サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

全体表示

[ リスト ]

ここのところ、これをずっと見てましたー!面白かったよ☆


BS11 月〜金15:29〜 2017/8/1〜

イメージ 5

【STORY】
1988年、韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていた。学校の成績は999番、勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソン(ヘリ)は、両親と姉、弟の5人家族。姉ボラ(リュ・ヘヨン)とは犬猿の仲でささいなことですぐに取っ組み合いになるものの、勝つのはいつも、ボラだった。兄弟のように育った近所に住む幼なじみは、サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュンヨル)、優等生のソヌ(コ・ギョンピョ)、そして天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム)。
ある日、ドクソンは友人から「ソヌはいつもドクソンのことを見ている」と言われ、急にソヌのことを意識し始める。だがソヌが想いを寄せていたのは、ドクソンの姉ボラだった。それを知ったドクソンは一気に失恋。そんなドクソンの姿を見ていたジョンファンは、なぜかドクソンのことが気になっていた。
さらにテクも、ドクソンのことが好きだと男性陣の前で宣言!そうとは知らずドクソンは、テクの食事の世話をするため囲碁の中国遠征に同行することに…。

【キャスト】 ⇒ キャスト詳細
ドクソン/ヘリ[Girl's Day] 「ジキルとハイドに恋した私 〜Hyde, Jekyll, Me〜」「タンタラ〜キミを感じてる」
テク/パク・ボゴム     「雲が描いた月明り」「君を憶えてる」
ジョンファン/リュ・ジュンヨル 「運勢ロマンス」「グローリーデイ」
ソヌ/コ・ギョンピョ     「嫉妬の化身〜恋の嵐は接近中!〜 」「のだめカンタービレ〜ネイル カンタービレ」 
ドンリョン/イ・ドンフィ
ボラ/リュ・ヘヨン (ドクソンの姉)


1997も、1994も、回想シーンが展開する物語でしたが、これもまた然り。
そして、またしても、「いったい誰と誰が結婚したの〜?!」と思いながら観ました。

・・それが、私の予想は外れたの、、(笑)

舞台は1988年。

私が知る1988年(日本)は、もうちょっと今に近かったような感じかな〜?
ドラマで観た韓国の1988年の様子は、もっと古い時代のようなニオイがしました。
携帯電話とパソコンの普及は同じ感じだったけれど、
それ以外の家電製品とか、近所づきあいとか、みんなのテンションとか、、。
・・でも、私も知らなくはないような世界な感じ。

使いこなされた表現ですが、、「古き良き昭和」的 

ご近所さんが、家族だか、親戚だか分からないくらいに、オープンなお付き合い、
今はなかなかないよねー? その世界がとっても楽しかった。


1988年若者世代。
イメージ 1
左から、ドクソン、ジョンファン、ソヌ、テク、ドンリョン

この物語を回想しながら語るのは、ドクソンのようなんだけど、
そのお相手がねー、ソヌ?ジョンファン?テク?まさかのドンリョン?

一応、みんなその匂いをさせていたような・・(爆)

それが、あ、違うのか、、ん?そっち?いや、こっち?みたいな・・(笑)

みんないいキャラなんだよね〜。それがまた楽しかった☆


続いて、、井戸端会議が日常の「常」だった、お母さま方。
イメージ 2
左から、ドクソンの母、ジョンファンの母、ソヌの母

このお母さま方、キャラ濃い〜〜!でも、最高☆でした!

ドンリョンの母も登場しますが、一人働くお母さんで、井戸端会議には殆ど参加しません。
・・で、自分の名前のない「ドンリョンのお母さん」的呼ばれ方を残念に思う人だったな。

・・で、その下り。私の15年前を思い出せました。
転職先で、最初に言われたことがそれだったのよ。
「普段、○○ちゃんのお母さんとか、奥さんばかりでしょう?
そうじゃなくて、ここではお互い名前で呼び合うのよ〜」って。
ふむふむ、なるほど!でしょ?

