山形弁ブログ ばるばろーい

パソコン故障のため しばらく更新休みます って ここの欄はそんなのばっかし

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

愛の寺 若松寺

イメージ 1

お蔵入り虫干シリーズ第三弾 若松観音

(鈴立山若松寺)

♪めでためでたの 若松様よ 枝も栄えて 葉も繁る
 ハァ ヤッショーマカショ シャンシャンシャン

 花笠音頭のスタンダードバージョン 一番の歌詞だべ。

 何がめでたいって、ここは
縁結びの寺
 ださげよー。

ムガサリ(結婚)して子供産まっで子孫が栄えるなが めでたいって事だべずー。

 んでもこの若松観音、ムガサリんな世話ばりんねくて、アフターフォローもバッチリなのよ〜。
ムガサリすっど子供産まれっべ?ほんでミルク無ぇ昔は母乳出ねど大変だべ?

 ほんどぎゃー(その時は)この
「子育て絵馬」


イメージ 2

 饅頭にも、赤い目玉にも見えっげんと、これは
お乳
 だべ。

これば下げておぐずど(下げておくってぇと)、乳バンバン出るって話だっだなー。

 こんで めんごい んぼこ(可愛い赤ちゃん)も安心だっす。
さしずめ、男女の愛の次ァ、母の愛って所だなゃ。


 
 よく「ゆりかごから墓場まで」って言うべ。
若松観音さまも、墓場の愛までフォローしてけんなだ。

 墓場の愛って何だって?まんず、これ見でけらっしゃい。

イメージ 4

 これが、その筋(?)で有名な
「ムカサリ絵馬」
 なんだず。
これは不用意な説明はさんね(できない)。説明はこっちば見てけらっしゃい。

イメージ 3

 余談だげんと、亡くなった方の相手を描く場合、絶対生きている人をモデルにしてはなんねんだどー。
ちぇでがれっからよー。(連れて行かれますから。)


 あど、去年の今頃も紹介したげんと、こっからの眺めはんとしぇ〜なだ。(凄くイイ!です。)


イメージ 5

 
 山形のローカル巡礼、最上三十三観音の一番札所で栄えた寺だし、見所は多いっす。

 若松寺 公式サイト http://www16.ocn.ne.jp/~wakamatu/

 ・・・今回「この位なら通じるんじゃないかな?」と思って対訳付けてないのは、
こっちの思い込み&怠慢かなぁ?もしかして通じてません?

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事