サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

全体表示

[ リスト ]

久しぶりにドラマ日記。
てくてく便りばかりで、、もしかして、ドラマ観てない?って思った??(笑)
いえいえ、観てました〜〜
 
「ゴールデンタイム」 ☆ 全23話
BS−TBS 月〜金17:00〜 2014年6月27日〜放送終了
 
イメージ 1
 
Introduction
「パスタ〜恋ができるまで〜」のスタッフ、キャストが贈る、
熱くて優しいメディカルヒューマンドラマ
韓国版「ER」 その人間ドラマにはまる
 
ゴールデンタイム…重症患者の生死が決まる1時間。1分1秒が人の命を左右する救急救命現場を舞台に、未熟な自分と葛藤しながら努力し続ける医者たちが繰り広げるメディカルヒューマンドラマ、「ゴールデンタイム」。従来のメディカルドラマにみられる“神の手”と言われるような天才医師は出てこない。主人公は、自分に自信がなく、医師としてはややカッコ悪い男だ。にもかかわらず、踏まれて凹んで失敗を繰り返しながら成長していく姿、周囲の人々との人間ドラマは見ていて気持ちがよく、柔らかな感動を呼ぶ。人間の命を扱う重さを持ちながら、人間味溢れたエピソードが軽やかに描かれており、重苦しさがないのもこれまでの医療ドラマとは趣を異にするところだ。放送当初、同時間枠の視聴率最下位からスタートしたにもかかわらず、“生きた”キャラクターたちの魅力や役者の好演で、“病みつきになる上質医療ドラマ”と評判になり、第5話以降は視聴率1位を独走。好評につき予定していた全20話から全23話に延長されたほか、シーズン2を要望する声も多くあがったほどだ。
 
Story
これまでの医療ドラマを超えた!
いつまでも心に響く―「感動」「共感」―大人のための成長物語。
 
医大を卒業後、漢方病院の臨床講師として楽な道を歩いているイ・ミヌ(イ・ソンギュン)は、TVの医療ドラマで見た知識は豊富だが、現場の経験はまるでない名ばかりの医師だ。ある日、先輩の恋人カン・ジェイン(ファン・ジョンウム)を車で送る途中、玉突き事故に遭遇してしまう。多くの怪我人が出て混乱する現場で、どうにか救助しようとするジェインに対し、下手にクビを突っ込んで責任は負いたくないと逃げ腰になるミヌ。救急車が到着し、2人はなりゆきから、ある怪我人に付き添い、受け入れ先の海雲台セジュン病院へ…。 約30人の負傷者が運び込まれたセジュン病院救急室では、周囲が無理だというのもはねつけ、外傷外科医チェ・インヒョク(イ・ソンミン)がすべての患者の対応を指示出ししていく。修羅場を見事にさばいていくインヒョクの姿に唖然となるミヌ。数日後、先輩から当直のバイトを引き受けたミヌは、気道が塞がり救急でやってきた少女の処置ができず、無我夢中でセジュン病院に車を走らせる。だが、少女はすでに死亡。自分の無力が患者の死を導く恐怖と向き合うことになったミヌは、「努力したほうが楽だ」というジェインの言葉を聞き、セジュン病院のインターンを志望、同じく志望したジェインとともに、セジュン病院で働くことに。日々、運送されてくる様々な救急患者たちを前に、戦場のような院内。有能だが無謀ともいえる行動から問題児とされているインヒョクのもと、ミヌは挫折と葛藤を繰り返しながら、医師として大事なものを学んでいくのだが…。
 
キャスト
イ・ミヌ/イ・ソンギュン
カン・ジェイン/ファン・ジョンウム
チェ・インヒョク/イ・ソンミン
シン・ウン/ソン・ソンミ
 
 
イ・ソンギュンさん主演のドラマ、大切に丁寧に観たくて、気持ちが整った時(←大切!)に観ようと
とっておいたつもりでしたが、、ハハハ、そんなに気持ちも整わない中で普通に観ちゃいました。
そんな自分がちょっと残念。
 
お話は、、うんうん、評判通り
重すぎず、かといって軽いわけでもなく、見ている私も一緒に社会勉強しながら育つような感じのドラマ。
 
医療ドラマというと、医療そのものよりも、権力闘争物語が多くない?
医療現場って、みんなそうなの?!って思いたくなっちゃうくらい。
これも最初そうなのかな・・?と思ったけれど、ううん、ここでは陣地争い程度に出てくるだけ。
一人の医師の、医師としての目覚め、というのかな?それを見た感じ。
いいドラマでした。
 
でもね、、観始めた時は、なんだ?!このイ・ソンギュンさんは???と思いました(笑)
 
ここでのイ・ソンギュンさん、私が彼に抱くイメージ、期待するイメージとは全然違うの。
適当な、ダメダメ人間な感じ。
不器用とかブサイクとか、そういうダメダメではなくて、人間的になんか欠落しているダメダメな感じ。
 
