サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

--き〜こ

[ リスト | 詳細 ]


「9回裏2アウト」
「90日、愛する時間」
「危機一髪!プンニョンマンション」
「奇皇后」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「キツネちゃん、何しているの?」
「貴婦人」
「君に出会ってから」⇒『長編ホームドラマ』の書庫。
「君はどの星から来たの」
「君を憶えてる」
「君は僕の運命」⇒『長編ホームドラマ』の書庫。
「君を守る恋〜Who are you〜」
「キム・マンドク 美しき伝説の商人」⇒『史劇ドラマ』の書庫
「逆転の女王」
「強敵たち」
「キング Two Hearts」

「九家の書〜千年に一度の恋〜」
「クリスマスに雪は降るの?」
「グロリア」

「京城スキャンダル」
「外科医 ポン・ダルヒ」
「ケ・セラ・セラ」
「結婚してください」
「結婚できない男」
「結婚の裏ワザ」
「結婚の女神」
「階伯(ケベク)」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「剣士ペク・ドンス」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「検事プリンセス」

「恋する国家情報局」
「恋するハイエナ」
「恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜」
「恋せよシングルママ」
「恋人」
「恋人づくり」
「個人の趣向」
「このろくでなしの愛」
「ゴハンに行こうよ」
「ゴールデンタイム」
「コンニム」→「私の娘コンニム」⇒『ら〜・わ〜』の書庫
記事検索
検索
いいドラマ観ちゃった〜!


BS11 土日10:00〜 2017/8/13〜10/22

イメージ 1

「ミセン-未生-」イ・ソンミン×『二十歳』ジュノ、涙の競演!
 「魔王」「サメ〜愛の黙示録〜」の脚本・演出家コンビが贈る、ヒューマン&ラブストーリー

【STORY】
パク・テソク(イ・ソンミン)は政財界の大物たちに関わる数々の訴訟を勝利に導いてきた凄腕弁護士。華々しく活躍するテソクだったが、妻ヨンジュ(キム・ジス)は家庭を顧みない夫の態度に寂しさを感じていた。テソクと共に働くこととなった若手弁護士チョン・ジン(ジュノ)は、勝訴のためには脅迫まがいの手段も厭わないテソクのやり口に幻滅していた。 しかし、そんなテソクにも辛い過去があった。15年前、元妻ナ・ウンソン(パク・ジニ)との間に生まれた息子ドンウをひき逃げ事件で亡くしていたのだ。犯人は見つからず、二人は離婚、事件はもうすぐ時効を迎えようとしていた。そんなある日、テソクのもとに友人である医師から電話がかかってくる。それは、テソクがアルツハイマー病であるという衝撃的な診断結果だった。一人悩み、葛藤するテソクだったが、病は着実にテソクの記憶を蝕み、日常生活に支障をきたし始める。そうした折、ドンウのひき逃げ事件にテソクの事務所の代表イ・チャンムの息子スンホが絡んでいることが判明し…。

【キャスト】 ⇒ キャスト詳細
パク・テソク/イ・ソンミン「ミセン-未生-」「華政〔ファジョン〕」
チョン・ジン/ジュノ[2PM]「二十歳」「メモリーズ 追憶の剣」
ボン・ソナ/ユン・ソヒ「12年ぶりの再会」「愛するウンドン」
ソ・ヨンジュ/キム・ジス「温かい一言」「江南ブルース」
ナ・ウンソン/パク・ジニ「ホジュン〜伝説の心医〜」「天地人〜チョンジイン〜」


てく友オンニから、オススメ!とは言われていたけれど、ホントホント!すっごく良かった〜!!

お話の展開もよし、、
俳優陣、どなたも味が出まくり、とってもよし、、

主役のイ・ソンミンさん、オンニのおすすめ通り
苦悩する姿が多いので、「いい」と言うのもどうか?と思うけれど、、でもいいのよ〜

イメージ 5

そのカレを支える事務所の後輩くんも、受付嬢兼秘書さんも、、
彼らがいたからこそ、テソクが頑張り続け、前に進めた!