・・というわけで、ず〜〜っと、名字ではなく名前でやりとりしてました。


そして、お父さま方。
イメージ 3
左から、ドクソンの父、ジョンファンの父、テクの父、ドンリョンの父

この方たちも、色濃くてねー(笑)(笑)(笑)
何度も大笑いさせていもらいました。


そして、ドクソンの姉弟に、ジョンファンの兄、ソヌの妹
イメージ 4
最初の「若者たち」に並べようかと思ったのですが、別枠で並べてみました。

秀才の姉ボラに、年齢不詳の弟ノウル(そう思ったのは私だけ?)、
そして、万年浪人の兄ジョンボンに、とっても可愛いの妹チンジュ。

ボラの恋物語も好きでしたー。
ボラも回想するシーンに出てきます。
(夫は確か、、声だけの登場。)


恋物語の展開も面白かったけれど、日常を共有するご近所とのやりとりが観ていて楽しかった〜!
一緒に一喜一憂し、心から心配し、と、ホントに、兄弟家族が増えた感じ。

面白かったよ〜〜!



・・で、今頃ですが、一つ知ったこと。

韓国では、同じ姓の人同士では結婚が出来なかったということ。
うすうすそうかな、、とは思っていましたが、本当にそうだったみたい。
このドラマでも、それがネックになって、その結婚は・・・×という話が出ます。

キム(金)さん、イ(李)さん、パク(朴)さん、、、と、名字がいっぱいあるわけでもなく、
ヒット率も低くなかったろうに、、?

・・と気になったので検索してみました。
同じ名字同士は結婚できない?!名字と並んで重要な「本貫」
韓国では同じ姓を持つ人同士が出会ったとき、「どちらの金さんですか?」または「本貫(ポングァン)はどこですか?」という会話がよく交わされます。「本貫」とは、その家系の始祖の出身地のことで、約4,200にものぼります(韓国統計庁、2000年)。同姓でも本貫は複数存在し、例えば金氏は「金海(キメ)金氏」「慶州(キョンジュ)金氏」「金寧(キムリョン)金氏」など本貫の数が約280もあります。
 韓国では以前、本貫が結婚において大きな影響を与えていました。同姓同士でさらに本貫も同じ場合、血のつながった一族内の結婚、つまり近親婚とみなされ、法律で結婚が禁じられていたのです。この「同姓同本不婚制度」は1997年に廃止されましたが、8親等内の親戚との結婚は現在も法的に認められていません(日本では3親等までが禁止)。 コネストより

ドラマでも、法律廃止の予告が話題に出るのですが、それも事実だったのね〜!


・・というわけで、おしまいなり。

イメージ 6

・・で、ご覧になってた方は、ドクソンの婿殿、予想できたかな?
もしかして、ハズレたの私だけ・・??

これからご覧になる方は、誰?誰?って思いながら観てねー。


(写真はここから拝借しました)


おまけのおまけ> ちょこっと感動の父のセリフ(第40話)
花無十日紅 花の盛りもせいぜい十日ということ人生はこれからだと思っていた それも贅沢だな
こうして人生は過ぎて行くようだ 今日は大事なことに気付かされたよ 花が散ったら終わりだと思っていたが花が散ったあと そこには必ず実がなるだろ それを忘れていたよ 自分という花が散るのを悲しんでいたが  ちゃんと実がなっていたんだ 会社はリストラされたけど 子供達だけは立派に育ってくれた でもこれから先はまだわからない また悩まされる日が来ることもある それでも 俺たちの気持ちにいつか子どもたちが 応えてくれる 感謝をこめて

閉じる コメント(10)

顔アイコン

日常のぞれぞれの家族のエピなんだけど
ちょっとウルウルしながら視聴してました。
テクとジョンファンそれぞれの気持ちがわかった時
お互いに友達に遠慮して相手のこと考えて・・・
そんなところにもほろっとしたし
お兄ちゃんの夢を叶えたジョンファン
不愛想だけどすごくいい子でした{
横丁のボス ジョンファン母ミランさん
最高でした〜〜
そうなんですね〜
同じ苗字の方々って同門って呼ばれていて
子どもが生まれても籍は入れられないとか
そういう法律があったんですね。
うんうん〜〜^^
怖いイメージのボラ姉ちゃんでしたがすごくしっかり者で
ソヌとの恋物語もよかったです。
テクもソヌもジョンホンお兄ちゃんも初恋が実ってよかったですね〜

