YOSHIHITO DIARY

映画監督・舞台演出家 秀嶋賢人の日記

酒とバラの日々

すべて表示

悲鳴

今日も地球のどこかで、世界のどこかで悲鳴が聞こえている… それは、人の悲嘆のそれかもしれない、断末魔のそれかもしれない。あるいは、生死のそれではなく、生死をおびやかされ、いまを明日の見えない、それかもしれない… あるいは、生死は免れても、人としての、女性としての尊厳を傷つけられているそれかもしれない… 生死や尊厳に肉薄したそれではなくても、不当な扱いや差別的な対応、偏見によって社会からはじきだれた人々の、それかもしれない… こうした世界、国の姿に悲嘆している人々のそれかもしれない…いや…。 そうした地球の大地と空、自然に背く、傲慢な人々に地球が、宇宙の自然が叫ぶ悲鳴かもしれない… 不安や恐怖を危機管理という名にあおり、目には目を、歯には歯を、暴力にすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

始めました

2011/1/28(金) 午前 10:32

FaceBookを始めました。 http://www.facebook.com/?ref=home#!/profile.php?id=100001358607944 公開していませんでしたが、スカイプも。 yoshihito hideshimaで検索いただければ、アクセスできます。

今月の評論OUT更新!

2011/1/6(木) 午前 11:15

今月の評論OUTを更新しました。 第54回「面から点へ、そして線へ」。東アジア諸国の台頭、欧米や日本の縮小社会という新しい構図の中で、世界を理解し、国内政治への取り組みを進める上で、いま何が求められているのか。 多様性と流動性が生むあいまい性に満ちた社会、個々の生活欲求の変化を理解し、取り組む上で何が、この国に求められているか ...すべて表示すべて表示

ミッドタウンのイルミネーション

2010/12/25(土) 午後 5:45

昨夜のミットタウンのクリスマスイルミネーション。     普段、ほとんど客のいないミッドタウンに若いカップル、老齢のご夫妻の姿があった。   イルミネーションで少しだけ、人が幸せになれるのなら、それに越したことはない。      



.


みんなの更新記事