サンシルのドラマ日記♪

移行期ブログで更新してます ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/happy_sanshiru0

--き〜こ

[ リスト | 詳細 ]


「9回裏2アウト」
「90日、愛する時間」
「危機一髪!プンニョンマンション」
「奇皇后」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「キツネちゃん、何しているの?」
「貴婦人」
「君に出会ってから」⇒『長編ホームドラマ』の書庫。
「君はどの星から来たの」
「君を憶えてる」
「君は僕の運命」⇒『長編ホームドラマ』の書庫。
「君を守る恋〜Who are you〜」
「キム・マンドク 美しき伝説の商人」⇒『史劇ドラマ』の書庫
「逆転の女王」
「強敵たち」
「キング Two Hearts」

「九家の書〜千年に一度の恋〜」
「クリスマスに雪は降るの?」
「グロリア」

「京城スキャンダル」
「外科医 ポン・ダルヒ」
「ケ・セラ・セラ」
「結婚してください」
「結婚できない男」
「結婚の裏ワザ」
「結婚の女神」
「階伯(ケベク)」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「剣士ペク・ドンス」⇒『史劇ドラマ』の書庫。
「検事プリンセス」

「恋する国家情報局」
「恋するハイエナ」
「恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜」
「恋せよシングルママ」
「恋人」
「恋人づくり」
「個人の趣向」
「このろくでなしの愛」
「ゴハンに行こうよ」
「ゴールデンタイム」
「コンニム」→「私の娘コンニム」⇒『ら〜・わ〜』の書庫
記事検索
検索

今はこれを追いかけていますが、、どぉ?これ・・?

「結婚の女神」 全36話

BSフジ 月〜金9:56〜 2015.5.19〜

イメージ 1

イントロダクション
3年前から知っている男か、3日をともに過ごした男か。結婚という人生の岐路に立ち、価値観の異なる2人の男の間で揺れる女。相手の家柄、職業、学歴、お金に対する考え方や人生観…… 様々な条件のなかで結婚に必要なものは何かを問いかけていく、大人のラブストーリー。
 魂が通じ合う相手との結婚を望みながら、現実の問題に葛藤するヒロインには、『光と影』や『犬とオオカミの時間』で知られる清純派美人女優、ナム・サンミ。誰もが憧れる財閥子息の婚約者がいながら価値観のズレに悩む姿は、従来のシンデレラストーリーのヒロインとは異なる。彼女の婚約者で財閥子息の検事という最高の条件を備えた男には、『となりの美男〈イケメン〉』『星を取って』のキム・ジフン。さらに、ヒロインの心を大きく揺らす素朴な建築家には、『神々の晩餐−シアワセのレシピ−』『馬医』のイ・サンウ。タイプの違う「条件」の男たちのどちらを“最終的に”ヒロインは選ぶのか?
 ほかにも、財閥家の嫁として屈辱に耐え続ける元キャリアウーマンに『妻の資格』のイ・テラン、夫の浮気を機に人生を見つめ直す主婦に『7級公務員』のチャン・ヨンナムと、演技派たちが脇を固め、多様な観点から描いていく結婚生活の波乱の物語からも目が離せない。

あらすじ
 ラジオの放送作家、ソン・ジヘ(ナム・サンミ)は出張兼休暇で訪れた済州島で、同じように1人で旅行に来ていた建築家のキム・ヒョヌ(イ・サンウ)と出会う。機内で隣だったジヘが落としていった本をヒョヌが拾ったことが縁で、一緒に島を回ることになる2人。3日間を一緒に過ごしながら、ジヘはヒョヌに魂が通じ合うような不思議な安らぎを抱いていく。そして、ソウルに戻る前夜、ヒョヌと一晩を共にしてしまう。だが、ジヘには結婚を間近にした検事の婚約者、カン・テウク(キム・ジフン)がいた。自分の過ちに戸惑い、冷たく突き放すジヘに、ヒョヌは1日考えてみてほしいと話すが、2人はすれ違ったまま済州島を去ることに。ソウルに戻ったジヘは、強引に結婚話を進めるテウクに辟易し、財閥子息の彼や彼の家族との価値観のズレに結婚への迷いが膨れ上がっていく。そんな中、偶然ヒョヌと再会したジヘは、ヒョヌの誠実な気持ちを知り、心が激しく揺さぶられるが……。
 一方、テウクの兄テジンの妻で元アナウンサーのホン・ヘジョン(イ・テラン)は、浮気性の夫や、俗物的で嫁を召使程度にしか思っていない姑のもと、感情を押し殺して「財閥の嫁」の座とプライドを必死で守っている。貧しい家の出のヘジョンは、惨めな思いに耐えながらも、この家で手に入れたいものがあった。 家柄や生き方、そして価値観。様々な結婚の条件のなかで、女たちは何を選び、何を捨てるのか。ジヘが選ぶ人生のパートナーは?

