全体表示

[ リスト ]

昨日今日のカーステの曲

ボクの最も好きなCDの一つ!
Dead or Alive
“Mad, Bad & Dangerous to Know”


デッド・オア・アライブは、
英国人ボーカルのピート・バーンズの
超個性的なルックスと低く野太い声が
十代のボクを虜にしていたバンド。

ユーロビートとロックの中間のようなサウンドだった。

イメージ 1


バブル全盛のボクの青春時代
デッド・オア・アライブはディスコでも大人気で、
「ブランニューラヴァー」のイントロ
I want surprises〜(刺激が欲しい〜)が始まると
大急ぎでステージに集まっていた事を思い出す(笑)

一生懸命に勉強と運動に青春していたわけではないが、
「I want surprises〜」という言葉は、
いろんなフラストレーションが溜まっていたボクの気持ちを
代弁しているようだった

とにかくボクは何をしても
満たされた気持ちになれなかった高校時代・・・。
世の中はバブルが始まる直前で
友達と遊んだり、彼女ができたり、それなりに楽しかったが・・・。

そんな思いの
Brand New Lover



初めてピート・バーンズの姿を見たときは
「さすが紳士とパンクが同居する国」と高校生のボクには衝撃的であった。

I,I,I,aaaaIで始まるところは
喉をチョップして真似してみたりした(笑)




Something in My House


直訳すると「部屋に何かいる」
・・・変なタイトルと笑ってしまったものだ。

この曲もイントロがイイ!

ん〜〜〜懐かしい(笑)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ランダムより訪問いたしました。はじめまして、こんにちわ。
いやぁ懐かしいですね。自分もよく新宿東亜会館のGBラビッツとかビバとかニューヨークニューヨークとか行きました。いやぁ懐かしいです。思い出すなぁ青春時代。有難うございました。

2010/1/22(金) 午後 2:30 [ yoc*hi*0406*2 ] 返信する

私もランダムからお邪魔しました。こんにちは。
なつかしいです(*^^)!私は、たしか?まだ中学生だったと思います。
曲の意味も訳さず、雰囲気とルックスだけで大好きでした〜(*・・*)
いいもの観させていただきました♥ありがとうございました♥

2010/1/22(金) 午後 5:06 [ junsuke ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事