2017/10/15(日) 午後 2:42 mina4060 返信する

顔アイコン

わたしも、見ましたよ〜。

いいドラマでしたね(^^)/。
ドクソンの婿殿、途中からなんとなくわかりました。

2017/10/15(日) 午後 4:38 みらい 返信する

顔アイコン

このドラマ観たいドラマ候補NO1です。
だってこのドラマのメンバーが『花より青春〜アフリカ編』につながっているからネ〜
同族の結婚NGなのは知ってましたが、長編ホームドラマで、狭い家族間でたくさんのカップルが結婚しちゃうじゃない
それってOKなのかいつも疑問持ちながらドラマ観てました。

2017/10/15(日) 午後 9:30 Maple 返信する

> minaさん、こんばんは〜
いいドラマでしたよね〜♪この日常が舞台のドラマ、好きです。
テクとジョンファン、ね。こっそり相手の気持ちを知ってしまうところ、知ってから譲り合うところ、うんうん、ほろほろしました。
何気にジョンファン、いい子でしたね。お兄ちゃんの夢、そうでしたねー!
ジョンファン母ミランさん(笑)(笑)、うんうん、良かった〜!最高☆

そうそう、同じ苗字の壁、法律に決められていたのですねー
私はずっと習わしとか、感覚的なものか?と思っていました。

あの強いボラも、突っ張った姿さえも、ソヌの前では何だか可愛くて、二人の恋物語も好きでした。

minaさんとコメントで会話して(直接もしましたが、、)
こういうことをブログに書いておきたかったかも?と思いました。
最近ブログでうまくおしゃべり展開できなくて、物足りなく思っていましたー。ここでちょっとすっきり(笑)つっこみ、ありがと〜☆

2017/10/23(月) 午前 0:46 サンシル 返信する

> みらいさん、こんばんは〜
このドラマ、良かったですよね〜♪♪
あれ?ドクソンの婿殿、読めましたかー。
私はてっきり、最後にどんでん返しーが待っているのかとばかり。

2017/10/23(月) 午前 0:48 サンシル 返信する

> Mapleさん、こんばんは〜
うん、これはオススメですよ〜是非是非チェックしてね。

このメンバでつながる『花より青春〜アフリカ編』気になります〜
私もみたいなーと誘惑されそうです(笑)
(あ、まだネットでのドラマ視聴デビューはしないけどネ)

2017/10/23(月) 午前 0:51 サンシル 返信する

顔アイコン

ただいま、視聴中です 関西ではいろいろなチャンネルでよく見かけるのですが 私は今は土曜日に3話連続でしているのでそれを見ています。 18話まで すみました
ほぼ 見えてきましたが。。。あと2話 楽しみに待ちます。

2018/7/28(土) 午後 7:51 Daisy 返信する

> Daisyさん、こんばんは〜
来週最終回なのですね?もうドクソンの婿殿、誰か読めちゃいましたか??あれー、、やっぱり、分からなかったのは私だけでしょうか?

3作の中でこのドラマが一番ホームドラマ的色が濃くて面白かったです〜

2018/7/29(日) 午前 0:13 サンシル 返信する

顔アイコン

おはようございます
はい そう思います
ホノボノしたり ちょっぴり切なかったり。。。横丁の奥様三人がとっても面白かったし、ドクソンの女子校のお友達のクラスの様子とかもとっても笑っちゃいました。
こうしてドラマについてお話できるの とっても嬉しい!!!
サンシルさんありがとうございます!
ドクソンの旦那様 多分 あのほわ〜んとした彼だと思うのですが 次の土曜日を楽しみにします〜!😄

2018/7/29(日) 午前 9:14 Daisy 返信する

> Daisyさん、おはようございます〜
コメントを頂いてから、またしばらくブログをサボってしまい、ひと月も経っていました。ごめんなさい〜
観終わりましたか?楽しかったでしょう??

そうそう、「花より青春」という旅番組バラエティ?があるのですが、このドラマの仲良しくんたち4人が登場します。面白いですよ〜探してみて下さい。
参考>https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru/42265162.html

2018/9/2(日) 午前 8:28 サンシル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事