キャスト

イメージ 2

ソン・ジヘ/ナム・サンミ 「光と影」「食客」、「朝鮮ガンマン」
キム・ヒョヌ/イ・サンウ 「馬医」「神々の晩餐-シアワセのレシピ-」
カン・テウク/キム・ジフン 「となりの美男<イケメン>」「星をとって」

イメージ 21イメージ 22

ホン・へジョン/イ・テラン 「妻の資格」、「噂のチル姫」
カン・テジン/キム・ジョンテ 「負けたくない!」「ミス・リプリ―」
クォン・ウニ/チャン・ヨンナム 「7級公務員」、「レディプレジデント〜大物」
ノ・スンス/チャン・ヒョンソン 「ファントム」、「スリーデイズ〜愛と正義〜」
ソン・ジソン/チョ・ミンス 「クリスマスに雪は降るの?」「私の娘コンニム」


これがね、、「結婚の女神」というから、もっと明るく楽しいお話か・・?!と思いきや

どよよ〜〜んドラマなの。

どろどろ、、という感じのドラマでもないんだけど、とにかく空気がどよよ〜〜ん。

そもそも、冒頭の出会い、、ん〜なによ?それ・・な感じ。

あらすじ↑にも紹介があるけれど、

済州島行の飛行機の中で、たまたま隣り合った二人。

イメージ 3

居眠りしながら本を落としたソン・ジヘ(ナム・サンミ)、それを拾ったキム・ヒョヌ(イ・サンウ)。

本の中には作者への突っ込み落書き多々・・。

その素直な感性がよかったのか、豪快な寝姿がよかったのか
ヒョヌの心の扉がちょっぴり開く。

その本がきっかけとなり、たまたま出会った二人が、一緒に島を回ることになる・・?!

それも3日間を一緒に??

まぁ、、そんな出会いもあるのかな・・?と思いながら観ていたら、、

彼女の方には、結婚間近の婚約者あり?

まじか・・。

それなのに、一夜を共にし、1日考えてみてOKだったら、ここで〜みたいなお約束。

で、、婚約者ありのジヘの方がきちゃうんだよね、OKの印の集合場所に。

ありか・・?!これは・・。

一生懸命だったヒョヌの方が、仕事で来られず、チャンスを逃し・・

彼の心は悶々。
彼女の心も悶々。


彼女はもともと、住む世界の違う結婚相手に、違和感を感じ始めていたころのよう。

それなのにそれなのに、、結婚へのブレーキはかからない。

「意に反して・・」と言う感じなのだろうけれど、全然すっきりしない。

ちなみに御曹司の婚約者様はこの方。
イメージ 4
カン・テウク(キム・ジフン) 職業は検事。


とにかく、ジヘの結婚、悶々としたまま進みます。

待ち合わせ場所に行けなかったヒョヌのサンウssiもねー、、、

まるで「愛を信じます」のときみたいで、、ホントのホントにすっきりしないの・・。

やだわーこれ。


並行して、、いろんな家族のエピソードが始まり、、

イメージ 6
ノキャスター(チャン・ヒョンソン)はお隣のシンシアと不倫中。

イメージ 7
後ろで転んでいるのは、怪しい!と出張についていった奥様。

イメージ 8
奥様は?と言うとこの方。クォン・ウニ(チャン・ヨンナム) 

そして、こちらの方は姉君?
イメージ 5
ウニの義理のお姉さんのようです。

義弟の不倫を確認に立ち上がったり、、
会社では役員目指して上司と対立したり、、
なかなか、強気でいらっしゃる。

・・でこの姉君は上のカップルとどうつながる・・?
この姉君はジヘの実のお姉さんでございました。


相関図はっとく?
イメージ 9
( オリジナルの普通に大きいのはここ ⇒ フジテレビHP )


・・こういう風に、ドラマの始まりって登場人物の人間関係を探りながら観始めるのですが、、

その登場人物解析〜なテンションで観ていて、そろそろお話始まるころかな・・

と思った時には、お二人の結婚式。

イメージ 10
このつまんなさそうな顔、ど〜よ〜?!

