お気楽主婦のはっぴいでぃ

ある過去の行方、チョコレートドーナツ、ブルージャスミン、良かったです。中でもある過去の行方が秀逸。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 レビュー遅くなりましたが、公開当日息子と一緒に観賞してまいりました。
 
私はヤマト世代なのですが、私は号泣するいとこを横目で見ていたわけで、ストーリーこそなんとなく知ってはいいますが思いれはありませんでした。
それでも観賞したのはただただ木村の拓ちゃんが主演だったからです
 
監督:山崎貴
 
西暦2199年、突如侵攻してきた謎の敵・ガミラスによって、人類はその存亡の危機に瀕していた。
人類の大半は死滅し、生き残ったものも地下生活を送っていた。
ある日、地球へカプセルか落下してきた。
それは惑星イスカンダルからの通信カプセルで、そこに行けば、放射能浄化装置があるという。
人類最後の希望を乗せて、最後の宇宙戦艦“ヤマト”がイスカンダル目指して旅立つ。
しかし、行く手にはガミラスの艦隊が待ち構えていた。
 
1974年に初放映されたTVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』は、当初は話題にならなかったが、再放送を重ねるうちに火がつき、国民的な人気を得るようになった。
いまや、その名を知らぬ者はいない“ヤマト”だが、実写による映画化は今回が始めて。
アニメのスケールを実写化できるCG技術が日本でもようやく整ったのだろう。
主人公の古代進に木村拓哉がキャスティングされているのが一番の話題だが、アニメでおなじみのキャラクターを誰がどのように演じているのかも、見どころのひとつ。
ヒロインの森雪のキャラクターが、戦闘隊のエースパイロットに変更されているのは、アクティブなほうが今の女性の共感を得られるからだろうか。
ハイライトとなるヤマトとガミラス艦隊の戦闘シーンをはじめ、大掛かりなVFXシーンはかなりの迫力だ。エンディングも含め、オリジナルから変更された部分も多く、比較するのも面白いだろう。〜gooより
 
勿論随分前から、主演の古代君をするって聞いて
 
「これだけ国民的人気のアニメなのでどうしてなんでしょ。たたかれるのわかってるのにな〜」
なんって正直思っていました。
 
予想どおり評価は作品も拓ちゃんも二分してる感じですね。
 
皆様好き嫌いがあるのも人気がある証拠かなともおもってますが。。。人気者の宿命
拓ちゃん「古代君」なかなか良かったんじゃないかって思っっています。合格点ではないんでしょうかね〜
 
拓ちゃんってほんとつまんないくらい真面目な熱い役者なんですがね
 
 アニメの古代君はもう少し少年っぽかったと思いますが、この年の割に爽やかさと熱さをほどほどに持ち合わせてるって事でお赦しを〜(笑)
 
他の出演者も良かったですが、私は橋爪さんが妙に「うまい」ってなんだか感心してました。
黒木メイサさんは、ビジュアル的にはめっちゃ良かったですが、私が知ってる森雪とはかなりかけ離れた強い女でしたし、戦闘員でもなかったですよね。
演技もまあまだ経験少ないので仕方ないとは思いますが・・・いまいちって思ってしまいました。
 
蒼井優ちゃんでアニメと同じキャラではどうだったんでしょうか?多部ちゃんでは?
そそ…先生はどうして女にしたのでしょ?とか・・・宇宙戦艦に焼酎の瓶・・・確かにマンガではもってあるいてたかもしれませんがこれ凄い突込みどころですか?(笑)
女優さんを沢山出さなければいけないという製作者の意図?また強い女は、女性脚本家ゆえ?
いろんな事情がなんだかかいま見えてるきがして・・・(素直じゃないですか?・汗)
 
ところでこの派手な番宣・・・
これってもしかしてテレビ局からみ?って思ったらTBSだったんですね(汗)
 
  作品は、冒頭、古代進が自分の兄を思い館長に怒りをぶつけるシーンから私はめっちゃ感情移入できて最初からちょっとウルっときてしまいぐっとひきこまれました。
 
そして戦闘シーンVFXのシーンなどほんとみなさん良かったと言ってますが、まさに日本の作品も
「ここまできた〜」と思いました。
 
ただ予算がなかったのか、時間が足りなかったのか、技術こそあってもVFXのシーンは少なくて物足りなかったって言うのも正直な感想です。
もっともっと観たかったですね。
息子などは人と人とシーンより戦闘シーンが沢山だったら良かったのにって言ってました。
アナライザーが特に最高って・・・言ってましたよ。
強かったですね。アナライザーのキャラってスターウォーズより先にできてたんですよね?
 
 とにかくこの長い話をこの1本の映画にまとめなければいけなかった事が難しかったのでしょうけど。
せめて1と2ぐらいに分けたらもっと良くなったのではなかったでしょうかね〜
かけ足にイスカンダルまで行き急いで地球に戻ってきたような?
残念ながら後半は、感情移入できなかった〜
 
特に、とくに古代進と森雪のラブシーンはあまりに唐突で笑いそうになってしまって・・・
 
いきなりでしたよね〜
 
思わずそのシーンでラストの映像は???
 
