おはなしのある喫茶店

おはなしは見えない誰かのために、詩は見えそうで見えない誰かのために。

いらっしゃいませ

 ようこそ。


 事実のみにこだわらず面白く書くことを信条としたブログでございます。
 どうか話半分にお聞きください。

 宣伝のみが目的の書き込みや誹謗中傷は、当方で判断して勝手に削除いたします。
 また掲載記事の無断の盗用はご容赦ください。

 
   書庫のご案内

    駄話        日記のようなもの。心にあることないこと好き勝手に書き殴ります。

    喫茶店       私の勤めていた喫茶店での日常を、若干の脚色込みでおとどけいたします。

    まちの神話録   私の住む田舎町での不思議なあれこれを、創作・実話いりみだれた
                マーブル模様でおとどけいたします。

    幻想まいご日誌  「私」の幻想的な彷徨の記録。非連続の掌編小説を連載しています。
 
    お題小説      みなさまから募ったお題をもとにオリジナル短編小説を執筆いたします。

    短編連載小説   連載小説です。現在、完結した作品が掲載されています。


                           どうぞ軽い気持ちでお楽しみくださいませ。

その他の最新記事

すべて表示

快適な家

2018/8/15(水) 午後 9:57

「道理で、足が冷えると思ったわ」  私の言葉を聞いて、アザラシは首をかしげていた。アザラシはまだ幼いようだし、ひれも胴体もすべて冷たい氷に触れているのだから、足だけが冷たいという感覚はよくわからないのかもしれない。  とにかく私の家は分厚い氷の家に建っていて、その下はずうっと深く続く水だということをさっき知った。  床の穴からアザラシが出てく ...すべて表示すべて表示

おおらかへの勇敢なる進軍

2018/8/2(木) 午後 10:09

 久しぶりにマニキュアを塗りました。  オレンジやピンクや、きらきらする明るいみずいろ。  あまりうまくはいかなかったのですが、誰のものだかわからないような華やかな指先です。  スーパーで花を買いました。  オレンジ色のバラが入ったささやかな花束です。  あまり長持ちしなかったけれど、テーブルのうえに別の世界ができたようでした ...すべて表示すべて表示

 こどもたちの進学に合わせ、すこし部屋を片付けようと思ったのです。  私がかつて使っていた子供部屋は物置部屋みたいになっていて、今は使わない様々なものがおしこめてあるばかりなので、それを処分してお掃除して、息子のために勉強部屋を確保しよう、などと画策したのでした。  物を運び出して部屋を少しずつ片づけて、奥にあったクローゼットの扉がよ ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事