お気楽主婦のはっぴいでぃ

ある過去の行方、チョコレートドーナツ、ブルージャスミン、良かったです。中でもある過去の行方が秀逸。

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1
 
監督・製作・出演 : ドリュー・バリモア 原作・脚本 : ショウナ・クロス 脚本 : バリー・メンデル 出演 : エレン・ペイジ 、 マーシャ・ゲイ・ハーデン 、 ジュリエット・ルイス 、 クリステン・ウィグ
 
女子高生のブリスは、美人コンテストで優勝する事だけがすべてと信じて疑わない母親に言われるがまま、コンテスト漬けの日々を過ごしていた。ある日、友人と出かけた隣街で、ブリスはローラーゲームと出会う。女性たちがワイルドにぶつかり合うこのゲームに心奪われたブリスは、ルールすら知らないままチーム「ハール・スカウツ」の新人発掘トライアルに参加することに。すると、天性のスピードを買われ入団を認められる。
ワイルドな衣装に網タイツ、アゴ紐付きのヘルメットをかぶった女性たちが、ローラースケート靴を履いて小さなトラックを互いにぶつかり合いながら猛スピードで競走する―そんなローラーゲームに魅了された女子高生が、猛練習をこなしながら成長していく姿を描くガールズ・ムービー。アカデミー賞にノミネートされた『JUNO/ジュノ』の演技が記憶に新しいエレン・ペイジが、自分の居場所を求めて奮闘する少女を演じている。演技だけでなくローラースケートの技術を習得してトライしたレースシーンに注目したい。また、プロデューサーとして数々の作品に関わってきた人気女優のドリュー・バリモアが、本作で念願の初監督を務めていることも話題。〜gooより
 
まさに、ガールズ・ムービィーってこいういう作品でしょうね。
 
ブログ友のくろねこちゃん大絶賛のこの作品、上映館少ないのですが、たまたま近所のシネコン観ることできました。上映されただけラッキーだったのか6月3日には終わっちゃうんですって〜金曜日に行って良かった。
来週は夜1回の上映になっちゃうんですよ〜うん〜厳しい!
 
エレン・ペイジ可愛かったし、ドリューも可愛、面白くて楽しんできたのですが、
高校生から大学生ぐらいの女の子,特にアメリカの女の子が観たら感情移入一番できて楽しめるのでは?
少しガールズムービー楽しむには私は「薹が立ち過ぎ」だったような
 
ところで、「JUNO」の時も思いましたがこの主役のエレン・ペイジ演技上手ですよね〜
 
今回はJUNOの時とは違って引っ込み思案の親思いの優しい女の子。とっても上手に演じていました。
この子はこれからとっても楽しみな女優さんだと私は思うのですよね。
若い女優さんでお気に入りの女優さんです。
 
アメリカの片田舎で母親の夢を叶えるために、ミスコンに出て優勝することが娘の役目と自分の意見も言えず引っ込み思案なブリスが、あるきっかけでローラーゲームの入団テストを受けて合格しちゃいます。
 
それからスクリーンはすっかりローラーゲーム一色になります(笑)
 
イメージ 2
 
そういえば日本でもローラーゲームブームありましたよね。
東京12CHで放送してて、東京ボンバーズっていうチームで後楽園でしてたんじゃないかな?結構なブームだったような気がしますよ〜
 
その時も結構エキサイティングでしたがこちらもすごいですよ〜
 
いや〜網タイツはいてみんなスゴイ化粧だしローラーゲームはぶつかり合いどころか殴られちゃってドリューなんって始まってすぐ顔に一発入ってましたよね。
いきなり鼻血ブーで笑えました〜
 
ローラーゲームをしながらブリスが友情、恋、自分の夢、
 
アメリカの片田舎でこの年の女の子の気持ちを実にうまく色んな話を絡めながら表していましたね。
 
隣の席の同じくらいの女性が泣いていたのですがとくに母親と娘の関係がとてもうまく出来ていましたね。
 
ブリスの母親は自分がうまくいかなかった人生(現実は郵便局で働く冴えない母親)を娘にはそうじゃない人生をと願う気持ちから「ミスコンで優勝させたい」
そこのところブリスはわかってるから母親の気持ちを裏切らないできたんですよね。
なんって健気なんでしょうね。父親もそうでしたね。
ある意味とっても素敵な家族なんだと思います。
そんな娘の気持ちに気がつかない母親がお馬鹿のようですが、母親は母親で娘の幸せも、夫の幸せも心から思って一生懸命毎日すごしてるんですよね。
 
夫のことも娘もとっても愛してるのです。
 
二人は、母親の愛がわかるから・・・逆らわないんですよね。
 
でもやはり思春期の女の子。楽しい世界を垣間みてしまうと誘惑には勝てません。
 
ローラーゲームの実力は面白いくらいにどんどんうまくなってきます。
最高ですよ〜(笑)
 
「いっちゃって〜〜〜」みたいな
 
それに合間合間に入るドリューがなんだか隠しカードみたいな感じでそれも面白かったし〜
 
ラストはハッピーエンドで感激!!!
 
