お気楽主婦のはっぴいでぃ

ある過去の行方、チョコレートドーナツ、ブルージャスミン、良かったです。中でもある過去の行方が秀逸。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
文明が崩壊して10年あまり。空を厚い雲が覆い、寒冷化が進んだ世界には生物の姿はなく、食料もわずかしかない。生き残った人々のなかには、人を狩り人肉を食らう集団もいた。そんな大地を、ひたすら南を目指して歩く親子がいた。道徳や理性を失った世界で、父親は息子に正しく生きることを教える。自分たちが人類最後の「希望の火」になるかもしれないと。人間狩りの集団におびえながらも、二人は海にたどり着く…。
本作ではどうして世界が崩壊したのか、その理由はまったく語られない。それ自体は重要ではなく、その後の世界で生き残った人々がどう生きていくかということ。そのため本作の親子の旅は、一種の「神話」的なモノを生み出している。常に飢え、食料を手に入れることしか考えられなくなった人間は、野生動物のようだ。お互いの姿を見つけても、殺されるのではないかと近づかないのだ。そんな中で、人間は再び信頼を取り戻すことができるのだろうか。ヴィゴ・モーテンセン演じる父親と息子が全編出ずっぱりの熱演。原作は『すべての美しい馬』『ノーカントリー』が映画化もされ、高い評価を受けているコーマック・マッカーシーのベストセラー。〜gooより
 
この作品を観たのは・・・レオに逢った日(逢ったって言わせて下さい・笑)
ちょっと時間が経ってしまったので感想ちょっと鈍ってますがお許しください。
 
まさにザ・ロード・・・って言うタイトル通りの作品でした。
 
人が生きてくって道をあるいているんですよね。
そしてその道がどんな道であってもちゃんと歩かないといけないいんですよね。
たとえ未来が見えなくても歩かないといけないんですよね。
 
終末の地球ということではザ・ウォーカーと似てるのですが伝えたい事、言いたいことは明らかに違うような気がしました。
 
ザ・ウォーカーは大切な本を守るためにいとも簡単に人を切っていったけど、こちらはその反対でどんな場合も人間として『善きもの』優しい心をもって生きていくことが大切だと父親が息子に説いていたんだと思います。
 
世の中に食べるものがなくなると人はどうなってしまうのか・・・
大概の人間は殺し合い人間同士で狩りして生きていくとうなんと浅ましい姿になってしまっても・・・
 
この親子は人間の心を持って『善きもの』であり続け道を歩いていく。
 
父は息子を守りながら善きものらしく心を持って・・・どんなにお腹が減っても善きもの心を持って・・・
 
父親がいよいよというとき心が折れそうになった時はなんと息子から善きものを悟らされる・・・
 
動物のようになってもいいから生きるのではなく、あくまでも人として生きる姿を最後まで息子に見せる事。
 
何がどうしたって結論があるのではないのですが生きるって事にすべて目的があるわけではなくてもただ善きものの心を持って生きること。
 
それが人間であると道をただ歩きながら息子におしえていくんですよね。
 
どんな逆境になっても人なのだから善きものとして・・・
 
 
 そしてラスト・・・とても内容は暗かったんのですが希望の光が見えました。
 
 
ヴィゴ・モーテンセンと子役の男の子の演技素晴らしかったですしこの男の子の透明感が美しい心とマッチしてとても良かったです。
シャリーズセロンの子供役なのですがとっても似てたのがまたびっくりでした。
 
あ〜もっと色々感じたのですがなんせ時間がたったのと今日はもうギブアップ!
明日はお仕事で5時半起床〜(きゃ〜〜〜)
 
寝ないと〜〜〜
 
 

閉じる コメント(12)

そうなんですね、いろんな道をどう選択するか。
それは進むべきか留まるべきか、はたまた後退すべきなのか。
答えは自分自身にあるという事をヴィゴが身をもって子供に伝えてた姿は素晴らしい。
ラストには子供から少年になっていく希望あるラストも良かったです。
TBさせて下さいね♪

2010/8/13(金) 午前 2:09 marr

これは良かったですねぇ。
たとえ飢えて死のうとも、人間はけだものではない。
人間らしく生きることって、簡単ではないけど最後までそれを貫く父子の姿が美しかったですね。
あの息子ちゃんセロンちゃんに似てましたよね。
『ぼくエリ』のリメイク版のオスカーの役を演じるようで、これまた楽しみ。
TBさせてくださいね。

2010/8/13(金) 午前 6:26 pu-ko

レオに会った日に観たんですか〜。
遅れて公開するので、今月中には観れると思います♪
楽しみにしてるのでそれから読ませていただくね。
5時半起床、早く寝てください(笑)

2010/8/14(土) 午前 1:32 LAGUNA

顔アイコン

>どんな逆境になっても善きものとして・・・
その言葉が全てですね。悲しく絶望感のある作品でしたね。でも、善き心を忘れない。ラストの声が救いでした。TBお返しさせて下さい。
5時半起床!!厳しいぃ〜!頑張って下さいね!

2010/8/14(土) 午前 4:43 dance

marrさん>そうですね。そうそう・・・この道をどんなふうに歩くか子供に身を持って教えてたんですよね。
ラストが好きでした。

2010/8/16(月) 午前 11:04 ひかり

pu-koさん>この作品と〜っても良かったです。
ただ歩いてるだけなのに実は大切な事を教えていたんですよね。
苦難から逃げないで立ち向かっていく・・・
素敵な父親でした。
そのようですね。「僕エリ」にぴったりで楽しみです。

2010/8/16(月) 午前 11:10 ひかり

らぐなさん>もうすぐ地元で(笑)ぜひ♪
そうそうレオに会った日に観賞しました(笑)

2010/8/16(月) 午前 11:11 ひかり

danceさん>ありがとうございます。お仕事ひと段落しました。

世界がどんなふうになっても父親の見せる背中、そしてそうしてると子供はそれさえも超えるように育つんですね。
素敵な作品でした。

2010/8/16(月) 午前 11:18 ひかり

これは凄かったですねえ・・・
しばらく動けないような余韻を感じておりました。。
そうそう、シャーリーズ・セロンにあの子役さん似ていましたよね。とても綺麗な男の子で、演技も素晴らしかったです。
またリメイク版ぼくエリであえるのが楽しみです ^^
トラバさせて下さいませ。

2010/12/27(月) 午後 10:20 恋

恋さん>ですよね〜ズシンと心に響いた作品でした。
原作ぜひ読みたいなと思いました。
そうですね。子役の男の子とっても綺麗でした。
そう僕のエリにですよね。楽しみですよね。

2010/12/28(火) 午後 9:14 ひかり

顔アイコン

うんうん、歩き続けるって大切なことだなと、最近はとくにそう思うようになってます。
この作品から放たれているメッセージは、なにげに貴重ですよねぇ。
TB、お願いします。^^

2011/4/9(土) 午後 4:21 サムソン

顔アイコン

TBさせてね。

2011/4/20(水) 午後 10:31 mossan

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事