サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

--き〜こ

[ リスト | 詳細 ]


「9回裏2アウト」
「90日、愛する時間」
「危機一髪!プンニョンマンション」
「奇皇后」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「キツネちゃん、何しているの?」
「貴婦人」
「君に出会ってから」⇒『長編ホームドラマ』の書庫。
「君はどの星から来たの」
「君を憶えてる」
「君は僕の運命」⇒『長編ホームドラマ』の書庫。
「君を守る恋〜Who are you〜」
「キム・マンドク 美しき伝説の商人」⇒『史劇ドラマ』の書庫
「逆転の女王」
「強敵たち」
「キング Two Hearts」

「九家の書〜千年に一度の恋〜」
「クリスマスに雪は降るの?」
「グロリア」

「京城スキャンダル」
「外科医 ポン・ダルヒ」
「ケ・セラ・セラ」
「結婚してください」
「結婚できない男」
「結婚の裏ワザ」
「結婚の女神」
「階伯(ケベク)」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「剣士ペク・ドンス」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「検事プリンセス」

「恋する国家情報局」
「恋するハイエナ」
「恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜」
「恋せよシングルママ」
「恋人」
「恋人づくり」
「個人の趣向」
「このろくでなしの愛」
「ゴハンに行こうよ」
「ゴールデンタイム」
「コンニム」→「私の娘コンニム」⇒『ら〜・わ〜』の書庫
記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ドラマ日記もてくてく日記もさぼっていますが、韓ドラ、たくさん観終わっています・・(笑)
これ面白かったよ〜



イメージ 1


結婚と不倫に対しての男女の考え方の違いを繊細に、愉快に描いたドラマ。 

"今週、妻が浮気します。僕はどうしたらいいでしょうか"
妻の浮気を疑う夫が、ネットの掲示板に相談を投稿、様々な回答が寄せられる。
 最初は軽い気持ちで回答していた人たちも、夫の誠実な態度に感動して徐々に自分の経験や思いを分かち合いながら感情を共有し始める。
ネット住民たちとのやり取りを通じて、夫も自身を振り返るようになり、やがて"妻への愛"に気付く。

【キャスト】
イ・ソンギュン(ト・ヒョヌ役) 「パスタ〜恋ができるまで〜」「コーヒープリンス1号店」
ソン・ジヒョ(チョン・スヨン役) 「宮〜Love in Palace」「元カノクラブ」「階伯-ケベク-」
イ・サンヨプ(アン・ジュニョン役) 「ドクターズ〜恋する気持ち」「青い鳥の輪舞〈ロンド〉」
BoA(クォン・ボヨン役) 「恋愛に期待して」
キム・ヒウォン(チェ・ユンギ役) 「星から来たあなた」「ミセン-未生-」
イェ・ジウォン(ウン・アラ役) 「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」「プロデューサー」


妻の携帯に届いたメールに気が付いちゃった夫ト・ヒョヌ(イ・ソンギュン)

どうしたらいいものか・・?とネットにつぶやく。

"今週、妻が浮気します。僕はどうしたらいいでしょうか"

 (・・ネットの向こうの人たちの参加の、熱いこと!)

そして、妻が遅いという日に彼は、、

イメージ 2
イメージ 3
この日は、歓迎会だか送別会だか・・だったんだよね。


そして、メールに連絡が来ていたその日、彼は待ち合わせ場所に潜入。

イメージ 4
イメージ 5
まさかの、思い切った行動に。エレベーター乗り合わせ・・


ネットの向こうの人たちも盛り上がりながら、彼の「悶々鬱々」とした日は続く・・。


日本版のリメイクだったそうですが、日本版は観たのか観てないのか、記憶になく、、お話は初めて。

きっとヒョヌの勘違いで浮気なんかじゃないんじゃないか・・と思って観ていたら、
いやいや、そんなこともなく、、

彼女はそういうタイプに見えないのに?何が彼女を・・?というのにも興味深かったし、、
妻の浮気を知った夫の、受け止め方もまた気になるところだったし、、

するする・・観ちゃった。

結局、彼女への愛を確認し、受け留めようとしたヒョヌだったけれど、、、やっぱり難しい?