主人公のイ・ミヌ(イ・ソンギュン)は、お医者様でいらっしゃるんだけど、、
楽さから、漢方病院の講師の道へ。
 
この、普通のお医者さんの大変さを回避して、漢方医・・っていう発想がまずいまいちだよねー
 
交通事故に遭遇したときも・・
 
イメージ 2
 
人命救助に奔走するカン・ジェイン(ファン・ジョンウム)とは対照的で、尻込みするイ・ミヌ。
現場の写真を撮ったりして、もしかして、そういうオタク?!な感じ。
 
そして・・
 
当直のバイトのときも、急患で飛び込んできた少女への処置はぐだぐだ・・。
あせるばかりで、判断も施術もできず・・。
命を預かるという覚悟も、使命感もない、ただのバイト君でしかなかったの。
 
慌てて駆け付けた救急病院、そこでカレは自分の無力さ、ふがいなさを痛感した・・
 
ここまではこのドラマの導入。
ここから、彼が医師としての使命感に目覚めていき、格闘する物語が始まります。
 
・・今こうやって振り返ってみると、、
救急車に付き添い行った救急病院で、テキパキと指示をするチェ・インヒョク(イ・ソンミン)をみて
感じるものがあったんだろうなー
 
凹んだだけで急には変われないと思うもの。
 
大きな病院では秩序も大切で、それを維持するためにはありがたくない存在だったかもしれないけれど、、
チェ・インヒョク医師の患者への向かい方、それに影響され自分なりにできることをしようとしたイ・ミヌ、
よかったです。とっても。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
そういえば、インターン仲間での「競争」、「恋愛」話、ドラマにはありそうなお話がここではなかったかも?
 
 
イメージ 5
お二人の関係も程よい距離でよかったです♪
 
 
フフフ、というわけで、、このドラマよかったですよ。
 
ソンギュンさん、やっぱり大好き 再確認(笑)
 
 
 
 
次は・・??と考えて、懐かしいところで「火の鳥」開封してみました。
遠い昔に観たドラマなのですが、・・(笑)(笑)(笑)
この俳優さんが出てた〜くらいしか覚えていない私。
何回目でも新鮮。 何度でもおいしい、、これって・・お得?(笑)(笑)(笑)
 
あとは、、細々と・・
「優しい男」「Who are you?」「奇皇后」観てます〜。
 

閉じる コメント(8)

アバター

イ・ソンギュンさん大好き!
そのドラマももちろん見ました。
次はミスコリア見なくちゃ

2014/11/28(金) 午前 7:51 ☆仲☆

顔アイコン

ちゃんと見ているんだね。

どうも、また最近、医療もの・・苦手で・・・
こちらもパスしちゃったぁ。

2014/11/28(金) 午前 8:39 みらい

顔アイコン

韓ドラもちゃんと見てるんだね〜〜
私は・・・

ソンギュンさん声が素敵ですよね。
二人の関係 気になったけどほどよくいい関係で終わりましたね〜
TBしていきます

2014/11/28(金) 午後 3:12 葉月

顔アイコン

このドラマは真っ当な成長ドラマで良かったです。
正統派な医療ドラマでした。

ソンギュンさん声が素敵♪

2014/11/29(土) 午後 4:55 りぐ

> ☆仲☆さん

イ・ソンギュンさん、いいですよね〜〜
何?!何?!「ミスコリア」・・検索してきました〜!!
あら・・!気になるキャスト。いいですね☆
ハイ、「網」張って放送を待ちたいと思います〜〜!!
情報ありがとうございます。

2014/12/2(火) 午前 0:19 サンシル

> みらいさん

見てますよ〜〜私の生きがい?ですものー(笑)
これは医療ドラマなんだけど、医師のあり方など、人間的な部分に重きがあるので、
もしかしたら医療ドラマ苦手でも行けるかも?
よかったですよ。

2014/12/2(火) 午前 0:27 サンシル

> 葉月さん

はい、観てます観てます〜。これがやめられないんですよ。

ソンギュンさん、うんうん、いいお声ですよね〜
私は声と、優しいお兄さんみたいな雰囲気が好きです〜
(って、私の方がだいぶお姉さんですが・・笑)
二人の関係も無理に恋バナに展開しなくてよかったです。フフフ
TBありがとうござます〜これからお邪魔します。

2014/12/2(火) 午前 0:42 サンシル

> りぐさん

うんうん、よかったですよね。
医療ドラマはいろんな角度から描かれたものがありますが、
このドラマの成長ドラマ的なところ、好きでした。

フフ、いいですよね〜〜ソンギュンさんの声〜♪
やっぱりファン多いな〜

2014/12/2(火) 午前 1:04 サンシル


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事