サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

全体表示

[ リスト ]

 
今日は、「金八先生」のファイナルでしたね。

みなさんは、もう見終わったころかな? 胸がじ〜んと熱くなった?

金八先生に、その生徒達に、熱い思いをたくさんもらって、元気パワー蓄えてくださいね!

・・私は今日は録画だけ。そのうちゆっくり見せてもらおうと思います。

 
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/ba/happy_sanshiru/folder/1181098/img_1181098_29456718_15?1289055359


さて今日は・・気がついたら最終回だったこのドラマの感想でも。

あれ?もう最終回だったの?とびっくり。もうそんなに見ていたのね・・

以下・・思いっきりあらすじ書いています。ネタバレ不可のかたはスルー下さいね。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/ba/happy_sanshiru/folder/1181098/img_1181098_29456718_15?1289055359

「クリスマスに雪は降るの?」 ☆ 全16話

2011年2月2日〜3月24日 テレビ東京 水・木曜日 11:30〜

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/ba/happy_sanshiru/folder/1181098/img_1181098_29456718_15?1289055359

イメージ 1


ドラマを見ていると、ついついいつも、お話のストーリーを予測しながらみてしまうのですが、

これはちっとも想像通りに行かなかったわ・・

もっと簡単にお二人の恋が叶うのかと思っていたのにな。

最終回、泣いてばかりでしたね・・


お話は・・
 頭脳明晰なガンジンは、全国でもトップクラスの成績を収めながらも、拳が先に出る性格のため、各地の学校を転々とする生活を送っていた。水商売じみた店で働き、女手一つでガンジン兄弟を育てる母と、”最後の転校”ということで訪れた母の縁故地の田舎町で、ガンジンは地元の韓医の名家の娘・ジワンと出会う。
 ある日、ちょっとしたいざこざの最中に、ガンジンは父が唯一残したペンダントを河原でなくしてしまう。その騒動の一因を作ってしまったジワンは、人知れず川でペンダントを探そうとするが、そこへ田舎からソウル大に進学した自慢の兄が帰ってきて、ジワンを手伝って川に潜るうちに水難事故で帰らぬ人となってしまう・・・。
 8年の月日が流れ、ガンジンはアメリカ留学を経て、新進気鋭の建築デザイナーとしてソウルの大企業に就職。血の気が濃いのは相変わらずで、会社の重役にも食ってかかる。
 そんな中、勤め先の秘書室の友人から代理で出席を頼まれた婚約発表会に出席したガンジンは衝撃的な光景を目の当たりにする。時間になっても姿を現さない新郎、そしてその事実を健気にもとつとつと説明して謝罪をする新婦の姿−。見覚えのある顔に慌ててめくった招待状には、”ハン・ジワン”の名があった・・・。
  KNTV「クリスマスに雪は降るの?」あらすじより


このあと・・

もともと惹かれあっていたガンジン(コ・ス)とジワン(ハン・イェルス)が「恋」をするようになるのですが・・

彼らの恋は彼ら二人だけのものではなく、家族が関わってきてしまうの。

ジワンの父を思うガンジンの母。

不治の病に侵されたジワンの父は、最期をガンジンの母と過ごすことを選択。

二人(ジワンの父、ガンジンの母)が抱き合うところを目撃した二人(ジワン、ガンジン)。

そして旅立ちの朝、ガンジンは、踏み出せない母の背中を押した・・。

そして・・夫のいなくなったうちで火事に遭ったジワンの母ヨンスク。

病院で目をさますと、目の前にいたガンジンを息子と思ってしまう。

ガンジンは息子であるかのようにヨンスク(ジワン母)と一緒に暮らし始めた。


   ガンジンとジワンの恋にブレーキをかけるヨンスク・・。


そして、最終話。

ブレーキはかかったまんま?? う〜ん・・。

あの二人はどうなの?

もっとサクッと幸せに浸ってほしかったかな・・そんな幕の閉じ方でした。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/7d/ba/happy_sanshiru/folder/1181098/img_1181098_29456718_15?1289055359


そうそう、タイトルですが、しっくりいきました?

吹き替え版をながらで見てしまったせいか、タイトルとお話が上手くリンクできなくて・・

そもそも「クリスマス」に何か大きな意味がありましたっけ?

