☆とこちゃんの毎日☆

おいしいお酒と食べ物が大好きな独身キャリアウーマンの日常をご紹介します☆

◆富士山登頂記◆

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

富士山旅行の最後の夜は、河口湖の近くにあるペンション「ガストホフ ウィークエンドシャッフル」に宿泊★
HP
http://homepage3.nifty.com/week/
じゃらん
http://www.jalan.net/jalan/jweb/yado/YADS_328994.HTML

この日は またまた じゃらんで見つけたプランで一泊二食9700円で宿泊☆
クチコミで夕食の評価が高かったので、ここに決めました♪

さて、その夕食は・・・
・前菜 盛り合わせ(鴨のロースト、サーモン、?) ←上の写真
・具沢山コンソメスープ ・魚 ・イベリコ豚のロースト
・デザート ・ビール

朝食 ←下の写真
・スクランブルエッグ ・サラダ ・ソーセージ3本
・グラタンっぽいもの ・ヨーグルト ・パン 2種
・牛乳・オレンジジュース・コーヒー・紅茶(お替りOK)

夕食も朝食もダイニングでいただきました★
味は・・・うん おいしかった!
ペンションは、すごいおしゃれとかキレイとかじゃなかったので、
クチコミ評価は高くても そこまで期待していなかったのです。
でも、かなりおいしかった♪
素敵な裏切られ方で、大満足(^-^)

ここは漫画がいっぱいあって読み放題!
懐かしい漫画が多く、大興奮で読み漁りました♪

とっても良いペンションでしたが、強いて言えば、難点はお風呂ですね。
露天でも何でもなく、ちょっと大きな家族風呂が1つしかありません。
小さくても露天があればいいのにな〜★
惜しい!

でもでも、ダイニングからは運が良ければ富士山がキレイに見られるし
総じて、とっても良いペンションでした♪♪♪

イメージ 1

イメージ 2

河口湖でのランチは、落ち着いたところでのーんびりしたかったので湖沿いのホテルで♪
「富士レークホテル」です☆
http://www.fujilake.co.jp/index.html

いただいたのは・・・(2人分)
・ビーフシチュー(サラダ、ライス付き) 1200円?
・ホットサンド 1000円?
・生ビール 800円

ランチを食べる場所がなかなか決められず、やっとのことでここに決めたのだけど、大正解♪
ビーフシチューもホットサンドも本当においしかった!!

ビーフシチューは結構甘めの味付けで、かなり濃厚な感じ★
あまり食べたことのない味で、赤ワインよりもビールにぴったり!という感じでした。
お肉もしっかりやわらか〜♪

湖を見ながら、ビールと一緒に おいしいビーフシチューが楽しめるなんて・・・。
うーん 極楽☆

ホットサンドも、バランスがすごく良くて感動。
ホットサンドという食べ物が一気に好きになってしまいました♪

ここは、湖のほとりにあり、湖側は全部窓になっているので、景色も素敵★
古めかしい感じも妙に良かったです♪
のーんびりするという当初の予定通り、2時間くらい居座っちゃいました(^-^)

イメージ 1

イメージ 2

かなり前のこと(7月末)になっちゃいましたが、富士山を下山した後は河口湖で2泊しました★
富士山登山を終えた日の夜はのんびりできそうな和風の宿に宿泊。
「若草の宿 丸栄」さんです★
http://www.maruei55.com/
(富士山に関しての記事は『富士山登頂記』の書庫に入ってます。)

この日はじゃらんで見つけた一泊二食19000円くらいのプランで宿泊しました。

宿に着くとまず抹茶とお菓子のサービスがあります♪
この日はオリジナルと言う柿のお菓子でした★
一服した後、部屋へ案内され、その後お風呂へ。
のんびりとお風呂で疲れをとった後はお待ちかねの夕食です♪
やーっと何も気にせず好きなだけビールが飲める!待ちに待った瞬間でした(^-^)

夕食は、懐石風で10品以上とものすごい品数でした。
内容も牛肉の溶岩焼きや鮑など、ちょっと豪華♪
新鮮な趣向のものもあり楽しんでいただけましたが、溶岩焼きのお肉が固く下焼きされていたり、
揚げ物や焼き物が冷たかったりと少々残念な点も。

朝食は、小さな湯葉鍋や取り放題のおかずなど盛り沢山の和食でした。(下の写真)

夕食は部屋で、朝食は食事処でいただきました。

この宿はお風呂がとても素敵でした♪
内湯は割と普通でしたが、最上階にある露天風呂が良かったぁ☆
HPの写真通りの雰囲気で、感激!
お風呂は朝と夜で男女が入れ替わるので計4つのお風呂が楽しめます♪
これに加えて、貸切の富士山の見える展望風呂もありました★(有料)