ガールズムービーらしく「バシッ」と軽い男はいらない!「憧れますよね〜」
 
 
女の子サイコーで〜〜〜っす
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(26)

L&PBoxerさん>でしょ〜ローラーゲームと言えば、東京ボンバーズですよね。
軽くない男子ですね(笑)了解です。
そうですね〜まさにガールズムービーってこういう映画でしょうね。

2010/6/1(火) 午後 6:43 ひかり

shigeさん>あ〜そうですね〜
ドリューだからこそエレンちゃんに注目したのかも〜
楽しかったですよ。音楽も良かったです。

2010/6/1(火) 午後 6:44 ひかり

くろねこちゃん>まだ興奮続いてそうだね〜(笑)
いや〜黒ネコちゃんのレビュー読んだらなるほど〜って思う事が沢山でしたよ。
さすがファン読みが深いと思いました。

2010/6/1(火) 午後 6:46 ひかり

くろねこちゃん>わたしもTBいお返ししに行きま〜す。

2010/6/1(火) 午後 6:46 ひかり

顔アイコン

同じく”薹が立ち過ぎ”ております〜
・・がどんなに昔のことでも映画として見ると当時の色々なことも
思い出したりして、なんだか楽しいですよね。
そして家族愛、恋愛などもいいバランスで描かれていてとっても
楽しめました。
TBさせてくださいね。

2010/6/1(火) 午後 10:40 car*ou*he*ak

カルさん>なにをおっしゃいますか〜(笑)
そうそう青春時代思い出すと楽しいですよね。
とってもいろんな事がバランスよく入って良く出来てた作品でした。それに可愛かったですね〜TBありがとうございます。

2010/6/3(木) 午後 5:33 ひかり

顔アイコン

これ、女の子のパワーが、なかなか凄いらしいですね。
こちらでは、来月、公開です(^^;
要チェックだね!!!

2010/6/3(木) 午後 6:51 やっくるママ

やっくるママ>そそ女の子パワーが凄いですよ〜(笑)
来月ぜひお楽しみください。

2010/6/14(月) 午後 2:03 ひかり

東京本バーズ知らないし、ルールも知らないけどゲームはエキサイティングでした。
お母さんの気持ちをちゃんと分かってる娘も、『ホームアローン』ではコソ泥だったパパも良かったですねw 家族の様子は感動でした。
TBさせてくださいね。

2010/6/15(火) 午後 2:01 pu-ko

pu-koさん>東京ボンバーズご存じじゃなかったですか?
同じ世代かと思ったのですが(汗)
お母さんの事思ってる娘良かったですね。可愛いです。
お父さんあのコソ泥だったんですね(笑)とっても良かったです。

2010/6/29(火) 午後 9:19 ひかり

顔アイコン

やっと観てまいりました〜(^^)
17歳の少女が悩み、葛藤し、夢を追いかけていく素敵な作品でしたね☆
ドリュー・バリモアのセンスの良さを感じましたよ♪
『インセプション』でも上手いと思ったけど、エレン・ペイジは、将来有望な女優さんですね(^^)今後の活躍が楽しみで〜す☆
TBお願いします(^^)

2010/8/27(金) 午後 7:34 やっくるママ

やっくるママ>うんうん。これはドリューのセンス光ってましたね。
エレンもこの作品等身大でよかったよね。
確かにとっても将来が楽しみ♪

2010/8/27(金) 午後 7:40 ひかり

アバター

エレン・ペイジ、ルックス的には、のびたの好みではないのですが、演技者としては『JUNO』から、もう感服しております。今後も期待したい女優さんですね。
この映画はとても面白くて、元気がもらえるものでした。
親というのは、どうして子供に自分の夢を押しつけたがるのでしょうね。
僕も娘に、アナウンサーを目指せとか、声優はどう?なんて無茶言ってますからね(汗)。

2010/10/6(水) 午後 10:39 出木杉のびた

顔アイコン

のびたさん>ぷぷぷ〜好みじゃないんですね。
なんとなくわかります。
のびたさんお好み的にはセクシーさが足りない?
そうですね。元気もらえました。
そうなんですよね〜わかっていながらついつい夢を託したくなっちゃうんですよね。うちも昔は・・・ジャニーズとか?
ビジュアルであり得ないって分かってますが・・・(−−〆)

のびたさんちも・・・どこも変わらないですね(笑)

2010/10/7(木) 午前 11:12 ひかり

顔アイコン

ドリュー・バリモアが初監督した本作。ヒットはしないにしてもエレン・ペイジを起用し、女性の成長物語として爽やかな映画だったと思います。

2010/12/17(金) 午後 8:12 mossan

エレン・ペイジはどんどんまた大きくなってきましたね〜
『ハードキャンディ』とかって、可愛いのにとっても怖いおねえちゃんを演じていた頃から、この子は凄いわ、と、思っていましたけど、もう堂々たるこの演技、そしてローラースケート!
懐かしい思春期の頃を思い出しながら楽しんじゃいました。
トラバさせて下さいませ。

2011/1/4(火) 午後 10:21 恋

顔アイコン

mossan>爽やかな映画でしたね。

2011/1/5(水) 午後 9:02 ひかり

顔アイコン

恋さん>えっ!そのハードキャンデーは未見です。観たいですね。
私はJUNOが一番最初でした。
ローラースケートは恋さんはご存じないと思いますが、私は、東京ボンバーズが懐かしかったです(笑)

2011/1/5(水) 午後 9:06 ひかり

顔アイコン

いやぁ〜、女の子、最高ですよねぇ〜〜。 って、変な意味ではないですよ、えぇ。
んん、んもうこれ、ドリュー・バリモアのセンスがいいですよねぇ。
エレン・ペイジも等身大の役を好演でしたね。 TB、お願いします。^^

2011/3/26(土) 午後 5:09 サムソン

サムソンさん>ですよね。女んの子は最高ですね♪変な意味で???どんな意味で?(爆)あんな意味かな〜こんな意味かな〜(笑)
そそクロネコちゃんの(笑)ドリューのセンスが最高でしたね。
とくに女の子の萌えどこが(笑)TBありがとうございます。

2011/3/26(土) 午後 5:28 ひかり

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事