答えは「離婚」。

でも、それで終わらず、その後の展開が良かった・・。

ソンギュンssiはやぱりそうでなくっちゃ。


そして、、ヒョヌの「妻が・・」のお話の側で展開していたもう一つのお話。

イメージ 6
イメージ 7
夫の浮気で離婚し男性不信のボヨン(BoA)に、
結婚3年のふりをしていたジュニョン(イ・サンヨプ)

始まりから、二人の未来が見えていた感じもしなくもないけれど、
これまた嬉しい終りな感じ。


そして、もう一組、ヒョヌの友達の、浮気大好き弁護士チェ・ユンギとその妻アラのお話。

こちらはね、人をなめすぎている腐れ弁護士に、天罰が下らないはずがない・・という感じ。

アラの手から稲妻がびびび・・と発してるかと思うほど(笑)

まぁ、これは仕方のない結末でした。


・・で、もう一つおまけで、ネットの向こうの人たちの集い。

トイクレーン(ヒョヌのハンドルネーム)の話題だけでつながった人たちが集まるってすごくない?

なんか、ハチャメチャになっちゃうのか・・?と心配したけれど、いやいや、これもいい感じ。


それぞれのお話が嫌な感じを残さずするんと終わって一安心。そんなドラマでした。

面白かったよ〜!


私は、このドラマのソンギュンさんが友達のご主人に見えて仕方がなく、、
先日ご本人にお会いしたときにも、やっぱり似てるかも?と思ってしまいました。
こんな身近なところにソンギュンオッパが・・!(笑)


⇒ 韓国JTBC (写真はここからお借りしました)

楽しかったよ〜〜!

2018/5/19〜7/22 BS11 土日8:00〜

イメージ 1


気づいたら、キミにベタ惚れ。加速度200%の恋。

ハノル体育大学の重量挙げ部の期待の星、キム・ボクジュ(イ・ソンギョン)は水泳部のトップ選手で女子に大人気のチョン・ジュニョン(ナム・ジュヒョク)と勘違いからトラブルになる。そのことがきっかけでジュニョンはボクジュが小学校の同級生で、自分を助けてくれた怪力のおデブちゃんだったことに気づく。それ以来、ボクジュの姿を見かけてはわざと昔のあだ名で呼んでからかうジュニョンだが、実はボクジュの行動が気になって仕方がない。そんなある日、大荷物を抱えて雨の中を歩くボクジュは見ず知らずの自分に突然傘を差し出してくれた紳士的な医師ジェイ(イ・ジェユン)に一目惚れ!ジェイがジュニョンの従兄とは知らないボクジュは、ジェイに近づくために彼の勤務する肥満クリニックに周囲にはナイショで通い始める。同じ頃、元恋人であるジュニョンを忘れられずにいた新体操部のスター選手ソン・シホ(キョン・スジン)は学生寮でボクジュと同室となる。学内でじゃれあうボクジュとジュニョンを見かけたシホは元カノっぷりをアピール、そしてジュニョンと復縁するためにボクジュに協力を依頼する。そんな中、なんとボクジュは肥満クリニックでジュニョンと鉢合わせ!そしてジュニョンはボクジュの恋心を知ることになるのだが…。

キム・ボクジュ/イ・ソンギョン 「ドクターズ〜恋する気持ち」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」
チョン・ジュニョン/ナム・ジュヒョク 「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」
ソン・シホ/キョン・スジン 「密会」「ウンヒの涙」
チョン・ジェイ/イ・ジェユン 「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」「愛人がいます」


タイトルを飾った彼女はこの子。 重量挙げ部の期待の星、キム・ボクジュ(イ・ソンギョン)。

イメージ 2


まだまだ、色気より食い気!?
イメージ 7
イメージ 6

友達と焼肉屋に行って、最後まで存分に食べるための秘策を練ったり・・。

生肉⇒味付け肉⇒焼き飯⇒冷麺の順で食べるといいらしい・・(笑)

そこに登場した幼馴染チョン・ジュニョン(ナム・ジュヒョク)。
イメージ 3

タイトルの「僕」はカレね?

