お気楽主婦のはっぴいでぃ

ある過去の行方、チョコレートドーナツ、ブルージャスミン、良かったです。中でもある過去の行方が秀逸。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
監督: ケン・ローチ 脚本: ポール・ラヴァーティ 原案・製作総指揮: エリック・カントナ
 
解説:『麦の穂をゆらす風』などで知られるケン・ローチ監督がメガホンを取り、プロサッカーチーム、元マンチェスター・ユナイテッドで活躍した“キング”ことエリック・カントナが本人役で出演するユーモラスでほのぼのとした味わいのある人間ドラマ。カントナの言葉に導かれ、他人と交わることによって、うだつの上がらない主人公の人生が少しずつ好転していくプロセスを描く。主演のスティーヴ・イヴェッツやカントナの好演はもちろん、随所に挟み込まれるカントナのプレー・シーンにも注目だ。
 
あらすじ:マンチェスターの郵便配達員エリック(スティーヴ・イヴェッツ)が、サッカー選手のエリック・カントナのポスターに語り掛けると、部屋の中にカントナ本人(エリック・カントナ)が出現。最初の妻、リリー(ステファニー・ビショップ)への思いを断ち切れないエリックに、カントナはアドバイスを送る。それからも、カントナはたびたびエリックの前に現れるようになり……。〜シネマトディより
 
これと〜っても面白かったです!!!
「麦の穂をゆらす風」はDVDで観賞して好きだったので、今度こそスクリーンでと思ってたら地元で少し遅れて公開してくれたので、昨夜よなよな友達と観賞してまいりました。
家に帰ったら12時前だった〜(汗)
 
もし未見の方がいらっしゃいましたらぜひDVDで観賞してもまったく見劣りしないのでお勧め♪
友達も『面白かった』って〜良かった。
 
それにこれってカントナがアイデアだしたようですね。
スポーツマンシップらしく「最後まであきらめない」「仲間」が良かったです。
 
いきなり郵便局員のエリックの車を暴走するシーンから始まり一気に「なに?」って・・・
もうここで監督の勝ち!ですよね(笑)
 
どうもエリックはやんちゃな息子2人のせいもあり人生にお疲れ気味で神経が参ってしまってるみたい。
家に帰ると二人の息子の友達はいつもうちにたむろってるしテレビはうるさいし言う事きかないし〜
あげくなんだか怖そうな友達に車で送ってもらってきたりしてる。
 
そんなエリックにとって唯一の素敵なキラキラ輝く時代があったんですよね〜
それは60年代(多分)ロックンロールが流行っていた頃パーティで知り合ったリリーとダンスコンテストで優勝した事。そして大好きなリリーと結婚した事。
でもこの時父親に早い結婚、父親になった事を言われたり…人生がなんだか不安になってしまい
リリーの事が大好きなのに逃げ出してしまった事がエリックにとって最大の後悔で一生心に傷として残っていた。
 
そんなエリックがひょんなことからこの別れた妻リりーと再び顔を合わせる事になるんです。
 
あ〜それでエリックの暴走につながるんですが・・・
 
こんな風に悩んでいるエリックに救世主あの伝説のカントナがポスターの中から現れちゃうんですよ〜
 
この本物のカントナがカッコいいのですが・・・声も渋くて(うふっ!)
 
リリーへのアプローチが出来ないエリックに・・・声かけ・・・
 
息子の事で悩んでいるエリックにも声かけ・・・
 
そして、今までのエリックだと諦めていた事もカントナの助言のお陰でがんばっちゃうんです。
この頑張りがまた痛快で・・・最高!
リリーへのアプローチの仕方も・・・かわいい!!!
男性って50歳くらいになっても心は変わらないんですよね。
その点女性はしたたかになってるとおもいますが(汗)
 
それに今風にYou Tubeなんかもでてくるんですがね〜これも面白かったですね。
 
それとマニュアル好きな友達も良かったですね。落ち込んだ時は自分が尊敬する?大好きな?
人を想像して・・・・って・・・
このシーンはもうほんと面白かった!
 