え?いきなり??

と思ったら、お話はもう10話になっていました。

私の人間関係解析視聴、、いったいどれだけ長くかかったんでしょう、、(笑)



あ、そうだ!私の人間関係解析中にこんな再開もあり、、

イメージ 11

ヒョヌの存在に気付いたテウクが二人が顔を会わせるように仕組んだシーンがありました。

イメージ 12
あーこわこわ。

これで余計にテウクは結婚を急いだ感じだったっけ。


そして、カン家に嫁いだジヘの生活、、まーそれはそれは自由のない可哀想な生活で・・。


結婚しても続けていいというお約束だった仕事も・・
イメージ 15
義母に屈し、やめることに


そして、ますます、ぶすぶすくすぶる感じ。

そして、そのカン家。

朝食はみんな揃っていただきます〜と一見、かっこいい家族に見えますが、問題だらけ。

政界に出馬を決めた次男のカン・テジン。
イメージ 13

この奥さまヘジョンが8年もの間ぶすぶすくすぶり続け、、
膨らむ膨らむ・・憎悪の念。

イメージ 14
女に目のない夫に、その母(義母)が「女」との出会いのチャンスを作る・・。

この義母が酷くてね〜〜
相関図では一番右上にいらっしゃる・・。


・・と、

ここで、ヘジョン自身のスキャンダル?!
過去に男性と撮った写真が脅迫メールとして届く。


それが、、その↑夫の浮気につながった・・!(第21話)

やっと駒が出そろった?!

いや、違う・・やっと見えてきた!!


そして、ヘジョンは元カレのもとへ。
イメージ 16

元カレさんは彼女の登場に驚くばかり・。

一役買ったのは、彼の妹だった・・!!

愛人役をかってまでしてヘジョンの前に現れた妹。

これはきっと深い意味があるよね?


というわけで、これからの展開、、

いかりに震えるヘジョンの逆襲?!が見られるのか、、
イメージ 17


この夫婦はこのまま夫婦でいられるのか、、
イメージ 18


彼女に押されたヒョヌは、このまま結婚するのか、、
イメージ 19
ここもね、、家柄の違いとかもあってね、、、

って、そもそもヒョヌの気持ちがね、、、

と、盛りだくさんな感じ。

あれ〜?!どよよ〜んとしていて、面白くない・・って思いながら観ていたんだけれど、
こうやって整理してみたら、面白そうじゃん?!

って、そうそう、やっと面白く見えてきたところです。
ここから盛り上がるのかな??

あと、15話頑張ります〜。

放送では明日が最終回です。



そうそうそうそう、、おバカなノキャスター(笑)(笑)
失業し、住むところもなく、恰好つきませんが、
兄夫婦のところにお世話になっています(笑)
イメージ 20
このくだらないエピ、、なかなか面白いです。イヒヒ

・・で、その奥さまは、お金持ちの会長さんに拾われていきいきとしてきたところ。
その会長さん、「華麗なる遺産」のおばあさんだったよ〜。
「グロリア」といい、困った時の救世主はいつもあのおばあさんだね。





ホントは昨日日記にしたかったんですが、、昨夜は私の事情で、ネットには向かえず。
いつものことながら、水曜夜は厳しいです・・(笑)

・・で、、これこれ!観終わりました。 チェゴ〜

Dlife 月〜金13:30〜 2015/5/4〜


イメージ 1

ドヨンの実父ダルチュンの裁判。

思うところに落ち着きました・・ほっというのもつかの間、

本題の事件。

ジョングクは執拗に、二人に手紙を送りつけ、脅し続けていました、、

ジョングクは、スハの父から始まったというけれど、、真相は・・?