イメージ 4

イケメン君の飾らないキャラ、うんうん、いい〜

いつしか、ボクジュも目覚めて、、
イメージ 5
フフフフフ〜

何だかとっても、可愛くて、爽やかな青春ドラマ☆

1コマ1コマがほほえましいというか、細かな笑いもちりばめてあり、楽しい〜

リピートしてみたくなるよ〜


イメージ 8
これは、あ、やばっのときの顔。

イメージ 9
はじめはこんな顔だった・・!笑笑笑

私的には、あ〜ぁ、終わっちゃった、、、な感じ。 オススメ〜☆


これも観終わりました〜。またちょこっと備忘録なり。


BS11 土日8:00〜 2018/1/7〜放送終了

イメージ 1

キム・ハヌル×イ・サンユン豪華共演!胸を焦がす至極のラブストーリー!
【STORY】
ベテランの客室乗務員スア(キム・ハヌル)は、高慢な夫ジンソク(シン・ソンロク)に逆らえず、嫌がる娘を無理やり海外留学させる。その中で、娘のルームメイトの父親であるドウ(イ・サンユン)と連絡をとることになったスアは、次第に、娘が留学でいなくなった寂しさをドウと共有するようになる。そんなある日、ドウの娘が交通事故で亡くなってしまう。娘の訃報を受けても淡々と仕事をこなす妻ヘウォン(チャン・ヒジン)に、ドウは戸惑いを覚える。娘の遺骨を持ち帰ろうと妻に黙って娘の留学先に飛んだドウは、その帰りに偶然スアが乗務する便に乗り合わせる。スアも娘を亡くしたドウが気がかりで、娘たちの留学先に立ち寄り遺品を持ち帰っていた。そして、トラブルにより二人は空港で朝まで一緒に過ごすことになる。他人の娘のことであるにもかかわらず、胸を痛め、そして共に悲しむスアに、ドウは心の安らぎを感じはじめ…

【キャスト】
チェ・スア/キム・ハヌル 「紳士の品格」、「きみはペット」
ソ・ドウ/イ・サンユン 「2度目の二十歳」、「エンジェルアイズ」
パク・ジンソク/シン・ソンロク 「王の顔」、「星から来たあなた」
キム・ヘウォン/チャン・ヒジン 「魔女宝鑑〜ホジュン、若き日の恋〜」、「夜を歩く士 <ソンビ>」


ん〜?ホントに?? 「胸を焦がす至極の」ラブストーリーだった??

なんだろう?最近、人の揚げ足取りになってきたのか、心がまっすぐじゃないのか、
素直に、そだねーそだねーとは行かない

どちらかというと、これまた曲がった世界の、納得のいかないラブストーリーだなぁ。
私が短絡的で、お子ちゃま思考回路だから?
・・つまり、思慮深く、心の奥底で物事をじっくり考える人じゃないと良さが分からなそうなドラマでした。

このラブストーリーの「舞台」がねー、私には受け入れられなかったな・・。

子どもが留学先で事故に遭い命を落とした、、

父は悲しみに打ちひしがれ、母はその死がまるでなかったかのよう・・。
それどころか、娘の存在さえも、消し去ってしまうような・・。

そして、その死により、隠れさていた娘と母(妻)の暗い事情が見え隠れ。

イメージ 2
イメージ 3
娘の渡航先へすぐ飛んで行った父と、娘の存在さえも消しかねない母。

始まりは、そっちのうちもこっちのうちも、、留学?!・・で、
韓国の留学史上主義の事情がもたらす歪みから生じるお話か・・と思いましたが、
「留学」は大人の事情でうまい具合に利用されただけな感じ。

子どもは帰ってきたがっていたのに? 母は来てほしくなかった・・。


そして、娘の留学先へ通う父ドウと客室乗務員のスア(キム・ハヌル)が出会う。

イメージ 4

これはもともと縁があったのでしょうね、、

ドウの娘さんの事故をたまたま目撃していたり、、
そもそも、そのお嬢さんが、自分の娘の留学先のルーメイトだったり、、
悲しみの中で行き来をするドウと出会う機会が多かったり、、。


でもね、、そこに恋愛が生じてくるのは、あるのかな・・?