イメージ 2
イメージ 3

ブロ友Mちゃんのカレ、ジュノくんの「俳優さんぶり」、素晴らしかった〜
いいドラマに仕上がったのも、あそこにあの役のジュノくんがいたからだと思うな。

イメージ 6
イメージ 7

そして、夫の異変を知った奥方は、それを暖かく見守り・・
父の変化に気づき、涙した息子も、それをまっすぐ受け止め、力になろうとした・・

そして、息子テソクには嫌われ続けていた父も、最後はナイスタイミングで息子を守った・・

イメージ 4
最終話?その前?で息子を守った父、何気に感動でした。
(この写真は、嫌われもののときの写真・・

それぞれがそれぞれの立場で、絶妙な距離感で、テソクを見守り支えた・・。
うんうん、みんなよかった〜


・・と書くと、ほっこり心が温まるお話?のようですが、
いやいや、お話は、「ひどい世界」の中に展開し、けっして軽くはありません。

弁護士のパク・テソク(イ・ソンミン)、どうやら、「力のある者のための」弁護士らしい。

第1話は、闇に葬った医療ミスを、内部告発しようとした医師の口を封じるべく、
その医師にカレ自身の秘密を突き付けた・・

その結果、その医師が選んだのは飛び降り自殺。

そして、それに続く第2話では、テソク自身に衝撃の事実が判明した・・。

友達医師に呼ばれ、こっそり告げられたのは「アルツハイマー」。

第1話で、内部告発をしようとした医師に突き付けた秘密というのも、同じ病いでした・・。

愕然・・とするテソク。

お話は、ここから、「記憶」がいったりきたりするテソクが中心のお話となります。

加えて、テソクの悲しい過去も見えてきます。

ひき逃げにより幼い息子を失った・・それがきっかけとなり、離婚。

別れた妻はナ判事。 息子を失った悲しみの中に、一人暮らす、、

ここで、テソクの記憶が行ったり来たり、、
今の自分が分からなくなったときは、いつもドンウ(亡くなった息子)の父に戻っていた。

まるで自分のうちへ帰るように、ナ判事のうちを訪れること、たびたび。

息子を失った悲しみをうまく乗り越えられないテソク、、

その一方で、良心の呵責に耐えられなくなった「ひき逃げ事件の犯人」。
事故現場に花を供えはじめた・・。

そこから「真犯人」探しが始まる・・。


真犯人というわけではないが、何かと憎たらしい方々
イメージ 8
イメージ 9

この子も?
イメージ 10



アルツハイマーに冒されていく自分と向き合いながら、
息子の命を奪ったひき逃げ犯に近づいていく、、

真実に近づけば近づくほど、汚れた世界が見えてくる。
黒幕はこいつか?!と
真実が見えた瞬間、テソクは自分が許せなくなった・・。

自分は今まで何をしていたのか・・・?!と。


アルツハイマーと聞いて絶望の淵に立ったような思いを感じたけれど、
その実、得たものが多かった・・

自分は今まで一体何を見て生きてきたのか?
病いと向き合って、伏せていた傷にも向き合えた。
そして、大切なものが見えた・・そんな物語。


イメージ 11
いいドラマだったな〜。

これは必見♪


おまけ>今日のサンシルメモ。
頭は記憶を消していくのに心は逆に掘り起こす
忘れたくない記憶は頭が消して
忘れたい記憶は心が覚えてる
頭の病気なのになぜ胸が痛いんだ?
(第11話より)


写真はここから拝借しました。
このドラマ観た? 開封したらあっという間に観終わっちゃいました!

BSジャパン 金10:01〜 2016/1/6〜4/21

イメージ 1

パク・ヘジン× ソ・ガンジュン(5urprise)  注目度No.1スター競演!  大ヒットラブコメディBS初登場!!
 平凡な大学生ソルはある日、ルックスも中身も完璧な人気者、ユ・ジョン先輩の冷徹な裏の顔に気づいてしまう。そんな彼からなぜかアプローチを受け困惑する中、ユ・ジョンの幼なじみで遊び人風だが根は純粋なペク・イノも現れ、ソルの地味な生活は一変!果たしてソルは、本当の恋を見つけることができるのか!?ユ・ジョンのソルに対する少し変わった愛情表現は、まるで“罠”のよう。そんな先輩に惹かれつつも戸惑う一方で、気づけば側にいてくれる“オアシス”のようなイノに安らぎをおぼえるソル。不器用でいつも損ばかりしているソルが、2人の間で悩みながらもときめき、いつの間にか恋の迷路に迷い込んでいく。これまでのラブコメディとは一線を画す巧みな心理描写とミステリアスで先の読めない展開に、くぎ付けになること間違いなし!