(以下、ちょこっと備忘録:ネタバレ多し

イメージ 2

臓器提供の順番を奪われた・・
ジョングクの妻へ来るはずの心臓が、スハの母のもとへ・・
その結果、ジョングクの妻は亡くなり、
スハの母も移植後、拒否反応で亡くなった・・という。
この真相は、ジョングクの口からチャ弁に伝えられる。
一人くらい自分のことを知っておいて欲しいと・・

ジョングクの恨みの持っていきかたは決して正しくはないけれど、
この理由を聞いて、胸が痛かった・・。


・・で、ジョングクは、スハとヘソンに復讐をとなるんですが、、

スハから言われたセリフにね、、カチン!ときたようで、、
それなら同じ思いをさせてやろう、、と路線変更。

スハに、自分が思う最高に悲しい思いを味あわせ、それでもスハが自分を保てるか。。に挑む。

ヘソンをとらえ、その様子をスハに伝える・・

スハは、ジョングクのようになるのか?!

イメージ 3
スハ・・踏みとどまりました。


やっぱり、、事件の始まりはジョングク自身なのよ・・

そして、、捕えられたジョングクの裁判。

その裁判の中で出てきたスハの事件。

以前、ジョングクと対峙するスハの前に飛出し、スハのナイフを受けたヘソン。
そのヘソンの傷害事件の件で、スハにもお呼びがかかる・・

チャ弁とソ検事と、、。 

たくさんの想いが交錯し、起訴猶予へ。 ドヨンの英断!

そして、ジョングクへの判決。

裁判の都度、密かにこの方も大活躍でした。
イメージ 4
キム判事。

キム・グァンギュさんに申し訳ないわ〜
こんな写真しか探せなくて・・
鼻パック中・・(笑)

 「極刑から1つ軽くして・・無期懲役」(だっけ?)


 

そして、、相変わらずスハには心の声が聞こえちゃうみたいだけれど、、
二人の未来はいい感じ?に幕を下ろします・・

イメージ 5

そういえば、、なんで心の声が聞こえちゃうのか・・?
それはわからなかったなぁ。

てっきり、聞こえるようになる何か特別なことがあって
それもまた一つのお話として展開するのか思っていました。


まぁ、お話は、上の絵がみせる通り。
めでたしめでたし・・。
このまま続きがあって、そのまま眺めていられそうなそんなおしまいでした。



・・で、私、ナイスキャラのボヨンちゃん(ヘソン)・・に、

イメージ 6 イメージ 7
なりたかったわ・・とっても。

だって・・これだもん。
イメージ 1
(また、貼っちゃった・・笑)

スハの想いがぽろぽろぽろ・・溢れて、、
一緒にドキドキしました。


そんなスハのいろいろ・・

イメージ 8 イメージ 9

イメージ 10 イメージ 11

そうそう、これ、、流行るかな?

イメージ 12
スハの声入り、、欲しいな〜(笑)

スハ、素敵♪

・・と言う感じで、「ゆれながら〜」に引き続き、イ・ジョンソク君に魅せられちゃいました♪

次はどんなドラマで会えるかな〜? 楽しみ


このドラマ、すっごく面白かったですよ〜

オススメよん!


最後はこれで。

陽気な仲間たち・・(笑)
イメージ 13

⇒ SBS(韓国)、KNTV

開く トラックバック(1)


かなり、いや、ちょぉ夢中で観ています。

Dlife 月〜金13:30〜 2015/5/4〜


イメージ 1


あと3話で終わっちゃうんだけど、、

視聴終了日記まで待てなかった・・。

以下思い切りネタバレ。観てない方はスルーしてくださいね。

前回の放送、ジュングクの右手だけが見つかった事件。

予想通り。

そうなんだよ、左手殺人偽装事件

ジョングクめ・・

ってそれは、予想もしていたことだから大丈夫だったけれど、

ジョングクがなぞらえた元となった事件・・、それがね・・

スハのように殺人犯としてとらえられ、そのまま有罪判決をダルチュン。

26年の刑期を経て出所してきた。

ところが、病に侵され、余命いくばくか・・。気になるのは娘。。

・・と、病院で、「殺した」はずの元妻とばったり再会・・

思わず怒りにまかせて元妻を刺してしまい再逮捕・・。


この事件がねー、幹のお話を越えちゃいそうなくらい重たかった・・。


そもそも、26年前、彼は殺人を犯していなかった・・。

それを示すには・・?

