お気楽主婦のはっぴいでぃ

ある過去の行方、チョコレートドーナツ、ブルージャスミン、良かったです。中でもある過去の行方が秀逸。

全体表示

[ リスト ]

 
監督:周防正行  キャスト:ルイジ・ボニーノ (バレエダンサー)草刈民代 (バレエダンサー)

第一幕『アプローチ』2009年5月11日、都内の稽古場で、主演のルイジ・ボニーノと草刈民代が草刈の引退公演以来の再会を果たし、『街の灯』のパ・ド・ドゥの振り写しが行われる。2人をはじめ、海外から集められたダンサーたちの60日間のリハーサルの日々がスタートした。一方、監督の周防は、イタリアに滞在している振付家ローラン・プティを訪ねていた。周防が提案した演出構想に、プティが拒絶反応を示す。また、チャップリンの四男ユージーンへのインタビューを通じて、映画では知ることのできないチャップリンの素顔が語られる。本番まで10日と迫っていた東京では、『空中のバリエーション』のパ・ド・ドゥで波乱が起きていた。草刈を支えるダンサーのナタナエルが、彼女を支えきれないのだ。果たして、「ダンシング・チャップリン」は無事に完成するのか。
 
第二幕『バレエ』1991年の初演時には全2幕20場で構成されていたバレエ作品を、周防が13場に絞り、再構成して、映画として撮影した。チャップリンの「ライムライト」、「街の灯」、「黄金狂時代」、「キッド」、「モダン・タイムス」、「犬の生活」などの映画から着想された作品で構成されている。チャップリンと盲目の花売りが恋に落ちる「街の灯」をもとにしたパ・ド・ドゥや、チャップリンの映画に欠かせないドジな警官たちを想起させる『二人の警官』と『警官たち』、「ライムライト」のヒロインであるバレリーナが舞台で踊っているような『空中のバリエーション』など、チャップリン映画の名場面を、プティの芸術的解釈で新たに甦らせた作品が演じられていく。シンプルな世界観のなかで7人のダンサーたちは様々な役に扮しながら、チャップリンの世界を描いていく。また周防は、屋外での撮影や、360度あらゆる視点からダンサーを捉えるという自由な発想で演出を行っていく。movie walkerより
 
これは公開当時にみたいな〜と思いつつ上映館が少なくて観損ねてた作品でしたが
今回地元で2週間限定で上映され観る事が出来ました。
これはみる事ができて良かった〜面白かったですね。
 
普段観ている映画作品とはがらっと違いますが、バレエとチャップリン二つを同時に楽しむ事が出来ました。
作品は2部構成になっていて前半は映画のメイキング、後半は作品となってました。
 
以前バレエの映画としてはパリ国立オペラ座のドキュメンタリーをみた事があってそれも興味深く観る事は出来ましたが、途中少し退屈して眠くなったのですが、こちらの作品は、私のようなバレエの素人にも分かりやすく、観やすくそして面白くできてました。
 
一幕でのメイキングで周防監督がバレエのチャップリンの振り付けの第一人者ローラン・プティを訪ねたところから始まりました。
そこでどういう経緯でルイジ・ボニーノがチャップリンの作品をバレエで踊るようになったのか・・・
チャップリンの映画の作品もどんな事から生まれたのかなどとっても興味深くみる事が出来ました。
そして肝心なチャップリンの映画をルイジとともに奥様の草刈民代作り上げて様子。
もうすでに彼女は引退されてますがやはり日本が誇るプリマドンナだったんですね〜
海外の一流の振付師谷ダンサーにも認められてる事。
そして何より踊れる、バレエが素晴らしいしその姿勢もとっても素敵でした。
 
二幕は実際にチャップリンの作品をバレエの演目としてルイジと一緒にまたはほかのバレエダンサーと一緒に踊ります。
振付師のローランプティともめましたが、「二人の警官」は周防監督の意向でバックを緑あふれる公園に〜とっても良かった〜周防監督素敵〜
これはバレエと映画の融合が見事にされてたんじゃないかな〜って思いました。
 
バレエの舞台だけでは楽しむ事が出来ないように映像だからこそできるって言うバレエがみる事ができてとっても素敵な作品でした。
 
そして、何より周防監督の奥様に対する尊敬。愛をも観る事ができとっても素敵なご夫婦だなと思いました。
 
いつまでも仲良くされてて欲しいな〜って思います。
 
 

閉じる コメント(16)

