サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

全体表示

[ リスト ]


ブロ友さんのところで、「行ってきました〜!」の日記を拝見して、
あ!いよいよ、上映始まったんだ〜!!と気がつきました。

私はMakingと合わせて、DVDで・・こそっと拝見。

何回も戻しながら・・それはそれはじっくり見せて頂きました。

先輩ちゃま、ありがとうございます。 もういい加減にお返しします・・  長らくごめんなさい

それにしても、あ〜ん、これいいわ〜〜♪ 久々に撃沈。 廃人になりそうです。

解説 (映画.comより)
「映画は映画だ」のソ・ジソブが主演したラブストーリー。チャールズ・チャップリンの名作「街の灯」(1931)をモチーフに、孤独な男と目が不自由な女の純愛を描く。かつては将来を有望視されたボクサーだったチョルミンは、過去のある事件がきっかけで心を閉ざして生きていた。そんなチョンミルの前に、目が不自由だが明るく愛くるしい女性ジョンファが現れ、チョンミルは少しずつ心を開いていく。やがてジョンファが失明した事件と自分の過去の行動とに接点があったことを知ったチョンミルは、ジョンファの目の手術代を稼ぐため別人になりすまし、高額な賞金が得られる賭博試合に出場することを決めるが……。ジョンファ役にTVドラマ「春のワルツ」「華麗なる遺産」のハン・ヒョジュ。

キャスト
チャン・チョルミン/ソ・ジソブ  「ごめん、愛してる」、「バリでの出来事」、『映画は映画だ』「カインとアベル」「ロードナンバーワン」
ハ・ジョンファ/ハン・ヒョジュ  「春のワルツ」「華麗なる遺産」「トンイ」
チェ館長/カン・シニル
パンコーチ/パク・チョルミン
ミン・テシク/ユン・ジョンファ

ストーリー (公式HPより)
かつては将来を嘱望されたボクサーだった、チョルミン(ソ・ジソブ)。夢をあきらめた今は、昼間はミネラルウォーターの配達、夜は駐車場の料金所で働いている。ある雨の夜、料金所で独り、テレビでボクシングの試合を見ていると、みかんやのり巻きを抱えた若い女性ジョンファ(ハン・ヒョジュ)が現れる。人懐こい笑顔で話し続けるジョンファは目が不自由で、チョルミンを以前働いていた老人と勘違いしていたのだ。別人と気づき、白い杖をつきながら立ち去ろうとする彼女にチョルミンは「雨も降っているし、ドラマを見ていってください」と、声をかける。
その日以来、チョルミンは、毎晩のようにジョンファと一緒にドラマを見るようになる。視力はほぼ失っている一方で匂いに敏感なジョンファ。ドラマに無邪気に笑い、主人公の「心が見える」といって涙する彼女に、チョルミンは戸惑いながらも徐々に惹かれていく。
チョルミンはジョンファに家まで送って行ったお礼にと、コンサートに誘われる。帰り道、チョルミンは初めて自分のことを彼女に語る。「歳は30で、昔ボクシングをしていて、若い頃はかなりのワルでした。でも今は、そうじゃない。そんな奴です。」実はチョルミンはボクシングをやめた後、借金の取立て屋として稼いでいたが、傷害事件を起こし4年3ヶ月服役していた。
ある日、テレフォンオペレーターとして働くジョンファの上司が、突然家にやって来て、いやがる彼女を押し倒した。偶然その場を目撃したチョルミンは、上司を殴りジョンファを救い出す。会社を辞めたジョンファを励ますために、チョルミンは「未来の盲導犬に」と、ゴールデンレトリバーの子犬、ティンガを贈る。ジョンファとの未来を想い、彼は、もう一度ボクシングに懸けてみようかと思い始めていた。ところが、ジョンファの両親の墓参りに行ったとき、チョルミンは自分とジョンファの過去に忌まわしい接点があったことに気づく。
数年前の5月5日、ジョンファが失明し両親を亡くした日。チョルミンが取立て屋として追い詰めた男が、焼身飛び降り自殺を図った。落下してきた男を避けようとしたトラックがジョンファの車に衝突したのだった。チョルミンは、罪の意識に苛まれる。一方、ジョンファの視力は急速に悪化し、一ヶ月以内に完全に失明すると医者に宣告される。チョルミンは、角膜移植手術の高額な費用を捻出するため、昔の仲間に海外での「賭博格闘技試合」に出場させてほしいと持ちかける。彼は私物を整理し、身分証明書を焼き捨てて別人になりすまし、ジョンファの手術当日に試合の地タイへと旅立つ。

