お気楽主婦のはっぴいでぃ

ある過去の行方、チョコレートドーナツ、ブルージャスミン、良かったです。中でもある過去の行方が秀逸。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
年間322日も出張し、リストラ宣告を行っているライアン。「バックパックに入らない物は背負わない」がモットーだ。面倒な人間関係を嫌い、出張先で出会った女性とその場限りの情事を楽しむ毎日だ。貯まったマイレージは1000万目前。しかし、その目標を阻む者が現れた。新人ナタリーが、ネット上で解雇通告を行うとい出したのだ!
 
ネット全盛と言われる現代に、人との心の繋がりについて問題提起する人間ドラマ。人間関係のしがらみを避け、効率だけを優先してきた「リストラ宣告人」ライアンは、自分より更に効率を優先させるネット世代の新入社員、ナタリーの教育係を任されたことで、これまでの自分を振り返り、本当に大切なことは何なのか気付いていく。インターネットは人の繋がりを稀薄にすると批判されるが、それはどの時代にも問題にされてきたことなのではないだろうか。監督は、『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジェイソン・ライトマン。出演は、『フィクサー』のジョージ・クルーニー、「トワイライト」シリーズのアナ・ケンドリック。〜gooより
 
 

いや〜ジェイソン・ライトマン監督ってめっちゃ天才じゃないですか?
 
『JUNO』(07)の時、ティーンエイジャーの妊娠を何個かの問題を提示しながら一つにつなげ重たい問題を、うまくライトな感じで描いていました。
映画を観てる時は軽〜くみていたのに帰り道道色々考えさせられたのを思い出しました。
決して軽く思ってるわけではなんですよね。
ただこういう風に描かれるとすっと心に入り込んで考えさせるって事だったり理解するって事なんじゃないかな〜って思うんですよね。
 
今回も同じような気がします。
 
今この経済不況の中リストラを宣告するという大変な仕事を、マイレージというツールを使いかっこよく描いてました。
主人公ライアン(ジョージ・クルーニー)は結婚もしない。
ほとんど家での生活はなく生活も人間関係も重たいものは背負わない。
男女の関係もその時を楽しむ事を優先してお互いに入り込まない関係。
超効率主義の生活をしていました。
 
ところが同じ旅暮らしのキャリアウーマンのアレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、そして新入社員ナタリー(アナ・ケンドリック)の教育係を仰せつかった事から、完璧であった筈の人生設計が狂わされていくんですね〜
 
イメージ 2
 
ヴェラ・ファミーガって…大人の女性・・・でしたね〜憧れます〜〜〜
いや〜あまりにぴったりで良かったですね。その後の感じもうんうんって感じで私は納得でした。
そんなもんです。
男性より女性のほうが案外あれもこれもできちゃうんですよ。そしてしたたかなのです。
 
ナタリーとライアンの性格も対照的に描いてたところがまたうまかったですね。
ライアンは他人に深入りしない人生を送っているにも関わらず、仕事でクビを宣告する際は本人を思いやり、直接会う事を主張してます。
一方、現代っ子のナタリーはコスト削減を掲げ、ネットを介しての解雇通知を提案するものの、実生活では恋人に振り回され生きている。それがメールでふられちゃうのも滑稽でした。

 
そして何よりもライアンが変化したと思ったのは妹の結婚式の前日?に義理の弟が結婚を迷ってる時に独身のライアンがどんな時が一番幸せだったのか問うた時でしたね。
 
他にもリストラ宣告のシーンでの一人一人の返ってくる答えや、飛行機乗る時のコツや、はたまたマイレージと貯めるという身近な事を、実にうまくお話に盛り込んでるので飽きる事なく最後まで見入ってしまいました。
 
そしてジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファミーガ、アナ・ケンドリックこの三人がそれぞれの役割をとっても上手に演じてたので余計感情移入して観賞する事が出来ました。
 
この映画を観て思った事は、
 
現代という時代は、人付き合いもどんどんそぎ落とされ、買い物はデパート、スーパーにも行かないでネットでのお買い物でも済む時代です。
銀行もネットで、支払いはなんでも口座引き落としで・…そうなって行くと人と対面で行われる事ってどんどんなくなりますよね。
人と1日話さなくてもツイッターやブログで話してたらなんとなく満足してしまったりもします。
(自分もそれを楽しんでいるので決してそれを全否定もするつもりもないですし逆にそれが人付き合いもツール
となる事もあるのでまたそれもそれで使いようだとも思っています。)
 