あらすじ
アルバイトをしながら大学に通うマジメな女の子ホン・ソル(キム・ゴウン)は、ある日偶然、皆に慕われる完璧な先輩ユ・ジョン(パク・へジン)の冷徹な本性に気づいてしまう。その日を境にユ・ジョンから嫌がらせを受けるようになったソルはついに休学を決意するが、その矢先、思いがけず授業料免除の知らせが届く。休学をやめたソルの前に現れたのは、以前とは別人のように優しくなったユ・ジョンだった。ことあるごとに自分を助けてくれるユ・ジョンを怪しみながらも、次第に彼のことが気になり始めるソル。そんな中、ユ・ジョンと深い因縁のある幼なじみペク・イノ(ソ・ガンジュン)が現れ、ソルに急接近!ミステリアスな三角関係の行方は…!?

キャスト
ユ・ジョン/パク・ヘジン
ホン・ソル/キム・ゴウン
ペク・イノ/ソ・ガンジュン(5urprise)


ドラマ熱冷め気味で、なんとなくしか観なくなっていた私に、
「ちゃんと観てごらん、面白いよ!」とドラマの方から語りかけてきたドラマ(笑)

これだけドラマを観ているんだもの、聞いたことあるような話が多かったりする中、ちょっと目新しかった。
これは展開が予想できず、そうなると続きが気になるよねー? 久しぶりに一気観となりました。

紹介↑には「ラブコメ」とあるけれど、コメディという感じではなかったナー。
もうちょっと奥が深いというか、コメディちっくではないような・・?
私の「コメディ」のとらえかたが違うのかなぁ?


主役はこの方 ホン・ソル(キム・ゴウン)
イメージ 2
なかなか美人とは言い難い女優さんですが、味がある〜!

大学に自力で通う頑張り屋の苦学生。
奨学金を得るために、ぴかいちの成績を目指す。

そんな彼女の前に登場したのが、カレ

女の子の憧れの先輩 ユ・ジョン(パク・ヘジン)
イメージ 3
みんなが憧れる先輩なんだけど、雰囲気がちょっと怪しい。
表の顔と裏の顔がある?!

何か悪いことが起こったときに、裏で糸を引いていたのはカレ??

本人が意図してか、意図しなくてか、、本当のところが良く見えない。

ホン・ソルに本心を見透かされた?!と彼女に鋭い視線を向けるも、、
それで意地悪をしてんだか、勘違いなのか?
ホン・ソルからすると、意地悪をされていたような・・?感じ。

そこから、

えー?!恋??

そう、いきなり恋の展開におなりになります。


そして、もう一人、ユ・ジョンの古き友人?としてこのカレ↓が登場。

やたらとユ・ジョンを敵視する。 ペク・イノ(ソ・ガンジュン)
イメージ 4

ペク・イノの存在、ペク・イノとユ・ジョンとの間にある因縁がなかなか分からず
早く知りたい!と思いながらみましたが、、

先にちょっと見えてきたのは、このペク・イノは、どうやらユ・ジョンのうちで育っていたということ。

それも、二人は何と同級生?!

・・そうは見えなくて、俳優さんの実年齢を調べちゃいました。

パク・ヘジンくん 1983年生まれ 34歳
ソ・ガンジュンくん 1993年生まれ 23歳

わ〜 ひと回り近く違うのね〜! 同級生にはちとムリが・・
(・・と思ったのは私だけ?)


また、ユ・ジョンのうちには、姉と一緒にお世話になっていたもよう。

その姉がね、、
イメージ 6
おきれいではあるのですが、ハチャメチャ!

金の亡者というより、「贅沢」の亡者。
そのために一生懸命ユ・ジョン一家に取り入ろうとするの。
(そうそう、ユ・ジョンは御曹司なり。)

弟君はユ・ジョンとのトラブルから一線を引き・・のようだけれどネ。


かつては天才ピアニストと呼ばれた少年、ペク・イノ。
イメージ 7

それが、手を怪我し、夢をあきらめ・・

その怪我にジョンが関係している?!いない?!
私たちには知らされない因縁があるようでした。


でも、ホン・ソルのおかげで、ペク・イノが動き出した・・。
イメージ 8
連弾する二人楽しそうだった!

「凄い曲」を弾いてみせるイノ、かっこよかった〜。

・・ガンジュンくん、本当に弾いてたような??
彼自身もピアニスト?