やっぱり・・

ジソプさんってすごい! ただただひたすら魅せられました・・。

冒頭のシーンでは、駐車場の係りのお兄さんなんだけれど、
白い杖のジョンファ(ハン・ヒョジュ)と出会い、彼女に押されながら戸惑い・・。
また何か抱えていそうな彼の事情。
その様子にまずは釘付け。

いつもの家事をしながらのテキトー視聴とは大違い。
テレビの前に鎮座して、目は画面一直線で見せていただきました。

ヒョジュちゃんも、環境には負けない。強く明るく・・とにかく明るく!
その様子がとても素敵♪

お話はこの二人のお話で流れていくのですが・・

このお話の展開もいいのよね〜
(お話が具体的に知りたい方は、上↑のストーリーにかなりネタバレでのっているので、そちらを

途中、え!そんなことあるの?!と「四月の雪」で感じたびっくり・・!に負けないくらいびっくりしましたが・・

それがね〜、それまでのちょっと平穏になりつつあった展開を大きく変えるの。

やっぱり・・衝撃だったわ!

でも、それをうま〜く、後半のお話が受け継いで・・。

途中のタイでのボクシングシーンはちょっと早送りしちゃったけど・・(だって、心が痛いんだもん)

とにかくよかったわ!


これは是非是非、一度は観るべし!な映画。 ジソプさんのファンになっちゃうかも
(あ、私はもともとファンですが・・

私には珍しく何回も繰り返し観たい気のする映画でした。




さて・・映画を観終わったばかりでどきどきな私に朗報。(私に??・・笑)

明日、BSジャパンの「プレミアムコリア 韓流ファクトリー」(7月6日 夕方6時00分〜夜7時00分)に
ソ・ジソブさん&ハン・ヒョジュさんのVTRゲスト登場があるようです。
それって・・この映画?

見ちゃお〜っと。



閉じる コメント(8)

顔アイコン

ジソプさんはほんとにすごいですよね〜(^−^)
ヒョジュさんはきれいでかわいくてこれまたすごい人。
この二人の映画なら見たいです〜!

2012/7/6(金) 午前 5:55 りんご

良いですよね〜^^
もう、二人の世界に入ってしまった(笑)
ジソプ氏ってステキ!!
私の中でも別格の俳優様ですよ。

2012/7/6(金) 午後 1:09 ももまる

ジソプさんカッコいいですよね
台詞のないシーンの時の表情が胸にきます
泣かせます・・・
ヒョジュちゃんも元気で可愛くてとっても役にあっていて素敵でした
ラストはイイ終わり方で安心しました
格闘シーンは早送りで充分ですね

2012/7/6(金) 午後 8:34 ミモザ

顔アイコン

この映画 よかったです (*^-^)ニコ
ジソプさんとヒョジュちゃん お似合いのふたりでした^^
胸が痛くなる切ない場面もありましたが
ラストに救われた感じでした・・
格闘シーンはしばし目をつぶって〜~(=^‥^A アセアセ・・・

2012/7/6(金) 午後 10:23 mina4060

りんごさん、ジソブさん、ホントのホントにいいです〜〜!!
この映画は本当に良かったですよ〜是非是非!!

2012/7/7(土) 午後 6:04 サンシル

ももまるさん、こんにちは〜(*^▽^*)
うんうん、この映画、ホントに良いです〜〜♪
キャスト二人だけなのに、ひきつけてくれました!

ジソブssi、やっぱり別格です!!ホント素敵だわ〜

2012/7/7(土) 午後 6:08 サンシル

ミモザさん、こんにちは〜(*^▽^*)
うんうん、本当にジソブssi、かっこいいです〜〜!!
そうそう、台詞がなくても、表情、体・・ぜ〜んぶで表現されてる感じがして、どきどきしました。
ヒョジュちゃんもぴったりでしたよね〜
ラストもホント、よかったです〜!
格闘シーンは、ははは、やっぱり早送りOKですかね〜

ミモザさんが同じ映画に何度も足を運んで・・とされていた気持ちが今よくわかります。
私、これ、何回でも見たくなっちゃって。抜けられないわ〜

2012/7/7(土) 午後 6:14 サンシル

minaさん、こんにちは〜(*^▽^*)
うんうん、本当に良かったですよね〜
ジソブさんにヒョジュちゃん、ぴったりなキャスティングでした☆
ラストは・・その前がえ・・?このまま・・?ってどきどきさせてくれただけに・・ほっとしました。
うんうん、いい映画だったな。
ふふ、格闘シーンは必要なシーンだったけれど、やっぱりね・・(笑)

2012/7/7(土) 午後 6:15 サンシル


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事