顔アイコン

これは見てよかったなと素直に思える作品でした。
周防監督がちょっと引き気味なので且つ押しまくられてる様子などむむむ、負けるな・・・などと勝手に応援してたり。
いい作品でしたね。
トラバお返しさせてください。

2011/9/13(火) 午後 7:05 あこまる

顔アイコン

私生活で女王さまのような草刈さんがあまり好きではないので
見逃してしまったのですが、ああ・けっこう良かったのですね。
なんだか私が逃したいい作品、ひかりさんは全部見てる・・

2011/9/13(火) 午後 8:05 car*ou*he*ak

顔アイコン

ほ〜んと、ほんと、周防監督の奥様に対する尊敬と愛を観ることが出来ましたねぇ〜♪
バレエの作品としても面白く、映画としてもとても興味深い作品でした〜(^^)
TBお願いします☆

2011/9/13(火) 午後 11:20 やっくるママ

顔アイコン

これは周防監督やし面白いんやろな〜と思ってたけど、やっぱ素敵な作品のようですね〜
しかし草刈さん現役の頃そのままのプロポーションすごいなぁ
これは劇場に行けなかったけど、必ずDVDでは観たいです♪

2011/9/14(水) 午後 9:23 SHIGE

これ見逃してしまいました〜。
2部構成だったんですね。
バレエシーンが楽しみですね♪

2011/9/14(水) 午後 11:35 marr

あこちゃん>うんうん。なんだか監督の飄々とした感じも映画から分かったりバレエのkとも分かったり〜一幕の感じから映画はいったいどうなるのかワクワクしたり面白かった〜
好きな作品になりました。

2011/9/15(木) 午後 3:49 ひかり

顔アイコン

カルさん>お〜草刈さん実生活でも女王さまなんだ〜なんか納得なような(笑)はい。作品は面白かったです。チャップリンの事ってあまり私知らないので色々しれて面白かったしだんすもちょっと映画とは違ってたり楽しくみれました。機会があったら是非ご覧ください。
あっ!カルさんがみたい作品を?それも嬉しいかも♪

2011/9/15(木) 午後 3:54 ひかり

やっくるママ>これ面白い作品でしたよね〜
バレエ+映画って事で・・・新しい感じもあったよね〜
そそ監督奥様の事尊敬してるんだよね〜TBありがとうございます。

2011/9/15(木) 午後 3:58 ひかり

顔アイコン

shigeさん>これ面白かったですよ〜はい。草刈さんはアスリートっぽいですね〜いつまでも綺麗で素敵ですね。
ぜひDVDで!うすぐ出るのでは?

2011/9/15(木) 午後 4:00 ひかり

marrさん>これ私は好きです。
そそ2部構成で1部でさあどんな2部になるかって期待が高まるんですよ。面白かったです。

2011/9/15(木) 午後 4:02 ひかり

アバター

周防監督の奥様への愛がたっぷりと感じられる作品でしたね〜
華やかで優雅に見えるバレエの裏舞台と出来上がった作品の両方が観られて得した気分でした。(^^ゞ
チャップリンの作品なので映画ファンも楽しめますね!
私もTBさせてくださいね♪

2011/9/15(木) 午後 10:17 choro

choroさん>そうなんだかそれが伝わりましたね〜
そそメイキングもみれたので得しちゃいましたね。
そうチャップリもあったので映画の楽しみも。
色々楽しめて面白かったです。TBありがとうございます。

2011/9/16(金) 午後 0:50 ひかり

なんだよー、新作だったら見ようと思ったのになあ笑。。。(うそ)

shall we danceの草刈民代はきれいだったなあ。。。

2011/9/19(月) 午前 2:30 無印良馬

顔アイコン

無印さん>今無印さんの近くのギンレイホールでしてますので・・・
バレエリーナが沢山観に来てるそうですよ(笑)

2011/9/20(火) 午後 6:23 ひかり

そうそう、普段のギンレイと異質な観客さんたちがいました…と目撃者は語る(笑).いつもの周防監督とは全く違うタッチのドキュメンタリーでしたね.気持ちチャップリンの解釈が違うかな…という気もしますが、それぞれ…で良いのですよね.トラバさせて下さいね.

2011/9/20(火) 午後 8:24 チャコティ副長

チェコティ副長さん>あはは〜いつもと様子が違ってたんですね。
ちょっと華やかでいい香りがしたのでは?(笑)
そうですね〜映画の中のチャップリンとは少し違ってたかもですね。
TBありがとうございます。

2011/9/29(木) 午後 7:30 ひかり

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事