そして、彼らの間のトラブルの全貌が分かったのは第12話。
イメージ 5
お互い相手に裏切られたと思っていた感じ。
その行き違いがそのまま、自分の人生の邪魔をした・・とまでなり、、。

かつてを思い出し本気で殴り合いをしてみるけれど、憎しみは消えず。

ん〜、意外

普通ならここで、誤解が解けて、二人はいい方向に・・となりそうだけど
このドラマはそんなに簡単じゃない。

もつれは解けぬまま、「もつれ」に誤解があることを視聴者だけが知る感じ?


そしてそして、ユ・ジョンだけならず、ペク・イノもホン・ソルに思いを寄せ、告白

恋の行方は、どちらに??
イメージ 9
イメージ 10


ユ・ジョンの恋は?
ユ・ジョンのうちに秘める思いは?
ペク・イノの恋は?
ホン・ソルは?
ペク・イナ(イノの姉)の悪態は?
父と子の関係は?
あれも?これも?

わ〜盛りだくさん!どうやって終わるの??

と思っていたら、ん?打ち切りにあったかのように、、
すとん・・と終わりました。

あれ?終わったの??

ぎゅぎゅっとつまってて、あれこれ考えながら
どうなるのさー??と思いながら観ていましたが、
何だか終わったようです。


それも、ありか・・。


というわけで、一つ観終わりました。

ユ・ジョンのパク・ヘジンくん、素敵でしたが、怪しかった・・。最後まで含みがとれず。
ペク・イノのソ・ガンジュンくん、うんうん、カレも素敵でした。が最後まできっちり描いて欲しかったな。
ホン・ソルのキム・ゴウンさん、新しいね〜!韓ドラには見ないタイプの主役さんでした。

最後がちょっと物足りなかったけれど、、
内面を描いたドラマ、そこのところは、視聴者の感性で補ってだったかな?
それはそれで、よしとして、、面白かったよ。

・・でドラマを観る母にちょっと便乗して韓ドラをかじったチビタ、
 「これ、面白いね〜!一緒に観ようかな?」といいつつ、完走はせず。
面倒くさいドラマだったかな?
でも完走できなかった原因は、私よね? ごめん〜いない間に先まで観ちゃって、、

娘とはもっともっとケラケラしたドラマでご一緒したいと思います。

・・というわけで、久しぶりの韓ドラ日記でした。
(書きかけのものがあるのでまた少しずつアップします〜)

雨続きですね、、。
今日は巾着田にヒガンバナを見に行こう〜と思っていたのに、取りやめ、ドラマデーに。。
このドラマを夢中で観てました。これ、面白いよ〜〜!


 BS朝日 月〜金8:30〜 2016/8/1〜

イメージ 1

食欲を刺激される料理の数々と出演者たちの見事な食べっぷりが
さらにパワーアップして、あの“おいしい”ドラマが帰ってきた! 
一人暮らしのリアルな日常とロマンスを描いた大人気ドラマ「ゴハン行こうよ♥」のシリーズ第2弾!

 保険会社に勤めるク・デヨンは、食通でグルメブログを運営する有名ブロガー。ここ最近、災難続きだった彼はソウルを離れ、幼少時代を過ごした世宗(セジョン)市へと引っ越すことを決める。
引っ越し当日、向かいの201号室に住むフリー作家ペク・スジにあいさつをしに行くと、顔を見るなり扉を閉じられてしまう。それ以来、ゴミの出し方から駐車の仕方まで何かと文句を付けてくるスジ。
そんなスジは、一緒に仕事をするエリート国家公務員のイ・サンウに片思いをしていた。しかし、サンウは興味のない人間の名前が覚えられず、スジはなかなか名前を覚えてもらえずにいた。
実はデヨンとスジは小学校の同級生だった。昔、ペク・テジ(白豚)と呼ばれ、いじめられていたスジは、唯一自分に優しくしてくれたデヨンを密かに思っていた。しかし、優しくしてくれたのはデヨンの母親が経営する店の売り上げのためだったと知ったスジは、ショックを受けて暴食。体重が100キロまで増え人間不信に。苦しくつらいダイエットに成功し、現在はスリムになったが、デヨンはそんなスジのことを全く覚えていなかったのだ。申し訳ない気持ちから、デヨンはスジの片思いを手助けすることになるが…。
韓国で2013年に放送され人気を博したドラマ「ゴハン行こうよ」のシリーズ第2弾! 前作に引き続き、ミステリアスなイケメンのグルメブロガー、ク・デヨンをBEASTのユン・ドゥジュンが務める。さらに、デヨンと何かと対立するペク・スジ役には、ドラマ「帝王の娘 スベクヒャン」のソ・ヒョンジン。スジが思いを寄せるエリート国家公務員イ・サンウ役を、「天使の罠」のクォン・ユルが演じる。そのほか、「最高の結婚」のチョ・ウンジ、「ミセン-未生-」のキム・ヒウォンなど、多彩な出演陣も話題に。恋愛、友情、家族愛などを描き、一層スパイスの効いたストーリーにも注目だ。