そして、妻スアと距離を置きたがるパイロットの夫と、、
イメージ 5


スアの同僚&親友のミジンが舞台に登場する・・。
イメージ 6


スアとミジンの友情のキャッチボールは好きだったわ。
友を思い、キッパリ線を引こうとしたミジン自身も。

そこに甘えてくるパイロット君(スアの夫)は×だけどね。

スアのうちでも、留学は大人の事情。

子どもは行きたがらず、、母(スア)も子どもの意を汲んであげたそう。
でも父(パイロット君)は競争社会に生き抜くためには↑↑と叱咤激励。


ドウの奥さんにしても、このパイロット君にしても、
世の中、難しい人がいるのね、、な感じ。

自分だけの変なモノサシもってる変な感じの人たち・・。


そんなこんなで、、

お互いの寂しさが分かるスアとドウ。 寂しさを共有するように惹かれあっていくの・・。

でもねー、この難しい状況の中で、恋物語までになるかなぁ? それはちょっとなぁ。

どろどろ復讐劇なら逆にわかるけど?


まぁ、要は、私には分からない恋愛の世界、

逆に、スアとドウの間に、スアとミジンの間のような友情というのかなぁ、信頼関係が・・なんていうと、
私はその方が分かるな〜な感じでした。

「胸を焦がす至極のラブストーリー」ね。 こうやって振り返ってもやっぱりわかりませんでした。

お子ちゃまには難しかった・・ってことで、理解せずに終了なり〜。

・・というわけで、備忘録にもなっていませんが、こんなドラマ観ました、でした。




「あなたは贈りもの」ついに終わりますね〜。
あんなにつまらない〜〜とあちこちにこぼしていたのに、今や毎日の楽しみ(笑)
長編はそういうところが面白いですねー。 あともうちょっと頑張ります。


久しぶりにドラマ日記☆

「結婚契約」 全16話

BS11 土・日800〜 2017/10/29〜

イメージ 1

人生の価値がお金だけである男と崖っぷちに立っている女が出会い、 本当の愛の意味を探っていくメロドラマ。

あらすじ (KNTVより)
娘のウンソン(シン・リナ)を女手ひとつで育てるヘス(ユイ)は、亡き夫の借金の返済に追われている。ある日、ヘスは車に轢かれそうになったウンソンをかばって意識を失い、病院に搬送される。車を運転していたのはレストラン「プロミス」を経営するジフン(イ・ソジン)。彼はヘスを当たり屋と思い込み、眉をひそめるのだった。
 一方、ジフンは肝移植の必要な母(イ・フィヒャン)を救うため、適合者との偽装結婚を考えている。ジフンの店とは知らず「プロミス」に採用されたヘスは、それを耳にし、借金の取り立てから逃れるため「私が結婚してあげます」と提案する。とはいえ、違法で、危険の伴う臓器移植。ウンソンのことを考えると引き受けるわけにいかない。しかしその後、ヘスは脳腫瘍を宣告される。遺されるウンソンの将来のため、ジフンと“結婚契約”を結ぶヘスだったが……。

キャスト
ハン・ジフン/イ・ソジン
カン・ヘス/ユイ
チャ・ウンソン/シン・リナ ヘスの娘
ハン・ソングク/キム・ヨンゴン ジフンの父。ハンナム食品元会長。
ユン・ソニョン/パク・ジョンス ハン会長の本妻。
オ・ミラン/イ・フィヒャン ジフンの母。
ハン・ジョンフン/キム・ヨンピル ジフンの異母兄。ハンナム食品の常務。
ソ・ナユン/キム・ユリ 大学時代のジフンの元カノ