また食事とかでも簡単に済ませようと思えば実に簡単にもすみますよね。
 
効率的にそぎ落とす事も勿論大切だと思います。
でも何もかもそうしてしまうと大切なものがいつの間にか掌からこぼれおちてしまうのでしょうね。
そして、いざという時ライアンみたいに必要な人さえも掴む事が出来ないのかもしれません。
 
一見現実とはかけ離れてるようなお話のように見えてこういう生活に近い毎日を過ごしている人って実は沢山いるんじゃないかな〜思います。
 
大切な事を見失わないように少し無駄な事と思えたり面倒だと思う事も大切なのかもしれないと気づかせてくれた1本だと思います。
 
私はいつも思うのですが美味しい食事は、フォアグラを食べたり、ステーキを食べたりするより愛しい人や気の許せる友や家族と話しながら食べるのが美味しいって思うんですよね。
 
美しい景色も一人でみるより愛しい人や大切な人と一緒にみると三倍は美しいと思えるんですよね。
 
あ〜私はとっても寂しがり屋なので余計そうなのかもしれませんがね〜
 
そそ…最近映画を「お一人様」で観に行く事を快適と思う自分がいます。
1年前までは一人で観に行く事はなかったのに〜〜〜
 
今では、いちいち相手の都合を聞いたり合わせたりしなくていいので『観に行く時誘って』って言われてても1〜2回合わないとまいっか〜って思ってしまうように(汗)
 
少し面倒でも少し遅くなっても友達誘って行ったり誘われたら合わせたりもしないとで〜〜〜す。
 
ちょっと反省((+_+))
 

閉じる コメント(23)

顔アイコン

確かにこの監督さんはシリアスで重くなりがちな内容をライトに描く事に長けてる方ですよね〜
すごく好きな作品のひとつになりました♪

劇場鑑賞は僕もほとんどお一人様ですね〜
すごく入り込んじゃう方なんでやっぱお一人様が気楽でいいです^^

あ、TBお返しさせてください〜

2010/4/2(金) 午前 2:01 SHIGE 返信する

顔アイコン

ほんとジェイソン・ライトマン監督って天才かも
まだ弱冠32歳ですからかこれから楽しみですね。
そうですね。苦しいときも楽しいときも人とシェアできることが大切
色々なことを考えさせられた作品でした。
TBさせてくださいね。

2010/4/2(金) 午後 11:55 car*ou*he*ak 返信する

アバター

トラバありがとうございます。
私は映画はだんな様と見に行くのが好き。
だって見終わったと良かったね。。とか最低とか俳優さん女優さんのことが話し合えるから。。
話しあうともう一度いろんな場面思い出されて楽しめるからです。

たまに日本映画一人で見に行くこともあるけど・・感想誰にも話せないのよね(苦笑)

この映画も大いに語り合いました。
ポチ!
トラバお願いします。

2010/4/3(土) 午前 5:20 Tsugumi 返信する

ライアンのように面倒と無駄を省いた結果、なんとも寂しい人生となってる人は案外多いかもしれませんね。
ネットの時代の思わぬつけなのか、人付き合いが出来ない人も増えてる気がするし。
私もバックパックは少々重くなっても、人との繋がりを大事にしなきゃなぁと思います。
私も色々考えさせられました。いい映画でした。
TBさせてくださいね。

2010/4/3(土) 午前 5:26 pu-ko 返信する

L%PBoxerさん>そうなんです。
絶対女性のほうが子供の時からしたたかだと私は思います(笑)
無駄な事、大変な事を省くのも大切なのですがそれが過ぎてもって事なのでしょうね。
映画一人観〜入りこめて快適ですよね。わかります。
たまには、気のおけない友人となら終わった後の感想を言い合うのも楽しいですよ。TBありがとうございます。

