったと思います。
こんなお店が近くにあったら
週いちで通いそうです✨

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

首里そば

 福岡で法事を済ませ、夕方、熊本市内に着きました。
ホテルにチェックインし、急ぎ足で向かったのは
『鶴屋百貨店』の沖縄フェア。

私は、沖縄そばが大好きで、
ここで夕食をちゃちゃっと済ませようと
思ったわけです。
テビチの唐揚げもあるというとで、
暑い熊本のアーケード街を
鶴屋に向かってドシドシ歩いていきました

『首里そば』さんは初めてのお店です。
なかなか評判のよいお店のようです。

イメージ 1
 
このようなものが貼ってありました。
朝4時からそばを打っておられるんですね。
期待が膨らみます🎵

イメージ 2
 
私は、断然ソーキ派なんですが、
三枚肉だったんですね。
初めて食べるかもしれません。

澄んだスープは、見た目どおり
すごくあっさりしています。
だしの風味も希薄に感じます。

麺の不揃いなところが、
手打ちらしいですね。
でも当然ながら、幅が倍ほど違えば
食感も違いますよね。
最初、幅広麺が硬くて「なんじゃこりゃ?」
と思いましたが、ダラダラ食べてたのか、
後の方は気にならなくなりました。

三枚肉は初挑戦でしたが、
やはりソーキがいいですね✨

あと、別のお店で売っていた
テビチの唐揚げも食べましたが、
ほぼ骨で、食べられる部分がちょこっとでした
味付けも残念・・・・・

鶴屋百貨店のバイヤーさんには
もっと頑張ってほしいです!
以前行った別の百貨店の沖縄フェアは
本当に美味しいものばかりでした。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事