本妻の子よりも父に期待され、でも母は父の眼中にはない、、という複雑な中にあり、
一見キレモノという感じでもないし、でも、温かな感じでもなく、、
でも、どちらかといえば、感じがいいわけではない、、そんな男、ハン・ジフン(イ・ソジン)。

そんな彼が接触事故まがいをおこし、シングルマザーのカン・ヘス(ユイ)と出会う。

この女は当たり屋か?!と思いが頭をよぎるほど、彼は優しくない・・。

そんな彼が、母に肝移植が必要だと知り、一策を講じようとする。

肝移植の順番待ちをしていたのでは、間に合わない・・
家族なら優先される・・ならば、提供者を家族にしてしまえばいい!
臓器提供付きの結婚のお約束。

コソコソ話の計画をうっかり聞いてしまっていたカン・ヘス。

夫に先立たれ、友達に支えられながら寂しく暮らすシングルマザー。
時折、借金とりがやってくる。

加えて、健康診断で脳腫瘍が見つかる・・・。

・・となると、心配なのは娘のこと。

せめて娘が成人するまでの資金を蓄えておかなくては!


二人の利害が一致した・・。

・・というわけで、「結婚の契約」。


ドラマだからね、二人の間に本当の愛が芽生えて、、と言うのは観る前から想像のつくことで、
分かってはいたのだけれど、、いつものこと、上手に引き込まれてしまいました。

はじめはね、、イマイチだったの。
偽装するために、二人で相手の情報を丸暗記したり、、
展開としては面白くなくもないんだけど、惹かれないのよ、、。
イマイチな彼に心も揺さぶられないし、、
夫に先立たれ、借金とりにおわれ、病に冒され、、と困難ばかりが降りかかってくる彼女が可哀想すぎだし。


それがねー、ジフンがウンソンにやられてから・・(いや、正しくはヘスにかな?)スイッチオン

第7話のおしまいのシーン、ヘス親子と別れてうちに帰ってからのジフン。
思い出してニマニマ〜嬉しくってニマニマ〜のあれ!!
何回も見たくなるわ〜!人間臭いジフン、いいじゃん!

イメージ 2

実生活でもいいパパになれそうだな〜
恋しくないかい?結婚生活
・・と余計なことまで考えたりして(・・失礼しました)


そうなると、もう後は二人の「結婚」に心が伴っていくのを楽しむわくわく視聴になるはずですが、、

ヘスの病がね、、


お話は悲しい結末をぼかしてのおしまいでした。

幸せを感じる、幸せを味わうことの幸せを観た感じ。


・・で、イマイチで観始めたけれど、やっぱりイ・ソジンさんのドラマはいいね〜と思ったのでありました。

あれ?何が書きたいのか分からない・・
後で読み返しても、お話が思い出せないパターンだ、、コレ。 まっ、いっか(笑)

・・というわけで、観終わりました。 よかったよ☆


イメージ 3
やっぱこのエクボよね?

イメージ 4
こういうお茶目顔が発揮できるところもいい(笑)


韓国MBC (3枚の写真はここから拝借)
チェ・ジウ姫、やっぱり、かわいいね〜☆


テレビ東京 月〜金8:15〜 2017/10/20〜

イメージ 1

キャリアを引く女〜キャリーバッグいっぱいの恋 チェ・ジウ&チュ・ジンモ主演!話題の法廷ロマンス
法曹界で輝かしいキャリアを積んできた法律事務所の女性事務長が、無実の少年を救おうとしたことから陰謀に巻き込まれ、瞬く間に転落…。キャリアに傷がついたヒロインと、彼女の才能を信じるひとりの男性。そんなふたりの物語をミステリーや法廷対決といったハラハラ要素も織り交ぜながら描く、最高のサクセス・ラブストーリー! 主人公のチャ・グムジュに扮するのは、ドラマ「冬のソナタ」で日本でも一世を風靡したチェ・ジウ。刑事をしのぐ調査能力と裁判所に豊富な人脈を持つ有能な事務長でありながら、試験恐怖症で司法試験に落ち続け、弁護士になれなかった心の傷を抱えた女性を演じる。 一方のチュ・ジンモは、かつて将来を嘱望された検事だったが、今は自らが設立したゴシップニュース会社の代表を務めるハム・ボッコ役を熱演。グムジュの夢をサポートし、大人のロマンスの行方にも注目!さらに俳優として躍進中の元MBLAQのイ・ジュンが誠実な新米弁護士役として登場する。

