全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

大阪の駄菓子メーカー、チーリンさん「うんチョコ」。
お菓子自体は小粒のグレープチョコなのだが
とにかく容器にこだわっている。
紙製のかわいいコミカルな動物のパッケージ。
裏には「おみくじ」と動物の「うんちく」も書いている。
そして、チョコの取り出し口は動物のお尻から。
「うんチョコを食べて運気アップ!」というダジャレからできた商品。
これがヒットして、いまでは第15弾まで発売されているロングセラー商品にまで成長しているんです。

イメージ 1

駄菓子とおもちゃの問屋やまぐちのHP 「チーリンうんチョコ」」はこちら
思わず集めたくなる動物パッケージたち!
イメージ 2

開く コメント(0)

駄菓子メーカー・ジャックさんの「シルバークリーム当て」
くじを引いて大小のクリームウェハースが当る駄菓子くじです。
昭和の時代から子供たちに慕われてきた商品ですが
廃盤との連絡が大阪の問屋さんからありました。
くじを置いてくれる駄菓子屋さんの減少、
資材の高騰、
人件費の上昇、
少子化など 問題が大きすぎてどうしようもありません。
残念ですが時代の流れですね。
イメージ 1

駄菓子とおもちゃの問屋やまぐちのホームページ「駄菓子くじ」コーナーは こちら


開く コメント(0)

本日(9日)、TBCラジオ「それいけミミゾー」(DJ:石川太郎さん)の中継で
午前11時ごろにムーディ勝山さん がマイクを持って当店に立ち寄ってくださいました。
芸能人のご来店でスタッフ一同テンションMAX!
記念に写真撮影をし、サインまでいただきました。
お仕事中の合間にもかかわらず、にこやかに対応していただきありがとうございました。
イメージ 1

ムーディさんが中継した「駄菓子コーナー
イメージ 2

開く コメント(0)

夏も終わり、夜には虫の声も聞こえ始めました。
ここ数年はお菓子業界は9月には「ハロウィン」モードに突入しております。
スーパーのお菓子コーナーも各メーカーのハロウィン商品でいっぱいです。
しかしハロウィンって10月末です。

当店でもハロウィンコーナーを設けましたがお客様はまだ気にしていません。
「もう少し時期が近づいてきたら買おうかな」なんて考えています。
でもなんですが、お菓子メーカー、特に大手のハロウィン商品は7,8月で製造を終了してるんです。
食べ物なので残すわけにはいかない。{これは他の季節商品も同じです}

景品にハロウィンのお菓子を考えていらっしゃる方はお早めに!
イメージ 1

駄菓子とおもちゃの問屋やまぐちのホームページ「ハロウィン商品」はこちらへ


開く コメント(0)

謎のバキュームおやじ

「バキュームおやじ・スライム」

 ふしぎ感覚!おやじがスライムをすいこむ、面白おもちゃの登場です。
ズズズーとスライムを吸い込む感じは何とも言えません。
   本体サイズ 約5cm  6色アソート

動画は➡こちら


イメージ 1

駄菓子とおもちゃの問屋やまぐちのHPは こちらです

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事