YOSHIHITO DIARY

映画監督・舞台演出家 秀嶋賢人の日記

酒とバラの日々

すべて表示

砕けたステンドグラスたちの壊れた承認

ぼくらは砕け散ったステンドグラスのような存在だ。 片割れのいくつものステンドクラスがそれ自体、自分という存在のすべてを表象できないように、ぼくらは、ぼくであることの感触を得ることができないでいる。 それでいながら、破片の一つひとつの存在、どれひとつ欠けても自分足りえない。自分でありながら、自分足りえていない。そのもどかしさをぼくらはどこか感じている。 しかし、視野を片割れのひとつとしてしか持ち合わせていないぼくらは、砕け散ったステンドグラスをジグソーパズルのように組み合わる視座を持てず、それを明確にすることも、立証することもできないために、不確かさという危うさの中に放り出されたままだ。 その危うさゆえに、散らばった断片の一つひとつとして、満たされない自己承認のあくなき欲求に曝されているすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

始めました

2011/1/28(金) 午前 10:32

FaceBookを始めました。 http://www.facebook.com/?ref=home#!/profile.php?id=100001358607944 公開していませんでしたが、スカイプも。 yoshihito hideshimaで検索いただければ、アクセスできます。

今月の評論OUT更新!

2011/1/6(木) 午前 11:15

今月の評論OUTを更新しました。 第54回「面から点へ、そして線へ」。東アジア諸国の台頭、欧米や日本の縮小社会という新しい構図の中で、世界を理解し、国内政治への取り組みを進める上で、いま何が求められているのか。 多様性と流動性が生むあいまい性に満ちた社会、個々の生活欲求の変化を理解し、取り組む上で何が、この国に求められているか ...すべて表示すべて表示

ミッドタウンのイルミネーション

2010/12/25(土) 午後 5:45

昨夜のミットタウンのクリスマスイルミネーション。     普段、ほとんど客のいないミッドタウンに若いカップル、老齢のご夫妻の姿があった。   イルミネーションで少しだけ、人が幸せになれるのなら、それに越したことはない。      



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事