おかみが一部屋一部屋あいさつに来てくれたり、部屋付きの仲居さんも良い人で
なかなか居心地の良い宿でした♪

イメージ 1

イメージ 2

いよいよ下山です☆

意気揚々と降り始めたのですが・・・これは本当につらかった。。
景色はたいして良くないし、延々と同じ道がジグザグに続く。
もう結構歩いたかな と思ったころに出てきた標識を見たらまだ1/10でしかなかったり。
本当に辛くて、言葉をしゃべるのも億劫になり、無言で歩き続けました。
富士山の本当の大変さは下山にあると、確信しました(>_<)
しかも、途中から大雨。。
『なんで私がこんな目に…』とか『もう二度と登らないぞ!』とかばかり考えている自分がいました。。

疲弊しきってなんとか五合目まで下山。
よろよろと食事処へ。
でも予定より頂上でのんびりしてしまったため、下山が遅くなり中途半端な時間。
この数時間後には宿で食事だし、、と思い 苦肉の策で頼んだのが・・・
・鶏の唐揚げ 
・トースト
・ホットココア 500円くらい?

この後、運転があったので、ビールは飲めず。
疲れ果てながら口にした鶏の唐揚げはなんと生揚げ。。
必要の無いダメージを受け、瀕死の状態に。。

なんとか小御岳神社にお礼参りをして、宿へ向け出発!
・・・と思ったら、ガソリンが無い!!!
行く時はテンション上がりすぎてて気付かなかったの(>_<)
既に、エンプティランプが点いていて。。
最寄のガソリンスタンドをナビで調べると35kmほど先!
ダメかも。。
でもなるべくアクセル踏まないで行けるところまで行くことになりました。

順調に進み、スバルラインを抜け、一般道に。
これはいけるんじゃないか?!がんばれ私!とド集中で必死に運転。
あ 看板が見えてきた!!助かったぁ〜 と思った瞬間、アクセル踏んでもどうにもならなくなりました。。。
ものすごい迷惑な形でロチュウし、ガソリンスタンドまで走って行き、ガソリンを運んでもらいました。
あの時 迷惑かけた方々、本当にごめんなさい(>_<)

ガソリンを入れて、アクセルを踏める喜びを噛みしめながら運転し、今宵の宿へ。

==============================================================================================
とりあえず富士山登山記は終了です★
お付き合いありがとうございました(^-^)/
下山は本当につらかったけど、それをはるかに凌ぐ感動を味わえました。
思い出しても興奮しちゃうくらいです!!
まだの方はぜひ!
この後泊まった宿の事などはまた順次アップしていきま〜す♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ご来光に感動した後は、お腹が急にすいてきて 登る前から決めていたラーメンとビール!
お店は確か「山口屋」です★
http://www.fujisan-yamaguchiya.com/

注文したのは・・・
味噌ラーメン 800円(サッポロ一番等の袋麺のような感じでした)
缶ビール(一番絞り) 600円

お腹も落ち着いたので、この後は富士山頂をぐるっと一周する「お鉢巡り」開始です♪

お鉢巡りはしない人も多いようですが、私はやって良かったです!
お鉢巡りをしないと、最高峰の剣が峰には行けません。
せっかく登ったからには、日本で一番高い所に行きたいじゃないですか★
ということでお鉢巡り してきました♪

景色も本当に絶景で、仙人になったような気分でした。
飛び降りても雲海が受け止めてくれるような気がしたり。

途中に郵便局があり、そこで両親宛にハガキを出しました★
今回、登山道具をかなり貸してもらったので、登頂報告とお礼を兼ねて。
また、そこで登頂証明書を購入♪こういうの うれしい(^-^)

さらに歩くと、ついにものすごい斜面が見えてきます。(2枚目の写真)
これが最高峰の剣が峰。3775.6mだったかな?
つかまって登らないと後ろに滑り落ちてしまいそうなくらいの急斜面。
足場も悪いので怖かったー。
登りも怖いけど、下りでこの斜面もかなり怖いと思います。

なんとか斜面を登りきり、その後に続く階段も上ってついに日本最高峰に到達!
一番高い所にいるんだよーって叫びたい気持ちになりました★

上半身脱いで写真を撮っている男性がいたのですが、
その人に触発されて 剣が峰にいた男性が次から次へと脱いで撮影。
変な光景でしたが、ちょっとうらやましく思ったり♪
ここでしばしのんびりした後、終点目指して最期のひとがんばり!

お鉢巡り終了後は、またおなかがすいていたので、軽く食事★
いただいたのは・・・(山口屋さんの支店で)
・月見うどん 900円?
・缶ビール(一番絞り)600円

やたら疲れたけれど、大満足の頂上でした(^-^)☆★☆

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事