お気楽主婦のはっぴいでぃ

ある過去の行方、チョコレートドーナツ、ブルージャスミン、良かったです。中でもある過去の行方が秀逸。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全300ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の小説を、松本潤&有村架純の共演で行定勲監督が映画化。

高校教師と元生徒が織り成す純愛ですー❤

作品は有村架純演じる泉と高校時代の演劇部の顧問の松潤演じる葉山先生と大学時代の恋人役の坂口健太郎演じる小野くん三人でほぼ成り立ってるかんじー

大学2年生の泉、有村架純の所に
高校時代の演劇部の顧問・葉山から、後輩たちの卒業公演への参加を依頼する電話がかかって来ちゃうの。

当時泉は学校になじめずにいた自分を助けてくれた葉山先生に思いを寄せていたけど結局2人は結ばれなかったわけで

先生がふったかんじ、

毎日放課後訪ねてくる泉を絶対葉山先生は嬉しかったのに

そこまで優しくしていながら思いには答えず

卒業後泉ちゃんは葉山先生のことを忘れようとしていたのに

何食わぬ顔で電話して演劇部のお手伝いしてって!

なんやねん!

再会したことで、抑えていた恋心を再燃、するよねぇー

なんだかもうとにかく優しいだけではっきりしない男なんですよ。
葉山先生!

それを松潤が上手く演じてましたわー
松潤を消してました。

なんだか冴えない高校教師。
全然かっこよくなんてなくて
何か憂いを抱えてなにを考えているのかわからない。

ただただ優しさだけは抱えきれないほど持っていて

そんなに優しくされたら好きにるよ。
好きじゃなかったらそこまで優しくしたらダメだよ。
ってくらい優しかったなぁー

先生は確信犯

それをどうなのかわからないように演じてたのも難しかったのではないかなぁー

有村架純ちゃんは切ない恋心、女心とても上手く演じてました。
清潔感だけではなく、頑張ってた。

坂口くん個人的には今1番ときめきます。
経験少ないのに演技うまいですよね。
これも良かったわー
1番自然に演じられてたと思います。

作品は雨の場面
夕暮れや、夜も多かった気がする。

波の音、雨音、水の音、セリフより気になったり

風景に目をとらわれたり

3つの時空を行ったり来たり
少しノスタルジーを感じながらゆっくりと時を純愛が流れてたきがする。

最近お気に入りの彼

イメージ 2

イメージ 1



マシュー.ボーン監督の「キングスマン」を観てきました。

マシュー.ボーン監督代表作といえば私の中では「キックアス 」これサイコー
お金かかってないのに超面白かった。

そのあとエックスメン、

この監督映像、音楽超クール!

そんな、マシュー、ポーン監督が作ったんですから面白くないわけありません。

サイコーでした。

ストーリーも面白い、映像もスタイリッシュ、音楽なんていけてるなんてもんじゃなくて。

教会で打ち合いのシーンでレイナードスキナードの曲が流れてるのに白人がバンバン殺されちゃう😅
人種差別、ゲイ差別、色んな差別にバキューンでした😅

そしてクライマックスシーンでは威風堂々が流れちゃう。
超情報社会、スマホ依存に警笛でしたね。

沢山グサグサシーンもあったけどその描き方が、なんともうまくてグロさがなくて作られてるかんがいいんですよね。
アニメチックだからかなぁー
編集が素晴らしい。

そして何よりこの作品がいいのは、色んなものの、バランスが絶妙なの。

主役は無名のタロンエガートン、初主演なかなか良かったです。

そして英国紳士代表のコリンファース、スーツがめっちゃかっこ良かったわー

こんなにスーツが似合う人がいる?っていうくらい素敵でした。
英国王のスピーチのコリンファースです。

全体的に007をフューチャー、リスペクト?しての作品、
特に銃器、武器のシーンでは、
そういうとこもアニメチックでまた楽しいし、濡場もしっかりあるし、その辺も映画ファンにはたまらない作品。

映画好きなら是非是非見て欲しい作品、絶対楽しい作品です。

あっそうそう、映像のスタイリッシュさがガイリッチー監督のスナッチを思い出したのですが、この監督
ガイリッチーとずっと一緒に製作してたって知って納得の、作品でした。

面白かった〜

おまけ

イメージ 2

イメージ 3



映画ここ1ヶ月で4本観賞、塚本晋也監督の「野火」、これは舞台挨拶、お話もしてきました。東京国際映画祭で上映ですね。
すごかった。こんな、反戦映画はみたことないくらい心にズシンときました。

「追憶と踊りながら」これは静かな作品、老後を考えさせられました。

ナイトクローラーこれはジェイクが別人になってたわん。

病院の、待ち時間、久々のレビュースマホで記憶頼りに打ち込んでるので誤字脱字、名前、間違いは許してくださーい。

観賞メモ

17歳のエンディングノート、
ダコダファニングと戦火の馬の主役の男の子。
ダコダちゃん少し太ったかなー
ショートヘアーが可愛かった。

白血病の女の子が残りあと僅かな時間をいかに生きていくかもがいてた。
家族も友達もそんな彼女に関わり合いながら生と向き合う。
必死に生きる姿、そんな娘と別れる決心をしなければならない親の気持ち。
切なかった。