あらすじ
“弁護士よりも有能”と噂される、法律事務所のやり手の女性事務長グムジュ(チェ・ジウ)は、ある日、義妹の弁護士ヘジュ(チョン・ヘビン)とともに、ゴシップニュース社K-fact の名誉毀損事件を有罪に導いた。敗訴したK-fact代表のボッコ(チュ・ジンモ)に対して、高飛車な態度に出るグムジュ。ボッコは「二度と会いたくない!」と言い放つ。その後、ある少年の無実を証明しようと息巻いていたグムジュだったが、何者かの差し金によって突然、身に覚えのない罪で逮捕されてしまう…。1年後、職も夫もすべてを失ったグムジュは、就職活動に明け暮れていた。そんな時、女優から性的暴行の罪をなすりつけられたボッコが、グムジュに助けを求めてくる。グムジュは新人弁護士のソグ(イ・ジュン)とともに無罪を勝ち取り、ボッコから厚い信頼を得ることに。彼のバックアップによって法律事務所ゴールデンツリーを設立し、新たな一歩を踏み出すが…。

キャスト ⇒ 詳細
チャ・グムジュ/チェ・ジウ
ハム・ボッコ/チュ・ジンモ
マ・ソグ/イ・ジュン
パク・ヘジュ/チョン・ヘビン


面白かったです〜
最後のボッコssiとマ弁護士改めマ検事との連携プレイのオチもよかったし
ボッコのジンモssiがいいと聞いていたのですが、ジウ姫もよかったし、ジュン君もよかった
でも最終話の連携プレイで、ボッコssiの株がさらに上昇 うんうん、良かったです。


何と言っても表情豊かなジウ姫。なんて素敵な人なんだろう?って思いました。
イメージ 3 イメージ 2
ジウ姫はやっぱり別格ね

そのグムジュさんに魅せられたマ弁護士、すっごく好青年でした☆
イメージ 4 イメージ 5
イ・ジュン君、他のドラマでもお会いしていたと思うのですが、ん〜〜?思い出せません。
この役、素敵だったな。 他はどうだったっけ?

ジンモssiはもともと濃い系のイケメンさんですが、お笑い的余裕もあって、さらにかっこいい感じがしました。
イメージ 6 イメージ 7
3枚目的キャラでグムジュさんとやりとりするところがまたいい。

グムジュさんの人柄は事務所の空気もそうつくり、、とってもいい感じ☆
イメージ 8 イメージ 9

ただ一人、なかなか、そのグムジュさんに染まれなかったのが継妹のパク・ヘジュ。
イメージ 10 イメージ 11
姉への対抗心?それだけで尖っているように見えました。

その尖り、、どうやら私は肝心なところを見落としてしまったようで、
何でそんなに姉に?!ときっかけが拾えませんでした。
借りを返すだの、、返さないだの、、何だったのでしょう?


・・落ちこぼれたところは置いておいて、グムジュさんの頑張りに魅せられ、
その頑張りに負けないくらいキラキラ光るマ弁護士にも、
そのマ弁護士のさらに上を行くように頑張るハンバーガーssi(ボッコさん)にも魅せられ、、
最後は、きっちり、悪いものにはきちんと裁きを下し、あ〜すっきり!!なドラマでした。

ちょこっとしたところですが、最終話の高い手付金、高い報奨金のクダリもよかったです。
そりゃそうよね〜!! さすが、グムジュさん☆

・・というわけで、かけあしでサラリと観ちゃいましたが、面白かったよ♪



>>私は年末に向けて、書きかけのドラマ日記を仕上げていきたいと思っています・・

が、観る方が忙しくて・・(笑) 目と頭が2つあったらいいのに。


全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事