気ままな人生

ただ、楽しむためだけの人生、それがこの人生。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

酒がうまい

イメージ 1


この記事に

開く コメント(1)

砂湯にて

イメージ 1


いつもはひっそりとしていて
白鳥の鳴き声だけの砂湯だが
中国圏の旧正月の余波が
ここまでも押し寄せてきた。

淋しいより賑やかに越したことはない。

白鳥たちも有り余るご馳走に
ご機嫌のようだし。

この記事に

開く コメント(1)

朝鮮VS米国

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

人生は長生きしてみるもんだ。
とても信じられないが、広島や長崎の原子爆弾で、
当日の直撃で亡くなったり、
負傷されたりした犠牲者の方々を除けば、
被爆で汚染された土地で生存された人々の
健康に放射性物質が多いに貢献したと言うのだ。
 
トーマス・D・ラッキ(ミズーリ大学名誉教授)2008年の論文より
 
1.胎児への影響
 
先天性欠陥、死産、白血病、癌、死亡率、男女割合、
幼少期の成長・発達度、遺伝子異常、突然変異から
血清タンパク中のDNAを50年にわたり調査した結果
(1)広島・長崎298,868名の子供達からは何の影響
も見いだされなかった。
(2)1Sv以下で10-90mSvを浴びた胎児の方が死産・
先天性異常・新生児死亡率が低かった。
(3)3Sv以上浴びた胎児に小頭症や知的障害が発生
している。
 
2.癌(白血病)発生率

(1)長崎で310-690mSvの被曝をした人々(2,527名
)に白血病での死者は0
(2)長崎で390mSvの被爆者(25,643名)に白血病で
の死者は0
(3)広島・長崎で260mSv以下の被爆者は白血病死亡
率は平均値(1万人に18名)以下
(4)1950-78年でガン死亡率は1.2Sv以下の被爆者は
年平均(2.3人/1000人)以下の年2.1人/1000であっ
た。
(5)1950-78年で広島・長崎の250mSv以下の被爆者
のガン死亡率は一般平均を1とすると0.9となる。
(6)長崎では3Sv以下の被爆者のガン死亡率は一般
平均を上回ることはなかった。
(7)広島・長崎でのガン死亡率は60mSvを被曝した
グループ23,000名は一般平均より低く、かつ平均寿命
が長い。
(8)広島・長崎でのガン死亡率は20mSvを被曝した
グループ7,400名ではさらに著しい低下があった。
3.寿命について
(1)100mSv〜1Svの被爆者の子供50,689名の死亡率
は一般平均より低い。
(2)同年齢のグループとの比較では癌を除く死亡率
では1.8Sv以下の被爆者は65%であった。
(3)広島・長崎で2Sv未満の被爆者20,000人の平均
寿命の短縮は認められなかった。
(4)1950-85年の死亡率は700mSv以下の被爆者で相
対的な低下が認められた。最小値は140mSvの被爆者。
(5)45歳から75歳の年齢では、5mSvよりも10mSvの
被爆者の方が死亡率が1〜3割少ない。(より強い放射
線の方が長寿であったという意味)
 
3.水爆とチェルノブイリ

1954年(昭和29年)のビキニ環礁で被曝した第五福竜
丸の乗組員23名中、6.7Sv被曝した一人は206日後に死
亡した。
しかし他の2〜5.75Svの被爆者は(論文作成時1993年
までの)40年間癌の発生はない。
第五福竜丸はチェルノブイリの場合と酷似している。
つまり2Sv未満の作業員209名は誰も死亡していない。
 
4.考察

引用した論文によると、急性の低線量放射線は日本の
原爆生存者へ生涯にわたり健康に寄与したことを示唆
している。広島と長崎の人々が浴びた放射線は、いわ
ば「放射線ワクチン」と言える。
一時的に浴びるにせよ、慢性的に受けるにせよ、動物
を使った1991年の実験によれば、たとえば以下のよう
な長期的効果があることが判明した。
 1)大量の電離放射線への影響
 2)傷の治癒が早いこと
 3)ミクロではDNAや細胞の修復力の改善
 4)免疫力の強化
 5)罹病率の低下(特に感染症からの)
 6)健全な子孫
 7)死亡率の低下
 8)平均寿命の伸び
など
 
原爆による放射線の影響を総括すると、結果的には「
電離放射線は生命体には不可欠なもので、我々はその
不可欠な物質が不足しているかもしれないという仮説
」を裏付けるものである。原爆生存者に関する諸研究
により、放射線には有益と有害の境界があることが明
らかになった。この結論によりフランスの権威ある委
員会も全ての放射線は有害であるという考えは間違っ
ている
 
なんということか、
それでは、我々は、セシウムを含んだお米を食べ
放射能汚染された、魚や肉を食べたほうがいい
ということになる。
汚染がれきは早速、病院や老人ホーム、学校の校庭
などにモニュメントなどに活用すべきだということになる。
早速、福島に被爆観光に行きたくなってきた。
 
きっと、あと数年の後には、福島やあちこちの原発に
若返り健康ツアーに行くブームがやってくるに違いない。
 
どうして、NHKをはじめ、各メディアは、こんな願ってもない
国家的朗報を大々的に報じないのだろう。

この記事に

開く コメント(0)

しばらくブログやホームページの新規投稿や更新など一切していなかった。
が、スノーモービルの紹介のホームぺページを作ってみた。
ひさしぶりのことで、キーボードを打つ手もままならなかったが
結構ええ感じのものができたと思う。
札幌、喜茂別、洞爺にあるスノーモービルコースの紹介だ。
これがそうだ。
某会社のホームページのソースを参考にさせていただいて
かってにコピペ、改ざん、追加で作成、
ワードとペイントでロゴなど作って結構楽しみながら作れました。
今後も、変更やリニューアルしながら更新していきたい。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事