2010/4/5(月) 午前 11:08 ひかり 返信する

QOO太郎さん>まだしてると思いますよ〜
お勧めです。

2010/4/5(月) 午前 11:09 ひかり 返信する

くろねこちゃん>だよね〜若干32歳だったっけ?
JUNOの時超気にって(笑)注目してたので楽しみにしてました。
今回は脚本も良かったけどジョージクルーニーや俳優陣も素晴らしくでみんなに認められるいい作品になったと思いました。

2010/4/5(月) 午前 11:13 ひかり 返信する

shigeさん>そそ「シリアスな内容をライトなたっちで」まさにそうです。
映画好きな方はお一人様がやっぱり映画に入り込めて好きなのかもですね。
お気楽でいいですよね。その気持ちもわかります。

2010/4/5(月) 午前 11:15 ひかり 返信する

カルさん>やっぱり天才ですよね。あ〜やっぱ32歳だったんですよね。確かにお父さんも素晴らしいかもしれないけど・・・また路線がちがってますしね。
そう!「苦しい時も嬉しい時もシェアできる」まさにそうですね。

2010/4/5(月) 午前 11:18 ひかり 返信する

tsugumiさん>素晴しい!だんなさまが素敵だからそうなんですよ。
家何って終わってもな〜にも話さないので(汗)
行きたい邦画がある時は声かけて頂いたらいつでも飛んでいきますよ(笑)

2010/4/5(月) 午前 11:20 ひかり 返信する

pu-koさん>そうなんです。現代に生きてるとどうしてもそうしても生きていけてしまうのでそうなりがちですよね。
でもそれが幸せかと問われたら???でしたね。
まさに私の息子たちの世代は危なくなってると思います。

2010/4/5(月) 午前 11:22 ひかり 返信する

アバター

そうですね〜どんどん物事が簡単に処理できるようになる一方で、失われていくものはやはり人との関わりでしょうか。ネットショッピングは誰とも口をきかずして商品が手元に入りますものね。
この映画は今という時代をよく描いてましたね。最後は人間同士だと私も思うので、考えさせられます。
しかし男性はある意味純粋ですよね(笑)。
遅くなりました。TBさせてくださいね♪

2010/4/7(水) 午後 6:24 choro 返信する

choroさん>そうなんです。この作品今という時代上手に描いていましたね。脚本の上手さにうなりました。
そうでしょ〜男性のほうが絶対純粋だと思うんですよね。

2010/5/1(土) 午後 8:20 ひかり 返信する

顔アイコン

かなりドライに描かれていたので一瞬寝そうになった私がいました。
合理化だけでは割り切れないのが人間ですな。
トラバさせてくださいね。

2010/5/7(金) 午後 6:34 あこまる 返信する

顔アイコン

私は、映画はひとりで観ます。観終わった直後に感想を言うのが苦手なのよねぇ・・・余韻に浸っていたのだ(^^;
でも、ちょっと経ってから、『あれどうだった?』なんてお話しするのが、大好きです♪

人生のバックパック、私自身が入れるものは何か?
軽快な運びの中にも、考えさせられる秀作でした。
TBさせてくださいね♪

2010/5/26(水) 午後 8:40 やっくるママ 返信する

あこマルちゃん>ひえ〜今頃コメ返しごめんなさい。
確かに淡々としてたところありましたネ。
すべて合理化できないのが人間らしいところですね。

2010/5/27(木) 午前 0:45 ひかり 返信する

ヤックルママ>お一人様観賞確かに快適ですよね〜
よくわかりますよ〜私は両方好きかもです。
人生のバックパックの中に・・・自分だったら何入れるでしょうね。
とっても秀作でしたよね。

2010/5/27(木) 午前 0:47 ひかり 返信する

顔アイコン

ライアンは良い意味でアナログ思考で、人との関わりを避けているようで本当はその大切さを知っている人なんですよね。
それがすごく深くて良かったです。
TBさせてください。

2010/6/4(金) 午前 10:37 かず 返信する

顔アイコン

かずさん>そうですね。ほんとに大切なもの・・・忘れてませんでしたね。

2010/6/14(月) 午後 1:28 ひかり 返信する

顔アイコン

便利さを追求するあまり、付き合いも減ってきている。セルフでできる時代、嫌ですね。

2010/8/29(日) 午後 8:25 mossan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事