キャスト ( 参考 ⇒ 一覧 )

イメージ 2

ク・デヨン/ユン・ドゥジュン(BEAST)
ペク・スジ/ソ・ヒョンジン
イ・サンウ/クォン・ユル
ホン・イナ/チョ・ウンジ
イム・テクス/キム・ヒウォン


ゴハン1も面白かったけれど、これはもっと面白いかも♪
あと少しで観終わるのに、我慢できなくてブログ広げちゃいました。

ラブストーリーがすっごくいい感じ♪
ホントに面白い〜〜〜!!

登場人物もいい雰囲気の人ばかり。

主人公は前作に続いて、ク・デヨン。
イメージ 3 イメージ 4
前作同様、保険会社営業の「保険王」、グルメブログも続けています。

でもね、そのお相手の、スギョンさんは登場しません。
二人の恋はうまく行ったはずでしたが・・??
そのあたりは深く悩まず、新たなお話の展開を追っていくと・・

デヨンはソウルを離れ、幼少時代を過ごした世宗(セジョン)市へと引っ越します。
その新しい住まい「世宗ビラ」のお隣さんが、今回の新たなヒロイン。

ペク・スジ
イメージ 5 イメージ 6
彼女はフリーランスの小説家。世宗政府庁の仕事を請け負い、官庁に出入りしている。

この彼女、ク・デヨンと小学校のころの同級生だったの。
おデブちゃんで誰にも相手にされなかった子供のころ、人当たりのいいデヨンは優しく、、
でも、それがうちの店の宣伝のためと知り傷心。そのため、新住人デヨンには手厳しい。

そして、彼女は、世宗政府庁で一緒に仕事をしている事務官に片思い中・・

そのお相手の事務官がこのカレ、イ・サンウ。
イメージ 7 イメージ 8
残念ながら、スジが思いを寄せる事務官は、スジの名前すら覚えていない。
加えて、「公務員」として見せる顔と普段の顔を切り分け徹底する。


再会したときにスジが分からなかったデヨン、彼女の恋の手助けを約束。
・・このドラマはこうやって流れ始めました。


スジがね、、まぁ、これまた魅力的なの〜(笑) 表情豊かというか、自分の感情に素直というか、、。

デヨンの手助けもあり、初めての?自転車デート。
イメージ 9
ただひたすら自転車を漕いだスジ、サンウと二人の時間はなかったけれど
気分はちょっとデート。 脇汗シャツだけど、ハートなんか作ってご愛嬌♪


そして、きっかけは彼女が小説家であること・・だったけれど、
サンウの頭の中にスジの名前がINPUTされたー!!

イメージ 10 イメージ 11

イメージ 12 イメージ 13
自転車を選んでもらったり、、映画を一緒にみたり、、
山用品も一緒に買いに行き、寝袋に入って一人妄想(笑)
山には・・そうそう、デヨンが付いて来たっけ。


サンウはだんだんスジに惹かれ、一緒にいる時間も増えるけれど、
スジはキレイな自分、かっこいい自分だけを見せようとする。
デヨンにはありのままの自分で平気なのに・・。

かっこいい自分だけを・・といいつつ、スジのすることはなかなか面白かった〜!
サンウさんちにお邪魔したとき、出迎えてくれた掃除機ロボット、、
それがね、、家出しちゃうんだわ エレベーターにものって

あと、何したっけな・・?!いつも真面目なんだけど、笑を誘う。
サンウもそこに惹かれてたみたいだけど、いつも楽しい〜って。


そして、、友達か、恋人か、、お話はお決まりのところへ。

サンウさんが好きなはずなのに、デヨンにもドキドキ・・?!
デヨンも気が付けば自分の心はスジを追っている・・

そう!最初から予想できそうな展開なんだけど、それが楽しい〜。

イメージ 17
悩めるサンウ

私の視聴はあと2話でおしまい。
ん〜〜、その恋のドラマの結末はきっとああなる!と想像はできるけれど
ドキドキしながらゆっくり楽しみたいと思います〜。




おまけ>他の面々

スジと一緒に仕事をしているサンウの同僚ホン・イナ
イメージ 14
噂好き? 夫は整形外科医。でも寂しい妻・・?

