サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

全体表示

[ リスト ]

「ファン・ジニ」

イメージ 1

イメージ 2

 
日曜日の放送で、「ファン・ジニ」も最終回を迎えました。

とにかく映像が綺麗で目を楽しませてくれるドラマでした。

こういう「偉人伝」(というのかな?)のドラマは時代を学ぶというのか
見ていると知識がつくような気がします。

・・・でも、悲しいかな。私はとっても弱いのです。こういうの。
   だから、ストーリーについてはうまくご紹介できません。


ちょっとNHKのホームページから紹介をお借りすると
 <両班(ヤンバン)の父と、妓生(キーセン)の母の間に生まれた少女チニ。
 妓生の娘は、芸妓として生きることを運命づけられていた時代に、
 母は娘に自分と同じ道を歩ませたくないと幼い頃から娘を寺に預けた。
 しかしチニは天性の舞踊の才能を開花させ、
 母の反対を押し切って自ら妓生の世界へと足を踏み入れる。
 厳しい師匠との確執、ライバルの妓生との競い合い、
 そして、チニに思いを寄せる男たちとの悲恋……。
 苦しみの中で、チニは、真の芸の道を究めていく。

 ファン・ジニは、16世紀朝鮮王朝時代に実在した妓生。
 当代を代表する詩人であり、音楽を愛した芸術家として知られる。
 差別や偏見の多かった時代に反旗を翻しながら、芸の道を追求し、本音で生きた一人の女性として、
 彼女の人生を新たな視点で描き出し、韓国でも高い評価を受けた。

 主演は「チェオクの剣」のハ・ジウォン。チニのせつない恋や芸を極める潔さ、
 そして「韓国ドラマ史上最も豪華」とされる艶やかな衣装もみどころ。>



この紹介文にあるように、衣装が艶やかで(鮮やかの方がいいかなぁ?)本当に綺麗でした。

ハ・ジウォンさんの意志の強そうな顔は、チニの性格を良くあらわしていましたね!
何をするときも一本芯が通っており、揺らがない意志が感じられました。

   こういう人が自分の教え子の中にいたら、やりづらいだろうなぁ。
   このドラマではどの師も「期待」をこめて見守っていたけれど
   私だったら、とうにタジタジになり、放り出していたかも。
   (いや、こちらが逃げ出していた?)

後半登場のキム・ジェウォンくん、身近な俳優さんでありながら
私は全く彼だと気がつきませんでした。
毎週、金曜日(「兄嫁は18歳」)と日曜日(「ファン・ジニ」)という感じで彼には会っていたのに!

   彼が登場してからだいぶだったころ、笑っている顔を見て、
   おや?もしや???
   とネットで見たらジェウォンくんだったの。気がつかない私もすごい!
   でも、それだけ感じがちがったのよ〜


NHKのホームページには、「ファン・ジニ用語辞典」というのがあり、
ここで出てきた用語がちょこっと解説付きでのっていました。
日本語吹き替えの放送だったのに、私は単語の音をうまく拾えていなかったようで
思っていたのと違うのがいくつかありました・・・。へへ。

   例えば、「イェージョパンソ(礼曹判書)」。てっきりユウジョパンソだと思ってたし・・。
   
なかなか楽しいのでよかったら「ファン・ジニ用語辞典」覗いてみてください。
   ↓
 http://www3.nhk.or.jp/kaigai/hwangjiny/dic/index.html
 

       おまけ) グンソク君 → http://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru/17660320.html
 
 

閉じる コメント(12)

サンシルさん、私も「黄真伊」(ファン・ジニ)は衛星劇場ですでに視聴しました、ドラマも良かったですがム〜ンライトが最も気に入ったのが音楽です、このOSTは購入して今でも良く聞いています、キム・ジェウォンは低音の声ですからすぐに「兄嫁は18歳」と判りましたがハ・ジウォンが「バリでの出来事」と同一人物のほうが難しいです、またまたTBさせて頂きます、