「え〜〜〜」「うっそ〜〜〜」
 
二人のからみはもう少しちゃんとするか、いれないにするか中途半端な描き方だったと思いました。
 
音楽は宮川さんでとっても良かったのですが、やはりラストは佐々木いさおさんでしょ〜って洋楽好きな息子も、言ってましたね。
ラスト音楽だけでも流れたらファンは少し満足して帰れたんじゃないか?って・・・
 
前半が良かっただけにもう少し丁寧に作っったらもっといい作品になったのではともったいないとおもってしまいました。
 
監督、俳優はもしかしてTBSの犠牲者?
こんなに一生懸命番宣もしてるのにな〜〜〜
 
 
 
 
 

閉じる コメント(28)

顔アイコン

これはアニメの名作はじめ、ご覧になる方にもいろんな思い入れがあるのもあって、評価も微妙な感じの方が多いみたいですね・・・
いつかTVにでも降りてきたら観るかもしれません^^;

2010/12/8(水) 午前 9:34 M

Mさん>そうですね。思いれのある方が沢山いらっしゃる作品なので厳しい評価になったようです。
役者も監督もたいへんです。

2010/12/8(水) 午前 10:17 ひかり

顔アイコン

あらら・・ラストはそんな中途な感じですか。。
なるほど〜〜犠牲者かぁ。
役者さんいい人が多いんでそれは残念ですね。
WOWOWでやってくれたら観ます^^

2010/12/8(水) 午後 0:52 SHIGE

人気のアニメだけあって、昔から
知っておられる方々は、キャラのイメージが
違ったりすると不満に感じそうですね!
森雪は、当初沢尻えりか様にオファーがいったと
聞きましたよ♪

2010/12/8(水) 午後 5:25 きのこ

shigeさん>う〜んラスト中途ではないのですが良く最近ある感じで終わりになっていました。
最近ですと雷桜も同じ終わりでしたね。

2010/12/8(水) 午後 10:07 ひかり

きのこちゃん>そう!人気のアニメですからハードルは最初からたかいですよね。
そそ最初は沢尻エリカ様だったんですよね。

2010/12/8(水) 午後 10:09 ひかり

あれもこれもやりすぎてあらすじ的作品になってしまってましたね。
もっと焦点を絞ったほうがよかったんじゃないかと思います。
といってもつまらない事もなくて結構楽しめましたよ。
TBさせて下さいと言いたいとこですがまだ記事書いてないや(笑)

2010/12/8(水) 午後 10:22 marr

このポスター見るたびにキムタク顔のヤマトに見えてくる。機関車トーマスみたいな。

メイサもエリカもイメージちゃうなー。

2010/12/9(木) 午前 2:11 無印良馬

marrさん>そうなんです。2時間チョイにまとめすぎちゃってあらすじになっちゃったんですよね。なので感情移入が後半しにくかったのかと〜そそ戦いの場面とか楽しかったですよね。
あっ!記事書かれたら伺います。

2010/12/9(木) 午後 4:36 ひかり

顔アイコン

無印さん>あはは〜確かにこのポスターそうかも〜

メイサもエリカも・・・あはは〜まるで無印さんの女みたい!(笑)

2010/12/9(木) 午後 4:37 ひかり

アバター

恋愛部分の描き方はちょっと唐突過ぎて、たしかに笑っちゃいました〜^^;
特別アニメに思い入れがあるというほどではないのですが、やはりアニメによってイメージが既に固定されているので、なかなか別物として観るのは難しいですね。^^;
とにかく個人的にはラストが自分の思っていたのとは違ったので、勝手に頭に来てました〜(^O^;
キャストはそれぞれ頑張っていたと思います。予想よりよかったわ(笑)。
ひどい記事ですがTBさせてくださいね♪

2010/12/10(金) 午後 10:13 choro

ラブシーンは、えっ!って感じで、あの瞬間にその。。^^;
下世話になりそうなので、詳しくは書きませんけれどw
最初から酷評されそうなのに、あえてチャレンジして、大方の予想よりも頑張ったヤマト。これもよし、かもしれません ^^
トラバさせて下さいませ。

2010/12/10(金) 午後 10:22 恋

顔アイコン

TVにでも降りてきたら観るつもりがひょんなことから劇場視聴になってしまいました^^;
あまり高評価は聞いてなかったので何の期待もせずに観たのがよかったのか、娯楽作品として楽しめました。
確かに終盤は駆け足感たっぷりでしたね^^;
TBさせて下さい〜。

2010/12/15(水) 午前 9:44 M

choroさん>はい。あの場面はいきなりでしたね。私も笑いそうになりました。
いえいえ・・・これはやっぱり映画にするには難しい作品だったって事なのでは?ただVFXとキャストは頑張ってましたよね(笑)

2010/12/15(水) 午後 11:05 ひかり

恋さん>はい。あのラブシーンはほんと唐突で感情移入できなままはいってしまいました(汗)
そうなんですよね。分かっていても作りたかったんでしょうね。
その挑戦した心意気に1票でしょうか?(笑)

2010/12/15(水) 午後 11:07 ひかり

Mさん>いえいえきっとこの作品と縁があったって事なんだと思いますよ(笑)
そして楽しめたのですから何より♪

2010/12/15(水) 午後 11:09 ひかり

アバター

僕はアニメは見ていなかったので、映画はストーリー展開的に面白く観ることが出来ました。
しかし、ラストには呆然とさせられました。
そんな時間があったのかと…。

2010/12/16(木) 午後 11:33 出木杉のびた

顔アイコン

国民的アニメの映画化・・・ということで、一応見ましたが、
アニメを見ていなかったので、こんなものかと思ってしまいました。キムタク映画は、いつもキムタクですね(ハラハラです)。
TBさせてください。

2010/12/17(金) 午前 0:03 fpd

のびたさん>あっ!面白かったんですね。それが一番ですよね。
楽しんだもの勝ちですよね。
あっ!あのラストはちょっと…最近多いラストの展開ですよね(汗)

2010/12/17(金) 午後 5:50 ひかり

顔アイコン

FPDさん>国民的アニメの実写化・・・そんな言葉が頭についちゃところが責任重大ですよね。
私にとっては木村拓哉さん♪
なのでちょっと意味が通じてないかも?

2010/12/17(金) 午後 5:53 ひかり

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事