デヨンのことを大好きな、デヨンの先輩。
イメージ 15
寂しい単身赴任。

そういえば、、この二人・・
イメージ 16


そして、、
老若問わず、殿方に絶大の人気を誇るファン・ヘリム
イメージ 18


思わず彼女に一目惚れした、世宗ビラの謎の住人イ・ジュスン
イメージ 19
カレには抱えている大きな秘密があり、その秘密を探るようにお話は流れていきました。

そして、ジュスンを孫のように気にかけていた世宗ビラのおばあさん。
イメージ 20
キャストの並び、私なら、おばあさんを4番目に載せたかも?


そして、ゴハン2の天才ワンちゃん♪
イメージ 21
おばあさんが「ドグ」と呼ぶのには笑っちゃった!!
英語ではそういうらしいから・・って


とにかく、、面白いよ〜。 夢中で観てます♪

でも終わってほしくなくて、ちょこっと立ち止まり中。

デヨンもサンウさんも、両方応援したいずるいワタシ




※ ゴハン1の方の視聴終了日記、非公開のままでした。 今頃ですが、公開しました。
  推敲し直すはずだったのかも?ですが、時が流れてしまって加筆できないのでそのままです・・

七変化のチソン君、見終わりました。
BS11 土日10:00〜 2016/6/18〜9/10

イメージ 1

僕に足りなかったカケラは、君の笑顔だった
記憶との“再会”によって二人に訪れた愛と癒し…胸が熱くなるヒーリング・ラブコメディ!
 

アメリカで静かな生活をおくるスンジン財閥の御曹司チャ・ドヒョン。お人好しで誰にでも好かれる性格だが、実は多重人格という家族にも明かせない秘密を抱えていた。ある日ドヒョンは別人格の一人であるセギの仕業により、いつの間にか韓国へ向かう飛行機の中へ。その帰国途中で覆面小説家のオ・リオンと新米精神科医のリジン兄妹に出会う。その後、ドヒョンはリジンと再会するが、その時ドヒョンはセギの人格に切り替わり、なんとリジンに告白してしまう!セギの行動が全く記憶にないドヒョンと、めまぐるしく変化する彼の様子に混乱するリジン。やがて、リジンはドヒョンが多重人格であることを知り、ドヒョンはリジンに自分の主治医になって欲しいと依頼する。多重人格になった原因を探り始める二人、そこには過去の事故とリジンの影が見え隠れしていた。一方で、セギは主人格であるドヒョンを抹殺し、リジンを手に入れようと画策していて…。

キャスト
イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4
チャ・ドヒョン/チソン(「王の女」「ラストダンスは私と一緒に」「秘密」)
オ・リジン/ファン・ジョンウム(「愛する人よ」「明日に向かってハイキック」「お金の化身」「秘密」)
オ・リオン/パク・ソジュン
チャ・ギジュン/オ・ミンソク(「アイドゥ・アイドゥ〜素敵な靴は恋のはじまり〜」)
ハン・チェヨン/キム・ユリ(「太陽がいっぱい」)

STAFF
演出/キム・ジンマン、キム・デジン(「エンジョイライフ」)
脚本/チン・スワン(「京城スキャンダル」)


耳に届く評判よろし〜のこの作品、期待値↑↑で観はじめたのがいけなかったのか、、
なかなかノレず・・。

ジョンウムさんのガサツにも感じる元気さに、ちょっとやられながら、、
ひょこひょこと変わるチソン君の人格に、これが面白いのかな?と面白み探しをしながら観ていました。
それも、今にも脱落しそうになりながら・・(笑)

それがね、、あるとき、一つ一つが意味を持って繋がってきたの。

多重人格障害と診断されたチャ・ドヒョン(チソン)、
何がカレを多重人格者にしたのか・・
カレが闇に葬った「記憶」とは何だったのか・・

それが見え始めてからお話は急に面白くなりました。

冒頭の、機中でのドヒョンとリオンの出会いも、、
空港でのドヒョンとリジンのばたばたな出会いも、、
なるほど、、そうつながるか・・!でした。

ドヒョンが葬った「記憶」がね、、まさかの、リジンにつながるなんて・・
(あ、このひとこと、ネタバレね? ごめん)