2008/9/27(土) 午前 0:36 ム〜ンライト 返信する

私も視聴してました!!途中でギブしそうになったけど、最終回は観ました。なんてったって、ハ・ジォンが素敵。踊りも上手いよね。

2008/9/27(土) 午後 2:08 har*h*rubo*u 返信する

顔アイコン

吹き替えだったので、ジェウォンくんの渋い声を聞くことができなくて、ちょっと残念でした。 でも、声優さん、けっこう低かったよね。最初は、キーセンとは? 童妓って?? って?だらけだったよ。

2008/9/27(土) 午後 2:08 みらい 返信する

ム〜ンライトさんは、オリジナル音声でご覧になったのね〜
ジウォンさんは、バリでも結構気が強い感じの役ですよね。
実際はどんな感じの方なのかな〜?

2008/9/27(土) 午後 8:06 サンシル 返信する

はるはるさん、私も途中何度もギブしそうになりました。
ちょうどこの時間裏でも韓ドラやっていて、誘惑も大きかったし・・。
でも映像が本当にきれいでしたね〜

2008/9/27(土) 午後 8:08 サンシル 返信する

みらいさん、確かに、声優さん違和感なかったかも・・。
吹き替え版の抵抗感すくなかったです。
私も普通に出てくる言葉に??が多くって、
このドラマでいろんな言葉覚えちゃいました。

2008/9/27(土) 午後 8:10 サンシル 返信する

アバター

サンシルさん、わざわざご訪問くださり、こちらの記事もトラバしてくださって、本当にありがとうございました。
おかげで、ファン・ジニのことが、よく分かりました♪^^v
1年半も前のドラマだったんですね。何で、韓国では今頃出てるんでしょうねぇ〜 (´∇`*)ゞ
お礼の(๑→ܫ←)ノ凸ポチッ

2010/2/11(木) 午前 0:54 ai_belgium 返信する

エミリーさん、いえいえ、こちらこそまた遊びに来てくださってありがとうございます。
ファン・ジニ、人気があるドラマみたいでしたよ〜。
おみやげは、今もなお人気が根強い・・っていうんじゃないかな?
私は史劇を得意としないので多くは語れませんが・・(笑)
ポチ凸&トラバ、ありがとうございます〜

2010/2/12(金) 午前 0:06 サンシル 返信する

サンシルさん こんにちは
いろいろとお邪魔してます^^ 一つのところに一気に書けばいいものを・・・
実は 私が韓国ドラマにハマった切っ掛けはこのドラマでした
途中から見たものの、なぜか ドンドン ハマっていって毎日欠かさず見るようになったんですよ・・・そして ハ・ジウォンさんに、ちょっぴり興味を持ちました^^ たしかに ファンジニのドラマにでてくる言葉の意味が「?」でしたよ〜(^^ゞ

2011/5/3(火) 午後 4:27 Daisy 返信する

デイジーさん、こんばんは〜。
あらっ、このドラマが韓国ドラマにはまるきっかけだったんですね。
ハ・ジウォンさんはどのドラマで見ても「力」がみなぎる感じがします。
「チェオクの剣」もそういう感じがしたなぁ〜。
それはご覧になったかな?

2011/5/4(水) 午後 10:32 サンシル 返信する

顔アイコン

こんにちは~サンシルさん
「チュオクの剣」??? まだ観てないです (^^ゞ
彼女の出てるのは 何本か観たんですが、現代物 ばかりでした^^ また 機会あれば 観てみますね〜^^

2011/5/7(土) 午後 0:27 Daisy 返信する

デイジーさん、「チュオクの剣」新しいドラマじゃないんですが、
私もまだ最近見たばかりなんですよ。
結構有名なドラマだったのですっごく見たかったの。
でも・・悲しくって悲しくって・・
これは俳優陣の心が今にも飛び出てきそうなドラマでした。

2011/5/7(土) 午後 11:34 サンシル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事