彼が殺したとされる元妻と、今回の被害者が同一人物であることを示す。

そのためには・・?


鍵を握ったダルチュンの娘・・。

DNA鑑定により、証明できる、、というが・・

そこには大きな「秘密」が隠されていた。 26年前の裁判後の出来事・・


辛い事実に直面することになったのは彼女。
イメージ 1
ドヨン

法廷での姿はダルチュンを訴追する検事。

父と知りながらも、検事として追求する娘。


ダルジュンも知っていたのか・・


トイレで、ヘソンに託すドヨン

今日は大泣きでした。







こんないいところで、土日が入って2日休み。

しまった・・ やっぱり、全話揃ってから観始めるべきでした。


ドヨンの事件は、きっとヘソンがうまく解決してくれるよね?

ヘソンの方は・・?

諦めないジュングク、しっぽをちょっとみせながら、でもきっと執拗にやってくる・・?

スハ、頼んだよ・・!


それにしても・・

イメージ 2

気持ちがあふれてる。


今日はドヨンにでしたが、ただいまスハに夢中なり フフフ

イケメン君ってわけでもないんだけど、なんかいいのよ〜〜

早く月曜日にならないかな〜



⇒ SBS(韓国)、KNTV


「私の心が聞こえる?」じゃないよ・・。タイトル混同しちゃいそう〜〜
Dlife 月〜金13:30〜 2015/5/4〜


イメージ 1

Story
韓国で最高視聴率24.1%を記録!韓流ドラマの王道である切ない初恋に、自分を犠牲にしてでも愛する人を守ろうとするドラマティックな展開、加えて主人公たちを執拗につけ狙う殺人犯の登場とサスペンスの要素も盛り込んだ新感覚の法廷スリラー!他にも視聴者の虚を衝くコミカルシーン、ヒロインが気のない弁護士に成り下がった謎など興味は尽きない。人気急上昇中の新世代スター、イ・ジョンソクを始め実力派の俳優陣にも注目!

Cast
イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

チャン・ヘソン(国選弁護士)/イ・ボヨン 「いとしのソヨン」、「愛情万々歳」
パク・スハ/イ・ジョンソク 「ゆれながら咲く花」、「シークレット・ガーデン」
チャ・グァヌ(国選弁護士)/ユン・サンヒョン 「シークレット・ガーデン」、「負けたくない」
ソ・ドヨン(検事))/イ・ダヒ 「秘密」、「私の人生恵の雨」
ミン・ジュングク(殺人犯)/チョン・ウンイン 「ラスト・スキャンダル」、「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」
ヘソンの母/キム・ヘスク 「冬のソナタ」、「アンニョン!コ・ボンシルさん」
ほか


濡れ衣を着せられ、高校を追われたヘソン。

ヘソンの少女時代を演じたキム・ソヒョンちゃん、かわいい〜
イメージ 6

濡れ衣を着せたドヨンと共に、交通事故に見せた殺人事件の現場を目撃する。
そして、、法廷で証言。そこから犯人ミン・ジングクの恨みを買う・・。

事件で父を亡くしたパク・スハ。裁判で証人となってくれたヘソンを思い続けること10年。
再会する・・

弁護士となったヘソンと大きくなったスハ
イメージ 8
イメージ 9
なんか・・このカレ、好きかも♪

そしてもう一人。事件を一緒に目撃したドヨンは検事となり、法廷でヘソンと再会。

イメージ 10


時が経ち、こわいこわいミン・ジュングクが出てきた・・。更生した者の衣をきて。

イメージ 7
チョン・ウンインの怖さの演技、半端ない・・

ミン・ジュングクの復讐の念を感じ、ヘソンを守ろうとするスハ。
ヘソンは守れたが・・その矛先はヘソンの母へ・・

イメージ 11
母・・

犯人か?それとも救助者か?
ミン・ジュングクの弁護をしたのはヘソンの同僚チャ・グァヌ。

イメージ 12
ご登場からしばらくは、ユン・サンヒョンだと気付きませんでした
こうやって落ち着いて眺めるとすぐわかるけどねー

・・判決は、、無罪。

 