さて・・「記憶」を封じたドヒョン、自己防衛本能だったのかな?いろんな人格を形成します。

それが噂の七変化。

まずは、①穏やかで誠実な主人格、チャ・ドヒョン

イメージ 5 イメージ 9
会長が社長に押したい?孫。 副社長。

ある日父が手を引いて連れてきた「息子」。
父が不在の間にそこにいた「娘」。
複雑な家族関係のもつれ?から恐怖の父へとつながる。
消したい記憶の中にある事故もそんな中に起きた。


そして、②主人格を脅かすほどの存在、攻撃的な青年シン・セギ

イメージ 6 イメージ 8

リジンを一目みて、彼女とわかったセギ。
悪魔のようなカレがとても優しく見える。
もしかしたら、一番のキーパーソン?
登場回数もすごく多かったよね?


③リジンの家族といつの間にか飲み友達の、40代の中年男性フェリー・パク

イメージ 7

40代だったの?なかなか調子のいいお兄さんって感じだったわ〜。


④自殺願望のある男子高校生アン・ヨソプ

イメージ 10

カレの立った屋上の足元に、、「Kill Me」

リジンがこれを「Heal Me」と直したんだっけ?(記憶違いかも?)

そのシーンで初めて、タイトルのカタカナが見えました。。
そういうことだったのか・・と。
(考えればわかることだったんだけど・・


そして、⑤明るく単純で自由奔放な女子高生アン・ヨナ

イメージ 11 イメージ 12
ヨソプとは正反対。いきなり出てきて能天気〜!

このヨナ、おかしすぎる〜〜。貼りたい写真がいっぱい(笑)

イメージ 13 イメージ 14
この走り見て〜〜(笑)(笑)(笑)

大好きなリオンに思わず・・
イメージ 15
ぷぷぷ。

チソン君の俳優史に残る役だよね〜


そして、⑥謎の存在だったナナ。

イメージ 16
ナナという名前はこのぬいぐるみだったんだよね?

地下室に隠れていた女の子の名前は、、チャ・ドヒョン。
その子が抱えていたぬいぐるみがナナ。

事件の夜、救出された男の子は名前を聞かれ「チャ・ドヒョン」と答えた。

この話を書くと、ネタバレバレ〜でとても長くなってしまうのだけれど、
ちょこっとだけ残しておくと、、
「チャ・ドヒョン」というのは地下室にいた女の子の名前。

地下室の女の子、幼いリジン(=チャ・ドヒョン)が登場し、今のリジンと対面。

過去が見えてきました。


そして、最後の一人。誰だっけ?と思い出せず、ネットの力をかりました ⑦謎の人格X

イメージ 17

ナナが呼んで、、と言った人物がそぉ?Mr.X。
何でお父さんを?!怖いんじゃなかったの?

この姿なのは、子どもが描くアッパの姿だって・・。


ここを見るとお話がよく思い出せますよ。


このナナも謎の人格Xも、ドヒョンが抱えていた自責の念が作り出した像でした。


お話は、、

チソン君の七変化を面白おかしく見せながらも、その奥に隠された悲しい真相を追い求めていく感じ。

その真相、オモタカッタ、、

ドヒョンの父が?
ドヒョンは女の子の方だった・・?
火を出したのは・・?
etc

記憶が闇に葬られ、ほかの人格を形成するほど、ドヒョンが抱えた心の痛みは大きかった、、。

お話の核心は、そのあたりかな・・。





・・というわけで、観ているときは割とうわべだけを見て、いつ面白くなるんだろう?と思っていましたが

こうやって振り返ると、計算された人物像、奥が深かったね。

真相は何なの…?と思い始めたころからお話が面白くなりましたが、

もしかしたらこの結末を踏まえて最初から見ると、より楽しめるのかも?