「ネルソン・マンデラ」「ガンジー」「フランクシナトラ」・…そこでエリックは「エリック・カントナ」だったんですよ〜
 
 
最後は息子の事で大問題が起こるのですが、いったいどうやって解決するの?って
結構なところに追い詰められるんですが、キーワードは「仲間」
 
あれ〜これってどこかで聞きましたね。ハンカチ王子こと裕ちゃんですよね(笑)
 
「僕には持っているものがあります。それは仲間です」(笑)スポーツマンはやっぱりそうなんですね。
 
もう最高の解決法に映画館の中大爆笑、拍手で。。。
 
ブラボー!って聞こえそうなくらい!
 
色んな意味で色々詰まってファンタジーな部分も、コメディの部分もまたヒューマンな部分もあって家族っていいかも〜って思える素敵な作品でした。
 
 
 

閉じる コメント(14)

顔アイコン

私もこれ大好きです。
でも・・エリック・カントナが一体誰だか知らなかったんですけどね(笑)
そうそう。キーワードは仲間。最近YouTubeって映画のひとつの大事なシーンになりつつありますね。
TBさせてくださいね。

2011/1/20(木) 午後 6:51 car*ou*he*ak

ケン・ローチがコメディ?と思ってしまったのですが、おお、素敵な作品だったのですね ^^
多分間違いなくDVDでの遅い鑑賞になると思いますが(涙)観てみたいと思います ^^

2011/1/20(木) 午後 8:59 恋

顔アイコン

おぉ、絶賛ですね。^^
ケン・ローチ監督だけにこれは気になってるんですけどね〜。
コメディとヒューマンドラマをどう織り交ぜたか、観てみたいですね〜。
んん、DVDを待ちます! ^^;

2011/1/20(木) 午後 11:10 サムソン

カルさん>これとっても良かった!
今のところ今年1番です(笑)
「仲間」(笑)でしたよね〜
エリックカントナ分からなくっても十分楽しめますよね。

2011/1/21(金) 午後 10:38 ひかり

恋さん>そう!コメディの部分もありって感じでした。
とっても良くできていて笑いあり涙りみたいな感じでした。
DVDでも楽しめますのでぜひ!

2011/1/21(金) 午後 10:41 ひかり

顔アイコン

これ、最後が痛快でしたね。
カントナの人生訓も結構勇気を与えられるというか。
ワーキングクラスの団結炸裂で、サッカーってやっぱりそういうものの象徴なんだなって思いました。
小さい記事ですが、TBさせてくださいね。

2011/1/22(土) 午前 7:42 megmynおまけ

サムソンさん>はい!私はこれは好きな作品でした。
ただのコメディにはなってないところがよくて、私単純かもしれませんがラストがとっても良かった〜(*^_^*)

2011/1/24(月) 午前 10:37 ひかり

おまけさん>ですよね〜
まさかあんなラストになるとは思ってもいませんでしたよ〜
そそイギリスの労働者って感じとサッカー結びつけてとっても楽しく観れちゃいました。とっても好きな作品です。

2011/1/24(月) 午前 10:38 ひかり

アバター

おじさんたちのカリスマを語るシーンは面白かったですね〜(笑)
普通のおじさんとファンタジーというミスマッチ感がまた面白く、楽しい映画でした。
カントナ選手、現在もかっこよかったですね〜(笑)
遅くなってすみません。TBさせてくださいね♪

2011/1/24(月) 午後 11:11 choro

choroさん>はい!あのシーンとっても楽しかった♪
誰が出てくるか結構楽しみでした。
そうこの設定とっても良かったと思います。
私は大好きです。

2011/1/25(火) 午後 6:28 ひかり

私もあの瞑想シーンは笑いました〜〜。もう最高!
キーワードは「仲間」ですよね。友達との友情も素敵だったなあ。
ひかりさんがメールで絶賛してたの納得でした。TBさせてくださいね!

2011/1/30(日) 午前 10:55 + kuroneko +

くろねこちゃん>もうあの妄想のシーン最高でしたね(笑)
キーワード仲間でしょ〜
いいよね〜これ最高でした。

2011/1/30(日) 午後 10:39 ひかり

顔アイコン

TBさせてね。よかったら寄ってくだされ。

2011/4/15(金) 午後 8:47 mossan

顔アイコン

イギリスは大人(おじさん&おばさん)の恋愛事情も描いてくれるので好きなんですが、ケンローチ作品とは思えないこの面白さ!是非多くの方にご覧いただきたいですよね。
しょぼい感想ですが、こちらからもTBお願いします。

2011/5/18(水) 午後 8:44 オネム

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事