生きる最後まで17歳等身大で生きて行きたいんですよね。

ごめんなさい。メモなのでコメント欄ふせます。

映画観賞メモ

偽らざる者

舟を編む

ハッシュパピーバスタブの少女

ロイヤル.アフェア

アイアンマン3

リンカーン

結局アンナカレーニナとザマスターが観ない間に近所のシネコンは終わってしまいました。



ゴールデンウイーク後半はイタリア映画祭に行きます。






監督:クエンティン・タランティーノ  2012年・アメリカ

キャスト:ジェイミー・フォックス ジャンゴ  クリストフ・ワルツ キングシュルツ 

レオナルド・ディカプリオ カルビン・キャンディ  ケリー・ワシントン ブルームヒルダ

サミュエル・L・ジャクソン スティーブン

http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/49/62/342722view003.jpg
あらすじ・解説

クエンティン・タランティーノが監督・脚本を手がけるウェスタン。南北戦争直前の1858年、アメリカ南部。黒人奴隷として売りに出されたジャンゴは、元歯科医の賞金稼ぎでキング・シュルツと名乗るドイツ人に買われる。差別主義を嫌うシュルツはジャンゴに自由を与え、賞金稼ぎとしての生き方を教える。ジャンゴには生き別れになったブルームヒルダという妻がおり、2人は賞金を稼ぎながら彼女の行方を追うが、やがて残忍な領主として名高いカルビン・キャンディのもとにブルームヒルダがいるということがわかり……。タランティーノと初タッグとなるレオナルド・ディカプリオが、極悪人キャンディを演じる。主人公ジャンゴにジェイミー・フォックス、ジャンゴと行動をともにするシュルツは「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ワルツ。第85回アカデミー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、助演男優賞(クリストフ・ワルツ)と脚本賞を受賞。


http://prop.movies.c.yimg.jp/pict/uploader/49/62/342722view006.jpg

私が洋画が好きになったきっかけは父が観てたウエスタンがはじまり。

こちらはマカロニ・ウエスタン(イタリア製西部劇ですね)
マカロニウエスタンはアメリカの西部劇と比べてバイオレンス度がお高めなんですね。

で今回はその代表作「続・荒野の用心棒」のジャンゴが主役!



とくに馬とこのティンガロー・ハットの組み合わせたまらん!

映画の内容じゃなくてそこから〜なんてお思いの方もいらっしゃると思いますが(笑)


そしてなによりこの御方は?


新旧のジャンゴの集合にもなりました。フランコネロですね。

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/58197/gallery/du-ac-000209_large.jpg?1346167861



そしてそんなマカロニ・ウエスタンに19世紀の奴隷制度結びつけた作品なんですね。

南北戦争の前の南部のアメリカの西部劇となってます。

いつものようにバイオレンス度たっぷりではあるけど社会派でもあるわけです。

タラちゃん前作の「イングロリアス・バスターズ」ではナチスのこと、今回は奴隷制度と社会派的なことも込めるようになりましたね。

オスカーにノミネートされたクリストフ・ワルツはタラちゃんお気に入りもわかる!
ホント芸達者っていうかなんなんですか?
この上手さは‥‥・先日の「大人の喧嘩」もそうでしたが・・・
セリフがたくさんあればあるほどこの方の芸達者ぶりは発揮されますね。




マイ・ダーリン レオっち!
今回この作品をぶら下げて来日もしてたんですね〜

今回は生レオは拝見出来ませんでししたが、空港でサインをしてるお姿がメディアに流れておりましたね。

我が家にあります『タイタニック』のパンフレットにしていただきましたレオのくるくるサインをば思い出したりもしました(笑)

レオ様は今回は悪者役だったのですが演じるのは、ジャンゴの妻が囚われている巨大な農園キャンディ・ランドを支配する若き暴君カルビン・キャンディ。
奴隷同士を戦わせ、敗者には残酷な死を迎えさせる残忍さは、ディカプリオ史上はもちろん、それをはるかに超えて、アクション映画、サスペンス映画屈指の悪役のひとりと認定しても過言ではないほど。
レオ様が自ら志願して役をされたそうです!


う〜ん・・・レオ様が助演男優賞でも良かったんじゃない?っていうくらいだったのですが・・・
レオ様アカデミー会員の俳優さんたちにいまいち人気がないようですね・・・(ぐすん)

芸達者な俳優さんたち、そして素晴らしい脚本、とにかく面白かったァ〜〜〜〜

最高の作品でした。

今年一番になりそうな予感です(笑)



ところであの元歯科医のシュルツの馬車の上でぶらぶら動く葉の形!最高でしたね〜
気がついた時に笑う場面じゃなかったのに笑っちゃいました。






開く トラックバック(3)

全300ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事