YOSHIHITO DIARY

映画監督・舞台演出家 秀嶋賢人の日記

酒とバラの日々

すべて表示

ポケットの小銭

立場(肩書き)が人をつくるとかつてはいわれた。 ちょっと頼りなく、あぶなかっしく思える人材でも、それなりの要職、責任を伴う肩書きを与えると、その役分に見合うように成長していく…というものだ。 確かに、自分の青年期から中年期を振り返ると、当たっていると思う。 先輩たちは、さほど実績もないぼくのような生意気な人間をおもしろがり、責任ある役職や重要な役務に就かせた。芝居でも、映画でも、その他の仕事でも。そ の結果、これまで見えてないかった世界や視野、見識を与えられてきたと思う。 独立して事務所を持つとそれはさらに広がった。 むろん、その役分に十全に、あるいはそれ以上に応えようと励んだ結果だ。苦しかったことの方が多く、楽できた記憶はわずかしかない。だが、それが学びを深めさせてくれた。そして、それは喜びすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

始めました

2011/1/28(金) 午前 10:32

FaceBookを始めました。 http://www.facebook.com/?ref=home#!/profile.php?id=100001358607944 公開していませんでしたが、スカイプも。 yoshihito hideshimaで検索いただければ、アクセスできます。

今月の評論OUT更新!

2011/1/6(木) 午前 11:15

今月の評論OUTを更新しました。 第54回「面から点へ、そして線へ」。東アジア諸国の台頭、欧米や日本の縮小社会という新しい構図の中で、世界を理解し、国内政治への取り組みを進める上で、いま何が求められているのか。 多様性と流動性が生むあいまい性に満ちた社会、個々の生活欲求の変化を理解し、取り組む上で何が、この国に求められているか ...すべて表示すべて表示

ミッドタウンのイルミネーション

2010/12/25(土) 午後 5:45

昨夜のミットタウンのクリスマスイルミネーション。     普段、ほとんど客のいないミッドタウンに若いカップル、老齢のご夫妻の姿があった。   イルミネーションで少しだけ、人が幸せになれるのなら、それに越したことはない。      



.


みんなの更新記事