確かに雪が舞い始めたシーンはあったけれど・・。

・・・そんな自分がちょっと残念。上手く見られてなかったかな・・。

でも、KNTV(↓)のドラマHPでイントロダクションを覗くとちょこっと解決。
こんな風にかかれていました。
 『クリスマスに雪は降るの?』

 ひとつの恋がありました。はじめは二人だけの恋でした。
 でも、二人はこの恋を諦めざるを得ませんでした。
 この恋が二人にとってすべてだとは、まだ気付いていませんでした。

 時が流れました。二人はまた出会いました。
 苦痛を優しく抱きしめてあげること、傷を癒してあげること、和解と許し。
 それを二人は愛と呼びます。

 クリスマスに雪は降るでしょうか・・・。
 二人は雪を待っています。
 白い雪が、泥で汚れた小路をふんわりと覆ってくれるように、
 二人の苦痛をそっと包んでほしいと願います。

 クリスマスに雪はふるでしょうか。
 音もなくしんしんと、白い雪が降ってくれますように・・。
 童話のような願いがかないますように・・。

  KNTVドラマHP「クリスマスに雪は降るの?」より


なるほど・・そういうことだったのね・・。


  テレビ東京ドラマHP 「クリスマスに雪は降るの?」



4月からはこの枠(と言っても開始時間は1時間ずれています)に「ロードナンバーワン」が登場します。

ジソプssiですよ 本気モードでしっかり見たいと思います。

「ロードナンバーワン」☆全20話
テレビ東京 水・木曜日12:35〜 (2011/4/6〜)
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

おはようございます〜〜〜☆☆
タイトル解説、ありがとうございました<(_ _)> なるほどそういう意味だったんですねえ。
仰るとおり、二人の関係がイマイチはっきりしないまま終わったというか。互いに愛し合ってるってことは分かるんだけど。形になってなかったというか・・・
私は親たちの恋愛関係に注目してました。なので後半はちとテンションおちたかも。
印象としてはコス君の演技力は抜群でしたね。セリフ少なめで目だけであれだけの演技を発揮するから。ガンジンは彼しかできないかも!

2011/3/28(月) 午前 7:58 [ とん子 ]

顔アイコン

わたしも、このドラマとタイトルが一致しなくて、不思議な感じでした。

とん子さん同様、わたしも、後半はちょっとテンション落ちちゃったかな〜。 あり得ない〜って思いながら、見ちゃった記憶が・・

2011/3/28(月) 午前 8:32 みらい

顔アイコン

金八、韓ドラ視聴していてすっかり忘れてしまいました(^^;)
再放送待ちます〜

このドラマ、見始めた所なので、内容はさら〜としか読んでいませんが、結構重そうなのでサクサクとは見れないようですね。
4月からのロードも録画しますが、こちらはもっとサクサク見れないでしょうし・・・
ただこのチャンネルは吹き替えなのが残念ですよね〜

2011/3/28(月) 午後 10:22 may

とん子さん、あんにょん☆
ふふ、やっぱりタイトルしっくりいかなかったですよね?
これ読んだらちょっと納得・・・?
親の恋愛、ガンジン母真剣でしたね。
でも・・あんなに「恋に生きる」感じだったのに、ちゃんと「母」してたし、
おしまいまで見たら、母の恋も受け止めてあげたくなりました。
コ・スさん、うんうん、物静かな演技よかったです〜

2011/3/29(火) 午後 3:39 サンシル

みらいさん、やっぱり? タイトル不思議な感じでしたよね。
そっか、後半テンション落ちたのね・・。
私は子供が大人になるシーンで、誰が誰??って一度落ちこぼれて・・
(私はこうやってレビューでも書かない限り、「名前」が頭に入ってこなくって・・・)
その辺はどうでもいい感じで見ていたの。
でも、終わりの方になって、お話がよく見えてきたらまた盛り返せたよ(笑)

2011/3/29(火) 午後 3:40 サンシル

mayさん、金八先生とっても懐かしかったですよ〜。
新しいお話というよりも、「懐かしむ」感じのほうが強かったな。

そうそう、「吹き替え」ってお手軽だけど、残念な感じですよね。
私は、じっくり見なくなっちゃって、なんか残念な視聴にいつも終わっちゃうの
とはいっても、ロード楽しみ!! CMですっかり虜なの。
「クリスマス・・」頑張ってみてくださいね〜。

2011/3/29(火) 午後 3:47 サンシル


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事