そして・・それから1年。

遺棄された右手首が見つかる。調査の結果、ミン・ジュングクのものと判明。

殺人事件として捜査開始。 犯人としていスハが指名手配された・・。

逮捕されたスハ、、記憶と特殊な力を失っていた・・。

・・・第10話はその「右手」殺人事件の容疑者、スハの裁判。

容疑を認めて短期を得るのか、とことん無罪を主張するのか・・

弁護に立った二人、ヘソンとグァヌ。 無罪を主張する・・

そして、この右手は、ジュングクの一人芝居。

左手で切って、彼は死んでいない・・と。






うんうん、私も最後にヘソンが練りだした「左手」による切断説かな・・と思う。

10話あけて、いきなりジュングクが殺害された?!とびっくりしたもの。

今日の放送(第11話)でその先見えてきてるのかな??



・・と淡々と流れをつづったけれど、肝心のところ、触れてないかも?

今は封印(消失?!)の、、スハの特殊能力。

彼は人の思いがわかっちゃうの。

思いを口にしなくても、聞こえちゃうみたいなの。

この能力が備わるようになった特別な理由があるのかな・・過去の事件に関係する?

多分、この10話で区切って日記を書いている場合じゃないのかも?と思いながら

ここまでを備忘録してみました。



スハ〜〜!私の思いはカレに (笑)(笑)(笑) そういうドラマじゃないんだけどね・・

事件の行方と、ヘソンにスハ、もしかしたらグァヌも?

楽しみに見たいと思います。




⇒ SBS(韓国)、KNTV

ドラマ日記 ⇒ 「〜第10話」、「〜第15話」「視聴終了」

開く トラックバック(1)


GW、帰省から戻ってきたら、レコちゃんの残容量1ケタになっていました・・!大変!!

おまけに、
私の日々のお楽しみ3本、「主君の太陽」、「おバカちゃん〜」、「グロリア」
揃いも揃って最終回を迎えていました

何も揃って終わらなくても・・ ちょっとさびしいねー

ドラマ日記はどれから・・?やっぱりこれかな〜


「グロリア」 全50話 BS11 月〜金16:00〜(2話ずつ放送)

イメージ 1

前回観てた時に、あんなに日記を書いていたのに、、

私ったら「おばあさん」の存在、忘れてました

おばあさんとジンジン
イメージ 2

そっか、このおばあさんがねー影の主役?力を発揮して、復讐大作戦決行してたんだったね・・

ジンジンサイドは、結局みんなおばあさんのところにご挨拶に来てたっけ。


復讐も大詰め、、のところで、ガンソクがねージンジンを心配して、おばあさんに

 復讐はおばあさん一人でやってください・・

っていうんだけど、心がきゅっとなったよ。

終りの方は特にね、、セリフの背景、、あれも、これも、、奥が深い。
(毎話日記を書くたくなるわけだ・・!)


さすがに、最終話へ向けてのジソクの話は、しっかり覚えていたけれど、、

イメージ 3

覚えていただけに、今回はそんなに心をはぐらかされなかった・・。

当人に、弟ガンソクに、ジンジュ・・の気持ち、これまた奥が深かったけどね。


そして、待たれたのが室長さんと歌の先生の恋。(←なぜかこれだけはしっかり覚えてた!)

今か?今か?と待ってたんだけど、こんなにクライマックスでやってきたんだねー(笑)(笑)(笑)


お話は深く、結構重たくながれていくのに、そんなお笑いもコロコロあったりして、、

久しぶりに長いドラマの再視聴、うんうん、やっぱり面白かったです〜!!

だけど、、

月〜金、毎日2話ずつ放送は、追いかけるのがとっても大変(笑)

つい大急ぎで見ちゃった私は、もっとゆっくり観たかったのに・・と思いました。
(録画なんだから、自分で調整すればいいのにね・・エヘヘ)

とにかく・・

面白かったよ♪




BS11 「グロリア」、 MBC Photo


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事