結末を見てからドラマを観るのが好き!という方もいますが、
今、その気持ちが分かったような・・?そんなドラマでした。

あれれ、、?
リジンとドヒョン、リジンとセギの恋物語も、リジンを見守るリオンの話も
お話を膨らませてくれてたのに、全然盛り込めなかった・・。
ドラマ日記は難しいネ。 そこもチェックポイントだったのに。

それにしても、チソンくん、頑張ったね〜〜(笑)(笑)(笑)


おまけ>ここまでに盛り込めなかった気になる人たち


「ミセン」でお会いしたばかりですが、キャラの違いにびっくり。
イメージ 18
ちょっとblackな社長殿。

この方にも「君を憶えてる」でお会いしたばかりですが、
イメージ 19
これまたキャラ違い。
つい、いつか悪に目覚めるのではないか?と心配しながらみました。

ちょっと苦手だった賑やか目のリジン
イメージ 20
でもね、、彼女も地下室がダメだったり、、記憶がつながらなかったり、、

謎の小説家?のリジンの双子の兄リオン。
イメージ 21
これから気になる俳優さんになりそう〜



というわけで、「キルミーヒールミー」完。


イメージ 22



写真 ⇒ 韓国MBC


楽しく見ていたのに終了日記が書けていませんでした。
忘れちゃうのでちょこっと備忘録なり。


BS朝日 月〜金8:30〜 2016/7/11〜

イメージ 1


これまでの日記> 〜第7話

このドラマは、観はじめるまで、面白いよ〜とも、いまいち〜とも、ドラマの感想を全く耳にしなかったドラマ。

開拓者の気分で観はじめましたが(どんな気分?・・笑)、面白かった〜!

スギョンの猜疑心にあふれたところから始まるデヨンとのやりとり。
学生時代のことに傷を持つハンムンの、スギョンへの思いの変化。
面白キャラにあふれる弁護士事務所の面々、、。

登場人物のキャラの設定がみんな愛嬌があって可愛らしい〜♪

前回の感想には、食べるシーンが、、とそれに重きがあるような感想を書いたけれど、
うんうん、食べるシーンは最高!加えて、お話もとっても面白かったです〜


以下、、写真でつづる備忘録

イメージ 1 イメージ 2
スギョンの親友ギョンミと、その夫のチェ・ギシュク、スギョンの弁護士事務所の事務長でもある。

この方たちには癒されました〜


イメージ 3 イメージ 4
スギョンが勤める法律事務所の代表弁護士、キム・ハンムン。

スギョンの同級生でありながら、スギョンの記憶にはなく、、
学生時代の思い出と、スギョンの記憶にないことと、ゆがむハンムン。
・・が、いつしかスギョンに それがなかなか面白い。

イメージ 7
表情の魔術師〜♪(笑)(笑)(笑)(笑)


事務所の・・といったらこの方は外せない(笑)
イメージ 5 イメージ 6
キム・ハンムン法律事務所のマドンナ?オ・ドヨン弁護士

なぜか自分の人気を信じて疑わないキャラ(笑)
ハンムン弁護士を想い?デヨンを想い?
最後は、TV出演。ふぐ顔(だっけ?)で一躍スター気分。

そうそう、ジニと恋のバトルしてたっけ。
イメージ 8
これもまた・・(笑)(笑)


そんなもてもてのデヨンssi。
イメージ 9


おんぶしたり、、心配で心配で思わず抱きしめたり、、
イメージ 10 イメージ 11
想いは意外に早くからダダ漏れ、、。

デヨンはかなりダダ漏れだったのに、ジニの想いに固まり気味のスギョン
イメージ 12 イメージ 13

ラブラブ?なれど、困ったー困ったーの最終回。
イメージ 14 イメージ 15
いやいや、困りません。見てこの顔〜!


さてさて・・ずっと怪しいかった宅配やさんのグァンソク。
そうそう、恋物語だけではありませんでした。
イメージ 16
いい子そうだったんだけどね、親の恨みが彼を動かす・・。
ついに最後は、心の内をジニにぶつけます。

またそこから長い長い話が始まってもよさそうでしたがそこは最終回。
親がらみの因縁はキッパリ 大人のジニでございました。

最後はジニもグァンソクも、みんな笑顔。
イメージ 17
めでたしめでたし。


そして、この方も次の出会いあり?
イメージ 18 イメージ 19
めでたしめでたし(笑)(笑)(笑)


恋物語と、怪しい人物語と、、、あれもこれも面白かったよ〜。


ゴハンはもちろん、美味しそう〜だったしね。
イメージ 20
私も混じって一緒に食べたい〜〜!!


そして、最後は天才バラssi。
イメージ 21
なんと、2にも天才ワンちゃん出てきます〜


というわけで、「魔のモクバン(食べる場面を見せる番組)ドラマ」おしまい〜♪


イメージ 22



写真 ⇒ 韓国tvN


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事